バランス命!ワイドパンツの春コーデ22選|失敗しない合わせ方&選び方【2021レディース】

ワイドパンツの春コーデを特集

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

きれいめもカジュアルもOKなワイドパンツのおすすめコーデを大特集! 定番で合わせやすい白・黒・ブラウン・ベージュのワイドパンツやデニムのワイドパンツで作る、トレンド感たっぷりの着こなしを集めました♡

ワイドパンツの着こなしのポイント

史帆はこの春フェロモンカジュアルでいく!

無地トップスやTシャツと合わせるシンプルコーデでも、ワイドシルエットのボトムがあればコーデが一気にこなれます。黒や白、ベージュなど定番カラーのワイドパンツを選べばきれいめな印象に、カジュアルダウンさせたいときはデニムのワイドパンツがおすすめです。ヒールでもスニーカーでも合うワイドパンツは、シーンを選ばず着回しOK! ハイウエストタイプで、スタイルがよく見える理想のバランスをメイクしたい♡

  1. 白・黒・ベージュのワイドパンツはきれいめコーデにもおすすめ
  2. カジュアルダウンにはデニムのワイドパンツが推し!
  3. ハイウエストのワイドパンツはスタイルアップ効果大

春のトレンドワイドパンツコーデ

【1】ピンクワイトパンツ×ピンクシャツ×白インナー×白スニーカー

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

気負わないコーラルピンクなら辛口なワイドパンツもマイルドな印象に。さらっとした同系ピンクのシアーシャツをはおって絶妙な甘辛バランスを実現。白コンバースで外すおしゃれテクも、大人カジュアルのポイントです。やさしい色味だけで構成すると、ワイドパンツコーデがフェミニンにシフトします

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ミントグリーンワイドパンツ×花柄ブラウス×グレーバッグ

今年挑戦してみたいボトムNo.1は、カラーパンツ!

爽やかなかわいさもトレンドの洒落感も同時に手に入る、花柄ブラウス×ミント色パンツの着こなし。ニュアンスカラーのきれいめコーデはオフィスシーンにも最適♡ きゅっと締まったハイウエストのワイドパンツなら、はくだけで美スタイルが叶います。

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ピンクワイドパンツ×白カーディガン×白インナー

ゆるっとカジュアルな太めパンツと女っぽい肌見せとの対比でこなれ感UP! エクリュのカーデやベージュパンツの淡いトーンには、シャイニーなサンダルとバッグを合わせるのが色のトーンを崩さないのでおすすめです♡

CanCam2020年5月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】ピンクワイドパンツ×白ニットトップス×ピンクパンツ

Item4 大人くすみピンク

きちんと感のあるセンタープレス入りパンツで取り入れた大人なピンクコーデ。ワントーンでまとめた中にベージュの変形ニットをプラスして、ピンクのきれいな発色をキープ! 太めのパンツを選ぶと、コンサバにまとまらず今っぽいラフさがアピールできます。小物もピンクトーンでまとめれば、大人かわいいコーデの出来上がり♡

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属)  構成/手塚明菜

【5】ラベンダーワイドパンツ×黒ブラウス×ベージュバッグ

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『あやみは…キレイめカラーパンツ』

カラーボトムをきれいめに着こなすなら、ハイウエスト&センタープレスがおすすめ。合わせるトップスは、今年っぽい黒ブラウスでシックに締めて。パンツ以外を黒とベージュでまとめれば通勤シーンにも間違いない鉄板コンビが成立します!

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【6】ラベンダーワイドパンツ×白カーディガン×グレーインナー×黒スニーカー

史帆はこの春フェロモンカジュアルでいく!

色気香るきれいめラベンダーのワントーンに、コンバースを合わせるチグハグさがおしゃれっぽい♡ 最強のエモさをキャミ×ワイドパンツのカジュアルベースで見せつけるのが、おしゃれ上級者の心意気。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

【7】ベージュワイドパンツ×ブラウンシャツジャケット×白インナー

色っぽエシカル楓のエモフェミ7days

CPOシャツ×ワイドパンツのオーバーサイズコーデも、あいまいなベージュのワントーンならエモさ抜群。エコスエード×リネンで立体感を加えつつコーデを春仕様にアップデート。白インナーを挟むことで抜け感と奥行きが生まれます!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【8】ブラウンワイドパンツ×ピンクベージュブラウス

News4程甘なくすみパステルで大人かわいく♡『この春のトレンドのひとつが、彩度を抑えたフェードカラー。甘い印象のブラウスもくすみフィルターがかかったパステルなら大人顔。』

ニュアンシーなモカピンクが甘すぎず大人っぽいブラウスは、贅沢にあしらわれたフリルや長めのカフスでヴィンテージムードもたっぷり。メンズライクなワイドパンツでギャップをつけると、こなれ感のある今っぽコーデが仕上がります。

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ブルーワイドパンツ×ブルートップス×ブラウンパンプス

News1この春はとにかく〝透け〟がキーワード!春イチ買いならシースルー『まず見逃せないのが、軽やかな透け感がかわいいシースルータイプ! 繊細なレースやオーガンジー素材のフェミニンな〝透け〟に注目。』

センシュアルな透け感のレースブラウスは、インナーに同色のキャミをINして品のよさをキープ。ダスティブルーのワイドパンツを合わせて脱コンサバなワントーンコーデを楽しんで。小物はブラウンで統一してまろやかな配色に♡

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

上品見せなら白のワイドパンツがおすすめ

【1】白ワイドパンツ×イエローニット×イエロースニーカー

白が混ざったクリーミィさが今っぽい まろやかイエロー

カジュアルだけど品よく整うイエローニット×白パンツの着こなし♡ イエロー・白・ベージュのなめらかな三重奏が、ふんわりとしたムードをメイク。配色に甘さがある分、短丈ニット×太めパンツのボーイッシュさが程よいスパイスになっています。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】エクリュワイドパンツ×白ブラウス×かごバッグ

Item5  リネン混パンツ

袖にボリュームがあるブラウスも、腰位置が高く見えるハイウエストタイプのワイドパンツとならスタイルよく着こなせる♪ 全体を白~ベージュといった淡いトーンでまとめて、フェミニンなパンツStyleを楽しんで。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【3】白ワイドパンツ×ベージュシアーロングシャツ×ベージュインナー

まだまだ風が冷たい日もあるもので…ちょっと肌寒いときに何はおる?『あやみは…エモフェミニンな透けトレンチ』

ツヤっと上品な光沢を放つ透け素材トレンチは、はおるだけでコーデが盛れる映えアイテム! 素材で遊ぶときは、ベージュ×白のワントーンで全身の色合いを落ち着かせるとgoodです♡ 春はレースやクロシェ素材のワイドパンツが一本あると、コーデの幅が広がるのでおすすめ!

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【4】白ワイドパンツ×ピンクボウタイブラウス×イエローバッグ×ベージュコート

通勤ノーブル恋のエモフェミ7days

ピンクベージュのブラウスに、薄いベージュパンツを合わせた好感度抜群のワントーンコーデ♡ ボウタイは片結びにして首にキュッと巻きつけると品もオシャレ感もUP。やさしいピンクベージュは肌映りも抜群です。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【5】白ワイドパンツ×白ニット×ブラウンパンプス

エモフェミニンをつくる、10Keywords『Keywords9 しなやかに揺れるワイドパンツ』

ハイウエスト&ビッグリボンのフェミニンパンツは、透け感のある白ニットを合わせて爽やかに。洗練されたALLホワイトコーデは、異素材を組み合わせることでコーデに奥行きが生まれます。ワイドパンツでシルエットをカジュアルにまとめるのも、白コーデをおしゃれっぽく仕上げるコツ♡

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】白ワイドパンツ×ブラウンブラウス×ブラウンパンプス

News1この春はとにかく〝透け〟がキーワード!春イチ買いならシースルー『まず見逃せないのが、軽やかな透け感がかわいいシースルータイプ! 繊細なレースやオーガンジー素材のフェミニンな〝透け〟に注目。』

透け感が大人っぽいブラウスに、白のワイドパンツを合わせたマニッシュな着こなし。ふわっと空気を含む薄手素材のブラウスは、背中のロングリボンでキャッチーなバックスタイルが演出できます♡

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】エクリュワイドパンツ×ピンクニット

今ロエベが欲しい理由04 小っちゃサイズがかわいすぎる♥『ミニバッグブームの火付け役でもあるロエベ。中には10万円以下の物もあり、プライスがかわいいのも人気の秘密!』

ピンクのフェザーヤーンニットに、エクリュのワイドパンツを合わせたゆるコーデ。ポイントは超ミニマルサイズがかわいいロエベのショルダーバッグ〝ポケット〟。スマホの他、ペンやリップ、鍵くらいなら余裕で入る絶妙なサイズ感が魅力です♡

CanCam2020年3月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

大人っぽい黒のワイドパンツの春コーデ

【1】黒ワイドパンツ×白ベスト×黒コート×黒スニーカー

センタープレスの黒パンツに、オーバーサイズのコートをバサッとはおればメンズライクなモノトーンコーデが完成! 白Tとニットをレイヤードして、こなれ感も忘れずに。黒のワイドパンツは、脚長効果もバツグンです!

撮影/田形千紘(菜波・安未分) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣 

【2】黒ワイドパンツ×ラベンダーコート×ドット柄ブラウス×黒パンプス

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style1キレイ色で気分の上がるノーカラーコートで春はじめ♡例えば出勤時。ほんのりシャープなノーカラーコートで颯爽と歩く女性って、なんだか憧れる♡ まろやかなパステルトーンのキレイ色に、春らしさとHAPPY感も自然と高まって。』

きちんと見えするモノトーンコーデに、顔映りのいいラベンダーが絵になるボタンレスタイプのノーカラーコートをさらっと羽織って。スタイリッシュなワイドパンツとドット柄ブラウスにやさしいラベンダーを加えると、好印象間違いなしの通勤コーデが完成します。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

カジュアルなデニムのワイドパンツの着こなし

【1】デニムワイドパンツ×黒ブラウス×かごバッグ

シックな黒ブラウスはデニムで女らしさを引き立てるのがおすすめ。とびきり女性らしいデザインをかごバッグとデニムで引き算すれば、こなれ感も高まります。デニムはフレアをチョイスして、トレンド感も忘れずに。

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】デニムワイドパンツ×黒トップス×マルチカラーバッグ

人混みの中でも目を引くバックシャントップスは、武骨なグレーデニムでラフに着こなして。フロントはシンプルなので、カラフルな茶目っ気小物でアクセントを足すと王道モノトーンが今っぽく仕上がります。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【3】デニムワイドパンツ×グリーンブラウス×白サンダル

楓が履きたい春靴はこの6つ!『モードめホワイト靴がカジュアルスタイルを上級者っぽく仕上げるカギに』

くすみグリーンのブラウスを古着風デニムでレトロかわいくコーディネート。デザイン性や華のあるブラウスは、ワイドデニムでカジュアルダウンする引き算コーデが正解です。親指がカバーされたトングサンダルも春夏のトレンド。スクエアトウでよりモードな印象を添えて。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【4】デニムワイドパンツ×ミントレーストップス×かごバッグ

史帆はこの春フェロモンカジュアルでいく!

くしゅっと感がレトロなミントのレーストップスを古着風デニムでカジュアルダウン。淡いデニムの合わせもどこかヴィンテージライクで、記憶に残る春コーデに仕上がります。ベージュのかごバッグでトーンアップすれば、季節感もよりアップ!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/権藤彩子、鶴見知香

リラクシーでおしゃれなワイドパンツ

大人カジュアルなコーデに欠かせないワイドパンツは、シーズンレスで着回せる優秀アイテム。甘さのあるトップスでもカジュアル同士の合わせでも、どんなコーデにも即マッチしちゃうので春のワードローブに必須です! リラクシーなワイドパンツで、お出かけもオフィスシーンもこなれた春コーデを満喫して♡