【2022春】人気のデザインは?【スカートコーデ24選】|素材や丈などトレンドの着こなし例

春トレンドのスカートコーデを大特集

2022春スカートコーデ

春のお出かけやオフィスカジュアルに役立つ「スカートコーデ」を大特集! 今季は素材の透け感やツヤ感、トップスとのバランスなど、新鮮なアイテム選びと着こなしが洒落見えの重要ポイント♡ タイト・フレア・ロング・膝丈スカートなど、トレンドスカートで作る春コーデをお見せします♪

この春に買っておくべきおすすめのスカートは?

この春もとびきりかわいくて着映えするスカートが続々と登場中♡ 取り入れるだけで旬のムードが漂うおすすめのスカートを紹介します。

■ボールドカラーのスカート

2022春スカートコーデ

今季どのブランドでも注目されているのが思い切りのいいボールドカラー。「ボールド=大胆な」という意味の通り、パキっとしていてインパクトのあるエナジーカラーがトレンドです。

色合わせに悩むところですが、白や黒、ブラウンなど手持ちのベーシックカラートップスに合わせるだけでおしゃれなコーデが完成します。

■クロシェ編みのスカート

2022春スカートコーデ

今っぽいボヘミアンテイストをプラスできるクロシェ編みのスカートも大注目♡ クロシェは編み目が大柄で、花柄や幾何学柄、さらには透かし模様を指すこともあります。

ボヘミアンな印象が強くなるため、レースよりも甘さが少ないのもポイント。涼しげな印象もあるので、春から夏など季節の変わり目に活躍すること間違いなし!

■ティアードスカート

2022春スカートコーデ

一枚で華やかなティアードスカートは、シンプルなトップスに合わせても手抜き感のない着こなしが即完成! 裾にかけて広がり下半身の体型カバーにもなり、らくちんなのに女らしさもばっちりです。春夏はボーダートップスに合わせる大人マリンスタイルもおすすめ♡

トレンドを押さえたスカートコーデのポイント

2022春スカートコーデ

  1. 鮮やかなボールドカラーのスカートは×定番色トップスでデイリーに
  2. カラーワントーンは濃淡をつけたり柄物を取り入れるとおしゃれ!
  3. フリルやレースなど甘めスカートはダークトーンで大人っぽく

スカートで作る春の休日カジュアル

【1】花柄スカートとシアーシャツでフェミニンな春コーデ

ニットタンク付きシアーシャツを着回し!

花柄スカートに肌見せがかわいいシアーシャツを合わせたフェミニンコーデ。カーヴィなマーメイドラインを活かしたいから、フロントをINしてバランスよく着こなして。

CanCam2022年5月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/只友謙也(LINX) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

【2】フリルスカートもオール黒ならシックな印象

動くたびにふわっと揺れるスカートをオールブラックコーデで大人めに。黒のトップスでシックにまとめたら、抜け感が作れるバーサンダルとバイカラーバッグで軽さもプラス。シルエットや肌見せを意識すると全身ブラックを女っぽく着こなせます。

CanCam2022年5月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/福寿瑠美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、田中かほ里、木谷成良、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【3】鮮度高めなブルーのワントーンコーデ

ブルーベースの洗練配色に上品ムードがアップ『ネイビー感覚で使えるロイヤルブルーは、その大人な雰囲気を活かせるシンプルデザインで取り入れるのがおすすめ! ×ベーシックカラーはもちろん、反対色のオレンジ〜イエロー系を合わせるお遊び配色も、品よくまとまります。』

大人きれいに映える、清涼感たっぷりなアイシートーンが好感度大。パフ袖で上品ムードを高めたブルーカーデを同系色のスカートで爽やかにまとめると、一目置かれるフェミニンコーデに仕上がります。抜け感や清楚さがプラスできる白小物でクリーンなアクセントも。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】重めバランスがリラクシーかつ今っぽい!

グリーンベースの今っぽ配色でプレイフルに『柄モノやトレンドディテールで、ポジティブに楽しみたい旬色グリーン!×モノトーンとのおなじみ配色も、鮮度高く仕上がります。より気分をアゲたい日は、大胆なカラーミックスでHAPPYオーラ全開に着こなすのもアリ♡』

クリーンな白スカートでフレッシュグリーンのロングシャツを引き立てた春コーデ。白はスタイリングを軽やかに見せてくれる効果もあるので、ロングシャツ&ボリュームスカートなどの〝重×重〟なバランスもエアリーに着こなせます。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】クロシェスカートをデニムシャツでおしゃれっぽく

ゆるっとリラクシーに♡ デコラスカートで一点突破!『出かけるのが楽しくなる、凝ったデザインのスカート。 トップスはあえてコンパクトにせず、程よくゆったりとした  シルエットを意識して。盛りスカートは 普段着っぽくラフに着こなすのが今っぽい!』

ロマスカートにメンズっぽい気楽さを足してくれるケミカルウォッシュのデニムジャケットがいいコンビ。フェミニンなレーススカートをメンズライクなGジャンで着くずすと洒落たニュアンスが投入できます。お茶目な刺しゅうバッグやサングラスでテンション高く仕上げると埋もれない旬のカジュアルに。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】タイトスカートはツイード素材で今どきレディに

02 春ツイードでリンク♡『品のいい着こなしが叶うツイード素材は、春も引き続きHIT! オレンジやイエローのチアフルなカラーツイードなら、女っぽさはもちろん、さりげない華やかさも狙える!』

レディなタイトスカートはカラーツイード&フリンジでグッと今どきに。ブルーのニットにオレンジのバッグ…ツイードスカートの色を拾えば、大胆なカラーミックスも簡単に着こなせます。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【7】ボールドカラーのイエローを効かせた春コーデ

YELLOW

白トップスや白ジャケットで、華やかなイエロースカートをフェミニンに。ツイードライクなニットジャケットがかっちりしている分、ボトムはとろみプリーツで軽やかにまとめるのが好バランス。一見コンサバなコーデでもキャッチーに仕上がるのはスカートやバッグに旬色を取り入れてるおかげです。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属)構成/岩附永子

【8】BIGシャツはタイトスカートでバランスよく♡

YELLOW

ブラウンのクロシェスカートでこなれ感のある女っぽさを演出。ラフに合わせた定番の白シャツはイエローのリブニットタンクとのレイヤードで旬をひと盛り。仕上げに白バッグで抜け感を作るとリラクシーで女っぽい理想のフェミニンカジュアルが完成します。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜 モデル/菜波(本誌専属)構成/岩附永子

【9】ポジティブオーラがまとえる鮮やかコーデ

ORANGE

オレンジスカート×慣れ親しんだボーダートップスでビビッドなワントーンコーデに挑戦。サテンスカートが主役の華やかコーデは、色がもつポジティブオーラが印象的です。ジャケットやスクエアバッグなど、かっちりしたアイテムも上品で◎。

CanCam2022年4月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【10】シンプルな合わせに映えるティアードスカート

3 クロシェニット×ボリュームスカート『〝シルエット〟で優しく』

ゆるっと着映えるスカートでマイルドな女っぽさをアピール! 主役感のあるティアードスカートは、あえてメリハリをつけないまろやかシルエットでこなれ感のある着こなしに。ほんのり肌が透けるクロシェニットなら、ヘルシーな色気も漂います。

CanCam2022年4月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【11】主役イエローを白やベージュで馴染ませる

ブルベさんがたまごイエローを着るなら…『攻略01 顔から離して、ボトムで取り入れるのが簡単!』

華やかなイエローのレーススカートは、ニュートラルカラーの白やベージュでまろやかにまとめるのが洒落見えポイント。ゆるっとしたスエットを合わせてモードカジュアルに振ると主役感のあるスカートがデイリーに着回せます。バッグは白、ブーツはベージュで軽やかに。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属)構成/浜田麻衣

【12】フリルボーダーを引き立てるネイビースカート

ブルベさんに似合う春イエローは…清涼感たっぷりのレモンライム

ボリューミィなスカートには、ぴたっとコンパクトなニットを合わせて大人かわいいシルエットをつくるのがおすすめ。爽やかなライムイエローの清楚ニットは、ボーダー&フリル襟で甘さを盛って華やかに。仕上げは大ぶりのシルバーピアスでさらに顔映りよく仕上げましょう。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【13】チェック柄スカートを合わせるワントーンコーデ

Keyword1 カラーワントーン

トレンドのグリーンは全身で取り入れるのも上級者っぽく見せるコツ。グリーン系のチェックスカートにくすみグリーンのアンサンブルをなじませれば今どき感が添えられます。チェック柄やニットの素材感でメリハリをつけて、同系色特有ののっぺり見えも回避。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

きれいめで大人っぽい♡春のスカートコーデ

【1】きれいめスカートをかごバッグでカジュアルに

きれいめなクロシェニットスカートにゆる感が今っぽいシャツをレイヤード。太めのベルトで高めの腰位置をマークしたら今どきシルエットも着痩せも両得! おしゃれにカジュアルダウンできるかごバッグもポイントです。

CanCam2022年5月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/福寿瑠美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、田中かほ里、木谷成良、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【2】短めトップス×ロングスカートで美スタイルに

RULE1 クロップド初心者はブラウスなら間違いない♡『着慣れたブラウスなら、流行りのクロップド丈も手が出しやすい♡ いつものブラウススタイルも短丈にするだけで、即スタイルよく見える新鮮バランスに!』

大人っぽいラップ風タイトスカートにクロップドブラウスを合わせた洗練コーデ。人気のクロップドトップスは、ほんのり肌見せでシャープに振るのがポイント。黒のミュールやかごバッグで小物もシンプルに合わせるとおしゃれっぽくに仕上がります。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【3】ミニスカートはベージュトーンでまとめて大人っぽく

ベージュトーンでまとめたらミニスカートでも大人見え。流行りのジャケットセットアップならミニスカも大人っぽく着られます。インナーは同系色のロゴTシャツでこなれ感をプラス。

CanCam2022年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/小松胡桃(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石村真由子

【4】ネイビージャケット×白スカートの爽やかコーデ

クラシカルな王道ジャケット紺ブレザー『知的で、好感度も抜群! タイムレスな魅力を放つ紺ブレザーは、はおるだけでコーディネートを品よく引き立ててくれる! 王道のダブル&金ボタンをセレクトして、ちょいガーリーに着くずすのが気分♡』

白スカート×ネイビージャケット、そこにグリーンボーダーを加えた爽やか配色でパリシックに♡ ブレザーの真面目さをいい具合に着くずしてくれる、ランダムティアードのフレアスカートで女のコらしいシルエットを満喫。ストール感覚で巻いたボーダーカットソーや小粋なポシェットでフレンチムードをプラスするのもおしゃれです。

CanCam2022年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【5】トレンドのジレとマーメイドスカートで上品きれいに

シンプル服にキレをプラス!モード顔ジレで一点突破!『いつものコーデにプラスするだけで   おしゃれ感度を底上げしてくれるジレ。直線的なシルエットのおかげで、  スタイルアップも叶えてくれる優れもの♪   ドラマティックなロング丈も、軽快なショート丈も、今季は豊富に登場!』

マーメイドラインとマキシ丈ジレの相乗効果で、ほっそり見えの効果が倍増♡ スカートとジレの丈感をそろえるとコーデがしっくりまとまります。サテンスカートの光沢感も華やかなアクセントに。小物も黒やベージュでまとめるのが◎。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】王道フェミニンはデニムトップスで今っぽく!

パリっぽムードでレディに 変化球デニムで一点突破!『ふんわりした袖やフィット&フレアのワンピなど、    この春はフェミニンなデニムがトレンドin。  クラシカルなバッグや女らしい靴で品よく 味付けて、パリジェンヌみたいな気分で着こなして。』

マーメイドスカート×ふんわりブラウスの〝THE〟なフェミニンスタイルも、デニム素材のトップスならどこか新鮮。ほんのりラフさも加わるから、親しみのある雰囲気もまとえます。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/YUMBOW(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】花柄スカートは×ジャケットできちんと感を

No.5 リネンジャケット×マーメイドスカート

気負わず羽織れるリネンジャケットで花柄スカートをおしゃれっぽく投入。ガーリーな花柄も×ジャケットだと大人顔に仕上がります。仕上げは締め色のくすみブルーやロゴ入りトートをアクセントに全体の淡い印象を引き締め。主張のない白のローテクスニーカーでフェミニンコーデにこなれ感も。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【8】ニュアンシーな配色でスカートコーデを旬顔に

No.5 リネンジャケット×マーメイドスカート

ベージュベースのニュアンス配色ならスカート×ジャケットコーデも女らしくて◎。マニッシュなダブルのジャケットと、動くたびに裾が美しく揺れるスカートのギャップもおしゃれです。すっきりIラインのスカートには少し長めのジャケットが好相性。

CanCam2022年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【9】シンプルな着こなしにニットバッグで変化球を

ベルト付きこなれタイトを骨格タイプ別に冬→春着回し『NATURAL』

女っぽいタイトスカートにはメンズライクな要素をミックスするのが推し! ポロニットなどちょいマニッシュなトップスを合わせて引き算をすると、今年っぽいラフなムードに仕上がります。配色が落ち着いているワンツーコーデはカラフル小物で遊びを取り入れるのも◎。

CanCam2022年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【10】美人見えが叶うマーメイドスカートコーデ

02 透けないブラウスには防寒インナーを仕込む!『とろみブラウス×シームレスインナー』

マーメイドスカートの女っぽシルエットとベージュワントーンで、ほんのり色っぽい着こなしが完成。360°どこから見てもおしゃれなバックリボンのブラウスで、カウンター映えも確実です。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【11】ジャケットをジレに変えて今年顔なスカートコーデに

Keyword6 ジレ×スカート

ジャケットを合わせがちなコーデも、ジレに替えるだけでフレッシュ顔に。春らしい透けニットとも相性がいいので、季節の変わり目にもおすすめです。異素材をレイヤードすることでコーデに奥行きも生まれてトレンド感もアップします。

CanCam2022年3月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、金 世娜 構成/鶴見知香

トレンドのスカートで春コーデを楽しんで♡

2022春のおすすめスカートコーデをご紹介しました。ボディラインを美しく見せる「マーメイドスカート」や、エレガントな「ティアードスカート」など、今季は動きのあるスカートに注目です♡ また、鮮やかな「ボールドカラー」のスカートもトレンド。手持ちのシンプルトップスに合わせるだけで大人っぽくて旬な着こなしが楽しめます。