女っぽくもカジュアルにも♡ロングスカートのおすすめ夏コーデ22選

ロングスカートのおすすめ夏スタイル集

この夏の本命ロングスカートを、カジュアルに女の子らしく着こなすなら? 今季人気のサテンスカートやフェミニンなプリーツスカートを取り入れた、夏の最旬スタイルを紹介します。ロングスカートにおすすめの靴合わせもチェックして!

【目次】
ロングスカートを合わせる夏コーデ
ロングスカートに合う靴

ロングスカートを合わせる夏コーデ


【1】青ロングスカート×白Tシャツ

メンズサイズのTシャツは、サイズがゆるっとしているからこそ生地は厚めのものを選んでだらしなく見えるのを回避。あえてレディなスカートを合わせるテイストMIXが、今季のトレンドコーデです。ゆるTと差のつく細身のスカートを合わせると、バランスよくきまります。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【2】青ロングスカート×グレーニット

光を受けて上品に輝くラメ×ベージュのノースリニットは、存在感はありつつも柄モノにもスッと馴染む万能アイテム。古着屋さんにあるようなヴィンテージライクなスカートを合わせると、どこか懐かしい趣のある着こなしが完成します。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【3】ベージュロングスカート×白Tシャツ

今夏のシンプルカジュアルに欠かせないフォトTは、前後プリントでおしゃれ度アップ! ボーイッシュなTシャツを、女のコらしいサテンマキシスカートでハズすのが今夏のトレンドスタイルです♡

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】ベージュロングスカート×黒キャミソール×白シャツ

これからの季節に欠かせない肌見せコーデは、リブキャミにロングシャツをバサッとはおる大人ヘルシーな雰囲気がオススメ♡ つややかなサテンスカートやミュールで女らしさを盛り上げつつ、キャップで抜け感を加える…この絶妙なカジュアルテイストもツボなんです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】イエローロングスカート×ラベンダーニット

イエローのロングスカートにラベンダーのニットをIN! くすみのあるカラーでまとめれば、派手にならず大人っぽくまとまります。足元はどんなカラーともなじみやすいパイソン柄がオススメ!この夏は、ダスティなカラーMIXで〝おしゃれ上級者〟をイメージして♡ 

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】イエローロングスカート×白Tシャツ

転写プリントのTシャツを、サテンスカートに合わせて大人カジュアルに。今季人気のサテンスカートは、ベージュ感覚で着こなせる淡いイエローがオススメです。春らしいイエローなら、白で揃えたビーズバッグやダッドスニーカーもよく映えます♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/アンスティチュ・フランセ東京(飯田橋) 構成/石黒千晶

【7】イエローロングスカート×黒ブラウス

服がプリプラのときはバッグに〝イイもの〟がMyルール 「シンプルかわいいプリプラ服が大好き♡ だけど、小物の中でも存在感の大きいバッグは、年齢に合ったちゃんとしたものを持って、高見えさせます!」

ノースリニットに花柄スカートを合わせた、ちょっぴりクラシカルな大人スタイル。スクエアフォルムのバッグを合わせて、リラクシーな着こなしにクラス感をプラスして♡

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属)  構成/浜田麻衣

【8】ピンクロングスカート×白ニット

レーストップスにピンクスカートを合わせて大人かわいく。コーデに甘い華やかさがある分、小物はシックな黒のチェーンバッグで上品にまとめて。トレンドの長め丈スカートは、ミニバッグを合わせることでバランスの取れたコーデに仕上がります。

CanCam2019年6月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ネイビーロングスカート×白Tシャツ×ベージュジャケット

ーAkane's Private Fashion Part④ージェットセッター茜の旅スタイル 頻繁な海外ロケや地方取材、プライベートでも旅行好き。というわけで、旅スタイルが確立されてきました!

ジャケット&ロングスカートの大人コーデに、シンプルな白Tシャツで抜け感を。フェミニンなスカートのテンションに合わせて、きれいめ小物を投入すれば都会的な洗練コーデが完成します♡

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【10】イエローロングスカート×白ニット×黒カーディガン

トレンチ風スカートで上品かわいいデートスタイル

待ち合わせの瞬間から、一日ずっとかわいいって思わせる王道のレディ感がテーマ♡ 華やぎ感MAXのカナリアイエローのスカートにベーシックなノースリニットを合わせれば、上品なのに目を惹くデートスタイルが完成。締め色効果のあるカーディガンを手持ちすれば、室内のクーラー対策もばっちりです。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【11】グリーンロングスカート×ネイビーニット×白カーディガン

清楚なアコーディオンプリーツでお嬢さんスタイルに

目を引くキレイ色スカートが主役のコーデ。あえて柄ではなく、素材やディテールで華やぎをプラスすることで、派手すぎず落ち着いた雰囲気が醸し出せます♪ 涼しげなミントグリーンのスカートは、揺れ感たっぷりのしゃらっとした素材がおしゃれ。コンパクトなノースリニットと合わせて、フィット&フレアの愛されシルエットをメークして。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【12】オレンジロングスカート×黒キャミソール×白パーカ

こなれたパーカで、日差しも汗も怖いものなし!

デコルテが開いた華奢なキャミソールに、カジュアルなパーカをルーズにON! ラフに見えて、実はさりげないモテコーデを意識したちょっぴり隙のある着こなしです。ボトムは、アウトドアに映えるオレンジのロングスカートを合わせれば、おしゃれっぽいけど女のコらしいヘルシーなかわいらしさが手に入ります♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【13】デニムロングスカート×赤の水着×ブラウス

レースブラウス×デニムスカートの絶妙な肌見せスタイル

キャミを合わせがちなレーストップスの下に、同色のビキニをレイヤード。水着を使った着回しは、普段使いのトップスやワンピを新鮮に見せるおしゃれテク。ボトムにあえてロング丈のデニムスカートを合わせることで、やりすぎ感のない絶妙な肌見せ感がキープできます! 小物にヘアバンドやひとくせバッグをプラスすれば、オシャレ度も倍増するのでお試しを♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【14】チェックロングスカート×白Tシャツ

ロゴT×ギンガムチェックの赤リンクでフォトジェニックに

オーバーサイズのロゴTと、ギンガムチェックのスカートを合わせた派手かわコーデ。赤をリンクさせることで、こなれ感のあるおしゃれスタイルが完成します♡ 小物は、キャップやサコッシュでスポーティーにまとめれば、最旬の女の子カジュアルの出来上がり♪

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【15】デニムロングスカート×ピンクブラウス

フリル×ベリーピンクのブラウスでとことんガーリーに♡

主役は、ビビッドなベリーピンク×ラッフルスリーブの、フォトジェニックな旬顔ブラウス。着るだけでテンションが上がる一枚を、デニムスカートでちょっぴりレトロにカジュアルダウンするのが今っぽコーデのカギ。ピンクのサンダルを合わせても、締め色効果のある濃いめインディゴを挟むことで、甘さを上手にコントロールできるんです♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【16】紫ロングスカート×黒ニット×白ジャケット

モノトーンを相棒に♡ラベンダーのスカートを大人顔にシフト

フェミニンなラベンダーカラーのスカートは、タイトシルエットと裾フリル、そしてシャギー調の素材感など今っぽ要素が満載! ワードローブに仲間入りさせたい変形スカートが一枚あれば、定番アイテムの着回しにもひと役買います。ジャケットは、ニットタンクの上から肩掛けにして抜け感をプラス。やさしいけど甘すぎない大人スタイルが決まります。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 協力/韓国観光公社 構成/又吉樹菜、田中涼子、佐藤彩花、正谷優貴

【17】赤ロングスカート×白ニット

キャッチーな赤タイトでおしゃれオーラをまとって

大胆な赤、イレヘムの裾やラップ風のデザインなど、主役級のスカートにヒトメボレ♡ トップスにシンプルなニットタンクを合わせるだけで、十分オシャレに決まります。さらに、キャッチーなカンカン帽とお茶目なバッグをプラスすればmoreジェニックなコーデが完成!

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子  ヘア&メーク/松田美穂  モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉  構成/浜田麻衣

ロングスカートに合う靴


【1】イエローロングスカート×白スニーカー×黒ブラウス

大人なタイトスカートにはスニーカーで抜け感をプラス

ロマンティックなぺプラムブラウスに、落ち着いた色味とIラインのロングタイトをコーディネート。そんな大人っぽいコーデには、あえて定番のコンバースを合わせてフレッシュにシフト。ローカットのコンバースなら、ロングタイトともバランスよく決まります。バッグは、アクセントになるトレンドのイエローを合わせましょ。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【2】デニムロングスカート×ブラウンサンダル×赤Tシャツ

ビビッドな赤T×デニムスカートで大人ガーリー♡

赤Tシャツにデニムのロングスカートを合わせた、女の子らしいカジュアルスタイル。歩くたびに脚がチラッと見えるデニムスカートで抜け感をプラスすれば、すっきりとしたバランスに仕上がります。足元は、ボリュームのある厚底サンダルでレトロチックな味付けを♡

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/森 ユキオ モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、PROPS NOW、田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】赤ロングスカート×PVCサンダル×白ブラウス

雨の日も気分を明るくしてくれる♡ピンクの魔法

柄ブラウス×ピンクのスカートでまとめたHAPPYコーデなら、雨の日だってテンション高めに過ごせそう♡ オシャレっぽいフリンジバッグは、スカートとリンクさせたビビッドピンクを指名して華やかさも映え度もUP。足元もトレンドのPVC素材のサンダルなら、雨に濡れても安心です♪

CanCam2018年7月号より ヘア&メーク/菊池かずみ(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 協力/韓国観光公社 構成/又吉樹菜、田中涼子、佐藤彩花、正谷優貴

【4】ストライプロングスカート×オレンジサンダル×オレンジニット

フレッシュな色×柄で、南国ムードをまとって♪

元気いっぱいのマルチストライプにパキっとしたオレンジを効かせた、フレッシュでエネルギッシュなコーディネート。灼熱の太陽に映えるビビッドな色合わせも、ほんのり素肌を感じさせる透けシフォンで涼し気&大人顔に着こなして。共布のベルトをスカーフ代わりに髪に結べば、moreフォトジェニックに仕上がります♡

CanCam2018年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAK(I P-cott) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/新城真紀

【5】チェックロングスカート×イエローサンダル×チェックビスチェ

大胆な肌見せもギンガムチェックなら上品にきまる♡

流行りのギンガムをよりおしゃれっぽく取り入れるなら、パキッとしていて存在感のあるブルーを選んで。写真映えも狙えるこなれたセットアップでお腹をチラ見せすれば、写真映えも完璧です! 足元は華奢なピンヒールサンダルで、キュートなギンガムチェックを大人っぽくアレンジして。さらに、カゴBAGやBIGピアスで今っぽさを盛るのもポイントです。

CanCam2018年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAK(I P-cott) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/新城真紀