【気温20度の服装】靴は?アウターは?|羽織りの種類を紹介♡気温別おすすめコーデ29選

最高・最低気温20度のおすすめコーデを大特集

気温20度服装

暑くも寒くもなく、過ごしやすい「気温20度」は、おしゃれが楽しめる理想の気候。春や秋に多いので、ちょうどワードローブを切り替えたくなる、まさにそんなタイミングの気温です。ただ、20度と言っても、最高気温or最低気温なのかによって、選ぶ服は大きく変わります。今回は、それぞれの気温別におすすめファッションを特集します!


最高気温20度の服装

最高気温が20度の日は、日中を除いてほぼ気温は10度台が続きます。天気が悪かったり朝晩の寒暖差があると冷え込むので、長袖のシャツや薄手のニットを活用したり、しっかり防寒できる羽織りを取り入れるのもおすすめ。ノースリーブや薄手のトップス1枚など、羽織りなしの夏っぽい服装にならないように注意してくださいね。

【1】ガンクラブチェックが上品なオフィスコーデ

気温20度服装

肌寒い日に便利なガンクラブチェック柄のテーラードジャケットを投入。かっちりとしたジャケットには、体のラインを程よく拾うニットワンピでカーヴィーなシルエットを引き立てて、緩急をつけるのがおすすめ。まろやかなベージュのワントーンコーデなら、優しげな印象もキープできます。

【2】フリルブラウス×ハイウエストパンツのメリハリコーデ

気温20度服装

レディなストライプシャツとネイビーで作るクラシカルな印象のマリンコーデ。ハイウエストのミニ丈ボトムを投入すれば、オトナきれいに着こなしに。上半身にボリュームがある分、ボトムは思い切って引き算するぐらいがちょうどいいバランスです。足元はローファーをプラスして、トラッド感をもうひとさじ。

【3】辛口カーゴパンツをオールホワイトでモードに

気温20度服装

肌寒い日に便利なリブニットは、ざっくりと開いたスクエアネックが今っぽさ◎。デコルテの抜け感が色っぽいので、ボトムは無骨なカーゴパンツが好相性。メンズライクなカーゴパンツも、白ワントーンのニュアンス作りにひと役買ってくれます。

【4】細ピッチのカラーボーダーで大人カジュアルに

気温20度服装

人気再燃中のボーダーは、トレンドカラーのグリーンを選んで新鮮に。ボトムにはほんのりミントカラーのデニムを投入して同系色&さわやかにまとめるのがおすすめです。ボーダー、デニム、小物まで色を合わせて、ハッピームード全開で着こなして。 

【5】季節の変わり目はデニムジャケットが重宝♡

気温20度服装

カジュアルなセットアップで、かわいいギンガムチェックをリラクシーに。クロップド丈トップス×程よく体のラインに沿うデザインだから、スタイルアップもお約束。黒デニムのノーカラージャケットを羽織ってシックなモノトーンにまとめたら、鮮やかに映えるブルーの華奢サンダルでほのかな色気をプラスして。

【6】カラーパンツ×白インナーで顔まわりをパッと明るく♡

気温20度服装

裾に向かって細くなるテーパードは、骨格を選ばずにスタイルアップできる優秀ボトム。ドロップショルダーのニットで今っぽいゆるっと感を演出したら、インナーは爽やかな白カットソーで抜け感を。チェーンネックレスやヒールを合わせてちょっぴりクールに着こなして。

【7】ボアコートを×センタープレスパンツできれいめに

気温20度服装

朝晩の気温が下がる日は、アウターを投入するのも手。ともすればカジュアルに見えがちなボアコートにきれいめボトムを合わせてキレよく大人な雰囲気に。小物は辛口バッグとポインテッドトウパンプスを加えてよりシャープに仕上げましょう。

【8】ニットのセットアップはアイスブルーで鮮度高めに

気温20度服装

アウター無しでニットのセットアップをさらっと着られるのもこの時季ならでは。ふわふわとした手触りのシャギー&モヘアニットは、大人っぽい幾何学模様の編み地が新鮮。グレイッシュなアイスブルーなら甘すぎず、優しい印象に仕上がります。

【9】ブーム再燃!ノルディック柄のニット×パンツコーデ

気温20度服装

伝統的なノルディック柄のニットは、チノパンや細ぶちめがね、ローファーなどトラッドアイテムと好相性! トレンドのフリルブラウスをレイヤードすることで、ヴィンテージライクな洒落ムードがUPします。マニッシュなコーデには主張しすぎずアクセントを加えてくれるピアスや鮮やかなリップで女らしさを高めて。

【10】スエットコーデをきれい色で今っぽく更新

気温20度服装

気負いなく着られるシンプルなスエットも、セージグリーンならおしゃれ感度が急上昇。着丈短めな一枚なら、トレンド感もスタイルアップ効果もばっちりです。フリルシャツのレイヤードとミニボトムで、とことんキャッチーに着こなして。

【11】ガーリーな白ミニワンピ×ニットのレイヤード

気温20度服装

引き続き流行のミニ丈ワンピはブーツ合わせで季節感をプラス。ノースリニットのレイヤードでコーデに立体感をつけるだけで、着こなしの鮮度がアップします。優しげにまとめるなら、小物は上品なブラウンがおすすめです。

【12】ワンピース×ニットのブルーワントーン

気温20度服装

ふわっと広がるティアードワンピにニットを重ねたニュアンスコーデ。フレア感がかわいいガーリーなシルエットは、涼しげなブルーグレーで甘さを引き算すると洗練された大人なムードに。白ブーツで全体を淡いトーンでまとめつつ、キャッチーなピンクBAGでかわいくメリハリをつけるのがおしゃれ。

【13】華やかトップスを引き立てるデニムコーデ

気温20度服装

繊細に描かれた花柄のブラウスは、贅沢に重ねられたフリルと繊細な生地がドラマティック♡ ピンクラベンダーならクラシカルな華やかさも◎。同系色のニットカーデをプラスしてあいまいカラーのかわいさを引き立てつつ、デニムでカジュアルに着くずすのが今どきです。

最低気温20度の服装

最低気温が20度の予報なら、日中は30度近くまで気温が上がることを想定した服選びを。一枚でさらっとおしゃれが完結するワンピースを合わせたり、小物にハットを取り入れたり、日差し対策を意識しておくと快適です。天気が悪い日や帰宅時間が遅い日は、シャツや薄手のニットなど長袖を取り入れたり、軽い羽織りがあると安心!

【1】甘めピンクスカートをブラウンシャツで今っぽく♡

気温20度服装

ドラマティックに揺れるピンクスカートは軽やかなボリューム感がおしゃれ! ブラウンとの相性がいいので、シャツやパンプスでラフ&女っぽく着こなして。バッグは白で抜け感を。

【2】オフィスにもおすすめなネイビーワントーン

気温20度服装

華やぎのあるレーススカートをネイビーのニットでスマートに着こなせば、美女オーラもばっちり! いつものクルーネックを、少しだけ襟が立ち上がったモックネックにチェンジするだけで、ニット×スカートの王道コーデをハンサムに更新できます。オレンジのエコバックやスニーカーで、きれいめコーデに抜け感をプラスして。

【3】オンオフOK!テラコッタのセットアップ

気温20度服装

時短コーデにもおすすめのジャケットセットアップは、堅すぎずロゴTとショーパンで愛嬌をまとうのがCanCam流。オウムのチャームをBAGに添えて、通勤にも遊びゴコロを忘れずに♡

【4】甘めデザインのワンピースはカーキが正解

気温20度服装

シンプルな無地だからこそ際立つボリューム袖のインパクトで、周りと差のつく特別感をアピール! 胸下に入ったタックがシルエットをシャープに見せてくれるから、甘めディティールも大人顔に。ミュール&巾着バッグで程よく力を抜いて、リラックスしたムードで着こなして。

【5】さらっと羽織れるニットジャケットはブリッジコーデに◎

気温20度服装

バイカラーデザインにビジューボタンなど、ちょいレトロムードなニットジャケットは、モノトーンでも着映え度満点。シュッと見える細身の黒パンツでジャケットの甘さを抑えつつ、ボーダーや赤パンプスでハズしを効かせて、おしゃれ度高く着こなしたい。

【6】カジュアルなアイテムをオール白で大人っぽく

気温20度服装

今季注目が集まっているミニスカートは、レザー素材×ホワイトでキレ味よく。思い切ったミニ丈ならロングアウターとのバランスも取りやすいから、肌寒い季節にこそ手に入れたい。シアーなアウターにレザー風スカートを組み合わせて、ワントーンには素材感でメリハリをつけて。

【7】ブラウン×オレンジの優しげパンツスタイル

気温20度服装

たゆんとした袖と透け感が女っぽさを高めてくれるクロシェニットは、同系色のカラーパンツで洗練された印象に。ストライプのBAGやオレンジのパンツなど、品のよさはキープしつつちょっとした遊びゴコロを足すのが上級者のテク。

【8】ベージュブーツで足元から秋のトレンドをMIX気温20度服装

引き続きトレンドのショートブーツは、程よくトレンド感がありながらも、長く使える洗練されたデザインが◎。透けニットやパステルカラーのスカートで軽やかさをプラスすればブリッジコーデにぴったりです。仕上げにパイソン柄のバッグを合わせて、まろやかなイエロースカートをキレ味よく着こなして。

【9】辛口オールブラックにピンクシャツでかわいらしさを

気温20度服装

キャッチーな花柄刺しゅうのパンツは、黒ベースだとイエロー&ブルーの刺しゅうが一層映えて、華やかさもひとしお。 黒カットソーやシルバーアクセでコーデをきりりと引き締めたら、やわらかなピンクシャツをONして甘×辛コーデを完成させて。

【10】ブリッジコーデに着回せる♡ニットアンサンブル

気温20度服装

ツインニット×スエード調スカートで秋ムード全開。あいまいなアイボリーカラーのツインニットは、季節をまたいで使いやすく着回し力も◎。夏はトップス1枚で、秋はボレロを重ねてツインで、と長い間楽しめます。

【11】グレーデニムでオーバーオールを大人めに

気温20度服装

ピリ辛なグレーのオーバーオールには、くしゅっとギャザーのロマブラウスをIN。細めのストラップ&すっきりとしたシルエットだから、甘めブラウスとも相性バツグン。膝下から自然に広がるフレアシルエットで、脚長効果も完璧です。仕上げは、ボリューミィなカチューシャやヒョウ柄のぺたんこ靴で、キャッチーなかわいさを。

【12】ベージュトーン×フレアパンツの女っぽコーデ

気温20度服装

落ち感のあるとろみ素材のカシュクールブラウスに同系色のパンツを合わせてきれいめに。ベーシックなベージュのワントーンコーデも素材感を意識するだけでリッチ感がググッとUP! ころんとしたかごバッグやサンダルで季節感を添えて。

【13】羽織りを足してトレンドの気温差コーデに

気温20度服装

程よく色っぽさが漂うマーメイドラインのラップ風スカートは、シンプルなカットソー合わせで気張らない女らしさをゲット。甘くなりすぎないベルト風のデザインも、 白×ミントの新鮮かつクリーンな配色なら、大人っぽく着こなせます。締め色のカーキジャケットを取り入れたら、足元はフラットシューズやサンダルでこなれ感をプラスして。

【14】ブラウンワンピースに柄バッグでアクセントを

気温20度服装

ベージュシャツ×ブラウンワンピのベーシックな色合わせは、リネンがもつ風合いの力を借りてよりドライに、かっこよくアップデート! 華やかな色を使わずとも目に留まる、大人の引き算コーデが完成します。足元は白の華奢サンダルでクリーンにまとめつつ、柄トートBAGをガツンと効かせてアクセントを。

【15】ダークトーンに白Gジャンで明るさをプラス

気温20度服装

歩くたびふわっと広がるスカートは、ニットキャミやGジャンなど厚手素材と合わせてこなれ感を演出。斜めに入ったティアードが印象をすっきり見せてくれるから、フレアスカートでも甘すぎずスタイルアップも期待できます。白のGジャンやサンダルでこっくりブラウンをサンドすれば、ほっこり見えず今っぽい着こなしに。

【16】タンクトップ×デニムの大人カジュアルコーデ

気温20度服装

デニムなのにニット感覚ではける〝デニット〟は、足元に向かって細くなるテーパードシルエットがきれいめな印象。シンプルにボーダータンクを合わせれば、リラクシー&おしゃれなツーマイルコーデが完成。BIGサイズのデニムジャケットをさらっと羽織ると、気温差にも対応できます!


気温20度は最低気温を意識したアイテム選びを

最高気温20度は、厚すぎないニットアイテムがちょうど良く着られる気温なので、トレンドのカラーやデザインを選んで気候に合った服装を。薄いカットソーやブラウスを取り入れるなら、薄手のトレンチコートやニットジャケットなど季節の変わり目に便利なアウターがあると快適です。最低気温20度の日は、透け感のあるトップスやノースリニットなど夏物トップスで軽やかにコーデを組むのがおすすめ。帰宅時間や天候によっては、かさばらない薄手の羽織りを持ち歩くようにしてください。