春夏のトレンドを大特集!スカートコーデ30選|素材は?丈は?シルエットは?おすすめの着こなしを厳選!

2021春夏のスカートコーデを大特集

春夏のお出かけシーンやオフィスカジュアルに役立つスカートコーデを大特集! ひと言でスカートと言っても、今季は素材の透け感やツヤ感、トップスとのバランスなど、新鮮なアイテム選びと着こなしが重要なポイントに♡ タイト・フレア・ロング・膝丈スカートなど、洒落感のある推しスカートで作る春夏のトレンドコーディネートをお見せします♪

この春夏に買っておくべきスカートは?

スカートコーデ

この春夏は、とびきりかわいくて着映えするスカートが続々と登場中♡ 取り入れるだけで旬のムードが漂うおすすめのスカートを紹介します。

■マーメイドスカート

スカートコーデ

この春夏のトレンドといえば、人魚のようなカーヴィラインが特徴のマーメイドスカート。ウエストはすっきり、ヒップ周りは程よくフィットして、女性らしく美しいボディラインがメイクできます。ひらっと揺れるフレアの裾が上品で、ほんのりと色っぽさも。

■ティアードスカート

スカートコーデ

幅広いシーンで活躍してくれるティアードスカートは、無地のタンクトップなどと合わせて抜け感を出したり、あえてゆるトップスで上下重めのシルエットを楽しむのも◎。ボリュームのあるスカートが歩くたびエレガントに揺れて、女性らしい着こなしが決まります。デイリー使いはもちろん、デートやおしゃれランチなどちょっぴり特別な日にもおすすめ!

■チェック柄スカート

スカートコーデ

大人ガーリーな着こなしにはチェック柄のスカートがおすすめ。ロングスカートなら幼くならず、×無地トップスでカジュアルダウンしたり、甘めトップスでフェミニンに着こなすのもかわいいです♡

■レーススカート

スカートコーデ

レーススカートはトレンドのレトロ感をプラスしてくれる旬のアイテム。×甘めトップスでとことん女っぽく着こなしたり、TシャツでカジュアルダウンしてもOK! 意外にも、甘め、きれいめ、辛めにも振れるアイテムなので着回し力も高め。同系トーンで合わせれば、上品で華やかな着こなしも楽しめます。

今っぽいスカートコーデの着こなし方

スカートコーデ

  1. オトナきれいな着こなしにはマーメイドスカートがおすすめ!
  2. ティアードスカートはシーンを問わず使いやすい
  3. 黒スカートは白やベージュの靴を合わせると抜け感のある着こなしに

オフィスもOK!きれいめスカートコーデ

【1】チェック柄スカート×ベージュジャケット×ベージュインナー×クリアバッグ

Q.一瞬で洒落見えする、初夏にオススメの柄モノは?『A.レトロムードなギンガム&ドットをモードに着こなして!』

ガーリーなギンガムチェックを品よく受け止める、やわらかベージュのワントーン配色。プリーツ×イレヘムの揺れ感がロマンティックなスカートは、締め色なしのなじませ配色やマニッシュなテーラードジャケット合わせ、トレンドのクリアバッグ投入でこなれムードたっぷりに着こなして♪

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】デニムスカート×ブルートップス×ブラウンバッグ

Q.デニムを買い足すなら何を選ぶべき?『A.パンツじゃない、女のコデニムがGood!』

マーメイドスカートでレトロガーリーなイメージに♡ カーヴィなマーメイドシルエットやフロントスリットで女っぽさを高めることで、デニムスカートも大人見え。同系色ネイビーの柄編みニットを合わせつつ、パールやギンガム柄ミュールでレトロかわいく仕上げましょ。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】ベージュスカート×ラベンダートップス×ベージュサンダル

10きれいめカットソー×映えフレア

ベージュのフレアスカートにライラックのコンパクトカットソーを効かせたまろやか配色コーデ。シンプルなフレアスカートはレザー風の質感を選ぶとおしゃれ度UP! バッグもサンダルもベージュでまとめて、ヌーディな大人オーラを発揮して。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】イエロー柄スカート×ベージュジャケット×ベージュインナー

03春イエロー×大人ベージュのまろやか配色

イエローの柄スカート×ベージュのシャツで優しげな印象に。旬のイエローを品よく受け止めてくれるベージュと合わせてまろやかになじませれば、好感度の高い今どきコーデが完成します。ゆるっと羽織ったシャツや淡色トーンでフレッシュな印象を上乗せして。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ピンクスカート×ベージュトップス×ベージュサンダル

02肌見せニット×マーメイドスカート

サーモンピンクのマーメイドスカートが、春らしさたっぷり。透明感のあるベージュのシアーニットを合わせてニュアンス配色で着ると、控えめだけど印象に残る儚げスタイルに仕上がります。サンダルやバッグはキャメルっぽいベージュを選んで、さりげない引き締め効果を期待。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ブルースカート×ベージュトップス×ベージュサンダル

02肌見せニット×マーメイドスカート

あざときれいな肌見せならバックシャントップス×ロングスカートがおすすめ。前から見るとごくシンプルなのに、後ろは大胆な背中見せというギャップに、思わずドキッ♡ 小物まで全身を柔らかなペールトーンで統一して、色気がトゥーマッチにならないように優しく着こなすのがポイントです。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞  ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ベージュスカート×ベージュジャケット×ブラウンインナー

02肌見せニット×マーメイドスカート

リネン混のドライな風合いのスカートにヘルシーなニットタンクを合わせて、媚びない女らしさを表現。動くたびスカートと共に優しく揺れる透けシャツをはおればニュアンスたっぷりに着こなせます♡ブラウンからベージュのグラデ配色も大人っぽくてセンシュアル。

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】ラベンダースカート×パープルトップス×クリアバッグ

02肌見せニット×マーメイドスカート

甘さたっぷりなピンクレースも、マーメイドラインならこんなに大人顔。上品なマキシ丈なので、深めのラウンドネックニットを合わせてもセクシーすぎずちょうどいい塩梅に♡ 仕上げに黒小物で全体を引き締めて、かわいいよりも〝オトナきれい〟なアプローチを。TPO次第でゆるっとジャケットを羽織ってもおしゃれです。

CanCam2021年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【9】ベージュスカート×黒ブラウス×ドット柄パンプス

TREND05 コンサバはコンサバで着ず遊び心で外すべし

ハリのあるマーメイドスカートのきちんと感を、パフスリーブブラウスの甘さで中和。上下共に女性らしい服なので、配色は定番をキープするとバランスよく着こなせます。小物は黒のカチューシャ&ミニバッグでレディに引き締めて。パンプスはベージュ×ドット柄でレディなかわいらしさを♡

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【10】ラベンダースカート×ブラウントップス

彼女感のある(ワンピ)なら…ニュアンスカラーの配色コーデで優しげな印象に

スイートなのに大人っぽいラベンダーのコットンレーススカートは、落ち着き感のあるブラウンと合わせることで甘さ控えめに。かわいさをほんのり足したい♡そんなときにぴったりな大人ガーリーコーデです。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

スカートを合わせる程カジュアルコーデ

【1】ブラウンスカート×ブルーTシャツ×白バッグ

Q.初夏にまず買うべき! な今っぽボトムは?『A.カジュアルで女っぽい♡クロシュスカートが、推し!』

マーメイドラインが女っぽムード満点なクロシェスカート。〝映え〟なスカートを引き立てたいから、トップスにはシンプルなTシャツをセレクト。ブルー×ブラウンのくすみ配色でセンスのよさもアピールして。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】白スカート×白Tシャツ×黒サンダル

Q.初夏にまず買うべき! な今っぽボトムは?『A.カジュアルで女っぽい♡クロシュスカートが、推し!』

表情のあるクロシェ編みとゆるっとラフなフォトプリントTとのギャップが、オールホワイトコーデにおしゃれな奥行きをプラス。サングラスやつま先に抜け感があるミュールなど、ちょいモードな夏小物を合わせてコーデを今っぽく盛り上げて。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】白ドット柄スカート×黒ブラウス×ブルーバッグ

袖コンブラウスにドット柄のスカートを合わせた女優風コーデ♡ クラシカルなモノトーンコーデには、鮮やかなブルーのバッグで涼しげな差し色をプラスするのもおすすめです。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【4】ピンクスカート×ベージュTシャツ×スニーカー

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

リュクスな光沢プリーツとベージュのロゴTで、スポーティなルックもエレガントに。ちょっとした動きもドラマティックに見せてくれる、ピンク系のツヤありプリーツがコーデのスパイスになっています。足元はダッドスニーカーでキレよく仕上げて、甘さと辛さのバランスがいい理想のきれいめカジュアルに。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ラベンダースカート×黒ブラウス×ベージュパンプス

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Lavender』

女らしいフレアスカートをリラクシーな黒ブラウスでゆるく仕上げて。フレアボトムをフィット&フレアで着ないのが甘く見せないコツ。あえてメリハリを作らないゆるっとしたシルエットで、今どきのエフォートレスなコーデが完成します。淡いラベンダーは黒で締めてほんのりクールさも足して。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】グリーンスカート×グレーGジャン×ブラウンカットソー

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Lime Green』

くすみピンクのトップスとグリーンのスカートを組み合わせた絶妙なニュアンス配色。今年っぽいグリーンのスカートは、フレアシルエットのレディ感とチノ風素材のカジュアル感が今っぽさの秘訣です。くすみのあるスモーキーな色合わせに馴染むグレーのGジャンでこなれムードもUP!

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】グリーンスカート×グレーシャツ×白パンプス

抜け感シャツと好相性!ツヤっぽロングスカート『CitrusYellow』

ロングシャツ×サテンスカートのレイヤードで甘くないのに女っぽい理想のバランス♡ とろみシャツとサテンスカートは大人っぽいテクスチャーの組み合わせがムード満点♡ 色鮮やかなシトラスイエローは、カーキシャツで落ち着いた印象に仕上がります。

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ストライプ柄スカート×黒トップス×黒サンダル

クリーンなスカイブルーのボリュームスカート『たっぷりたっぷりの生地が心地よく、おしゃれする楽しさを教えてくれるフォトジェニックなロングスカート。シンプルな黒T合わせでも、一気にドラマが始まりそう…♡』

ティアードのやわらかなシルエットが印象的なマキシスカート。洒落感のあるブルーの太ストライプと、ちらっと見える華奢サンダルのギャップが新鮮です。トップスは黒Tで締めつつ、淡く光るジュエリーを合わせて透明感たっぷりの着こなしに。

CanCam2021年4月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/入江陽子(TRON) ヘア&メイク/村上 綾 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【9】グリーンスカート×グレータンクトップ×麦わら帽子

軽やかなコットンのスカートは、炎天下のお出かけにもぴったり。×白Tだと幼くなりがちだけど、グレーのタンクならスッキリとまとまります。バッグは淡いグリーンと相性のいいシルバーをチョイス。麦わら帽子で全体のバランスを整えて♪

CanCam2020年9月号より 撮影/前 康輔 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/権藤彩子、時吉 茜、佐藤彩花

【10】イエロースカート×Gジャン×白Tシャツ

レディなスカートを、今っぽゆるGジャンでカジュアルダウン!Gジャン×ナロースカート『今季、Gジャンは色や形がバリエ豊富! おしとやかなナロースカートと合わせれば、男女ともに好印象な程よいカジュアル感♪ 』

ロマンティックなティアードスカートは、ロゴTシャツでテンション高めに♪ ウォッシュGジャンの袖をくるっとまくって、フェミニンなスカートをラフに着こなすのがポイントです。TシャツやGジャンを合わせると、甘さのあるスカートにこなれ感がプラスできます。

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

黒スカートの春夏コーデ

【1】黒スカート×白Tシャツ×ブルーサンダル

Q.夏に向けて長め丈スカートをアップデートしたい! 『A.シンプルトップスに合わせるだけで着映えるボリュームスカートが買い!』

王道のサマーモノトーンもボリュームスカートで鮮度アップ! 黒でも重く見えないコットン素材のスカートが爽やかで大人見え。ロゴT合わせのシンプルなワンツーコーデは、ドラマティックに揺れるボリューム感や軽やかな透け感が〝絵になる〟秘訣です。仕上げにキャッチーな夏小物をプラスして盛り上げて。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)  撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】黒スカート×黒スエット×白インナー×黒ロングブーツ

安未は東京カジュアルなミニ×ブーツ

トレンドのレザーミニは、オーバーサイズのゆったりスエットからチラッと見せるバランスがおしゃれ♡ 足元は黒ブーツでシンプルなALLブラックにまとめて。地味に見えがちな黒コーデだけど、白Tシャツを重ねたりアニマル柄BAGを合わせればおしゃれなメリハリが生まれます。

CanCam2021年4月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【3】黒スカート×白スエット×レオバード柄バッグ

辛口キレイめ 安未『春だからちょっぴり甘アイテムも…♡ボリュームスカート』

ボリューム増し増しのプルオーバーに黒のロングスカートを合わせた春コーデ。派手さはないのに目に留まる着こなしは、ちょっぴりモードなシルエットと配色がカギなんです。ヒョウ柄バッグやボリュームのあるレースアップブーツで足元にもハズシを加えておしゃれっぽく♡

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【4】黒チェック柄スカート×黒トップス×白スニーカー

品よくまとまるハイカットスニーカー

ランダムなギンガムチェック柄スカートを黒ニットですっきりと着こなして。クセのない白スニーカーは、クラシカルなモノトーンコーデとも相性よし! 抜け感が生まれる「白」は、黒やロング丈スカートを軽やかに仕上げてくれる存在です。スポーティなPVCバッグで足元とのバランスも調整して。

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【5】黒チェック柄スカート×黒ブラウス×黒パンプス

彼女感のある(ワンピ)なら…ボリューム袖ブラウスにトキメキを託して♡

プリーツがたっぷり入ったオフショルブラウスは、華奢なデコルテを見せつつ気になる二の腕はかわいく隠してくれる優れもの♡ 好感度を意識したチェック柄スカートと合わせてお育ちよさげなクラシカルコーデを完成させて。

CanCam2020年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】黒スカート×白キャミソール

お出かけできるようになったら着たい♡お控えスタメン服はコレ!

シンプルな白キャミに甘すぎないギャザースカートを合わせて大人っぽく! シルエットに華があるので、着こなしはシンプルにまとめるのがポイントです♡

CanCam2020年8月号より 撮影・スタイリスト・モデル/丸林広奈 構成/山木晴菜

【7】黒チェック柄スカート×白ポロシャツ×黒バッグ

あみ的IF…♥なデート服『風になびくスカートで海までドライブしたい♥』

きちんと見える白ポロシャツ×チェックスカートの上品コーデには、G-SHOCKやリュックなど小物でギークさを盛り上げて♪ 厚底のスリッポンでミーハー感をちょい足しすればコーデがグッとこなれて洒落見えします♡

CanCam2020年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【8】黒スカート×白ロングTシャツ×グレーインナー×白スニーカー

白T×黒ロングスカートの定番モノトーンをアップデートするなら、シンプルじゃなく〝ひとクセ〟を効かせるのがポイント。ビッグフォトTシャツに透けタートルをレイヤードして、変形スカートからはダッドスニーカーをチラり。ハズしを加えてテンション高めに着こなすと見た目の鮮度がUPします♪

CanCam2020年5月号より 撮影/MELON(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/鈴木海希子 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子

【9】黒スカート×黒トップス×黒キャスケット×黒ローファー

辛口キレイめ 安未『春だからちょっぴり甘アイテムも…♡ボリュームスカート』

背中の開いたトップス、キャスケット、3連ポシェット…トレンド盛りコーデはALL黒がまとまり良し♡ 黒の重さが悪目立ちしないように、背中に抜け感を作ったりモードな小物合わせをしたり、引き算を意識するのが春の黒をおしゃれっぽく着こなすテクニックです。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【10】黒花柄スカート×ブルーニット×ベージュバッグ

なめらか背中×バックオープンニット『背中をフィーチャーするなら、今っぽくチラ見せできるバックオープンニットを。ミニマルなデザインが、自然体な色気も叶えてくれる♡』

黒地の花柄スカートは、×ブルートップスで品良くトーンアップ。バックシャンのキレイ色ニットをより素敵に目立たせるため、ボトムはマキシスカートを合わせて肌感を控えめに。足元はヒールサンダルで、あくまでもきれいめに女っぽく!

CanCam2020年9月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

トレンドのスカートでフェミニンコーデを新鮮に

2021春夏のおすすめスカートコーデをご紹介しました。ボディラインを美しく見せる「マーメイドスカート」や、エレガントな「ティアードスカート」など、今季は動きのあるスカートに注目です♡ 手持ちのシンプルトップスに合わせるだけでも、大人っぽくて旬な着こなしが楽しめます。