締め色でバランスよく♡おすすめ黒コーデ18選|ワンピース・フーディ・デニム

「黒」が決め手の冬コーデをピックアップ!

クールでモードな黒アイテムは、冬の締め色としても大活躍。スタイルアップ効果もあるので、冬コーデに取り入れない手はありません! オールブラックのかっこいい着こなしや、一年中お役立ちの黒スキニーを合わせるコーデなど、今すぐマネしたいオススメの黒コーデを紹介します♡

【目次】
冬に着たい上下黒コーデ
黒スキニー冬コーデ

冬に着たい上下黒コーデ


【1】黒チェック柄シャツ×黒スカート

ボーイッシュなフーディで甘い花柄をおしゃれっぽく♡

チェックのほっこり感を払拭する、切れ味のいいオールブラックコーデ。シャツ×ベルトマークで作る女性らしいメリハリで、ニュートラルな色気を香らせて。上品なタートルのレイヤードやプリーツスカート合わせで大人かわいい仕上がりに。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】黒タートルネックニット×黒パンツ×チェック柄ジャケット

ボーイッシュなフーディで甘い花柄をおしゃれっぽく♡

黒タートル×黒パンツの大人ブラックに、メンズライクなチェックジャケットをプラス。肩にはおったジャケットが媚びない女っぽさを引き立てます。

CanCam2020年2月号より 撮影/神戸健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/小嶋明恵、田中涼子

【3】黒ワンピース×ピンクボアコート

ボーイッシュなフーディで甘い花柄をおしゃれっぽく♡

ウエストがきゅっと絞れるドロストデザインのボアコートなら、着るだけでスタイルUPをお約束。まとまりのあるワントーンはインナーを濃色にするとさらに引き締め効果が期待できます。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】黒タートルネックニット×黒ニットスカート×白ダウンジャケット

ボーイッシュなフーディで甘い花柄をおしゃれっぽく♡

グレータートル×黒スカートのダークトーンコーデに、たすき巻きにしたシャツで遊びゴコロをトッピング♪ カーキのシャツや白ダウンを合わせることで、軽さや奥行きが演出できます。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】黒フーディ×花柄スカート

ボーイッシュなフーディで甘い花柄をおしゃれっぽく♡

人気続行の黒ベースの花柄スカートは、男の子みたいなフーディを投入してストリートなノリを楽しみたい! ロング×ロングのルーズなバランス、体が泳ぐダボっとしたサイズ感が女の子らしさを強調してくれるオススメの着こなしです。小物はパウダーブルーの小さめバッグや真っ白のスニーカーで、ダークな配色に軽やかな抜け感を。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY)モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】黒Tシャツ×黒タイトスカート×グレーカーディガン

ダークな上下ブラックを淡グレーで軽やかに

やんちゃなロックプリントTをやわらかなグレーカーデで女のコライクに。上下ブラックのクールな配色でもモードすぎない着こなしが叶うのは、ふわふわニットとの甘辛MIXがカギなんです。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】黒ニット×黒ワンピース×黒レギンス×ラベンダーコート

ロング丈のきれい色コートでハンサムな女っぽさを

やわらかなラベンダーのコートが、シャープな黒に女っぽい色気をプラス♡ 小花柄のロングワンピにレギンスを重ねた程モードな着こなしに、キリッとしたパープルのパンプスが映えるハンサムコーデはおしゃれにシビアな女子ウケも期待できそう。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【8】黒もこもこコート×黒ワンピースもこもこコートを上品に着こなした大人フェミニンスタイル

軽やかに揺れるロングワンピースは、透け感のある素材と星柄がマッチして女性らしさをぐっと格上げ。黒の分量が多いので、もこもこ素材のロングコートにベルトマークをプラスしてメリハリも忘れずに♡ 

★【今日のコーデ】冬のデートに着たい!もこもこロングコートスタイル♡

【9】黒ロンパース×ファーコート

楽チン&着映えするロンパースで晴れの日を満喫★

ちょっぴりラフにおしゃれを楽しむなら、ロンパースが主役のリラクシーコーデがおすすめ♡ ボリューム感があり見た目も暖かいファージャケットをはおれば、たちまちラフな着こなしに上品さが加わりワンランク上のカジュアルスタイルが完成します。

★【今日のコーデ】堀田茜の私服がおしゃれ!ドットロンパーススタイル

【10】黒ニット×黒花柄スカート×ピンクコートシックな黒コーデを淡いピンクでやさしくトーンアップ!

無条件にひかれるピンクも、今年はちょっぴり〝大人〞に更新! ほんのり甘さが香るダスティピンクで、ニット×花柄スカートの黒コーデを大人かわいくラッピング。スタイリッシュな細身のチェスターなら、はおるだけでスタイルアップが狙えます。

CanCam2017年12月号より 撮影/須江隆二(See) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 VD/菅 博子 構成/新城真紀

黒スキニー冬コーデ


【1】黒スキニー×黒ニーハイブーツ×ブラウンボアジャケット

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

スタイルアップのポイントは、ファスナーレスで脚をきゅっと引き締めてくれるストレッチのニーハイブーツ。黒のスキニーデニムをブーツインした新鮮なバランスも、ニットとパンツを黒でつなげると脚長効果が期待できます!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【2】黒スキニー×黒タンクトップ×白カーディガン

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

スニーカーやキャップなど、スポーティなアイテムを女っぽく着る秋コーデ。アクティブな黒スキニーに、デコルテがきれいに見えるゆるカーデを合わせてギャップを演出♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【3】黒スキニー×黒Tシャツ×チェック柄シャツ

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

超ビッグなルーズシャツに、超ビッグなチェック柄。その斬新な組み合わせが文句ナシにかわいいんです! こんなインパクトのあるチェックシャツには、究極シンプルな黒スキニーをセレクト。オーバーシルエットをミニマムに引き締めて、新鮮で今っぽいバランスを楽しんで♡

CanCam2019年3月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/兵藤千尋 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】黒スキニーデニム×白ブラウス

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

Vネックにあしらわれたアイレットレースが懐かしい、顔映り抜群の白ブラウスは今季マスト! 甘く着るのもかわいいけれど、スキニーデニムやキャップでキレのいい女らしさを目指すのもオススメです。白Tだったらごく普通になるスキニーコーデを、ブラウスの懐かしげなムードで今っぽかわいく着こなして♡

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【5】黒スキニーデニム×赤ニット×ベージュコート

赤を効かせたカジュアルで女の子らしさもぬかりなく

防寒マストの旅行など、おしゃれだけどしっかり温かさも確保したいシーンには、ムートン風コートと大判ストールであったかかわいく。赤ニットとスキニーで、コートを脱いでも女らしい色味&シルエットがアピールできるのもgoodです♡

CanCam2019年1月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【6】黒デニム×ブルーふわふわニット

ふわふわニット×ストリート小物で今ドキかわいい女の子に

だぼっとしたビッグサイズのニットは、クールな黒スキニーで引き締めて。マニッシュ&スポーティな小物合わせで、甘さのあるブルーをこなれて見せるのが今どきです!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【7】黒スキニー×ピンクニット

ゆるっとかわいい映えニットを黒スキニーで大人っぽく!

ニットに鮮やかなピンクを選んでも甘すぎないのは、ミックス感のあるメランジニットゆえ。ボトムは辛口な黒スキニーをチョイスして、ピンクの引き締め&クールな印象をトッピング。ピンクのイメージが変わるような着こなしは、休日コーデで手慣らしするのがオススメです。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】黒ブルゾン×黒スエットパンツ×白カットソー

ラフかつおしゃれ! スエットパンツで今旬カジュアルに

カジュアルな印象の強いスエットパンツは、ハイウエストやスキニーシルエットで女性らしく見せてくれるデザインを選ぶのがコツ。アクセントにレオパード柄のバッグとニット帽をプラスすれば、周りと差のつく大人のラフコーデが完成します。

★【今日のコーデ】細見え効果抜群!スウェットパンツの大人な着こなし

 

トレンドのニュアンスカラーや定番のモノトーンなど、黒アイテムをMIXするだけで着こなし全体が引き締まる秋冬コーデは要チェック! この時季に合わせやすいフーディやデニムに、黒を準備しておくのがおすすめです。

 

>CanCam.jp TOPに戻る