デートを断れられた…!男性が断る理由と断られないLINE&逆転できるLINEのコツ12選

デートを断られた!これって脈なし?

(c)Shutterstock.com

勇気を出して誘ったデートに「NO」の返事が来ると「脈なしか……」と落ち込みますよね。けれど、デートに応じてもらえなかったからというだけでは「脈なし」とは限りません。一度断られたくらいなら、その後の対応次第で逆転だって可能♡ 今回は、デートを断られたときの神対応や断られにくいLINEなど、女性から誘うデートの虎の巻をご紹介します!

 

仕事?コロナ? 男性がデートを断る理由6選

(c)Shutterstock.com

(1)仕事が忙しい

仕事が忙しい時期にデートに誘われても、忙しさを理由に断る男性は多いです。週末のお誘いだったとしても、多忙を極めている男性ほど、休みの日にはだらだらと身体を休めたいのもホンネ。繁忙期の休日は、気になる女性からのお誘いですら応じずに、体力を温存したがる男性も少なくないです。

(2)誘ってくれた女性に興味がない

誘ってくれた女性に関心がない男性も、デートの誘いに応じない人が多いです。いわゆる「圏外」「興味なし」ということなので、この場合にはしつこく誘うほど逆効果に。再チャレンジするにしても、少し時間をあけるのが正解です。

(3)恋愛する気分ではない

恋愛モードになっていないときにデートに誘われても「面倒くさい」と感じる男性が多いです。そのため、誘ってくれた女性に対してイヤな感情を抱いていなかったとしても、デートには応じないパターンが少なくありません。

(4)恋人がいる

恋人がいるのにデートに誘われたときには、彼女への誠意を貫くためにお断りする男子が多数でしょう。ただし、わざわざ「彼女がいるから、ごめん」などの理由までは言わない男性も多いです。

(5)誘われた日にたまたま先約がある

デートに誘われた日に、たまたま先約が入っていれば、興味のある子からのお誘いでも泣く泣くお断りする男性も多いでしょう。仲間を大切に思っている男性ほど、先に入っていた友人との約束を優先する傾向も強いです。

(6)感染症対策のため

2020年現在では、新型コロナウイルスが全国的に感染拡大傾向。そのため「感染症にかからないように」と対策のためにデートを断る男性も多いです。「安心して会えるようになったらデートをしようね」などと気遣いのLINEが届く場合には、純粋にコロナウイルスを心配してデートを控えているだけと捉えてもいいでしょう。

 

返信はどうする? 断られにくいデートのお誘いLINE3つ

(c)Shutterstock.com

(1)「何してる?」からのデートにつなげる

深夜など、彼がゆったり過ごしているであろう時間帯に「何してる?」から始めて、そのあと『ちょっと声が聞きたくて』『仕事で失敗しちゃって』『相談したいことがあって』などと男性がキュンとするセリフを送るテクニックは、デートの約束につながりやすいテク。特に深夜の場合、時間帯的に突然の連絡に対して既読スルーや未読スルーをする男性も多いので、ここで返信がくれば脈アリ度も高めなのです♡

(2)独り言LINEで気を引く

『〜に行ってみたいな』や『○○が食べたいなー』など、独り言のようにつぶやいているLINEで、彼の気を引く作戦もおすすめ! 行ってみたい場所や食べたいものを送ったときには、脈ありの男性ほど「じゃあ、行こうよ!」と返事をしてくれがち。軽いテンションで誘うほど、男性も返信をしやすいはずです。

(3)「あなたと行きたい」を強調する

デートに誘うときに『○○くんと行きたいお店があるの』などと、“あなただから行きたい”を強調したLINEをすると、OKの返事が届く確率はぐんとUP♡ 「俺だから誘ってくれているんだ?」がわかれば、喜んでくれる男性が多いのです♡ いやらしくない程度にさりげなく「あなただから誘ってるんだよ♡」がわかる文章を送ってみて。

モテ女に学ぶ!「男性に絶対断られない」デートの誘い方LINEテク4つ

 

デートに誘ったらお断りされた!逆転するLINEテクのコツ3つ

(c)Shutterstock.com

勇気を出してデートに誘ったのに、お断りされればショックですよね。でも大丈夫! まだまだ逆転のチャンスは残っています♡ デートに断られたことをチャンスに変えられる逆転LINEを3選ご紹介します。

(1)「残念」な気持ちを伝える

デートを断られば、ガッカリするのがホンネ。そこで強がってしまうより、素直な気持ちを送ったほうが彼をキュンとさせるテクに。「そっか。楽しみにしてたのに残念だな~。お仕事がんばってね!」などと“ガッカリ”な気持ちをLINEに託すと、彼の罪悪感もくすぐりやすくリスケの話にもなりやすいでしょう。

(2)彼への気遣いを盛り込む

男性からデートを断られるときは「仕事」を理由にしていることが多いです。「本当に仕事なの?」と疑いたくなる女性もいると思いますが、そこはグッと我慢。彼が「仕事」と言っている以上はそういう前提にして、忙しい彼を気遣う言葉をLINEするのが逆転テクに。デートを断られたり、一度は約束したもののドタキャンをされたりしてむかつく気持ちを抑え、「あんまり(お仕事)がんばりすぎないでね」と彼への思いやりを伝えると、彼の罪悪感をくすぐりつつ「いい子だなー」と思わせやすいです。

モテ女がやってた「逆転」LINEが神すぎる!デートを断られた時こそ絶好のチャンス

 

まとめ:デートを断られても「脈なし」とは限らない!

(c)Shutterstock.com

デートに断れられたあとには、落ち込んでしまいますよね。けれど「お断りされた=脈なし」とは限りません。たまたま予定があっただけかもしれないし、タイミング悪く仕事が忙しい時期だっただけということも多いでしょう。一度誘ってダメでも、時間を置いて再びデートに誘ってみると、案外とすんなりOKをしてくれる可能性も。勇気を出して誘ったデートに断られてしまったからといって、必要以上に落ち込まないでくださいね♡