リブニットが大活躍!【赤トップスコーデ14選】|失敗しない色合わせ&人気アイテムを特集

存在感も映えも完璧♡赤トップスのコーデ集

赤トップスレディースコーデ

ダークトーンのファッションが増える時季は、赤トップスが映えるスタイリングで気持ちもコーデもフレッシュに! パッと目を引く赤のニットやブラウスを取り入れたおすすめの着こなしを紹介します♡

赤トップスに合うボトムの色は?

赤トップスに合わせるボトムはどんな色がおすすめ? 相性のいい色合わせをマスターすれば、インパクトのある赤トップスもデイリーにさらっと投入できちゃいます。

■赤トップス×ブラウンボトム

赤に馴染むブラウンとの色合わせは、品があって大人っぽさも感じるおすすめ配色。デザインがシンプルなブラウンボトムを合わせるだけで、赤の存在感がおしゃれっぽく引き立ちます。

■赤トップス×黒ボトム

赤トップスにくすみがあるときは、シックな黒系のパンツや柄スカートを合わせるのも手。コントラストがパキっとしない色合わせなら、赤トップスが大人っぽムードに仕上がります。バッグや靴にも黒を選ぶと、まとまりのある着こなしに。

■赤トップス×ブルー系デニムパンツ

シンプルだけど、洗練されたおしゃれカジュアルが完成する組み合わせ。赤の強さをラフなデニムがマイルドに受け止めてくれます。

赤トップスコーデのポイント

赤トップスコーデ

  1. 存在感のある赤トップスはシンプルコーデもおしゃれに決まる
  2. 大人っぽい着こなしにはブラウンや黒ボトムがおすすめ
  3. 華やかな赤トップスを合わせてパンツスタイルを女っぽく

赤トップスを合わせるトレンドコーデ

【1】レトロな赤ワンピースにモカカーデで大人っぽさを

Red ベージュorブラウンでまろやかにまとめて上品に『去年までのスモーキーなあいまいカラーから一変、この秋のトレンドカラーは鮮やかなきれい色が主流に!ひと目でパッと華やぐドラマティックな赤は、やわらかいベージュorブラウン合わせでコントラストをつけすぎない、優しげな着こなしが気分。』

赤が持つエレガントな魅力を引き立てる刺しゅうワンピは、詰まった首元や高めのウエスト切り替え、花柄の刺しゅうなど、レトロ感のある盛りデザインがポイント。ほんのり甘いふわふわのモカベージュカーデを添えて、品よくかわいく着こなして。バッグ&足元は白を選んで抜け感をプラス。

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ニュアンシーなベージュデニムで赤ニットを今っぽく

Red ベージュorブラウンでまろやかにまとめて上品に『去年までのスモーキーなあいまいカラーから一変、この秋のトレンドカラーは鮮やかなきれい色が主流に!ひと目でパッと華やぐドラマティックな赤は、やわらかいベージュorブラウン合わせでコントラストをつけすぎない、優しげな着こなしが気分。』

生き生きとした表情に見せる赤ニットで、華のあるカジュアルスタイルに。ゆるっとしたドロップショルダーニット×ニュアンシーなベージュデニムの組み合わせなら、こなれムード満点に仕上がります。ミニバッグや靴下+サンダルの合わせも今っぽい!

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】タイトな赤トップスをパンツインしてスタイルアップ

03 さりげないディテールに差がつく♡ 今っぽきれいめカジュアルが叶うプレイフルデニム『大胆スリットや抜け感のあるシルエットなど、小技を効かせたデザインデニムで洒落っ気たっぷりに。デニム自体に存在感があるので、シンプルな合わせでも洗練された着こなしが完成♡』

レトロかわいいパッチポケットのデニムで作るフレンチルック♡ ポケットがアクセントになったブルーデニムに、赤ニットと赤ミュールを効かせてパリっぽガーリーな着こなしに。コンパクトなV開きニットとミュールを赤でまとめたら、遊び心のあるカゴバッグでアクセントを。

CanCam2022年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】赤ニット×デニムにキャスケットやカゴで変化球を

女らしい赤ニットに古着っぽいデニムを合わせたワンツーコーデ♡ シンプルなスタイリングには、ひとクセ足せるキャスケットやかごバッグの合わせがおすすめです。

CanCam2022年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【5】ボルドーニット×ショーパンの大人カジュアル

04 「お、華やか♡」を叶えるカラーアイテム全力で楽しんだもん勝ち!

華やかなモヘアニットも、レッドを選べばさらにときめくトレンドコーデに♡ ニットの上からカーデを肩がけすると、トレンド感もリッチなムードもプラスできます。ボトムはレザー風ショーパンでツヤ感を足してシャープな印象に。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【6】赤ニットにフリルブラウスを重ねて程ガーリーに

@近所のごはん屋さんDateならカラーニット×デニム

赤ニットとインディゴデニムの定番コンビは、旬のスタンドカラーブラウスをレイヤードしてキャッチーに着こなして。首元からちらりとのぞくフリルブラウスでさりげないかわいさがONできます。ブーツはあえての白で今っぽい抜け感を。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】赤ニット×ドット柄パンツのフレンチシックコーデ

女っぽボーダー&大人めドット

鮮やかカラーのニットに小粒ドットとハイウエストが大人っぽいワイドパンツを合わせた最旬スタイル。メガネ&ローファーのトラッド小物でこなれ感もプラスすると程よくリラクシーなパンツコーデが完成します。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】赤パンプスやフレアデニムでレディなパンツスタイルに

女っぽボーダー&大人めドット

赤ボーダーや赤のエナメルシューズがキャッチーで今っぽいフレンチカジュアル。絶妙な首元のカッティングと上質なコットン素材で愛される、セント ジェームスの不朽の名品ボーダートップスは、フレアデニムとの合わせで鮮度をアップ! 大きめのかごバッグもコーデのこなれ感を高めてくれます。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】赤ワンピース×デニムのレイヤードが新鮮

レトロ小花柄

色鮮やかでロマンティックな花柄ワンピースは、デニムのレイヤードでカジュアルに落とし込むのが気分! 白のバレエシューズやラタンバッグなど、さらに爽やかな白小物で程よく力を抜くのがフレンチガールっぽくておすすめです。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】赤系コーデに黒アウターを羽織って大人かわいく

赤トップスレディースコーデ

胸元がVラインに開いている赤ニットに、同色がMIXされているチェックスカートをコーディネート。黒のコートで輪郭を引き締めつつ白のバッグで抜け感を。フード付きのコートを選ぶと程よいカジュアル感も演出できてとっつきやすい印象に。厚手のニットやコートを合わせても、Vネックのおかげで印象がすっきり決まります。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【11】シックなコーデは赤タートルをアクセントに

赤トップスレディースコーデ

トレンドのもこもこボア×レザーパンツで感度の高いスタイルに。冬のモノトーンコーデは、インナーに派手カラーのニットを仕込んで気分を一新すると見た目の印象ががらりとチェンジ♡ 今っぽくて小技の効いたカジュアル感が上級者っぽいムードです。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【12】赤のリブニットでデニムコーデを華やかに

赤トップスレディースコーデ

シルエットがきれいなデニムに、赤のリブタートルを合わせて洗練されたパリっぽコーデに。ミニマルな合わせが逆におしゃれっぽさを引き立ててくれるので、小物も自然体なブラウンでなじませるのが正解です。

CanCam2021年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【13】エコレザースカートで赤のニットを辛口に

赤トップスレディースコーデ

ブラウンのレザーフレアを赤ニットでとことんレディに♡ 真っ赤なコンパクトニットをすっきりとINすれば、スタイルアップも美人見えも叶います。ブーツやバッグは明るいベージュ色でまろやかに。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【14】デニム×バックシャントップスで美人度UP!

赤トップスレディースコーデ

デニムを女っぽく着るなら、相性のいい赤を効かせてパリムードを意識するのがGood! バックシャンのリボンがかわいい赤ニット×インディゴデニムでフレンチシックに着こなして。こなれて見えるワイドデニムでキメすぎないのが今年っぽい♡

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

主役カラー「赤トップス」でシンプルコーデも鮮度UP!

印象が華やぐ赤トップスは、デニムやベーシックカラーのシンプルボトムと合わせるだけで地味見えしないトレンドコーデが決まります。今シーズンは、シンプルなリブタートルや人気のバックシャントップスも赤を持っておくと、女っぽい大人カジュアルが楽しめます!