雨の日コーデ22選|ボトム選びと靴合わせがカギ!雨でもかわいい最旬スタイル♡【2020春夏秋冬】

手抜き感なし!おすすめ雨の日コーデ集

足元軽やかなショーパンで雨の日ならではを楽しみたい♪レトロブラウス×ショーパン『少し長め丈の大人ショーパンは、雨の日に大活躍! レインシューズを合わせて、気乗りしない雨の日を楽しく過ごそ♪』

雨の日だってオシャレを楽しみたい人に朗報! 通勤やお出かけにおすすめの雨の日コーデを大特集。安定感のあるブーツ合わせや、雨の日用に1足は持っていたいレインブーツやレインシューズのコーデも紹介します。歩きやすいのにトレンドも死守した最旬スタイルは必見です♪

【目次】
雨の日のコーデはどのアイテムを選ぶ?
梅雨時期も楽しくなる春夏の雨の日コーデ
濡れてもOKなスポーツサンダルもおすすめ
秋冬の雨の日におすすめのコーデ
大人女子は雨の日もおしゃれを楽しむ♡

雨の日のコーデはどのアイテムを選ぶ?


濡れても手入れがしやすいこと、歩きやすくて滑りにくいこと…、雨の日のおしゃれは注意することが多すぎてなかなか決まらない! そこで、雨の日のコーデでレインブーツ以外におすすめなのが、水陸どちらでも履けるスポーツサンダル。今シーズンのトレンドということもあって、雨の日と兼用で使えるスポーツサンダルは買わなきゃ損♡

他にも、ヒールのないフラットシューズや滑りにくいスニーカーもおすすめです。ボトムは、小雨ならフルレングスやロング丈もOKですが、大雨の日は濡れにくいショート丈を指名して。雨で気温が下がる日は、ジャケットやパーカなどはおりも忘れないでくださいね!

Point
・濡れても手入れがしやすいスポサンやスニーカーがおすすめ
・肌寒い雨の日はジャケットやカーデなど羽織りも持って

梅雨も楽しくなる春夏の雨の日コーデ


【1】グレージャケット×白Tシャツ×デニムスカート×黒ブーツ

色褪せたロックT×ミニボトムで潔く脚を出し、マーチンのゴツめブーツでコーデを締める。ごつめリングやブーツなどのインパクトのあるアイテムや、チョーカーやカラーミニバッグなどの小物で、エッジを効かせるのもポイント。

CanCam2020年5月号より 撮影/MELON(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子

【2】Gジャン×黒花柄ワンピース×グリーンスニーカー

清涼感たっぷりな(ミントカラーのコンバース)をお供にお出かけしたいな♪『スニーカー専門店でひと目ボレした、珍しいミントカラーのコンバース。いつもジーンズに合わせることが多いけど、たまにはワンピに合わせてガーリーに仕上げたいです♪』

レトロな花柄ワンピに大きめサイズのGジャンをプラス。爽やかなミントカラーのコンバースなど寒色系でまとめて、ブルーのグラデを楽しむのがおシャレさん♡

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【3】黒花柄ワンピース×白スニーカー

何枚でも欲しい!ヴィンテージ花柄アイテム、まだまだ集め中ー

イザベルマランのワンピースは、ふんわり広がるたっぷりの生地感がエモさ抜群! ヴィンテージ感のあるワンピに合わせて小ぶりのバッグをプラスしつつ、足元はゴツめのダッドスニーカーでカジュアルに着こなして。

CanCam2020年7月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】花柄ブラウス×ベージュパンツ×黒パンプス

足元軽やかなショーパンで雨の日ならではを楽しみたい♪レトロブラウス×ショーパン『少し長め丈の大人ショーパンは、雨の日に大活躍! レインシューズを合わせて、気乗りしない雨の日を楽しく過ごそ♪』

黒地×花柄の大人ブラウスは、ベージュのハイウエストショーパンですっきりと着こなして。ショーパンと相性のいいバレエシューズや小さめのバッグは、ダークカラーをチョイスしてトーンを落ち着かせるのが大人見えのコツ。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】花柄ブラウス×ブラウンパンツ×レインブーツ

足元軽やかなショーパンで雨の日ならではを楽しみたい♪レトロブラウス×ショーパン『少し長め丈の大人ショーパンは、雨の日に大活躍! レインシューズを合わせて、気乗りしない雨の日を楽しく過ごそ♪』

細やかなフリルとギャザーが施されたブラウスは、おフレンチで女の子っぽい雰囲気♡ ハイウエストショーパンを合わせてミニマムにまとめるのが正解です!

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】白ジャケット×黒Tシャツ×デニムパンツ×黒スニーカー

ジャケットをカジュアルに取り入れるなら、アクティブで軽快なTシャツ×デニムスタイルで。ベーシックになりすぎないように、アクセ感覚でピンクバッグを斜めがけするのが気分です。

CanCam2020年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子、権藤彩子、鶴見知香

【7】ドット柄ブラウス×黒パンツ×レインブーツ

足元軽やかなショーパンで雨の日ならではを楽しみたい♪レトロブラウス×ショーパン『少し長め丈の大人ショーパンは、雨の日に大活躍! レインシューズを合わせて、気乗りしない雨の日を楽しく過ごそ♪』

華奢な水玉柄ブラウスは、黒ショーパンでシックにまとめて。雨の日用のロングブーツは、ヒールありならスタイルUPもできちゃいます。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】花柄ワンピース×ブルーバッグ×黒ブーツ

ガーリームードな花柄のミニワンピで春気分♡ 黒ベースならシックに着られて甘さも控えめ。あえてのブーツでちょっぴりクールに着こなして。

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ベージュトレンチコート×白Tシャツ×黒パンツ×レオパード柄フラットシューズ

まいまいが履きたい春靴はこの6つ!『”フラット靴をレディに履きたい”が叶う小粋バレエシューズ』

フォトTシャツ×デニムのカジュアルコーデに、大人トレンチをはおってこなれ感を♡ 足元はシャープなレオパード柄でトレンドもプラス! インナーが見えるようにコートのフロントを開けて、おしゃれっぽく着こなすのもポイントです。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】黒ジャケット×白Tシャツ×カーキスカート×白スニーカー

渋谷シンプル茜のエモフェミ7days

カジュアルコーデと相性のいい紺ブレは、足元がスニーカーでもきちんと見えする優秀アイテム。プリントTシャツをインナーに仕込めば、こなれ感もアップします!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

濡れてもOKなスポーツサンダルもおすすめ


【1】ベージュワンピース×黒タンクトップ×黒スポーツサンダル

爽やかコーデでモテたいっ(笑)! 初夏のかとしふくBEST5『「カジュアルだけど女のコっぽくて、でも大人っぽさも欲しいしスタイルよくも見せたい…!」と語るかとしの欲張り初夏コーデ、見せてもらいました♡』

白のノースリワンピで初夏っぽく♪ 一枚だとシンプルに見えるワンピは、インナーに黒タンクを挟むことでコーディネート感が強まりメリハリも◎。小物はガーリーになりすぎないように、ゴツめのサンダルやチェーンのミニBAGを合わせてピリッと辛口に味付け。

CanCam2020年8月号より 撮影/加藤史帆(本誌専属) スタイリスト/加藤史帆(本誌専属) ヘア&メーク/加藤史帆(本誌専属) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ピンクベージュTシャツワンピース×黒スポーツサンダル

楓が履きたい春靴はこの6つ!『進化形スポサンはまだまだ続くアスレジャーブームに必須』

ベージュのカットソーワンピを取り入れた春スタイルには、チョコブラウン×パープルのスポサンがちょうどいい存在感に。抜け感もあるので重たくなりすぎず、絶妙なボリュームがプラスできます。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

秋冬の雨の日におすすめのコーデ


【1】ブラウンコート×ブラウンタートルネック×ブラウンチェック柄パンツ×ブラウンブーツ

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

濃度を変えたベージュ〜ブラウンのワントーンが、ひと目でおしゃれ見えを叶えてくれる♡ お尻まで隠れるロングシャツは、はおり代わりに使えるのでおすすめです。ニット×コーデュロイで質感に差をつけてメリハリのある着こなしに。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】チェック柄シャツ×黒スカート×ベージュスニーカー

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

少量のグレータートルが作るシックな抜け感で、大人に似合うカジュアルバランスが完成! ショートシャツ×ロングスカートで脚長効果もバツグンです。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ネイビーマウンテンジャケット×オレンジ花柄ワンピース×白ブーツ

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

トレンドのマウンテンパーカは、メンズのMサイズをずるっと着るのが気分。でもボーイッシュにはしたくないから、ワンピ×ブーツを合わせて抜け感のある女のコスタイルに。パープルとダークオレンジのカラーMIXでさらに感度高く♡ 

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】グレーニット×白インナー×黒パンツ×白スニーカー

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

ロング丈トップス×スリムパンツは間違いない組み合わせ。インナーに白シャツを仕込んで奥行きのあるモノトーン配色に。引き締め効果のある黒パンツが、スタイルアップも叶えます。靴はラフなスニーカーで軽やかに仕上げて。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ベージュワンピース×白ジャケット×黒スニーカー

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

ラフなメッシュスニーカーに、ワンピースなど女性らしいものを合わせることで洒落感がUP。タイトなワンピにスニーカーでアクティブ感をプラスしてモテコーデを完成させて♡

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】チェック柄コート×黒タートルネック×デニムパンツ×白スニーカー

かっちりして 真面目っぽい印象がある>>>チェックアウターはオーバーサイズで今っぽく『1枚はおるだけでスタイリングが決まるチェックアウターは、ゆるっとしたオーバーサイズで今年らしいシルエットをメイク!メインが引き立つように、中はシンプルにまとめるのが◎。』

ベーシックな黒ニット×ストレートデニムが一気に華やぐチェックコートの力。定番柄のチェックも、はおるだけで洒落見えするビッグコートであか抜けた印象に。定番の白コンバースをプラスしてこなれ感をONするのもポイントです!

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ベージュコート×ブラウンインナー×ブラウンスカート×ブラウンブーツ

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

チェスターコート×プリーツスカートの正統派フェミニンコーデ。色も柄も一切ナシ、でも統一感のあるマロンチョコ配色で組み合わせればこんなにおしゃれ♡ 安定感のあるブーツ合わせで大人かわいく着こなして。

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】白コート×黒ワンピース×黒ブーツ

締め色やタイトボトムなら、ボリューミーなボアコートもスッキリ着られます!『なんといっても今年の冬アウター一番の目玉はボアコート♡ 色の効果やシルエットのテクニックを駆使して、ボアをかわいく攻略して!』

ウエストがきゅっと絞れるドロストデザインのボアコートなら、着るだけでスタイルUPをお約束。まとまりのあるワントーンはインナーを濃色にすると、さらに引き締め効果がアップします! 靴はショート丈ブーツを取り入れておしゃれっぽく防寒対策♡

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】黒コート×白カットソー×デニムパンツ×黒スニーカー

締め色やタイトボトムなら、ボリューミーなボアコートもスッキリ着られます!『なんといっても今年の冬アウター一番の目玉はボアコート♡ 色の効果やシルエットのテクニックを駆使して、ボアをかわいく攻略して!』

カジュアルなボアコートも、黒を選べばほんのり大人モード。Tシャツ×デニムのシンプルコーデにプラスして、今っぽカジュアルを堪能♡ 差し色でパープルのミニBAGをプラスすると、さらにおしゃれなメリハリが生まれます。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】ピンクジャケット×黒ワンピース×白ブーツ

ダウンコートはショート丈&カラーを選べば、むしろ今どきアウターです!『長めボトムともバランスのよいショート丈、かわいめカラーを選べば、ダウンコートはむしろトレンド! あったかい上に洒落感までアピールできちゃう♡』

光沢感のあるサテン素材のダウンジャケットはリッチ感も◎。フィット感のあるニットワンピに合わせても、ヒップ周りがかわいく隠せてGoodです。白ブーツで抜け感を出せば、全身のシルエットもすっきりきまる♡

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

大人女子は雨の日もおしゃれを楽しむ♡


雨の日におすすめのトレンドコーデを紹介しました。大雨の日はレインブーツや撥水加工のある靴を選ぶのがベターですが、小雨や曇りの日は、急な雨でも困らない安定感のあるフラット靴やスニーカー、ロングブーツがおすすめです! 動きやすいボトム選びや足元コーデを意識して、憂鬱な雨の日でもおしゃれで気分をあげていこう♡

 

>CanCam.jp TOPに戻る