2022最新【水色パンツの人気コーデ14選】|第一印象がいい「ブルー系パンツ」の合わせ方

水色やブルー系パンツの失敗しない着こなし方は?

水色パンツレディースコーデ

オフィスコーデにも合わせやすい水色やブルー系のパンツを合わせる、トレンドスタイルを大特集! カラーコーデ初心者さんにも着こなしやすい色合わせなど、マネしたい配色テクは要チェック♡ 爽やかで好印象にもつながるブルー系ボトムは流行のカラーパンツコーデにおすすめです。

実は合わせやすいカラー「ブルー」のパンツスタイル

水色パンツレディースコーデ

どんなシーンにも映えるブルーのパンツは、シーズンレスに着回せるおすすめのカラーアイテム。しかも、カラーボトムに慣れていない人でも、白・黒・グレー・ネイビー・ベージュ・ブラウン…など、好相性なベーシックカラーが多いので色合わせが簡単なのも魅力です。

色を浮かせずにおしゃれっぽく着るなら、くすみ系の水色パンツがおすすめです。

【色彩心理学】水色はビジネスシーンにもおすすめ

水色パンツレディースコーデ

ビジネスシーンにおいては、第一印象が何よりも大切。とくに接客業や営業職などでは、最初に抱かれたイメージが相手の記憶に残ることも。そこでおすすめしたいのは、清潔感があって柔らかな印象の淡いブルー(水色)です。初対面でも知的でリラックスした雰囲気を演出できるので、相手を穏やかな気持ちにさせることができると言われています。

今季はあいまいな「ブルーグレー」に注目!

水色パンツレディースコーデ

今季はグレーがかっていてあいまいなブルーがトレンド! カラーコーデに取り入れても、くすみのある色味が落ち着いているので大人っぽい雰囲気に。白やベージュ、黒などベーシックカラーとも合わせやすいので、初心者さんでも失敗しないカラーコーデが楽しめます。

水色・ブルー系パンツのコーデのポイント

水色パンツレディースコーデ

  1. 今季はグレーが入ったくすみ系の水色が今っぽくておすすめ♡
  2. ブルーやグレーなどトーンを揃えた着こなしがシャレ感高め!
  3. 白や黒など定番色に合わせるとオフィスコーデにもぴったり

水色・青系パンツを合わせるレディースコーデ

【1】ブルー×グレーのスタイリッシュなオフィスコーデ

Q.10カジュアル通勤が増えたとはいえ、やっぱりかっちりジャケットが必要な日があります。リクルートスーツにならないジャケットコーデの正解って?『A.黒や紺で堅苦しい素材はやめて、ニュアンスカラーorやわらか素材をモノにせよ!』

グレー系のチェックジャケットにブルーのハイウエストパンツを合わせたきちんとコーデ。堅めのグレージャケットもノーカラーを選ぶとおしゃれっぽさがUP! インナーとパンプスは黒で締めて、よりきちんと感を強めるとどんなシーンにも対応できます。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】センタープレスパンツで調整する通勤カジュアル

No.2 バンドカラーシャツ×鮮やかカラーパンツ

鮮やかなブルーのパンツに白のチュニックシャツをプラス。カジュアルOKなオフィスコーデにぴったりの合わせは、ボトムのセンタープレスでほんのり緊張感を意識するのがポイントです。スニーカーやリュックは白やベージュ系でまとめてきれいめに。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】チュニックにはセミフレアパンツが好相性

2 コットンブラウス×セミフレアパンツ『〝素材〟で優しく』

ナチュラルな素材のブラウスを×ブルーグレーの美脚パンツで大人っぽく! 優しげなオーラが漂う、チュニック丈のコットンブラウスには、脚をすらりと見せてくれるセンタープレスの入ったセミフレアパンツを合わせれば、ほっこり見えずにスタイルアップも狙えます♪

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【4】水色パンツとジャケットで洒落感高めの休日コーデ

ブルーのセンタープレスパンツ

ブルーのパンツ×チェックジャケットのワントーン配色に、白ニットの肩掛けテクでアクセントをプラス! インナーはラフなTシャツを合わせつつ、足元はゴツめローファーで今っぽく。全体を同系色でまとめつつ白やグリーンなどの近い色味を添えて、コーデに立体感を出すのがおすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/福岡玲衣 モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【5】てろりん素材でオンオフ使えるセットアップ

06新顔ハーフパンツ×抜け感ヒール

きちんと見えするテーラードジャケットのセットアップは、ハーフパンツスタイルで大人っぽいこなれ感を。今季は、きれいめな印象でありながら、黒やベージュより今っぽさがアピールできるくすみブルーがおすすめ。程よい堅さとおしゃれっぽさが両得できる今っぽコンサバスタイルです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

【6】クリーンな白とブルーパンツのきれいめコーデ

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

淡色のフレアパンツに裾に向けてひらっと広がるチュニックブラウスを投入。全身をやわらかな配色でまとめつつ、ボリュームネックレスやフラットサンダル、そしてニュアンスカラーのバッグなどトレンドの小物合わせでキレよく着こなすのがおしゃれです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ハイウエストのくすみブルーパンツで鮮度UP!

01ロマンティックブラウス×ジェラートカラーパンツ

通勤にも休日にもぴったりの大人かわいいパンツスタイル。甘盛りブラウス×マニッシュパンツの絶妙なバランスが、トレンド感もきちんと感も叶えてくれます♪ 黒とくすみブルーの合わせで新鮮かつトレンド感もGETしましょう。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ロングシャツは細身の水色パンツですっきり着こなす

辛口キレイに着る!センタープレスストレートパンツ『Saxe Blue』

キレ味のいいアイボリーシャツには、爽やかきれいなサックスブルーのパンツを合わせてかわいげのある抜け感を。シュッとした細身のIラインシルエットで辛口ムードを意識すると甘いカラーも大人っぽく着こなせます。バッグは黒のショルダータイプで、シャープな印象と締め色効果に期待。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

こんなに着回せる!ブルーのセンタープレスパンツ

【1】チュニックブラウスは×テーパードパンツで美スタイルに

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『NATURAL』

ゆったりとしたシルエットでリラクシーに体が泳ぐチュニックは、裾に向かって徐々に細くなるテーパードパンツと合わせることで美スタイルが際立ちます。サンドベージュ×ピーコックブルーのこなれ配色も洒落感たっぷり。小物はブラウスと同系のベージュやブラウンで統一して今っぽい配色に。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【2】カジュアルトップスはきれいめテーパードで上品に

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『NATURAL』

テーパードパンツとルーズなニットでリラックス感のある女らしさを。ドロップショルダーのニットが裾をパンツにINすることで、今っぽい着こなし&スタイルアップが叶います。今季のオフィススタイルはメンズッぽい雰囲気をおしゃれに着こなすのがおすすめ。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【3】ブルーのカラーワントーンが旬のオフィスコーデ

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『STRAIGHT』

ブルーのパンツにくすみ系のニットカーデやダブルジャケットをON! 全体をブルーのグラデ配色でまとめると定番トラッドが今っぽく更新できます。マニッシュになりすぎないようにインナーはV開きカーデにして首元のすっきり感はキープして。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【4】ブルーパンツ×白ブラウスの清潔感がオフィス向き

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『STRAIGHT』

美脚効果抜群なテーパードパンツ×上半身をすっきり見せるデコルテ開きブラウスのオフィススタイル。体型をしゅっと細見えさせる効果があるので、ボディラインにメリハリをつけたい人におすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】旬なツイードジャケットを合わせるパンツスタイル

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『WAVE』

フリルブラウス・ツイードジャケット・カラーパンツで甘さと華やかさが漂う上品コーデに。ノーカラージャケットの下は、フリル襟のブラウスで顔まわりをトーンアップ。華やかさが盛れるレディなビジュ―付きパンプスもポイントです♪

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【6】トップスをインしてスタイルアップも叶えて

ハイウエストテーパードパンツを骨格タイプ別に冬→春着回し『WAVE』

ブルーのセンタープレスパンツはトップスをコンパクトにまとめてスタイルアップ。薄手の春ニット1枚だと上半身がベタッと貧相に見える危険があるので、シアーニットのレイヤードで奥行きを加えるテクニックを採用して。トレンド感を出しつつ、やわらかな素材も春先取りでおしゃれです。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

カラーコーデ初心者さんにもおすすめな水色パンツ

水色やブルー系のパンツは落ち着いた印象もあるので休日のほか通勤コーデにもおすすめ! 手持ちのベーシックカラートップスに合わせるだけで、今っぽいカラーコーデが完成します♡ 普段のコーデに簡単に変化をつけられるのでマンネリしたらトライしてみて! グレーやブルーなど同系トーンのアイテムで揃える着こなしもおしゃれっぽくておすすめです。