最注目カラー「茶色」を選ぶ!スカートのおすすめ冬コーデ8選

ブラウン人気が加速!茶スカートの着こなし

人気ブランドがこぞって発表している茶色(ブラウン)アイテム! 今季マストの茶色のロングスカート・ミニスカートを投入したトレンドの冬コーデを紹介します♡

【目次】
茶色のロングスカート 冬コーデ
茶色のミニスカート 冬コーデ

茶色のロングスカート 冬コーデ


【1】トレンド色No.1!旬ブラウン系ニットはフェミニンに振り切って

デイリーニット3[旬ブラウン系ニット]トレンド色No.1!旬ブラウン系ニットはフェミニンorスパイシーに振り切る!流行っているがゆえに人と差をつけづらいブラウン系ニット。色×テイストの着こなしルールを理解すれば一歩リードできる!『FEMININE ONE -TONEミルクティーみたいに優しいベージュグラデーション♥』

流行っているがゆえに人と差をつけづらいブラウン系ニット。色×テイストの着こなしルールを理解すれば一歩リードできる!『FEMININE ONE -TONEミルクティーみたいに優しいベージュグラデーション♥』

流行っているがゆえに、人と差をつけたいブラウン系のニット。大胆な花柄スカートを主役に、ミルクティーみたいにやさしいベージュグラデを楽しんで♡ 小物も茶系で統一すれば、まろやかブラウンならではのやわらかい表情が手に入ります。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ベージュからブラウンへの段階別グラデーションがシャレ見え♥

デイリーニット3[旬ブラウン系ニット]トレンド色No.1!旬ブラウン系ニットはフェミニンorスパイシーに振り切る!流行っているがゆえに人と差をつけづらいブラウン系ニット。色×テイストの着こなしルールを理解すれば一歩リードできる!『FEMININE ONE -TONEミルクティーみたいに優しいベージュグラデーション♥』

あっさりベージュからこっくりブラウンへのまろやかグラデ。ぼやけないポイントは、シャープなスクエアバッグとポインテッドトウパンプスで、印象も色味も締めたこと。上品で今っぽいベージュ系の濃淡コーデは、おしゃれシーンに一段と映えます。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】洋服だと敬遠しがちなレオパード柄を小物でIN!

Trend02 レオパード柄 は×ブラウンコーデが旬!『おしゃれな人から取り入れているのが、レオパード柄。洋服で着こなすのが難しいからこそ、小物でインして。流行のブラウンコーデになじませてこなれ見え!』

ボリュームスカートからチラリと覗く足元に、旬のレオパード柄でさりげないアクセントを。アニマル柄の辛さをバレエシューズの甘さで緩和した一足は、トレンドのブラウン系コーデにもぴったりです。重くなりがちな冬コーデの足元に、派手柄と抜け感をプラスしてこなれた印象に仕上げましょ!

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】BIGニット×ロングスカートのゆるっと感が今どきかわいい

上品きれい 茜の12月のリアルSTYLE 7

ロング丈の柄スカートにオーバーサイズのコートをはおって、今どきのゆるシルエットをメイク! キャッチーなファーBAGを合わせて感度の高さをアピールすれば、一目置かれるシャレ見えコーデの完成です♪ きれい色の大人ピンクと美人なパンプスを合わせたことで、女子会も出会いのシーンもマルチに対応♡ 黒フーディやざっくり系のロングカーデを合わせてみたり、着回しができる柄スカートは春まで使える万能選手。女らしさも今っぽさも手に入るので、ワードローブに加えておきたい一枚です。

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店、レモネードbyレモニカ渋谷ストリーム店、ミーガン バー&パテ ィスリー 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【5】カラーニット×上品スカートの可愛いコーデ

カラーニット×上品スカートの可愛いコーデ

一気に冬の気配を感じる日は、これからの時期役立つ厚手ニットが活躍。挑戦しづらいカラーニットも、落ち着いたブルーならボトムを選ばず1枚でサマになります♪ コーデをより華やかに見せてくれるのは、絶妙なミモレ丈と上品に揺れるシルエットが魅力のフレアスカート。フロントにデザインされたボタンが、ちょっぴりレトロな雰囲気を演出します。スタッズがあしらわれた辛口のバッグは、深みのあるブルーと相性のいいグリーンを選んでアクセントを。朝晩の冷え込みも考慮して、機能性インナーをプラスするなど寒さ対策はしっかりと!

★【今日のコーデ】グレンチェックストールとカラーニットの大人かわいいコーデ

【6】ショート丈ダッフルで魅せる大人ガーリーstyle

ショート丈ダッフルで魅せる大人ガーリーstyle

かわいい第一印象を約束する、女の子らしさ満点のダッフルコートがコーデの主役。Tシャツとロングスカートを合わせたラフだけど女の子らしい着こなしは、ダッフルともよく合います! 足元はスニーカーを合わせて、甘口コートをラフ&ヘルシーに♪

CanCam2017年12月号より 撮影/須江隆二(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 VD/菅 博子 構成/新城真紀

茶色のミニスカート 冬コーデ


【1】ダッフル×レトロミニでロマンティックな甘さをまとって

AYAMI'S STYLE 王道かわいい あやみAYAMI'S COAT KEYWORD 「ロマンティックな甘さをまとう」かわいいものが大好きなあやみ。冬のおしゃれのメインとなるコートこそ、ふわふわな素材ややわらかカラーで、とことん女の子らしく、SWEETに着こなすのがルール。『DUFFLE COATSelect Pointスイーツみたいなやわらかカラーで甘さを加えてカジュアルすぎない大人なロング丈を指名!ファーやフードが取り外せる2WAYタイプが使える』

温もりと上品さが漂う、まろやかなアイボリーダッフルにキュン♡ 上質なウール混生地と、首元までしっかり防寒できるボタン付きスタンドカラーで暖かさもバッチリです。明るい白ニットと、大粒ビジューがアクセントになったブラウンのミニスカを合わせれば、感度高めなグラデーションコーデが完成します。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【2】スモーキーグレー×レンガ色でこなれたドライカラーstyleに♡

CHECK COAT ITEM No.005 韓国っぽい「ショート丈ダウン」でシルエットに遊びを加える『ダウンが大豊作な今シーズン。ボリュームフォルムやきれい色など、着映えする冒険デザインにトライを。ストリートスタイルにほんのりモードっぽさをMIXさせた韓国テイストに振ると、今の気分にますますフィット♡』

トレンドのショート丈ダウンの下に、レンガ色のミニスカートとボーダーカットソーを合わせた女っぽカジュアル。コンパクトなすっきりシルエットにまとめているので、ボリューム感のあるジャケットとのバランスも絶妙です。冬らしいドライカラーやチェーンバッグなど、ラフなコーデを大人っぽく魅せるこだわりも随所に。ジャケットは、背抜き風のちょっぴりルーズな着こなしで、進化したアスレジャーコーデを楽しんで♡

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶