【ピクニックコーデ13選】写真映えバッチリ♡「彼or友達」シチュエーション別おすすめコーデ集

春になったらピクニックがしたい!ピクニックコーデ特集♡

あたたかくなったら、サンドイッチなどをテイクアウトして芝生でピクニックがしたくなる♡ 外なら換気もバッチリだし、なんといっても自然光は加工アプリよりも盛れる最強フィルター!(笑)彼や友達と写真を撮るなら、写真映えするおしゃれな格好がしたいけど…外だし、シートに座るとなると意外と難しい!何を着ていけばほめられるかな?

シチュエーション別 ピクニックコーデ

 

「ピクニック=公園」なので、芝生の緑や空など”自然に映える色”を使ったコーデがかわいい♡ ラフでカジュアルだけどおしゃれ感もある、わがままコーデが知りたい!公園での過ごし方や、誰とピクニックをするかでコーデが変わるので、シチュエーション別でコーデを紹介していきます!

  1. 「ピクニックコーデ=自然に映える色」で写真映え♡
  2. ラフ&カジュアルだけどおしゃれ感は忘れずに!
  3. パーカやカーデ、シャツなどの羽織りがあるとGOOD
  4. ボトムの丈感は長め、ヒールよりスニーカーがおすすめ

彼とピクニックコーデ♡まったり編

1.「ギンガムチェックワンピ×サンダル×ポニーテール」のピクニックコーデ

ピクニックには「ギンガムチェック」が似合う!控えめなオープンバッグがちょっぴりセクシー♡ ポニーテールでアクティブに見せつつ、ちゃっかり女っぽを加速。顔回りが広めに開く衿ぐりは写真映え抜群!カーキのバッグが、コーデの差し色になり大人っぽくまとめてくれます。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE)スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川恋(本誌専属)構成/石黒千晶

2.「ブラウンワンピ×白パーカ×ローヒールパンプス」のピクニックコーデ

ブラウンワンピとパンプスでワントーンコーデ!キレイめワンピは白のパーカでカジュアルダウンすることでピクニックコーデ感UP!外での遊びは寒暖差や日焼けが気になるけど、パーカやカーディガンは体温調節もできるし、日焼け対策にも◎ ピクニックにおすすめなアイテムです♡

CanCam2020年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)モデル/中条あやみ(本誌専属)構成/手塚明菜

3.「花柄ワンピ×パンプス×白バッグ」のピクニックコーデ

長め丈の花柄ワンピは春カラーで明るくかわいく♡ 袖コンシャスなデザインは一気におしゃれ見え&二の腕をカバーしてくれます◎ ロング丈ワンピはシートに座った時に座り方を気にしなくていいから嬉しい!白バッグは爽やかなアクセントに。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE)スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属)構成/石黒千晶

彼とピクニックコーデ♡アクティブ編

1.「白トレンチコート×パーカ×白パンツ×スニーカー」のピクニックコーデ

正統派な雰囲気は残しつつ、くしゅっとした素材がカジュアルな抜け感をプラス。パンツの裾がちらりとのぞくロング丈とスポーティーなテイストが今っぽシルエット!袖をまくればこなれ感漂う♡ 白トレンチで作るワントーンコーデで春のおしゃれをアップデート!

CanCam2021年4月号より 撮影/東京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)モデル/小室安未(本誌専属)撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

2.「パーカ×トレンチコート×プリーツスカート×スニーカー」のピクニックコーデ

トレンドのたまご色のプリーツスカートは白パーカと合わせてカジュアルフェミニンに。ハイテクスニーカーを合わせれば一気にアクティブになるので、軽いバドミントンやボール遊びもできちゃう!アクティブな彼とのピクニックデートにピッタリ♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属)撮影協力/Props Now 構成/浜田麻衣 

 

3.「ピンクトレンチ×Tシャツ×デニム×スニーカー」のピクニックコーデ

ハンサムなデザインとレディなピンクのバランスがおしゃれ♡ コートのテンションに合わせて、メンズっぽく辛口テイストに仕上げて。デニムはかわいいし楽ちんでピクニックに最適!洋服のことを気にせず思いっきり遊べて嬉しい!

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)モデル/菜波(本誌専属)構成/山木晴菜 

4.「白T×パンツ×カーディガン」のピクニックコーデ

シンプルな白Tに合わせたセンタープレスパンツは、カジュアル感もきちんと感も手に入る優秀アイテム♡ ふわっふわの気持ちいい肌触りのカーデは、思わず彼も触りたくなっちゃうかも。くすみイエローでまとめることで一気にあか抜けを叶えてくれます♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company)スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属)撮影協力/Props Now 構成/浜田麻衣 

友達とピクニックコーデ♡おしゃピク編

1.「Vネックニット×シースルートップス×裾プリーツスカート」のピクニックコーデ

動くたびに現れる裾プリーツがおしゃれなロングスカート。顔回りがざっくり開いたグレーのニットにラベンダー色のシースルートップスを合わせれば、今っぽ春コーデの完成♡ あたたかい色味がピクニックにぴったり◎ スニーカーでカジュアルダウン&動きやすいから安心!

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY)モデル/ほのか(本誌専属)撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香 

2.「パーカセットアップ×ショートブーツ」のピクニックコーデ

一見ラフに感じるグレーパーカも、セットアップにすれば一気におしゃれ見え!深めスリットがセクシーさを醸しつつ、グレーのスエット生地でカジュアルダウンしてくれます♡ 動きやすく、おしゃれできちんと感まである媚びないピクニックコーデ!ブーツではなくスニーカーを合わせても◎

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/ MAKI(菜波・安未分)モデル/小室安未(本誌専属)撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香 

3.「白シャツワンピ×ロングブーツ×カチューシャ」のピクニックコーデ

ふんわり白シャツワンピがかわいい!芝の緑や空の青さにばっちり映えるワンピ♡ ミニ丈だけどロングブーツで足の露出を控えてちょっぴり辛口に。シートに座るピクニックの場合はワンピの中にショートパンツを仕込めば安心!トレンドのカチューシャでとことんロマンティックに!

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE)スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属)構成/石黒千晶

 

4.「黒ワンピ×ショートブーツ×カチューシャ」のピクニックコーデ

シンプルな黒のキャミワンピは、綺麗めにもカジュアルにも着れて、春夏秋冬着回せる、かなり使えるアイテム。ピタッとシルエットのトップスを合わせてスラッと華奢見えを狙って。黒いボトムに黒ブーツは脚長効果抜群!トートバッグ&細めのカチューシャでカジュアルな抜け感を♡

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE)スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川恋(本誌専属)構成/石黒千晶

友達とピクニックコーデ♡ワイワイ編

1.「ギンガムチェックスカート×タンクトップ×カチューシャ」&「白トップス×フレアスカート×ターバン」のピクニックコーデ

ピンクのギンガムチェックのスカートは色鮮やかでピクニックに相性抜群!ベロア素材のカチューシャでレディに仕上げて♡ 白トップスのウエストマークはゆるっとコーデをグッとスタイルUP。カゴバックはピクニック感が増すからテンションも上がる♡

CanCam2020年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company/人物)スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理・中条あやみ(本誌専属)構成/手塚明菜

2.「総レーストップス×ベージュパンツ」&「シースルートップス×ドットスカート」のピクニックコーデ

トレンドの感のあるジェラートカラーの綺麗めトップスは、総レースで大人っぽ♡ ハイウエストのベージュボトムでスタイルUPしつつ春カラーを加速!黒のシースルートップスは、ガーリーレトロなドット柄のスカートをレディに見せてくれる♡

CanCam2020年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE)スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/松村沙友理(本誌専属)構成/石黒千晶

ピクニックコーデはこれで完璧!

ピクニックに行く際のコーデのイメージはつきましたか?ワンピやスカートにヒールを合わせるのはもちろんかわいいけど、ピクニック大好きライターK的にはアクティブに動き回れるスニーカー推し!さらっと羽織れるパーカーやカーデ、シャツなどがあると、急な気温の変化にも難なく対応できるのでおすすめです♡