シャツジャケットのおすすめコーデ19選|無地やチェック・CPOジャケットの着こなし【2020秋冬】

秋冬のシャツジャケットコーデを特集

今年のニットワンピは盛り小物でNOTコンサバ

気温の変化がある季節の変わり目にもおすすめなシャツジャケットのコーデを特集! 合わせやすい無地やカジュアルなチェック柄のシャツジャケット、そしてオシャレな着こなしが決まるセットアップのシャツジャケットコーデを紹介します♡

シャツジャケットの着こなし方

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

さらっと羽織れるシャツジャケットやCPOジャケットは、ちょっとした羽織りが必要なときや季節の変わりめに使いやすいアウターです。インナーはタンクトップやカットソー以外にも、寒くなったらタートルネックを合わせてみたりと秋冬にも着回しOK! ボタンを開けてインナーを見せたり、肩の位置を後ろにずらしてちょっぴりルーズに着るのがポイントです。シャツジャケットとボトムのセットアップは、インナーを選ぶだけでコーデがおしゃれに決まるので一着あると便利です。

  1. 気温によってインナーを変えれば秋冬の着回しに活躍!
  2. コーデが楽ちんに決まるシャツジャケットのセットアップ
  3. カジュアルに着るならチェック柄のシャツジャケットがおすすめ

★シャツジャケットのインナーにおすすめのタートルネック


秋冬のシャツジャケットコーデ

【1】ベージュシャツジャケット×白タートルネック×白スカート

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

タートルやスカートをホワイトで統一した甘めコーデは、ミント色のCPOジャケットでカジュアルにシフト! はおるだけでサマになるオーバーサイズのシャケットが、絵になる着こなしを叶えます♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】グレーシャツジャケット×ブラウンカットソー×白パンツ

ロング丈のシャツジャケットは、肩がゆるっと落ちるビッグシルエットやこなれた抜き襟で大人の余裕を漂わせて。モーブ系のTシャツとコーデュロイの白パンツで、配色に女らしさを意識するとカジュアルコーデの好感度がぐっとUP!

CanCam2020年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ブラウンシャツジャケット×花柄スカート×オレンジバッグ

ほのか色っぽHAPPYになれるブランド4

秋色のペイズリー柄スカートでラフなワンマイルコーデに。秋アウターに最適なシャツジャケットをばさっと羽織れば、フェミニンなスカートも今っぽくカジュアルダウンできちゃいます。赤バッグでアクセントを加えつつ、抜け感のある白スニーカーですっきりまとめて。

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/鶴見知香

【4】ベージュシャツジャケット×ブラウンタートルネック×ブラウンパンツ

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

CPOジャケット×リブニットパンツのトレンドコーデ。全体を上品なマロンチョコ配色でまとめれば、メンズっぽさのあるCPOシャツは女らしく、リラクシーなニットパンツはキレイめにシフトします♡

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ブラウンシャツジャケット×黒タートルネック×ブラウンチュールスカート

No/01黒タートル 『ひとり1枚は持っている定番の黒タートル!リブ入りのぴたっとコンパクトなフォルムは、きれいめからカジュアルまで、様々なテイストに対応。どんなシャツとも好相性で着こなしの幅が広がります!』

シックな黒タートルに映えるブラウンで、コントラストの効いたおしゃれが完成♪ ボリュームのあるチュールのロングスカートは、ウエストのベルトマークでシルエットにメリハリを意識するのがポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【6】カーキシャツジャケット×黒タートルネック×チェック柄スカート

キャッチーさも、女性らしさも♡O'NEIL of DUBLINのチェックタイトスカートを着回し!『この冬注目の柄といえばブリティッシュなチェック! ブルーや赤が効いた華やかな1枚も、落ち着いたブラウンベースなら意外と着回せてなおかつ今っぽく仕上がる♡』

きちんと感のある、黒タートル×チェックスカートのきれいめスタイル。あえてラフなCPOジャケットを投入することで、親近感のある女らしさが漂います。Yラインのシルエットを作って華奢見えも叶えましょ♡

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ベージュシャツジャケット×ブラウンニットワンピース×ブラウンブーツ

04 ワンピースにはショートアウターを ぶかっと着るのが愛らしい♡『手軽におしゃれが決まるワンピースは、アウターで今年らしさをプラスしたい! ということで、選ばれたのは上半身をすっぽりおおう 程よくボリューミーな3タイプ。冬の女のコのかわいらしさを最大限に引き出してくれること間違いナシの組み合わせ♡ ストーリー番号:225291』

外ではゆるっとカジュアルなのに、室内でシャケットを脱いだらタイトなニットワンピ。このギャップがモテの法則♡ ひざ下のワンピには、今年らしいロングブーツを合わせて肌見せ面積は少なめに。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【8】白シャツジャケット×黒ワンピース×レオパード柄パンプス

04 ワンピースにはショートアウターを ぶかっと着るのが愛らしい♡『手軽におしゃれが決まるワンピースは、アウターで今年らしさをプラスしたい! ということで、選ばれたのは上半身をすっぽりおおう 程よくボリューミーな3タイプ。冬の女のコのかわいらしさを最大限に引き出してくれること間違いナシの組み合わせ♡ ストーリー番号:225291』

デザインがメンズライクなCPOジャケットは、印象を和らげるアイボリーで女の子らしく取り入れて。黒のティアードワンピにはおるだけで、こなれ感がアップします! 足元はレオパード柄のストラップ靴でおしゃれっぽい華やかさをプラス♡

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【9】ベージュシャツジャケット×グリーンニット×グレーワイドパンツ

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

あせた色味のグリーンは、ベージュ×グレーパンツの淡色コーデとも相性よし。優しげなトーンでまとめれば、CPOジャケットなどのアイテムもどこか女性らしい印象に。ベルトと靴に黒を選んでコーデ全体を引き締めて。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【10】ブラウンシャツジャケット×ボーダー柄カットソー×ネイビースカート

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

BIGサイズのCPOジャケットに、ラフなボーダーを仕込んでより今っぽく。黒スカートや黒小物でモノトーン面積を増やすことで、カジュアルなジャケットも大人っぽく着こなせます。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

★シャツジャケットはベルトマークで着痩せ見え


カジュアルなチェック柄のシャツジャケットコーデ

【1】チェック柄シャツジャケット×ベージュワンピース×イエローバッグ

今年のニットワンピは盛り小物でNOTコンサバ

Iラインのリブニットワンピには、ぶかっと着られるジャケットをONしてシルエットにメリハリを。注目小物のターバンでタイトなワンピをカジュアルに落とし込んだら、お洒落っぽい女の子コーデの完成です。厚手のターバンだと秋らしさも盛り上がる♡

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【2】チェック柄シャツジャケット×グリーンワンピース×オレンジバッグ

メンズライク になりがちな>>>旬のチェックシャケットは女らしく振って!『この時季、コートの中の温度調節アイテムとして活躍するシャツジャケット=シャケット。カジュアル感が強めだから、女っぽいシルエットやアイテム合わせで野暮ったさを回避!』

体を包み込むようなオーバーサイズのジャケットは、×レースワンピで抜け感をプラス。メンズライクなシャケット(シャツジャケット)にドレッシーな透けレース…、ギャップのある組み合わせがセンシュアルな魅力を後押しします。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】チェック柄シャツジャケット×ベージュスカート×ベージュパンプス

メンズライク になりがちな>>>旬のチェックシャケットは女らしく振って!『この時季、コートの中の温度調節アイテムとして活躍するシャツジャケット=シャケット。カジュアル感が強めだから、女っぽいシルエットやアイテム合わせで野暮ったさを回避!』

品のよさとマイルドな表情を持ち合わせるベージュ配色で、ほんのり甘いムードを演出♡ カジュアル見えするシャツジャケットも、起毛感のある素材や優しげなカラーリングで好感度の高い愛らしさをGETして。マーメイドラインのスカートでエレガントな女っぽさも。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】チェック柄シャツジャケット×黒タートルネック×黒スカート

メンズライク になりがちな>>>旬のチェックシャケットは女らしく振って!『この時季、コートの中の温度調節アイテムとして活躍するシャツジャケット=シャケット。カジュアル感が強めだから、女っぽいシルエットやアイテム合わせで野暮ったさを回避!』

チェックのほっこり感を払拭する、切れ味のいいオールブラックコーデ。ベルトマークで作る女性らしいメリハリでニュートラルな色気を香らせたり、上品なタートルのレイヤードやプリーツスカートに合わせて大人かわいく仕上げるのもおすすめです。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】チェック柄シャツジャケット×ベージュスカート×白ブーツ

〝白ショート〟ブーツならこの3足!『セレブの間でも浸透中の今季注目の〝白ショート〟ブーツ。ロング丈のコート&スカートやワイドパンツのヌケ感に、今っぽいハズシに、と大活躍! 初心者でも取り入れやすいベーシックめorプリプラを狙うのが正解!』

メンズっぽいチェック柄のCPOシャツとベージュミニを合わせてフェミニンなミルクティー配色に♡ ミニから覗く脚をオフ白ブーツでつなげて、脚長効果も女のコっぽさも両立しましょ。触れたくなるファー小物も冬モテにぴったりです。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【6】チェック柄シャツジャケット×ベージュワンピース×グリーンバッグ

04 ワンピースにはショートアウターを ぶかっと着るのが愛らしい♡『手軽におしゃれが決まるワンピースは、アウターで今年らしさをプラスしたい! ということで、選ばれたのは上半身をすっぽりおおう 程よくボリューミーな3タイプ。冬の女のコのかわいらしさを最大限に引き出してくれること間違いナシの組み合わせ♡ ストーリー番号:225291』

定番のベージュ×ブラウンの着こなしは、チェックのCPOジャケットでつなげてこなれ度高く♡ 新鮮さのあるウィンドウペンチェックは着回し力も優秀です。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

★無地のシャツジャケットをモードにコーデしてみる?


セットアップのシャツジャケットコーデ

【1】白シャツジャケット×黒ベレー帽×グレータートルネック

No/03グレータートル『ベーシックアイテムながら、さりげない洒落感をプラスしてくれるグレーのタートル。今年なら、トレンドのくすみカラーのシャツと合わせてちょっぴり大人顔に転ばせるのがおすすめ!』

オーバーサイズのCPOジャケット×ミニスカートの女のコシルエットは、インナーにトレンドのグレータートルを仕込んで品よくかわいくアップデート♡ 上品なタートルニットで首元を隠すとクラシカルなかわいさが引き立ちます。小物は靴下×レースアップブーツやトライバル柄のトートバッグでカジュアルに。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】グレーシャツジャケットセットアップ×白インナー

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

シャツジャケットとスカートのセットアップに、肌見せ感のあるニットキャミをレイヤード。程よく存在感のあるリブニットなら、地厚のウールシャツジャケットにも負けず女らしいラインもしっかりアピール! 色のトーンをそろえれば大人っぽい雰囲気も高まります。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】ベージュシャツジャケットセットアップ×黒ブーツ

優しさに包まれるたおやかベージュ『気張らない女らしさと今どきのおしゃれ感が手に入るベージュは、きちんとした服にはやわらかさを与え、ガーリーな服には品格を携えてくれます。肌なじみのいい優しげなベージュを重ねてムード作りを。』

肌なじみがよく落ち着いた雰囲気のベージュだからこそ、ゆるっとしたジャケットややんちゃなショーパンで遊びをプラス! 大胆な脚出しの肌感も、ベージュがもたらす上品さのおかげでセンシュアルな印象に。足元はグレーブーツでほんのりと引き締めて。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

★ワンピース×シャツジャケットで大人カジュアルコーデ


季節の変わり目はシャツジャケットが使いやすい!

秋冬のアウターにおすすめなシャツジャケットのコーデを紹介しました。さっと羽織ればこなれた着こなしが作れたり、ベルトマークでスタイルアップしたり…着こなし方はさまざま♡ カジュアルにもきれいめにも着回せますよ。