彼氏の親に挨拶|紹介したくなる彼女の特徴や好感度を上げる手土産・服装って?

彼氏の親に挨拶|紹介したくなる彼女の特徴や好感度UPな手土産・服装

⒞shutterstock

彼のご両親への挨拶は、誰しもが緊張するもの。特に初めて会うときなんて、どんな服装をしたらいいか、手土産はいくらくらいのものを買えばいいのか…と頭がいっぱいになってしまいますよね。そこで今回は、彼の両親からの好感度がアップする挨拶時の服装や、喜ばれる手土産を集めてきました♡ 家族に紹介したくなる彼女の特徴も一緒にチェックしていきましょう!

彼氏が親に紹介したくなる女性って?

⒞shutterstock

親に紹介するということは、彼にとってかなり大切な存在であるということに違いないですよね。年齢によっては、結婚を見据えたお付き合いということも。親に紹介したくなるような女性になるにはどうしたらいいのか・・・男性の本音を聞いてきました。

 

彼氏が親に紹介したくなる女性①TPOにあった服装や気配りができる

彼が両親や友人に自信を持って紹介できるような女性は、TPOにあった服装や気配り、立ち振る舞いが身についている人。出掛ける場所や会う相手によって服装や態度などを柔軟に対応できるようになれば、きっと彼も自分の友達などに紹介しやすくなりますよ♪

 

彼氏が親に紹介したくなる女性②小さな言葉を忘れない

小さなことでも「ありがとう」の一言を忘れず、間違ったことをしたら「ごめんなさい」がきちんと言えること。これは男女問わず人として必要なことですが、大人になると忘れてしまいがち。そんな小さな言葉を忘れずに言える女性に、男性は好感を持ち、将来も考えるようになるんだとか♡

 

彼氏が親に紹介したくなる女性③いつでも明るく笑顔

そして最終的に愛される女子に共通することが、笑顔が素敵なこと! 落ち込んでいても、笑顔の女性と一緒にいるだけで自然と明るい気持ちになれそうですよね。基本的なことになりますが、どんなときでも明るい笑顔で彼を包み込んであげられる女性に、男性は安心感を覚えるようです。

 


結婚する彼氏の親に挨拶した時期は?

⒞shutterstock

結婚が決まったら、改めて彼氏の親に挨拶に行くと思います。ただ、どのタイミングで行くべきなのか迷ってしまうこともありますよね。そこで実際に結婚相手を親に紹介したタイミングを、既婚男女に調査してきました! これから挨拶に行く方は参考にしてみてくださいね。

 

Q:両親に結婚相手をはじめて紹介したのはいつですか?

【男性】

1位:結婚の「1年」くらい前…24.0%
2位:結婚の「6か月」くらい前…20.8%
3位:結婚の「3か月」くらい前…18.8%

【女性】

1位:結婚の「1年」くらい前…21.3%
2位:結婚の「6か月」くらい前…20.0%
3位:結婚の「3か月」くらい前…18.1%

 

まず、結婚相手をはじめて紹介したタイミングを男女に調査したところ、男女ともに「1年くらい前」という回答が1番多く集まりました。結納や結婚式などのことを考えると、最半年~1年はあった方が安心ですね!

 

結婚相手としてお相手を紹介したタイミングはどの時期ですか?

【男性】

1位:GW休暇…17.2%
2位:夏期休業…15.2%
3位:わからない…14.6%

 

【女性】

1位:夏期休業…15.2%
1位:2~3月…15.2%
3位:わからない…13.9%

 

続いて、結婚相手としてお相手を紹介したタイミングは一年のどの時期なのか聞いたところ、男性はGW休暇、女性は夏期休業が多いことが判明! いずれにしても長めのお休みが取れるタイミングで挨拶に行く傾向だとわかりました。長いお休みが取れるタイミングなら、自分たちの気持ちにも余裕が出そうですよね!

 


彼氏の親に挨拶するとき気を付けたこと

⒞shutterstock

両親に挨拶したタイミングや結婚の挨拶に行った時期がわかったところで、実際に挨拶に行った際気を付けたことを聞いてきました。経験者の声は、かなり参考になるはず!

 

彼氏の親に挨拶するとき気を付けたこと①ふさわしい服装

気を付けたこととして特に多かった回答が「挨拶にふさわしい服装をする」ということ。どんな服装をするか迷ってしまう女性はかなり多いと思います。両親に紹介したくなる女性の特徴として「TPOに合った服装や振る舞いができる」とありましたが、こちらでもそれが生きてきます! 挨拶時は無難にワンピースや女子アナ系など、いわゆる清楚系ファッションを意識すると失敗がなさそう。

 

彼氏の親に挨拶するとき気を付けたこと②両親への挨拶の言葉

いざ挨拶するとなると、緊張して言葉が出なくなってしまうことも。そうならないために、事前に「気持ちの表現」を自分なりの言葉で考えておく人も多いそう。そんなに堅くなる必要はありませんが、言葉選びはかなり重要ですし熱意が伝わるポイントでもありますよね!

 


彼氏の親への挨拶へ行く際の手土産ってどうする?

⒞shutterstock

さて、両親への挨拶で服装と同じくらい迷うポイントが「手土産」なのではないでしょうか? こちらでは実際に持っていった手土産をエピソードとともにご紹介します!

 

彼氏の親へ挨拶に行くときの成功手土産①自分の出身地の特産品

  • 「自分の出身地の特産品にしました。フルーツにしたのですが、箱に入っているちょっとお高めのもにしたのですごく喜ばれました。また出身地の話もできて場も和みました」(女性・27歳)
  • 「地元で有名なお漬物屋さんのお漬物セットを選びました。お相手は親子3世代住んでいる家だったので、ご飯に合うもの、足しになるものは嬉しいと言っていました」(女性・29歳)

 

もしあなたの出身地や家の近くに美味しい特産品があるなら、それをチョイスするのはとてもおすすめ。ふるさとを大切にしている人に悪い印象は持ちませんし、話も弾みますよね♡

 

彼氏の親へ挨拶に行くときの成功手土産②コーヒーや紅茶

  • 「お酒を飲まないと聞いていたので、コーヒーを手土産に選びました。今思うと、コーヒーに合うチョコレートなんかも添えたらよかったかなぁと思います」(女性・25歳)

 

両親の好きなもの、苦手なもののリサーチは必須! コーヒーや紅茶に軽いお菓子を添えるのもいいアイディアですね♡ もし渡したお菓子を出してもらったら、遠慮せずいただくのがマナーですよ!

 

彼氏の親へ挨拶に行くときの成功手土産③ペットの分も忘れずに!

  • 「ご両親には普通にお菓子を用意したのですが、飼っているワンちゃんにも忘れずに犬用クッキーを買って行ったら喜んでもらえました」(女性・30歳)

 

ペットはもう家族同然。とはいえ両親への挨拶でペットのお菓子まで持っていくとは驚き! かなり気が利く子だと両親からの印象がよくなりそうですよね♡

 

彼氏の親へ挨拶に行くときの成功手土産④マフラー

  • 「寒い時期にお伺いしたので、ご両親で色違いのマフラーを贈りました。とても気に入ってくれて、今でも会うとしてくれています」(女性・26歳)

 

手土産というとどうしてもお菓子のというイメージがありますが、両親側でもちょっとしたお菓子を用意してくれている可能性も。もう何度か会っている間柄なら、季節柄使えるマフラーや健康を考えたマッサージ機など使えるアイテムを持って行くのもアリかもしれませんね!

 


【まとめ】

⒞shutterstock

彼の両親への挨拶は緊張して当たり前。それが両親に伝わっても大丈夫です。これから家族になり長い付き合いになるんですから、最低限のマナーは守りつつ、自分らしく振る舞うことが大切ですよ! 手土産を選ぶ際は、両親のことを考えるのはもちろん、ペットの分まで持っていくと印象がアップしそう♡