着回しやすくて洒落感あり♡ブラウンジャケットの冬コーデ11選|2021レディースのおすすめ

ブラウンジャケットの冬コーデを特集

楓がやっぱり好きな冬アイテム

優しい色味でおしゃれっぽさもあるブラウンのジャケットコーデをピックアップ! 華やかなファージャケットや旬のシャツジャケットなど、休日のおすすめコーデのほか、オフィスカジュアルにぴったりのブラウンジャケットコーデを紹介します。

冬のブラウンジャケットコーデのポイント

冬コーデに欠かせないブラウンをジャケットで取り入れるときは、どんなインナーや色合わせが正解?ブラウンのジャケットに黒やネイビーなどのダークカラーを合わせるときは、インナーや小物に「白」を取り入れると着こなしに軽さが生まれます。オーバーサイズ感が今っぽいシャツジャケットは、シンプルコーデに羽織るのがおすすめ。いつものファッションに合わせるだけで印象がぐっと新鮮に仕上がります。オフィスコーデにブラウンジャケットを着るなら、白やベージュ、ピンクなどの優しい配色でトーンを合わせると上品な着こなしが完成します。

  1. 黒などダークトーンでまとめるときは白インナーや小物で軽さを出して
  2. シャツジャケットはオーバーサイズ感が今っぽくておしゃれ
  3. オフィスコーデはトーンを合わせてきちんと感を演出

大人カジュアルなブラウンジャケットの冬コーデ

【1】ブラウンファージャケット×白ワンピース×黒タートルネック×デニムパンツ

好感度シンプル・トラちゃんはこの3アイテムで仕事運UP

シャツワンピの下にタートルニット&デニムをレイヤード。ベルトでウエストを強調したりヒール靴を合わせればスタイルアップ対策もばっちり! エコファーコートならおしゃれも防寒も叶います♡

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【2】ブラウンシャツジャケット×白タートルネック×ネイビースカート

トレンドのエコレザー×大きめのシャツジャケットを着るときは、インナーを白タートルにしてすっきりまとめるのがおすすめ。タイトなミニスカとふわふわのファーBAGで、ミーハーかわいい冬コーデのできあがり。白ブーツで作る抜けもBIGシルエットのアウターやダークなブラウンをバランスよく着こなすコツ♡

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【3】ブラウンファージャケット×ドット柄ワンピース×黒ブーツ

シックで大人な甘さを醸すモノトーン×花柄のワンピには、ブラウンのエコファーアウターをはおって華やかさをプラス。ふっくらとした厚みのあるエコファーならリッチな温かみも演出できます♡ くすみグリーンのBAGを差し色に、落ち着いた配色にほんのり春の息吹を注入して。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【4】ブラウンジャケット×グレーワンピース×グレースカート×黒ブーツ

1枚でも、はおりでも活躍 ばさっと系ビッグシャツなら気負わずおしゃれ♡

グレーのシャツワンピを軸に、ロングスカートとジャケットで旬の重ね着コーデ。レイヤードするスカートは、ワンピのリネンと差がつくとろみ素材をセレクトして素材感で奥行きを出すのがおすすめ。ブーツで加える引き締め効果も洒落見えポイントです。

CanCam2021年1月号より 撮影/今城 純 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【5】ブラウンジャケットセットアップ×チェック柄シャツ×ブラウンブーツ

引き続き人気のコーデュロイは、ジャケット×スカートのセットアップで取り入れてトレンド感UP。やわらかな女性らしさと洒落感を両立するキャメルブラウンなら着回し力もバツグンです。チェックシャツやロングブーツを合わせて、ブリティッシュガールな雰囲気に着こなして♡

CanCam2021年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/田中絵理子

【6】ブラウンレザージャケット×白Tシャツ×ショートパンツ×黒ロングブーツ

楓がやっぱり好きな冬アイテム

ビッグシルエットのレザーシャツとロングブーツを合わせる、ちょっぴりハードでヘルシーな肌見せが今っぽい♡ 黒ブーツで露出をおさえると、冬のショーパンもデイリーに投入できます。インナーは白Tシャツを合わせてかっちりキメすぎないのがポイント!

CanCam2020年12月号より 撮影/野口マサヒロ スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

【7】ブラウンファージャケット×花柄ワンピース

ファーコートはショート丈を選んでカジュアルかわいく着るのがGood!『ファーコートは面積少なめのショート丈を選んでゴージャス感を回避!いつものカジュアルコーデにさらりとはおるだけで、リッチに格上げしてくれる♡』

フェミニンな小花柄ワンピに合わせて、アウターも小物もクラシカルムードたっぷりにコーディネート♡ オーバーサイズのファーコートは、コンパクトよりゆるシルエットを選ぶのが古臭く見えないポイント。ヴィンテージ感のあるブラウンなら派手さよりおしゃれっぽさが引き立ちます。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ブラウンジャケットセットアップ×ブラウンブーツ×白バッグ

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

ブラウンのツイードジャケットに同素材のスカートを合わせて程クラシカルに♡ ミニ×ブーツって、永遠に鉄板でかわいい組み合わせ♡ 厚手のツイード素材に、水色・オレンジのカラー糸が立体的に織り込まれているから、落ち着いたブラウンも華やかに着こなせます。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/佐藤彩花

ビジネスシーンにおすすめのブラウンジャケットの着こなし

【1】ブラウンジャケット×ベージュニット×ラベンダースカート

ほぼベージュパンプスなグレージュスニーカーで女っぽくまろやかに!『スニーカー擬態チャレンジは、シックな色からはじめてみて。全体の印象はベージュパンプスとほぼ変わらないどころか、スニーカーならではのラフさが加味されてよりおしゃれになれる!』

ベージュやくすみパープルでまとめたワントーンコーデは、春を先取りできるおすすめ配色。透け感のあるレーススカートなどフェミニン要素の強いアイテムには、軽快なスニーカー合わせも新鮮です。足首がちらっと見えるスカートのときは、なじみのいいベージュカラーがイチ推し♡ 淡色をまろやかに引き締めるブラウンのジャケットもコーデの完成度を高めてくれます。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】ブラウンジャケット×白ブラウス×ピンクスカート

STYLEMIXER『大人モードでON⇔OFF着られる!』

技ありスカートで地味になりがちな通勤スタイルもあか抜けた印象に。顔映りのいい白ブラウスやブラウンのジャケットなどグラデーションぽくまとめたニュアンス配色は第一印象もGOODです♡ 小物はブラウンで統一して品も大人っぽさも完璧に。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】ブラウンチェック柄ジャケット×オレンジニット×白スカート

ヴィンテージ風小物でまちゅレトロ♡

ブラウンチェックのテーラードジャケットは、着るだけでコンサバ感がプラスできる上品アイテム。印象が落ち着きすぎないように、インナーにオレンジのタートルネックを合わせるとフレッシュに着こなせます。ボトムは白スカートですっきりまとめてきれいなお姉さん風に。ベルトのウエストマークやレースアップブーツで加えるアクセントも今年っぽい!

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

オンオフ着られるブラウンジャケット

シーンレスに着られるブラウンジャケットの冬コーデをご紹介しました。ブラウンのジャケットは、ダークカラーともベージュやホワイトなどのワントーンコーデも相性抜群! ボリューミーなファージャケットにすっきりラインのロングワンピースを合わせて華やかに着こなしたり、オーバーサイズのシャツジャケットにショートボトムを合わせるなど、丈感のバランスをとるのもおしゃれコーデのポイントです。