ニットパンツの冬コーデ10選|レイヤードにおすすめ♡きれいめ&おしゃれっぽいトレンドの着こなし

ニットパンツの冬コーデをピックアップ

リラックスムードの日はブラウン系パンツ

暖かくて履き心地がリラクシーなニットパンツは冬ならではの最旬アイテム。パンツスタイルのカジュアルさが上品&おしゃれっぽくプラスできるので、冬のコーデにぴったりです。ロングシャツやニットトップスに合わせる、暖かくて今っぽい冬コーデをご紹介します。

冬ならでは♡ニットパンツはどう合わせる?

安未ゆるパンでエフォートレスなおしゃれを♡

カジュアルになりすぎずきれいめに仕上がるニットパンツは冬コーデにマスト! シンプルなパンツ代わりにコーディネートするだけで、いつものワンツーコーデがより今っぽく見えるんです。定番のロング丈シャツやニットと合わせると、こなれ感のある都会的でおしゃれな着こなしに。足元はパンプスを選ぶと女性らしさがアップします♡

  1. ニット素材のパンツを合わせるときれいめでおしゃれっぽい印象に
  2. ロングシャツやロングニット、ワンピースのボトムに好相性
  3. ニットトップス×ニットパンツで優しい印象のコーデに
  4. 足元をパンプスにすると女性らしさがよりアップ

★ニットパンツは大人なファッションにおすすめ


この冬おすすめのニットパンツコーデ

【1】ブラウンニットパンツ×ブラウンニット

リラックスムードの日はブラウン系パンツ

着膨れが心配なモヘア素材のBIGニットは、細身のニットパンツをすっきり合わせてフェミニンなバランスに。楽チンコーデに頼る日は、鎖骨がきれいに見えるV開きニットをチョイスすると女っぽさもキープできるのでおすすめです♡

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】白ニットパンツ×黒コート×オレンジTシャツ

安未ゆるパンでエフォートレスなおしゃれを♡

厚手のニットパンツにロゴTシャツを合わせたリラクシーコーデ。アウターはきちんと見えする黒のテーラードコートを羽織ることで、カジュアル感が程よく中和されて今っぽい着こなしに。差し色のオレンジバッグとチェックマフラーでコーデ全体にメリハリをつけるのがポイントです♡

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白ニットパンツ×ベージュワンピース×黒ニットタートルネック

安未ゆるパンでエフォートレスなおしゃれを♡

黒タートル×キャミワンピの鉄板コーデに、旬のニットパンツをINして足元重めなレイヤードに。裾からのぞくニットパンツがコーデにおしゃれなリズムを生むんです。白なら重く見えず軽やかに決まるのも◎。カジュアルなのに女の子らしくて、今っぽさもある欲張りコーデが完成します♡

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】チェック柄ニットパンツ×ラベンダーニット×ベージュバッグ

安未ゆるパンでエフォートレスなおしゃれを♡

パープルのゆるニットにチェックのニットパンツを合わせた今っぽコーデ。ニットONニットの優しい雰囲気は、ONにもOFFにもおすすめです。ガーリーで落ち着きのあるウィンドウペーンチェックは、カラートップスを合わせて華やかさをプラスするのがポイント。ぴたっとしているニットパンツの腰回りをカムフラージュしてくれる長めの丈が正解です♡ 

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ブラウンニットパンツ×ベージュニット×白ブラウス

安未ゆるパンでエフォートレスなおしゃれを♡

ベージュのBIGニットにロマブラウスをINしたレイヤードスタイルは、×ブラウンのフレアニットパンツでモードにシフト。茶系でつないでバランスよく着こなせばコーデのまとまりも◎。トレンドの重ね着と大胆なフレアニットパンツが洒落っ気たっぷりの仕上がりです。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ブラウンニットパンツ×ベージュシャツ×ベージュタートルネック

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

CPOジャケット×リブニットパンツのトレンドコーデ。全体を上品なマロンチョコ配色でまとめれば、メンズっぽさのあるCPOシャツは女らしく、リラクシーなニットパンツはキレイめにシフトします♡

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ブラウンニットパンツ×白ロングシャツ×ベージュカーディガン

No/01黒タートル 『ひとり1枚は持っている定番の黒タートル!リブ入りのぴたっとコンパクトなフォルムは、きれいめからカジュアルまで、様々なテイストに対応。どんなシャツとも好相性で着こなしの幅が広がります!』

シンプルな黒タートルもトレンドのロングシャツを重ねて洒落感UP!ボトムはニットパンツをプラスして、徹底的に今っぽさを意識したシルエットに♡ さらにベージュのニットをラフに肩掛けすると、コーデ全体がぐっとおしゃれに仕上がります。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【8】黒ニットパンツ×オレンジニット×白インナー

冬のキレイ色アイテムと合わせて、モノトーンをとことん楽しむ!『ついつい欲しくなるキレイ色アイテム。どんな色も受け入れてくれる万能なモノトーンコーデに投入すれば、テクニックいらずで即おしゃれ上級者見え♡』

ニュアンシーなオレンジのニットは×黒パンツで潔く♡ ヘルシーで元気な印象のオレンジをシンプルな黒ニットパンツでモードに引き締めつつ、インナーのTシャツやブーツに白を挟んでコーデにリズムを。秋らしいのにすっきり見えるニットコーデが完成します。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】白ニットパンツ×白ロングシャツ×ベレー帽×チェック柄ジャケット

MONOTONE2 白ならほっこりしすぎず、キレイめに 冬素材の白パンツ『重くなりがちな冬コーデを軽快に!コーデュロイやニットなど、ゆるっとはける カジュアル素材でトレンド感も狙って!』

冬こそ楽しみたいALLホワイトコーデは、シャツ×ニットパンツの異素材を組み合わせてメリハリをつけるのがコツ。手にしたチェックジャケットもコーデを締める重要な役目があるんです♡ ずるっと長い旬シルエットでこなれ感も手に入れて。

CanCam2019年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】ピンクニットパンツセットアップ×Gジャン×ベージュパンプス

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

ボディラインが気になるニットワンピは、ボトムとのレイヤードで縦シルエットを強調。同色でまとめると、リラックス感よりきちんと感がUPしてお出かけコーデが即完成。パンツの裾にも深めのスリットが入っているので、おしゃれっぽい抜け感もGETできます。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

★ニットパンツ×ロングニットでおしゃれに暖かく♡


上品なパンツスタイルにはニットパンツが使える!

おしゃれで暖かいニットパンツの冬コーデをご紹介しました。上品でおしゃれっぽいニットパンツは、ラフなコーデをきれいめに仕上げてくれます。ロング丈のニットやシャツと合わせると、コーデが今っぽく見えておすすめです♡