くすみカラーやチェックがおすすめ♡2020春夏のワイドパンツコーデ29選

ワイドパンツのおすすめ春夏コーデ

春夏のおしゃれをグンと盛り上げてくれるボトムといえばワイドパンツ。そんなワイドパンツをおしゃれっぽく着こなすなら? 黒・ベージュの定番カラーのワイドパンツを中心に、おすすめコーデを紹介します! こなれ感抜群のデニム素材のワイドパンツや、ワイドパンツに合う靴もまとめました。

【目次】
春のワイドパンツ
夏のワイドパンツ
ワイドパンツコーデにおすすめの靴
デニムのワイドパンツ
黒のワイドパンツ
ベージュのワイドパンツ

春のワイドパンツ


【1】白ニット×チェック柄ワイドパンツ

News6ニューフェイスのシャーリングが気になる!『女性らしい抜け感ときちんと上品なルックスを持ち合わせた新顔のシャーリング。合わせ次第でONにもOFFにも振れるのがうれしい♪』

エレガントなブラウスに、くしゅっとした質感をプラスした一枚。マニッシュなワイドパンツを合わせてもどこか女らしいのは、ブラウスのさりげない透け感がポイントです。

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/バックグラウンズファクトリー 構成/浜田麻衣

【2】黒ニット×イエローワイドパンツ

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『茜style4色を取り入れるならパキっとカラーパンツ 色を取り入れるならトップスよりもパンツで、が茜らしい感じ。美脚効果のあるセンタープレス入りでキレイめカジュアルを完成させて。』

くすみ系のマスタード色パンツで洒落感を加速! デコルテ周りに抜け感のあるアンサンブルニットと合わせれば、女っぽい雰囲気が高まります♡

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【3】ピンクニット×ベージュワイドパンツ

今ロエベが欲しい理由04 小っちゃサイズがかわいすぎる♥『ミニバッグブームの火付け役でもあるロエベ。中には10万円以下の物もあり、プライスがかわいいのも人気の秘密!』

ピンクのフェザーヤーンニットに、エクリュのワイドパンツを合わせたゆるコーデ。ポイントは超ミニマルサイズがかわいいロエベのショルダーバッグ〝ポケット〟。スマホの他、ペンやリップ、鍵くらいなら余裕で入るので見た目以上に活躍しそう!

CanCam2020年3月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【4】白ブラウス×チェック柄ワイドパンツ

News2レトロなかわいさが今っぽ♡ボウタイブラウス『秋冬のクラシカルムードを引き継ぐボウタイディテールの勢いが止まらない!! エレガントで知的な印象と旬のおしゃれ感を両立して。』

ハリ感があるボウタイブラウスは、あえてきちっとしたリボン結びでトラッドに。チェックのワイドパンツにすっきりINして、ちょっぴりハンサムに仕上げるのが脱コンサバのカギ☆

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/バックグラウンズファクトリー 構成/浜田麻衣

【5】ブルーブラウス×ブルーキャミソール×ブルーワイドパンツ

News1この春はとにかく〝透け〟がキーワード!春イチ買いならシースルー『まず見逃せないのが、軽やかな透け感がかわいいシースルータイプ! 繊細なレースやオーガンジー素材のフェミニンな〝透け〟に注目。』

センシュアルな透け感のレースブラウスは、インナーに同色のキャミをINして品のよさをキープ。ダスティブルーのワイドパンツを合わせてワントーンコーデを楽しんで。小物はブラウンで統一してまろやかに♡

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】ベージュニット×白ブラウス×テラコッタワイドパンツ

カジュアル服にキレイめエッセンスをプラス!渋谷シンプル茜Style『茜style4色を取り入れるならパキっとカラーパンツ 色を取り入れるならトップスよりもパンツで、が茜らしい感じ。美脚効果のあるセンタープレス入りでキレイめカジュアルを完成させて。』

はっきりカラーのパンツなら、太めシルエットでもキレよく着こなせる♪ フリルブラウス×杢編みニットと合わせて、ゆるリラなムードで着こなして。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

夏のワイドパンツ


【1】白タンクトップ×グリーンワイドパンツ

白タンクを使った、シンプルだけどこなれ感たっぷりのリラクシースタイル。ゆるパンツとぺたんこサンダルのバランスで、今っぽいチル感をアピールするのがポイントです。エスニックなバッグをアクセントに、淡いトーンをちょっぴり大人っぽく着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】ベージュシャツ×黒インナー×ブラウンワイドパンツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

大流行中のニットパンツは、一枚持っているだけでコーデのシャレ感が急上昇! 体のきれいなラインを程よく拾う細リブやサイドスリットなどディテールも完璧です。シャツをきゅっと前結びにして、脚長効果もちゃっかりアピール。ブラウスと同系色のバッグを合わせて、軽やかな夏コーデを楽しもう♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【3】黒ワンピース×ブラウンワイドパンツ

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

注目のバックシャンワンピに、ニットパンツを重ねた今っぽコーデ♡ ニットパンツをプラスするだけで、おしゃれムードが一気に高まるレイヤードテクはやらなきゃ損! 体のきれいなラインを程よく拾う細リブやサイドスリットなど、ディテールも完璧なニットパンツは、今からゲットしておきたいアイテムです。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【4】白Tシャツ×白ワイドパンツ

おしゃれ感度高めなニットパンツに、メンズのTシャツを合わせて“ゆるっと・ずるっと”な旬バランスに。ルーズなシルエットも、オールホワイトでまとめれば品よく仕上がります♪ デザイン豊富なGUのメンズTシャツも今っぽコーデに活躍! メンズのLサイズを、あえて女の子がゆるっと着るのがかわいいんです♡

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/PROPS NOW 構成/手塚明菜

【5】黒タンクトップ×ベージュストライプワイドパンツ

きちんと感も程よく欲しいなら、ヘルシーな肌見せができるノースリ×パンツコーデがオススメ。ほんのりマリンなストライプ柄に黒トップスを効かせて、都会派のアラビーコーデを楽しんで。さらりとしたリネン混のパンツは、見た目以上に涼しいのもうれしいポイント♡ ハンサムな印象のストライプ柄だけど、細ピッチ×淡いベージュトーンなら女の子らしさもしっかりKeepしてくれます。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】イエロータンクトップ×白ワイドパンツ

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

クロシェニットとボヘ柄の水着で、旬のBOHOスタイルに挑戦! 水着もキャミも目を引くデザインなので、同系色でなじませてまとまりよく着るのがポイントです。ビーサン風のサンダルやかごバッグなど、夏らしくてリラックス感のある小物合わせも重要です。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】カーキワンピース×白ワイドパンツ

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

リネンのワンピースは、しっとり肌になじむ落ち感とほんのり透けるシアー感が魅力! キレよく着こなしたい日は、ワイドパンツを合わせてかっこよく仕上げるのがオススメです。カジュアルな小物合わせでこなれ感のある着こなしを。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【8】ブラウンタンクトップ×デニムワイドパンツ

ナチュラルムードが高まる夏コーデの本命は、やっぱりデニム! ゆるさのあるワイドシルエットなら気負わずはけて、リラクシーな雰囲気も十分です。トレンドのハイライズに大胆な背中開きトップスを合わせれば、自然体な中にも女っぽさが香ります。

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/メドウズ舞良 構成/浜田麻衣

ワイドパンツコーデにおすすめの靴


【1】白ニット×ベージュコート×グレーワイドパンツ×黒スニーカー

ほぼ黒ローファーな黒スニーカーできちんとかっこよく!『スポーティすぎるかも?と思いきや、どんなコーデもきれいめに引き締めて逆にフォーマルな方向に導いてくれる!黒の面積が多いタイプを選ぶのが、きれいめ見えするポイント。』

ブーツ感覚で履けるハイカットスニーカーは、ワイパンのボリューム感ともベストバランス。白ソールの抜け感もあって、コーデ全体を引き締めつつもすっきりとまとまります。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】ベージュブラウス×白キャミソール×白ワイドパンツ

News1この春はとにかく〝透け〟がキーワード!春イチ買いならシースルー『まず見逃せないのが、軽やかな透け感がかわいいシースルータイプ! 繊細なレースやオーガンジー素材のフェミニンな〝透け〟に注目。』

透け感が大人っぽいブラウスに、白のワイドパンツを合わせたマニッシュな着こなし。ふわっと空気を含む薄手素材のブラウスは、背中のロングリボンでキャッチーなバックスタイルが演出できます♡

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】白シャツ×緑チェック柄ワイドパンツ×ベージュパンプス

“エキップモン”の白シャツは、仕立てと素材の良さが大人の女らしさを演出してくれる魔法の一枚。首元の開きやなめらかな素材感など、シンプルな中にこだわりがつまったアイテムです。ボトムは白に映えるチェックのリネンパンツを投入して、ちょっぴり個性的で今っぽい印象に。バッグと靴はベージュでまとめて女らしく♡

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【4】イエローワンピース×白ワイドパンツ×ウッドソールサンダル

アウター代わりにもなるロングワンピをワイドデニムにはおって、旬のルーズシルエットをmake! ラフさと優しげなオーラをいいとこ取りできるクリーム色のデニムには、淡いイエローの花柄やウッドソールのサンダルで気張らない〝ナチュラル感〟を後押しして。

CanCam2019年6月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/橘内 茜 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/小室安未 構成/浜田麻衣

【5】白花柄ブラウス×白ワイドパンツ×ベージュサンダル

繊細な刺しゅうやスクエアカットされた胸元など、ヴィンテージライクなブラウスは着映え度抜群! 初夏らしいシアーな素材もフェミニンな印象です。ボトムはライトベージュのワイドパンツをワントーンっぽくなじませて、ニュアンスたっぷりに着こなしたい♡ ヌーディなサンダル合わせで抜け感を意識すれば、ワイドボトムもすっきりと仕上がります。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

デニムのワイドパンツ


【1】ブラウンブラウス×ブラウンキャミソール×デニムワイドパンツ

カジュアルかつ女っぽい。今なりたいイメージを一発で叶えるコーデ肌見せトップス×ワイドパンツ

今季多いレイヤード前提の透けブラウスは、同系色のキャミを仕込んでシアーな質感をたっぷりと楽しんで。太めのデニムを合わせて、甘さと辛さのバランスを意識すればデイリーに活躍します。こっくりカラーの小物を効かせて、レトロなかわいさもプラスして。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【2】ネイビーストライプカットソー×デニムワイドパンツ

カジュアルかつ女っぽい。今なりたいイメージを一発で叶えるコーデ肌見せトップス×ワイドパンツ

バックシャンにオフショルに透け素材……この春も注目の肌見せトップス。一枚で色っぽさは充分だから、ボトムはワイドパンツでハンサムに仕上げるのが好バランス。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【3】白ワンピース×デニムワイドパンツ

あえての重めバランスが、今っぽおしゃれな空気感を作る ロング×ロング

花柄とデニムを合わせた定番コーデも、シルエットがロング×ロングに変わることで新鮮な印象にチェンジ♡ さりげなく奥行きをプラスしてくれるカシュクールのデザインも、おしゃれムードを後押し。爽やかなバスケットで季節感を出しながら、足元はパープルのぺたんこミュールでほんのり女らしさも加えましょ。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【4】黒ブラウス×デニムワイドパンツ

ドット柄のレトロブラウスにフレアデニムを合わせたレトロコーデ。大人に着られる小粒なドット柄ブラウスは、体が泳ぐくらいのさらりとした素材感が狙い目。今季じわじわきているフレアデニムを合わせて「遠目からでもおしゃれな人」を目指して。足元はカラーサンダルでキレ味をプラス。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美、松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【5】ブラウンジャケット×花柄ブラウス×デニムワイドパンツ

カントリー調のフラワー柄ブラウスと、ブルーのワイドデニムを合わせたレトロコーデ。70’Sムードをほんのり香らせて、春も人気続行のヴィンテージテイストに仕上げましょ。さらにテーラードジャケットとスクエアパンプスをプラスして、シャープさや大人っぽい締めを意識すれば今っぽくきまります。

CanCam2019年3月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/ほのか構成/木村 晶

【6】ベージュコート×花柄ブラウス×デニムワイドパンツ

TREND PICKS #002 レトロムードが断然、気分! ヴィンテージ風小花柄『春になるとうずうず、なぜか着たくなる花柄。今年は「かわいい!」よりも「ちょい渋」なヴィンテージっぽい雰囲気の小花柄がおしゃれ♡ 柄がレトロなぶん、スカートだったらハイウエストやスーパーロング丈など、シルエットやディテールで今っぽく!』

小花柄を大人っぽく取り入れるなら、黒ベースの肌見せブラウスがオススメ。ハイウエストの切り替え入りで、脚が長く見えるのもポイントです! 着こなしは70年代気分のワイドデニムで、甘すぎずレトロかわいい雰囲気に♡ ブラウンのパンプスでコーデを締めても重たく見えず、大人っぽい着こなしがまとまります!

CanCam2019年3月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ

黒のワイドパンツ


【1】パープルコート

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style1キレイ色で気分の上がるノーカラーコートで春はじめ♡例えば出勤時。ほんのりシャープなノーカラーコートで颯爽と歩く女性って、なんだか憧れる♡ まろやかなパステルトーンのキレイ色に、春らしさとHAPPY感も自然と高まって。』

顔映りのいいラベンダーを選んだのは、サラッとはおれるボタンレスタイプのノーカラーコート。スタイリッシュなワイドパンツとドット柄ブラウスに合わせて、好印象間違いなしの通勤コーデを完成させて。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

ベージュのワイドパンツ


【1】グリーンスエットトップス×ベージュワイドパンツ

カジュアルかつ女っぽい。今なりたいイメージを一発で叶えるコーデ肌見せトップス×ワイドパンツ

スエット×フレアパンツの旬コーデ。背中部分のカシュクールデザインが、スポーティなスエットに女らしさをトッピング。ベーシックカラーでまとめれば、肌見せもトゥーマッチにならず、好感度高く仕上がります。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【2】ネイビージャケット×ブラウンカットソー×ベージュワイドパンツ

ムードリーダーはカーデ感覚でジャケットを着る!ジャケット×ハイウエストボトム

上品なネイビージャケットは、リネンやコットンのガサッとした素材感を選ぶとカジュアルに着こなしすい。ハイウエストワイド×コットンTのエフォートレスなコーデを、男前なネイビージャケットできりっと締めて。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/佐々木玲奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【3】ブラウンガウン×白Tシャツ×ベージュワイドパンツ

Part04 シンプルコーデに映える「旬顔ボトム」なら?

春に向けてマスターしたいのは、ニットパンツのリラックス気分を後押しする着流しガウンとの掛け合わせ。カットワークレースやブラウンの色味が程よいヴィンテージ感をプラスしてくれるので、今のうちからカーディガン感覚で取り入れちゃうのが正解です。リブレギンスに続いてこの春大注目のニットパンツは、太すぎず細すぎないシルエット選びが大切♡ 小物は、ブラウンやベージュになじむキャメル&シルバーでまとめて、コーデのラフな印象をキープして。

CanCam2019年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/浜田麻衣、石黒千晶  

 

★女度&シャレ感UP!ロングスカートコーデ23選【2020春秋冬のおすすめ】

★ブラウス・Tシャツ・ニットなど♡白トップスコーデ31選|春夏秋冬のおすすめ

>CanCam.jp TOPに戻る