黒のロングスカートで大人っぽく!夏コーデ5選|タイト・フレア・フリルスカートの着こなし

黒ロングスカートの最旬コーデをPick!

ちょっぴりモードな黒のロングスカートを、夏仕様にアップデート! 定番のタンクトップやTシャツをプラスして、すっきりクールに着こなすのがポイントです。

黒ロングスカートを合わせる夏コーデ


【1】黒ロングスカート×黒タンクトップ

BITTER BLACK  ベージュ、カーキ、ブラウンなど、落ち着きのあるアースカラーを味方に付ければ、キレよくハンサムな‟辛い黒„の完成!リネンやコットンなど天然素材を選ぶことで、ひとさじの女らしさも漂って。

シンプルタンクにニットレースのロングスカートを合わせた夏コーデ。おしゃれに差がつくニットスカートは、ヒップとギャザーの位置をやや低めに設定したマーメイドシルエット。ヴィンテージ感が程よく、こなれ感もばっちりです。小物は黒キャップと黒サンダルで潔いクールさを。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【2】黒ロングスカート×白Tシャツ

ボリューミーな黒フレアでつくる華やかモノトーン

白と黒の割合がほぼ半分のワンツーコーデは、たっぷりとしたボリュームスカートで一気にモード! シンプルなコーデには髪にスカーフを結んだり、イエローのサンダルを投入してオシャレなエッセンスをトッピングして。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【3】黒ロングスカート×ラベンダーニット

ドットスカートも重なるフリルで新鮮な印象に♡

人気のドット柄スカートも、フリルがレイヤードされたデザインなら着こなしもグッと新鮮に。ラベンダーカラーのリブニットを合わせて、おしゃれ上級者の雰囲気を漂わせるのもポイントです。こっくり深みのあるプラムカラーのパンプスや、大き目のイヤリングでエッジをプラス。ちょっぴりモードなコーデが実現します♡

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 協力/韓国観光公社 構成/又吉樹菜、田中涼子、佐藤彩花、正谷優貴

【4】黒ロングスカート×白Tシャツ

フェミニンなドット柄スカートをロゴTシャツでカジュルダウン

ハッピーなピンクを差し色に、モノトーンコーデを華やかにアップデート♡ トレンドのロゴTシャツやシルバー小物をプラスして、甘さのあるドット柄スカートをちょっぴりクールに着るのが気分です。トレンド続行中のドット柄スカートも、今から買うなら女らしい&美シルエットの変形フレアがオススメ。トップスは、落書き風のやんちゃなTシャツを合わせて、フェミニンなスカートをより今っぽく着こなして。仕上げは斜めがけにしたピンクのバッグで、大人っぽいモノトーンをちょっぴりミーハーにトーンアップさせるのがポイントです。

★【今日のコーデ】差し色ピンクで華やかに♡ドットスカート×やんちゃT

【5】黒ロングスカート×紫Tシャツ

トレンド要素を詰め込んだロゴTがおしゃれのカギ☆

Tシャツとスポーツサンダルで動きやすさ&機能性を重視した今っぽコーデ。サイズ感がちょうどいいボーイズTシャツを、レーシーなロングタイトに合わせて程モードな着こなしに。黒×パープルの合わせに白を効かせた計算づくの配色バランスも、モードを軽やかに取り入れるテクニックです♪ サイドスリットにラインが入ったレーススカートは、スポーティー感と女っぽさが絶妙にMIXされたデザイン。レースから足が透ける肌見せで、黒を涼しげに取り入れられるのも魅力です。小物は、厚底のスポサンとミニリュックで、どこか女の子っぽさも忘れない合わせに。

★【今日のコーデ】絶対欲しい!FRAY I.D×チャンピオンの別注ロゴTが主役

 

★シンプルなのに女らしい♡ベージュ靴の夏秋コーデ13選

>>CanCam.jp TOPへ戻る