O脚もふくらはぎもカムフラージュ♡【デニムワイドパンツの人気コーデ19選】|トレンドの着こなし【2022レディース】

美脚に♡デニムワイドパンツのコーデ集

デニムワイドパンツコーデ

ラフで今っぽいカジュアルコーデには、気負わず履ける「デニムワイドパンツ」がおすすめ! ハイウエストでスタイルアップを狙ったり、ブラウスと合わせて甘さを足したり、ワイドデニムコーデのおすすめコーデを紹介します。リラクシーな雰囲気が今っぽい、最旬スタイルはこちら♡

デニムワイドパンツのコーデはどんな印象?

ワイドパンツは、ゆとりのあるシルエットで下半身をカバーをすることができ、ハイウエストのタイプなら脚が長く見える効果もあり♡

デニムワイドパンツコーデ

カジュアル感を意識するなら、大人っぽいワイドシルエットのパンツの中でもデニム素材がおすすめ。

デニムワイドパンツコーデ

白のワイドデニムパンツなら、ジャケットなどきちんと感のあるアイテムと合わせてオフィスコーデにも投入できます♪

デニムワイドパンツコーデ

ゆったりしていて履きやすいので、おうちコーデだけでなく歩く時間が長そうなお出かけコーデのボトムにも◎。トレンド感をより高めるなら、今季はサスペンダー付きのワイドパンツがイチオシ。いつもとはひと味違うデニムワイドパンツの着こなしが楽しめます。

デニムワイドパンツに合わせるトップスの選び方

■無地やボーダーのシンプルトップス

デニムワイドパンツコーデ

デニムのワイドパンツは、はくだけでシャレ感のあるシルエットが作れるので、トップスはシンプルなデザインが好相性。すっきりとしたデザインやコンパクトなシルエットのトップスを合わせるだけで、今っぽい大人カジュアルが完成します。今季はトレンドの「Y2K」ムードなショート丈トップスなどもおすすめ♡

■ブラウスなどの甘めトップス

デニムワイドパンツコーデ

ブラウスやレーストップスを組み合わせて、甘さのあるカジュアルコーデに仕上げるのもおすすめ。デニムのワイドパンツでヘルシーに着こなすなら甘めのアイテムも簡単に攻略できます。

デニムワイドパンツに合わせる靴は?

■華奢サンダルやヌーディカラーのパンプス

デニムワイドパンツコーデ

ボリュームのあるデニムワイドパンツに合わせる靴は、フェミニンで華奢なサンダルか、パンプスを合わせるならベージュなどのヌーディーカラーで軽さを出すのがおすすめ。

デニムワイドパンツの着こなしポイント

デニムワイドパンツコーデ

  1. おしゃれなシルエットで下半身カバーも叶う
  2. 白デニムのワイドパンツはオフィスコーデにもおすすめ
  3. 華奢なサンダルやヌーディーカラーパンプスで足元に抜け感を出す
  4. 大人っぽく着こなすならワントーンでまとめる

大人カジュアルなデニムワイドパンツコーデ

【1】ワイドデニムが今っぽいイエローワントーンコーデ

02 まろやかトーン&プチプラでTRYしやすい 着映えするカラーデニムで作るチアフルコーデ『夏に向けて遊びゴコロのあるカラーデニムが人気! ちょっぴり挑戦なアイテムだけど、肌馴染みのいいやわらかな色合いを選ぶとグッと着やすく。POPなスタイリングも、大人顔で楽しめます。』

表情豊かなクロシェニットを太めのデニムパンツでこなれ感たっぷりに。トレンド感のあるイエローデニムを合わせたワントーンコーデはクロシェ編みの洒落た立体感がポイントです。

CanCam2022年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/林 由香里 モデル/佐々木莉佳子(本誌専属)構成/石黒千晶

【2】ピンクのデニムワイドパンツでワントーン配色に

02 まろやかトーン&プチプラでTRYしやすい 着映えするカラーデニムで作るチアフルコーデ『夏に向けて遊びゴコロのあるカラーデニムが人気! ちょっぴり挑戦なアイテムだけど、肌馴染みのいいやわらかな色合いを選ぶとグッと着やすく。POPなスタイリングも、大人顔で楽しめます。』

ロマンティックなピンクパンツ×花柄トップスもデニムの力を借りればヘルシーに。甘さとラフさのバランスがちょうどいいピンクデニムはワンランク上のカジュアルコーデにもってこい♡ こなれ感のあるシルエットも手伝って、花柄ブラウスとのフェミニンコンビもスイートに傾きすぎずちょうどいいバランスに仕上がります。

CanCam2022年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】タイトトップス×ワイドデニムでスタイル良く

01 程ゆるシルエットでおしゃれに体型補整♡簡単にスタイルアップできる美脚デニムに注目!『デニムのバリエが豊富な今シーズン。体型カバー視点で選ぶなら、スッキリ見えつつもピタッとしすぎない絶妙フォルムを狙って。重心をアップさせるコーデを意識すると、さらにバランス美人に。』

ストンと落ち感のあるワイドデニムで美人オーラも脚長も◎。直線的なフォルムで脚をまっすぐに修正しつつ、クラッシュでこなれ感も加えた1本。コンパクトなタンクをシンプルに合わせるだけで、サマになります。

CanCam2022年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ボーダートップスを合わせる大人カジュアル

定番だからこそトレンドで盛りたいデニム+ボーダーTシャツのコーデ。今年のポイントは、ピチッとしたトップスにいつもよりサイズアップしたデニムを合わせる程ゆる感。ベストを使ってハイウエストを強調すればスタイルアップも完璧です。

CanCam2022年5月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/福寿瑠美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、田中かほ里、木谷成良、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【5】イエロートップス×淡色デニムの春カラーコーデ

ハイウエストデニムに主役イエローのコットンブラウスを合わせた春色カジュアル。靴はトレンドのグルカサンダルを合わせてスタイリッシュな印象に。ゴツさをおさえたい人は、センターに縦ストラップが付いていたり、キャメルカラーのグルカがおすすめです。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【6】レーストップスをワイドデニムでカジュアルダウン

最高にかわいくなれるピンクベースのキュン配色『発色がよく明度の高いピンクは、甘さがトゥーマッチにならないように、カジュアルな素材感やシルエットで抜けよく。そして「あいまいトーンで優しく」or「引き締め色でメリハリよく」着るカラーパレットが、今っぽくて推し!』

切りっぱデニム×レースブラウスでトレンドのヴィンテージ感を演出。ボトムにウォッシュデニムを合わせるとカジュアルなHAPPYオーラが漂います。靴でピンクをリフレインすれば、統一感が増してよりおしゃれな印象に。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】コーデに馴染ませやすいエクリュのデニムワイドパンツ

04 カラーボーダーでリンク♡『マリンがトレンドな春、ボーダー人気も上昇中! パキッと鮮やかなピンクやグリーンは、身にまとうだけで気分もアガる♡ ボーダー、デニム、小物まで色を合わせて、ハッピームード全開で着こなしたい!』

ボーダー、ニット、バッグ…ホットなピンクを重ねて旬の配色に。ガーリーな色代表のピンクだけど、カジュアルボーダーを主役にすれば程よい甘さに着地します。ボトムはピンクと色馴染みのいいエクリュデニムでやわらかさをキープ。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【8】ワイドシルエットがトレンドのデニム×デニム

KEYWORD8 ラフに動けてストレスフリーなデニム『どんなキャラでもどんな季節でも、どーんと受け止めてくれる 名脇役のデニムを、この春は主役に! 自由に動ける気楽さも、着るほどになじむフィット感も、 リラックス感が欲しいこの時代にぴったりマッチ。』

クロップド丈のフレアデニムにボックスシルエットのデニムジャケットを合わせた最旬コーデ。小さめバッグにメタリックのバレエパンプスを合わせて、ハードなデニムONデニムを品よくかわいく着こなしましょう。

CanCam2022年4月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/福岡玲衣(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/浜崎真衣 構成/鶴見知香

【9】ワイドデニムは×ショート丈トップスで好バランスに

リラクシーなはき心地とスタイルアップのいいとこ取り!ハイウエストストレートデニム

ハイウエストデニムと好相性の短丈カーデでカジュアルだってスタイルよく! 程よくウォッシュ加工されたリラックスデニムは、軽やかなクロシェニットやトリコロール配色で夏ムードを盛り上げて。白サンダルで爽やかさをONしつつ、ビビッドな赤バッグでコーデをきりっと仕上げましょう。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】ボリュームトップスはパンツインですっきりと

Q.一瞬で洒落見えする、初夏にオススメの柄モノは?『A.レトロムードなギンガム&ドットをモードに着こなして!』

キャッチーなパワショル×ギンガムチェックの甘盛りブラウスは、ヘルシーなハイウエストデニムをさらりと合わせるのが王道かわいい組み合わせ♡ 差し色に季節感のあるグリーンバッグを取り入れたら、抜けのあるパデッドサンダルでコーデを締めつつトレンド要素をプラスして。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【11】サスペンダー付きデニムでパンツコーデを更新!

Q.何か新しいアイテムにTRYしたい!『A.サスペンダー付きパンツでイメチェン♡』

バルーン袖トップスとサスペンダーデニムの今っぽかわいい旬コーデ♡ 小物はドットのBAGや赤サンダルでレトロガーリーに仕上げて♡ トップスにボリュームがある分、華奢サンダルで足元に肌感を見せるとすっきり&バランスよくまとまります。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【12】甘めのパフショルをワイドデニムでアクティブに

TREND02 コットンブラウスが今年はよりボリューミーに甘くなってレベルアップ!

太めのハイウエストデニムでパフ袖の襟コンブラウスをカジュアルダウン。今季はラフなデニムを合わせるほうがスキニーよりこなれて見えます♡ 配色がシンプルなので、ヌーディなサンダルで抜け感を作りつつビーズのカラーバッグでアクセントも忘れずに。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

きれいめなデニムワイドパンツの着こなし

【1】ベージュトップス×ワイドデニムのきれいめコーデ

ブルベさんがたまごイエローを着るなら…『攻略02 パーソナルカラーの締め色との配色が好バランス』

たまごイエローのニットとインディゴブルーの色合わせでカジュアルかわいいデニムスタイルが完成。ハイウエストの技ありデニムを取り入れると、シンプルなワンツーコーデも新鮮顔に仕上がります。ピアスはシルバー、バッグと靴は万能なブラックで締めて、大人っぽく着こなして。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】シャリ感トップスでワイドデニムを旬顔に

Keyword4 しゃり素材

透け感のあるレースブラウスに濃いめのデニムを合わせて清楚な女らしさに洒落感をプラス。ともすれば色っぽくなりすぎてしまうレースも、マットなシャリ素材のおかげで等身大かつ今っぽく着こなせます。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

【3】ワイドデニムを合わせるフレンチシックな着こなし

フレンチ小物

ブルーデニム×白ブラウスのきれいめリラクシーコーデ。適度な抜け感があることで、上品ローファーが今っぽくあか抜けます♡ ミュールローファーのきちんと感をキープしながら、楽ちんなつっかけで今時のリラクシームードも。洗練された大人カジュアルに仕上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】モノトーンが上品なワイドデニムコーデ

センシュアルニット で上品に肌見せしている

シンプルだけど印象に残る大胆な背中見せトップスは、セクシーになりすぎないようにエクリュデニムで健康的なアプローチを。ゴールドのアクセを利かせたり、黒小物をリンクさせたり、洗練された引き算コーデがよく映えます。カジュアルなデニムスタイルもモノトーンやクラッチ合わせで女度UP!

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【5】シックなレーストップスをワイドデニムでラフに

リラクシーなはき心地とスタイルアップのいいとこ取り!ハイウエストストレートデニム

黒レースのブラウスで無骨なデニムに大人なかわいげをプラス! 高めのウエスト位置からストンとまっすぐに落ちるシルエットが、ゆるっとしつつも美脚見えを叶えます。トレンドのパフスリーブがかわいいカットワークレースのブラウスで絶妙な甘×辛バランスを演出したら、チェーンバッグや華奢サンダルで女っぽさもON。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】トーンを揃えてデニムコーデを大人っぽく

デニムを買うべき理由1 程よいラフ感で彼との距離が縮まる

カジュアルだけど女っぽい印象を残すなら、フィット感のあるリブニット×デニムコーデが正解。ニュアンシーなベージュデニムにライトベージュのリブトップスやブラウンのチェーンバッグ、抜け感のあるエクリュサンダルを合わせて、白~ベージュのワントーンコーデを完成させて。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】×ジャケットできちんと感のあるデニムスタイルに

07テーラードジャケット×定番デニム

カットオフデニムやミント色タンクの淡色トーンをこっくりブラウンのジャケットで優しく引き締め。程ワイドなシルエットと色落ち感がカジュアルなデニムには、かっちりしすぎないリネン風素材のジャケットをはおってこなれムードたっぷりに着こなして。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

デニムワイドパンツでおしゃれも着やせも両立!

おしゃれも着やせも叶う「デニムワイドパンツ」のコーデをご紹介しました。ゆったりしていて履きやすいので、おうち時間はもちろんお出かけコーデにも着回せます。今季は淡いイエローやピンクなどカラーデニムのワイドパンツや、サスペンダー付きのデニムワイドパンツもシャレ感がUPするのでおすすめです!