失敗しない「赤」の取り入れ方♡赤トップス・赤ワンピースのおすすめコーデ14選【2020春夏秋冬】

存在感ばっちり♡赤トップスのおすすめコーデを特集

赤トップスが映えるコーデで、気持ちもコーデもフレッシュに! パッと目を引くニットやブラウスなど、赤トップスを取り入れたおすすめの着こなしを紹介します♡

【目次】
鮮やか♡赤トップスはどんなボトムと合わせる?
2020♡トレンドの赤トップスコーデ
華やか赤ワンピース・オールインワンのコーデ
主役カラーの赤トップスで視線を独占♡

鮮やか♡赤トップスはどんなボトムと合わせる?


インパクトのある赤トップスは、スカートのほかパンツと合わせるシンプルコーデでも着こなしに女性らしさが演出できます。肌の露出が増える夏には、ワンピースで取り入れるのもおすすめ! ヘルシーな肌見せで抜け感が生まれるので、インパクトのある赤もすっきり大人っぽく着こなせます。

Point
・シンプルなパンツやスカートの合わせも赤トップスならレディな印象
・赤ワンピースは帽子やかごバッグなど夏っぽ小物で程カジュアルに

2020♡トレンドの赤トップスコーデ


【1】花柄赤トップス×デニムパンツ

Roujeのブラウスは、鮮やかな赤とレトロなフラワープリントが程レトロ。ブルーデニムやカゴバッグで、フレンチカジュアルに着こなして。

CanCam2020年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ベージュジャケット×赤タンクトップ×ボルドーパンツ

アシメニットを会社で浮かずに着てみる5STYLE『今日はゆるオフィスDAY。休日はもちろん使えるアシメニットだけど、会社に行くとしたら、さぁどう着る?』

トレンドの変形ニットは、きちんと見えジャケットのハズシ役にぴったり。赤やブラウンでつなげた同系トーンにジャケットをゆるっとはおって、オフィスでも重宝する今っぽコーデの完成です。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/佐藤彩花

【3】赤トップス×白スカート

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

ドラマティックな赤は、カジュアルに落とし込めばとっつきやすくて好感度もばっちり。彼から借りてきたようなメンズニットをゆる~く着てマキシスカートと合わせれば、リラックスムードが今っぽい赤コーデが完成します。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【4】赤トップス×黒スカートかごバッグ

ウエストはキュッ、裾はふんわりした、ハイウエストのコットンフレアスカートで脚長効果を。くすみレッドのニットタンクをインにして、さらにスタイルよく着こなして。コントラストがハッキリした配色なら着映え度もUPします。

CanCam2019年9月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/岩附永子

【5】Gジャン×赤トップス×黒花柄スカート

1枚は欲しい♥茶系 きゃみたん で秋っぽ配色コーデ

ヴィンテージムード溢れるレンガ色のリブニットタンクは、小花柄スカート&ウエスタンブーツで古着っぽく着こなすといい感じ♡ 腕を出すなら首元を隠す、このバランスが晩夏の肌見せ鉄板ルール!

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】赤トップス×ベージュスカート

ベージュのロングスカートに、キャミソールで赤を効かせた夏コーデは男女ウケ抜群♡ すっきり見えるトップスINなら、ぺたんこサンダルでもバランスよく決まります。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】赤トップス×デニムパンツ×赤サンダル

史帆は女の子デニムでモテ♡カジュアル

パッと目を引くのは、デニムコーデをかわいく色づけるトマトレッドのリブニット。HAPPY感のあるカラーニットとダメージデニムで、トレンドのヴィンテージ感もいただきです♪ 小物はリボンのサンダルやシェルのミニBAGで、女の子らしさをさらに後押し。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】赤トップス×デニムパンツ×白スニーカー

上品なドット柄も、大人っぽくて落ち着いた赤色を選びデニムと合わせれば、フレンチムード漂う女っぽカジュアルに。デニムやスニーカーを合わせるときは、ちょっぴり肌見せも意識するとコーデがぐっとあか抜けます♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

華やか赤ワンピース・オールインワンのコーデ


【1】麦わら帽子×赤オールインワン

落ち着いた朱赤のオールインワンは、まさに一枚でコーデが成立する&おしゃれ映えする夏アイテム。ツバ広の麦わら帽子をアクセントに、自然体な女っぽさを楽しんで♡

CanCam2020年7月号より 撮影/中村和孝(まきうらオフィス) スタイリスト/松島 茜(io) ヘア&メーク/進藤郁子(TRON) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/西村真樹

【2】赤ワンピース×マルチカラーバッグ

U_¥10,000で〝大人ジェニワンピ〟をGETするなら…♡『汚れても気にならないものが欲しい! 夏の旅行用にたくさんGETしたい! そんな気持ちにフィットしてくれる、高見えプチプラワンピ集めました♡』

Aラインのバックシャンワンピは女っぽさ抜群! はおり代わりの白シャツも、こなれたワンピコーデに最適です。街でもビーチでも目を引くジェニックな着こなしは夏デートにも推し♡

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】赤花柄ワンピース×デニムパンツ×かごバッグ

ドラマティックなレトロ柄ワンピースに、デニムを重ねたロング×ロングの着こなし。小物はワンピの柄を引き立てる、ゴールドのサンダルやカゴBAGをプラス。ワイドスリーブなど、レトロなデザインのワンピースともしっくりです。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】赤Tシャツワンピース×デニムパンツ

エモT屋さんのおすすめ/01  Tシャツワンピ『ワンピという女子っぽ要素とゆるっとした脱力系シルエットのギャップがエモい♡ 1枚でも、レイヤードしても今っぽく仕上がる万能アイテム!』

程よく女らしさもある朱赤のワンピなら、古着っぽいデニムを合わせるカジュアルな重ね着も上品に。スカーフを頭に巻いたり、ぺたんこサンダルとカゴBAGで、ラフでこなれた夏コーデを盛り上げて。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【5】赤ワンピース×かごバッグ

主役感のある真っ赤なワンピースは、ナチュラルなカゴバッグでシンプルに取り入れるのがおすすめ。ティアードの上品なシルエットで、赤を大人っぽく着こなして。

CanCam2019年7月号より 撮影/アキタカオリ スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】黒ベレー帽×赤ワンピース×ベージュスニーカー

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

女の子らしさ満点の花柄は、ちょっぴりエッジが効いたヴィンテージ風を選んでnot甘めに。大人っぽい赤×黒の花柄なら、甘すぎずカジュアルすぎない程よいバランスが楽しめます。黒のベレー帽で花柄を引き締めつつ、足元はスニーカーでリラックス感のある今どきコーデに♡

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

主役カラーの赤トップスで視線を独占♡


赤トップスを取り入れたおすすめコーデを紹介しました♡ デニムやパンツでカジュアルに合わせても、おしゃれに仕上がる赤トップスは買って損なし! ブラックで締めたりトレンドのブラウンでおしゃれっぽく馴染ませたり、万能ベージュで優しくまとめたり…と、ベーシックカラーであればどんな色とも好相性です。くすんだ色味からビビッドなものまで、「赤」のトーンもさまざまなので、自分に似合う赤を見つけましょ!

 

>CanCam.jp TOPに戻る