バケハにキャップ…おすすめ帽子コーデ35選|あの人おしゃれ!と思われる選び方&合わせ方

2020夏おすすめの帽子コーデを大特集

夏らしい開放感のあるノースリワンピをはじけた夏小物で盛って!ノースリワンピ×夏小物『待ってました!お気に入りのワンピースを1枚で着られる真夏日!長め丈のワンピースは、麦わらハットやサングラスなどの夏らしい小物で盛り上げれば、簡単にフォトジェニックな装いに♪ワンピなら派手なカラーや柄も取り入れやすい!』

コーデをよりおしゃれに仕上げてくれる、夏にぴったりの帽子コーデを集めました。麦わら帽子・キャスケット・バケットハット・ベレー帽など、プラスワンでおしゃれがきまる帽子コーデは必見♪ 人気のキャップは、どんな着こなしにも合わせやすい黒、ベージュ、ブラウン、白を紹介します。

【目次】
2020夏のトレンド帽子コーデ
キャップのおすすめ夏っぽコーデ
90’s風バケットハットのレディースコーデ
個性あり♡ハットの最旬コーデは?
夏らしい麦わら帽子・カンカン帽コーデ
キャスケット・ベレー帽は夏コーデにこう合わせる!
帽子をプラスしておしゃれ度を格上げ!

2020夏のトレンド帽子コーデ


夏の日差しから守ってくれる帽子は、機能性だけでなくコーデのポイントとしても大活躍! お気に入りの帽子をプラスすれば、シンプルな着こなしをアップグレードさせることも、トレンドコーデをよりこなれさせることも可能です♡ 今っぽさを出すならリバイバルしたバケットハットやスポーティなキャップを、女らしさをひと盛りするなら麦わら帽を、ちょっぴりモードな味付けならキャスケットを、フレンチシックを目指すならベレー帽がおすすめです。

Point
・×帽子で手軽におしゃれ度UPができる!
・無地ワンピースに帽子をプラスするとコーデがまとまる
・90’sリバイバルのバケットハットで今っぽい着こなしに

キャップのおすすめ夏っぽコーデ


【1】ブラウンキャップ×白ストライプシャツ×ブラウンタンクトップ×白パンツ

1枚は欲しい♥茶系 きゃみたん で秋っぽ配色コーデ

ラフなニットタンクにゆるシャツ、ボトムは白のワイドパンツでエフォートレスに仕上げて。チラッと見える肩や深めに開いたデコルテの肌見せが、コーデに女っぽい抜け感を生むんです。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ベージュキャップ×カーキタンクトップ×カーキスカート

今すぐ欲しい!ニット素材きゃみたん„

こなれカラーの代表選手カーキは、肌見せできるシーズンならワントーンで着るのもアリ! シャイニーなラメ混ニットやフレアスカートで、女っぽさをたっぷり取り入れるのがおすすめです♡ 足元は白コンバースで抜け感を意識すれば、カラーバランスもgood! 仕上げはベージュのキャップでこなれ感をもうひとオシ。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】黒キャップ×白ノースリーブ×パープルスカート

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

ボリューム感が贅沢なティアードスカートは、シンプルなトップスを合わせるだけでコーデがかわいくキマります。スカート以外はモノトーンでまとめてパープルを引き立てつつ、キャップやスニーカーでちょっぴりストリートな味付けを。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ブラウンキャップ×ブラウンノースリーブ×ピンクスカート

きれい色を投入してフォトジェニックに

かわいらしい存在感の淡ピンクは、ハリのあるコットンスカートでカジュアルに取り入れて。Tシャツだと幼く見えちゃう合わせも、タンクだと適度な大人っぽさがプラスできておすすめです。スカーフ柄のバッグでツヤ感を足せば大人カジュアルは完璧!

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

【5】黒キャップ×グレータンクトップ×黒スカート

グラデーション配色なら大人っぽく着こなせる

モードでかっこいい印象の配色には、スポーティで軽やかな白小物をプラスするのが夏向き! レース編みスカートの女らしさを中和してくれるメッシュバッグと”テバ”のサンダルを合わせるだけで、アクティブだけど都会っぽいこなれた雰囲気に仕上がります♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】黒キャップ×黒タンクトップ×グレースカート

週末アラビーするなら、【きゃみたん×ロンスカ】だけでよし♡『日帰りでサクッとビーチに行くなら、フォトジェニックな鉄板コーデがコレ! キャミソール&タンクトップ、略して【きゃみたん】と名付けます♡』

着映えするマキシ丈の柄スカートを、タンクトップで今っぽく! シンプルなきゃみたんで自然に肌見せするだけで、嫌みのないヘルシーな女らしさが手に入ります。キャップ、サコッシュ、フラットサンダルというスポーティ小物を合わせても、ちゃんとかわいく仕上がっちゃうのがロングスカートの魅力♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】ベージュキャップ×赤ワンピース×白Tシャツ

フォトジェニックな白Tにレイヤードしたエスニックなピンクワンピは、チル感も女の子らしさも絶妙。キャップやメッシュバッグで、ラフなムードを盛り上げて♡

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】白キャップ×白Tシャツワンピース×チェック柄シャツ

エモT屋さんのおすすめ/01  Tシャツワンピ『ワンピという女子っぽ要素とゆるっとした脱力系シルエットのギャップがエモい♡ 1枚でも、レイヤードしても今っぽく仕上がる万能アイテム!』

長めのTシャツワンピには、チェックシャツを斜めに巻いてメリハリをON! 加えてシャツやキャップでリズムをつけるのが、シンプル&カジュアルなTシャツワンピをおしゃれっぽく着こなすポイントです。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【9】黒キャップ×グリーン花柄ワンピース

これから挑戦したい!気になる小物はこの3つ 「前よりいろんなテイストの小物使いを楽しめるようになった今、おしゃれの幅を広げてくれる旬小物に挑戦してみたい!」

ロングワンピにキャップを合わせて、ガーリーコーデに遊び心を♡ 細かなプリントのワンピースも、黒キャップひとつでグッと引き締まるので、メリハリ&今っぽさをONするのにオススメです。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】ベージュキャップ×ベージュワンピース×デニムスカート

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

女の子らしいロング丈のタンクワンピも、デニムでカジュアルに着くずすことでリラックス感のあるモテ♡コーデに。デニムやキャップを使ったスポーティな着こなしは、全体を優しげなベージュでまとめると上品さが漂います♪

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

90’s風バケットハットのレディースコーデ


【1】ベージュバケットハット×ベージュタンクトップ×ベージュチェック柄スカート

Acne Studiosのバケットハット『子供ができてからTシャツやタンクなど、動きやすい服が多くなり気になり始めたバケハ。ずっと探していてやっと見つけた”Acne Studios”の白ハットは、カジュアルになりすぎない絶妙さにひと目ボレしました♪』

チェック柄スカートにダスティなグレー系タンクをなじませて。ラフで女らしい着こなしには、トレンドのバケットハットや華奢サンダルなど、リバイバルした小物選びがおすすめです。

CanCam2020年6月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/Midori モデル/丸林広奈 構成/田中絵理子

【2】アイボリーバケットハット×黒ドット柄シャツ×ベージュキャミソール×ベージュパンツ

Acne Studiosのバケットハット『子供ができてからTシャツやタンクなど、動きやすい服が多くなり気になり始めたバケハ。ずっと探していてやっと見つけた”Acne Studios”の白ハットは、カジュアルになりすぎない絶妙さにひと目ボレしました♪』

アイボリーのバケットハットは、カジュアルテイストにもレディテイストにもマッチする優秀アイテム。ベージュパンツ×ドット柄ブラウスのきれいめコーデも、バケットハットをプラスすればこなれ感がアップします♡

CanCam2020年6月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/Midori モデル/丸林広奈 構成/田中絵理子

【3】黒バケットハット×黒Tシャツ×赤チェック柄パンツ

腹チラトップス

チェックパンツにバケハ、白スニーカーを合わせて、イメージは90’Sの渋谷ファッション! カルチャー感のあるメンズライクな着こなしがリバイバルしてるんです♡ ハイウエストパンツを合わせてスタイルアップも狙いましょ。

CanCam2020年6月号より 撮影/tAiki スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/後藤若菜(ROI) モデル/小室安未(本誌専属)構成/田中絵理子

【4】黒バケットハット×オーバーオール×黒タンクトップ

アクティブに過ごす夏の休日は、動きやすさ重視のデニムスタイルで満喫したい! じわじわ人気に火がつきはじめたオーバーオールは、くすみ系タンクでこなれ要素をプラスするのが、キッズ感を抑え大人っぽく着こなすカギ。

CanCam2019年8月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

個性あり♡ハットの最旬コーデは?


【1】ブラウンハット×ブラウントップス×白パンツ

Brown&Beige

ブラウンのトップスにエクリュのパンツを合わせて抜け感を。上下のぴた×ゆるシルエットは〝着映え〟にも効果的。ハンサム感をプラスしたビスチェは、大人っぽいくすみトーンでクールにきめて。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【2】ブラウンハット×チェック柄シャツ×ブラウンスカート

白シャツやベスト、ブーツにハット…乗馬スタイルのエッセンスを取り入れて、クラシックでエレガントな着こなしに。程レトロなギャザースカートとベストのメリハリシルエットも、スタイルアップにひと役♡ 夏のブーツ合わせもおしゃれです。

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

【3】白ハット×白ワンピース×白スニーカー

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

ロング丈のクロシェワンピースには、パンプスでもなくサンダルでもなく、あえてコンバースを合わせることで「頑張りすぎない」抜け感を演出♡ ハットやカゴBAGでラフなムードを盛り上げれば、白ワンピのデイリーコーデはとっても簡単!

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

夏らしい麦わら帽子・カンカン帽コーデ


【1】カンカン帽×アイボリーワンピース

ヒロイン気分になれる(ティアード風ギャザーワンピ)で日光をたくさん浴びたい♡『ティアード風ワンピでミニ丈って新鮮です♡ いつもの私ならブラックを選びがちだけど、夏なので、心まで軽やかになるイエローなど、カラーを着て動き回りたいです♪』

女の子らしいフリルアイテムなら、今季は動くたびに広がるシルエットが美しいAラインのミニワンピがおすすめ♡ つば広のカンカン帽を合わせて、思いっ切り夏らしく着こなして。

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【2】麦わら帽子×花柄ワンピース

夏らしい開放感のあるノースリワンピをはじけた夏小物で盛って!ノースリワンピ×夏小物『待ってました!お気に入りのワンピースを1枚で着られる真夏日!長め丈のワンピースは、麦わらハットやサングラスなどの夏らしい小物で盛り上げれば、簡単にフォトジェニックな装いに♪ワンピなら派手なカラーや柄も取り入れやすい!』

花柄シフォンワンピ×麦わら帽子の夏真っ盛りコーデ♡ 黒地にイエローの小花が咲いたワンピースは、動くたびにドラマティックに揺れるフレアシルエットが特徴。大ぶりの麦わら帽を合わせて、初夏のお嬢さんスタイルに♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【3】麦わら帽子×赤オールインワン

落ち着いた朱赤のオールインワンは、まさに一枚でコーデが成立する上におしゃれ映えする夏アイテム。ツバ広の麦わら帽子をアクセントに、自然体な女っぽさを楽しんで♡

CanCam2020年7月号より 撮影/中村和孝(まきうらオフィス) スタイリスト/松島 茜(io) ヘア&メーク/進藤郁子(TRON) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/西村真樹

【4】カンカン帽×黒ブラウス×白パンツ

Chapeau d’ Oのラフィア帽

透け感のある黒レースブラウスに白デニムをコーディネート♡ 甘さやセクシーさをヘルシーにシフトさせてくれるデニムは、初夏のおしゃれコーデにも最適。ほんのり爽やかさもプラスできます。

CanCam2020年6月号より 撮影/北浦敦子 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(Linx) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/佐藤彩花

【5】麦わら帽子×ピンクワンピース×クリアバッグ

チアフルなベリーピンクのドレスは、バックシャン&長め丈で女性らしいアプローチに。ハットやPVCバッグなど夏素材の小物合わせで大人かわいく着こなして。

CanCam2020年6月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】麦わら帽子×黒サロペット

GUの夏イチ♡アイテムで作る、着回しアラビーコーデ!

ボタン付きのサロペットは、一枚で着てもおしゃれ感ばっちり♡ 肩紐が太いタンクトップ型ならブラも見えにくいので安心です。ツバ広ハットやミニバッグで、夏のリゾート風コーデに仕上げて。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】麦わら帽子×白キャミソール×ブラウンスカート

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

プレーンなキャミに、ブラウンのティアードスカートを合わせたアラビーコーデ。キャミからカラフル水着をのぞかせるのが、おしゃれっぽさを効かせるワンポイントです。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】麦わら帽子×ピンクワンピース

シックめティアードワンピ『ふんわり広がるAラインシルエットが、フェミニンさと着映え感をプラスするティアードワンピ。シンプルデザインが多いので、キャッチーな小物でアクセントを効かせてリゾ気分UP!』

上品なコットンジャカード素材とくすみピンクが、ちょっぴりノスタルジックな一枚。今年っぽいティアードのデザインで、きれいめなビーチコーデの完成です♡ PVCバッグやストローハットを相棒に、トレンド感もこなれ感も準備万端!

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】カンカン帽×ベージュワンピース×ブラウンサンダル

サンドベージュのワンピースは、Vカット&ウエストマークでヴィンテージ感漂うシルエットに。レトロ顔のワンピースに合わせて、小物はブラウン系のアイテムを投入。ラフィア素材のカンカン帽やニットBAGのノスタルジックな小物使いと、今っぽい厚底ウエッジのバランスがおしゃれです。

CanCam2019年7月号より 撮影/アキタカオリ スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】カンカン帽×ブラウンTシャツワンピース×白ジャケット

この春は「ブラウン上手」が「おしゃれ上手」ブラウン〜ベージュグラデ

今年っぽいAラインワンピースは、カジュアルに使えるTシャツ素材も人気! ナチュラル素材の茶系小物をプラスして、落ち着いたチャコールブラウンのワンピに軽やかさを。ラフィア素材のハットを合わせるだけで、顔周りのトーンも明るく仕上がります♡

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

キャスケット・ベレー帽は夏コーデにこう合わせる!


【1】ベージュベレー帽×ブラウンワンピース×イエローバッグ

夏らしい開放感のあるノースリワンピをはじけた夏小物で盛って!ノースリワンピ×夏小物『待ってました!お気に入りのワンピースを1枚で着られる真夏日!長め丈のワンピースは、麦わらハットやサングラスなどの夏らしい小物で盛り上げれば、簡単にフォトジェニックな装いに♪ワンピなら派手なカラーや柄も取り入れやすい!』

ワッシャープリーツ×ドット柄の、おしゃれかわいいブラウンワンピ。足元は予想以上にマッチする華やかなフリルサンダルをチョイス。バッグも同じイエローで揃えれば、街でも映えるロングワンピコーデが完成します♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】黒ベレー帽×白ワンピース×黒インナー×黒パンツ

自分にマッチする1本はココで見つかる!デートデニム、どこで買う?ブランドMAP♡

細さと美しいシルエットが自慢のスーパースキニーデニムに、ゆるっとラフなはおりをON! 黒を軸にまとめた配色は、細見え効果もばっちりです。

CanCam2020年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】グレーベレー帽×ピンクワンピース

Item1 女のコパフスリーブ

どこか懐かしさも感じるノスタルジックなワンピは、パフ袖デザインが効いてるから今っぽさも絶妙! べレー帽や厚底サンダルで今っぽい小物合わせを楽しんで。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/としまえん 構成/手塚明菜

【4】黒キャスケット×ボーダートップス×デニムパンツ

たまには「ゆるさ」も欲しいもの♪カジュアル気分の日に着たいのは?『あやみは…パリっぽボーダーカットソー』

細ピッチのボーダーカーデをハイウエストのデニムにキュッとIN! ミニマムなシルエットに加える、かごバッグやキャスケットの小物使いがフレンチムードを盛り上げる♡

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【5】黒キャスケット×ピンクTシャツ×ドット柄スカート

定番のピンクよりも大人めなライトパープルのTシャツは、ベタじゃない微糖な女の子らしさを演出できるのが魅力。ミモレ丈のドット柄スカートの足元には、秋にくる!と言われているソックスブーツを取り入れて。あえて重ためのバランスにするのが今っぽく仕上がる秘訣です。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/岩附永子

【6】黒キャスケット×黒ブラウス×グレーデニムパンツ

| MEETS DENIM | ×デニムでヘルシーに着くずしたい!

今季多いレイヤード前提の透けブラウスは、同系色のキャミを仕込んでシアーな質感をたっぷりと楽しんで。太めのデニムを合わせて、甘さと辛さのバランスを意識すればデイリーに活躍します。こっくりカラーの小物を効かせてレトロなかわいさもプラス。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【7】黒ベレー帽×赤ワンピース

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

女の子らしさ満点の花柄は、ちょっぴりエッジが効いたヴィンテージ風を選んでnot甘めに。大人っぽい赤×黒の花柄なら、甘すぎずカジュアルすぎない程よいバランスが楽しめます。足元はスニーカーで、リラックス感のある今どきコーデに♡

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】黒ベレー帽×白シャツ×デニムパンツ

「ヘルシーで女らしい!」とシンプル派からの熱い支持が♡ゆるシャツ×カジュアルパンツ

デコルテと背中が広めに開いたモードな白シャツなら、定番デニムも鮮度がUP。ベレー帽やカゴバッグなどフレンチ小物を盛りつけて、ジェーン・バーキンみたいな色っぽムードを目指しましょ♪

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/佐々木玲奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

帽子をプラスしておしゃれ度を格上げ!


カジュアルダウンにおすすめなキャップ、フェミニンにもモードにも使えるベレー帽やキャスケット、90’sっぽさがトレンドのバケットハット、エレガントな麦わら帽やハットなど、今シーズンは帽子のラインナップが豊富♡ いつもの服にプラスすることで、コーデがワンランク上に仕上がります♪

 

>CanCam.jp TOPに戻る