黒パンツの春コーデ9選|スキニー・ボーイフレンド・ミニスカートの着こなし

万能アイテム「黒」ボトムの着こなし例

定番アイテム「黒パンツ」をトレンドの着こなしにアップデート! ゆるカーデやビッグシャツなど、旬のトップスと合わせる春のおすすめコーデを紹介します♡

黒パンツを合わせる春コーデ


【1】黒パンツ×Gジャン×白ニット

08 Black Denim ブルーもいいけど「ブラックデニム」が断然気分!『いつだってワードローブに欠かせないデニム。この春はブルーよりも大人っぽくまとまるブラックが断然気分! Gジャンもパンツも、春服との相性がよいワンウォッシュタイプを選ぶのがGood♡』

デニム×デニムのセットアップも、黒ならグッと洗練された印象に。かしこまりすぎずカジュアルすぎず、そんな絶妙バランスもデニム素材ならでは。インナーには白のリブニットを挟んで、春の軽やかさも取り入れて。

CanCam2019年3月号より 撮影/永瀬沙世 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/BACKGROUNDS FACTORY 構成/手塚明菜

【2】黒パンツ×ピンクフーディ

TREND PICKS #003 彼のを借りちゃった! 風なだぼっとスエット『1サイズ上ぐらいのイメージのゆるっとしたスエットで、ストリートのノリを味方に。カジュアル感の強いアイテムだから、原色やプリントものは避けるのがベター。家着っぽくならないように、着こなしに女らしさを投入することもお忘れなく!』

ボーイッシュとガーリーの魅力を1枚で♡ ビッグフードにロングリブ…後ろ姿もクールなフーディなら、ダスティピンクの甘さもマイルドになってちょうどいい♪ ボトムはブラックデニムで、辛口ストリート系に着こなして。

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

【3】黒パンツ×チェックシャツ×黒ニット

超ビッグなルーズシャツに、超ビッグなチェック柄。その斬新な組み合わせが文句ナシにかわいいんです! こんなインパクトのあるチェックシャツには、究極シンプルな黒スキニーをセレクト。オーバーシルエットをミニマムに引き締めて、新鮮で今っぽいバランスを楽しんで♡

CanCam2019年3月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波 構成/木村 晶

【4】黒パンツ×ベージュシャツ

おしゃれなムードが今すぐ作れる、4つのトレンドKEYWORDHow to make 〝the mood〟? 4 ゆるっと1枚で、ビスチェを重ねて…[ まじめに着ないシャツ ]『定番アイテムかと思いきや、今年はシャツのシルエットやデザイン、着こなし方に変化あり。普通丈以上、ワンピ未満の絶妙丈のシャツの、おしゃれムードたっぷりなアレンジをご紹介します!』

ドライなサンドカラーのシャツは、こなれムード抜群! 黒スキニーやシルバーアクセで辛口に仕上げるのが、美人度UPのポイントです。

CanCam2019年4月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/吉﨑沙世子(io) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】黒パンツ×ボーダーカットソー

着慣れたボーダーカットソーはユニセックスのものを選んで、ダボッとルーズに着こなすのも新鮮。この独特の〝包まれている感〟に女子っぽさが漂います。潔く脚を出したり黒小物で締めたり、キレよく着こなすと今っぽいムードに。

CanCam2019年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/楓(本誌専属)、遠藤史也(MEN’S NON-NO専属) 構成/木村 晶

【6】黒ショートパンツ×ロゴスエット

鮮やかなグリーンのスエットなら、黒スキニーとの定番バランスもスタイリッシュに。ブラウスレイヤードやレオパードバッグで女のコ心をひとさじプラスして、まわりと差がつく男前コーディネートを目指したい!

CanCam2019年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/楓(本誌専属)、遠藤史也(MEN’S NON-NO専属) 構成/木村 晶

【7】黒パンツ×マウンテンパーカ

マウンテンパーカ×スキニーデニム

きれいめにも着られるマルチボーダーのニットを、黒デニムやマウンテンパーカでストリートに味付け。袖口をまくって手首を見せると、コーデ全体が軽快な印象にまとまります。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/深瀬介志(Sui) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム 構成/浜田麻衣、石黒千晶

【8】黒パンツ×ラベンダーカーディガン×スエット

KAEDE's STYLE 〝今買ってすぐ使える〟春のItアイテムで10days着回し

スエットや黒スキニー、ウエストポーチなど、全身をスポーティにまとめて韓国モードな着こなしに♡ さらにケーブルカーデをゆるっとはおって、あったかわいく仕上げましょ。

CanCam2019年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/深瀬介志(Sui) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/FLAMEbike、横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム  構成/浜田麻衣、石黒千晶

【9】黒パンツ×ボーダーカットソー

モノトーンスタイルが可愛すぎる♡パリ風コーデ

すっきりと晴れる日は、モノトーンでまとめたコーデでおしゃれを満喫。ピッチ太めのボーダーが気分です♡ トップス、ボトムに選んだのは、フレンチシックスタイルには欠かせないフランス発の人気ブランド『agnès b.(アニエスベー)』のもの。シルエットが綺麗なクロップドパンツとトップスインで、スタイル良く着こなして。パンプスのデザインやバングルでさりげなく赤を取り入れれば、大人なパリ風コーデのできあがり♪

★【今日のコーデ】この春は「アニエスベー」が気になる!