「癒される彼女」VS「頑張れる彼女」男子が好きなのは…どっち?【究極の選択】

【究極の選択】一緒にいると「癒される彼女」VS「頑張れる彼女」どっちが好み?


恋人と長く一緒にいたい。だから彼氏にとって、良い彼女になりたいと思うのはごく自然なこと。しかし、良い彼女とは一体どんな彼女のことでしょう。

癒される

たとえば、どんな時でも前向きで、一緒にいると頑張れる彼女? それとも、どんな時でも優しく甘えさせてくれる彼女? どちらも良い彼女の条件のひとつに当てはまりますが、両極端ですよね。

そこで今回は男性200人に究極の選択を実施。「とにかく優しくて一緒にいると癒される彼女」と「向上心があり、一緒にいると頑張れる彼女」、どちらが好まれるのでしょうか?

Q.一緒にいると「癒される彼女」と「頑張れる彼女」、どちらが好み?


癒されるか頑張れるか

とにかく優しくて、一緒にいると癒される彼女 74%
向上心があり、一緒にいると頑張れる彼女 26%

「癒される彼女」が圧倒的ですね。疲れたときに癒してくれるような彼女の存在は大きいようです。では、理由を聞いていきましょう!

〈癒される彼女派〉


【1】癒されたい

「一緒にいると癒されるから」「疲れているときは癒されたい」「癒されたい」(回答多数)
「癒しの存在でいてほしい」(20代)
「ふたりでいるときに癒されたいから」(30代)
「ほんわかするから」(30代)
「彼女といるときは楽しく過ごしたい」(20代)
「楽しいことを共有したい」(30代)
「彼女といるときは穏やかな気持ちでいたい」(30代)
「プライベートでは癒されたいから」(30代)

一緒に過ごす時間は、癒しの時間にしたいという意見が大多数。大好きな人と過ごすときくらい、嫌なことを忘れて楽しく過ごしたいですよね。恋人のほんわかとした笑顔を見ていたら、疲れていた心も癒せそう◎

【2】疲れない

「彼女といるときは素の自分でいたい」「張り切りすぎの人といると疲れるから」「向上心がありすぎると疲れる」「プライベートはのんびりしたい」(回答多数)
「普段頑張っている分、素を出せるような人がいい」(20代)
普段見せない部分を唯一曝け出すことのできる存在」(20代)
「素の自分を受け入れてくれそう」(20代)
「彼女の前で気を張らなくていい」(20代)
「身構えることなく、気楽でいられる」(30代)

向上心の高い人といると、何かと気を張ったり、「頑張らないといけない」心理が働いてしまいます。少し背伸びした姿を見せようとしてしまうので、段々と素の感情を出せなくなり、本音を言えないんだとか。休む時は休んで、そして適度に頑張れる。そんな関係だと良いですね。

【3】安心できる

「こちらの気持ちも落ち着く」「安心できる」一緒にいる時間が落ち着いて心安らげるものがいいから」「ストレスを感じたくない」(回答多数)
「喧嘩しなくてよいから」(20代)
「争いたくない」(30代)
「会話がなくても落ち着きそう」(30代)
「グチグチと言われたくない。心が休まる」(30代)

癒される人って、心が落ち着くような不思議な力がありますよね。逆に「成長が大事」という人は、少しピリピリしてしまって、一緒にいることがストレスに。相手と正面から向き合い、信頼関係を築いているからこそ、安心感を覚えるのかもしれませんね。

【4】甘えたい

「素直に甘えられる」「日々の生活に癒しがない」(回答多数)
「人生に疲れているから」(20代)
「家の中では楽をしたいから」(20代)
「仕事で疲れているときに優しくしてくれたらうれしい」(20代)
「心の拠り所が欲しい。たまには頼りたい」(20代)
「この世知辛い今、一時の現実を少しだけでも忘れたい」(30代)
「一緒にいるときぐらい仕事から離れたいから」(30代)

いつも仕事や勉強と、頑張っている男性でも「疲れているときに癒してほしい」という気持ちが芽生えるようです。本音を言えたり、少し甘えたり。時には褒めてくれるような、素直に受け止めてくれる女性を求めているんですね。

【5】優しいのがいい

「お互い優しいのが一番」「優しい人がいい」「相手が優しいと自分も優しくなれるので」(回答多数)
「優しければ許される」(20代)
「優しさはプライスレス」(20代)
「そばに一緒にいてくれる人が良い」(20代)
「支えてくれそう」(20代)
「仕事終わり疲れて帰って、そばにいてホッとする人がいい」(20代)
「彼女といる時はホッと安らいでいたい」(30代)

「優しい」というのがキーワードのようです。確かに相手が優しくしてくれると、その分自分も優しさで返そうという気持ちになりますよね。ストレスや疲れを和らげるような、さりげない気遣いが重要。隣で頑張りを認めてくれるような彼女がいたら、手放したくないはずですよ!

【6】一緒にいて気を使わない

「気を使わないから」「一緒にいるだけで楽」(回答多数)
「気兼ねなく接することが出来るから」(30代)
「気楽な人がいい」(30代)
「心が通い合う方が過ごしやすいから」(30代)
「お互い変に気を遣わずに素でいられたらいいと思う」(30代)

全て完璧だったり、自分のわがままが強かったり。こんな彼女といるのって、正直疲れてしまいます。ですが、彼の気持ちを察して声をかけてくれたり、デートのプランを変更してくれたり。少しの気づかいが出来ると、相手も「楽」だなと感じるのではないでしょうか?

【その他】

「尊敬できる人の方が良い」(30代)
「そういう人が好きだから」(30代)
「自分の加齢と共にそう思うようになった」(30代)

他にはこんな回答がありました。年齢と共に、「落ち着ける人がいいな」と思うのかもしれませんね。結婚して、一緒に暮らすことまで考えると「癒し」を求めたくなる気持ち、少し分かります。

〈頑張れる彼女派〉


【1】一緒に頑張りたい

「自分も日々向上心を持って過ごせるから」「共に成長できるから」「自分も頑張れる」「モチベーションがあがる」(回答多数)
「高め合いたい」(20代)
「彼女のことを考えると頑張ろうと思えるから」(20代)
「お互いに尊敬し合いたいから」(20代)
「一緒にいろんな意味で豊かになりたい」(30代)
「スキルアップになるから」(30代)
「人間としても尊敬できる」(30代)
「自分自身向上心持つことで子供に対する影響があるから」(30代)

同じ目標ではなくても、一緒に頑張ろうとしてくれる恋人の存在。これは彼にとってモチベーションの維持にも繋がるようです。また、ただのお付き合いではなく、一緒に高め合える関係だと付き合う意味も見えてくるのではないでしょうか♡

【2】自分を引っ張ってほしい

「やる気を出してくれるような人がいい」(20代)
「自分がダメ人間なので」(20代)
「自分を引っ張ってくれそう」(20代)
「自分がしっかりしていないので、悪いことを指摘してくれる人」(20代)

自分がしっかりしていないから、彼女がしっかりしていると嬉しいという男性も。悪いと思ったことや不満に思っていることを、しっかり伝えてくれる人ってなかなかいないもの。しっかりと自分のことを見てくれているんだなと感じます!

【3】芯が強い女性が好み

「自分が応援している人がまさにそんな女性」(20代)
「可愛いだけでは飽きる」(20代)
「同じ志を持てる人が好き」(20代)
「芯が強い人の方が好み」(30代)

男性の好みを熟知していることって重要なんです。長く付き合っているうちに「あれ、何か違うかも」と思われないためには、彼の好みの女性になることが大事。何か成長したいと考えている彼なら、一緒に新しいことに挑戦してみるのもアリかもしれませんね。人間としても成長できて、愛も深まって、一石二鳥♡

【4】楽しい

「一緒に頑張れる方が楽しい」(回答多数)
「一緒にいて尊敬できる人じゃないとつまらない」(30代)
「お互いに切磋琢磨という関係も作れる」(30代)
「生活に困った時協力できそう」(30代)

ひとりで何かを頑張るより、相手と一緒だと、やる気も出ますよね。「好き」という気持ちに加えて、ひとりの人間として尊敬してくれる。そんな刺激を与えあえるパートナーといることに幸せだと感じる男性も多いようですよ。

 

彼をずっと癒さなければいけないわけではありません。彼の気持ちを尊重して、安らぎ与えてくれるのが癒され彼女の魅力。のんびりするときはのんびりして、頑張る時は共に頑張って。相手とどんな時間を共に過ごしたいのかを恋人と共有してみてくださいね。(齋藤有紗)

 

★モテる秘訣♡男性が「癒される」と感じる女性の特徴13個

>CanCam.jp TOPにもどる