春らしくてフェミニン度No.1♡ピンクコーデ31選|ワンピースや春アウターなどアイテム別の着こなし

アイテム別♡トレンドのピンクコーデを大特集

春らしくてフェミニンなピンクのアイテムを合わせるトレンドコーデを大特集! ピンクのトップス、ボトム、ワンピース、アウターなどアイテム別にご紹介します。おしゃれなピンクのワントーンコーデも必見です♡

春色ピンクのおすすめな合わせ方

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

フェミニンコーデに欠かせないピンクのアイテムは、暖かな春コーデにもぴったり♡ 白やブラウン、ベージュとの相性がよく、女性らしく優しい配色のコーデが作れます。ベーシックなコーデには、ピンクのアウターで華やかさをプラスするのもおすすめ! おしゃれっぽい全身ピンクコーデは、異なるトーンのピンクを選んでバランスよく合わせるのがコツ。今年らしいピンクを選ぶなら、表情が映える「コーラルピンク」 やくすみ感が大人っぽい「ファジーピンク」に注目です!

  1. 白やブラウン、ベージュのアイテムと好相性なピンク
  2. 異なるトーンのピンクのアイテムで全身ピンクコーデがおしゃれに決まる
  3. ベーシックコーデを華やかにするならピンクアウターをプラス
  4. 今季は「コーラルピンク」「ファジーピンク」に注目

ピンクトップスに合わせる春ボトム

【1】ピンクニット×ブラウンジャケットセットアップ×黒バッグ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ハンサムなセットアップの中はピンクニットで愛嬌をプラス♡ ジャケット×ハーフパンツのトレンドど真ん中なセットアップを、コンパクトなニットでシャープにまとめるのが好バランス。キレ味鋭い着こなしも、ヘルシーなピンクの投入で程よくまろやかに仕上がります。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ピンクニット×ベージュジャケットセットアップ×ベージュローファー

かわいいカジュアル 菜波『ショーパンセットアップで大人っぽさとやんちゃさのいいトコどり!』

ジャケット×ショートパンツのセットアップは春色インナーを重ねて新鮮な表情に。ジャケットの端正さを後押しする薄手のクルーネックカットソーならクリーンな女らしさもプラスできます。あえてなじませないフレッシュなピンクニットも春らしさ抜群! 靴はミュールタイプのローファーで上品なおしゃれっぽさを。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【3】ピンクトップス×エクリュパンツ×ブラウンシャツ

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『美月は…コケティッシュなミニスカ』

ベージュピンクのノースリリブニットを中心に、くすみトーンで全身をまとめた春コーデ。リネンパンツのナチュラルさをモダンな小物使いでピリッと盛り上げれば、都会派のリラックスコーデが完成します。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【4】ピンクシャツ×白スカート×ピンクパンプス

裾だけひらりと揺れる白のマーメイドスカートで、ちょっとした動きもドラマティックに演出♡ レース素材は辛口のとろみシャツとも相性抜群。ピンクのパンプスやスカーフなどやわらかな小物合わせで、品のある女の子らしさをもうひとさじ。今どきの抜け感がプラスできる甘×辛MIXコーデです。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ピンクドット柄トップス×白スカート×イエローバッグ

エモかわガーリーあやみのエモフェミ7days

ブラウス×レーススカートのSWEETなコーデも、鮮やかなビビッドピンクのおかげでキレよくまとまる! イエローのバッグを合わせるカラーMIXもおしゃれ見えの秘訣です。まろやかなイエローを選ぶと、明るいピンクと喧嘩せずお互いを引き立て合う関係に♡ 仕上げはポインテッドの白ミュールで、カラー×カラーをすっきりとまとめましょ。

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【6】ピンクブラウス×赤スカート

News4程甘なくすみパステルで大人かわいく♡『この春のトレンドのひとつが、彩度を抑えたフェードカラー。甘い印象のブラウスもくすみフィルターがかかったパステルなら大人顔。』

ピンク地にふんわりとチュールが重なったロマンティックな魅せブラウス。やさしげなピンクベージュと重みのある袖口がポイントです。ボトムは赤のスカートをチョイスして、ジューシーなベリー配色に♡ 春らしい明るい色合わせでパッと華やぐお出かけコーデを完成させて。

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ピンクニット×ベージュプリーツスカート×イエローパンプス

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style2もはや定番!プリーツスカートは技アリな1枚を スカート派・恋の大好きアイテムといえばプリーツ! この春は異素材使いや切り替えなど進化形デザインがリリース。オフィスにふさわしいきちんとした洒落感が手に入る♪』

イレヘムにピッチが異なるプリーツをMIXした表情豊かなアシメスカート。一枚で華のあるスカートは、トップスにピンクベージュのニットをなじませるだけで素敵に映える♪ イエローのパンプスやブラウンのバッグなど同系カラーの小物を加えると春っぽいきれいめコーデに仕上がります。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【8】ピンクシャツ×ブラウンプリーツスカート×ピンクバッグ

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style2春イチ買いは今っぽ透けアイテムで決まり!この春の新着キーワードと言えば、断然〝透け〟! トップスやアウターなどバリエ豊富に登場中♡ そのナチュラルな色っぽさが、楓の気分にマッチ。』

微光沢とシワ加工が施されている透けブラウスをジャケット風に。ボトムに程よいフィット感のナロースカートを合わせて、ニュアンスのある女らしさを引き寄せて。ブラウンとピンクの色合わせは今っぽさもメリハリも出せるのでおすすめです。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【9】ピンクニット×エクリュパンツ×ピンクバッグ

今ロエベが欲しい理由04 小っちゃサイズがかわいすぎる♥『ミニバッグブームの火付け役でもあるロエベ。中には10万円以下の物もあり、プライスがかわいいのも人気の秘密!』

ピンクのフェザーヤーンニットに、エクリュのワイドパンツを合わせたゆるコーデ。ポイントは超ミニマルサイズがかわいいロエベのショルダーバッグ〝ポケット〟。スマホの他、ペンやリップ、鍵くらいなら余裕で入る絶妙なサイズ感が魅力です♡

CanCam2020年3月号より 撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

ピンクボトム×トップスの春コーデ

【1】ピンクスカート×ラベンダートップス×黒キャップ×スニーカー

カジュアルコーデなのに、ピンクベージュの透け感スカートでちゃっかり女っぽい…って最強! トップスは同系色のラベンダーカラーでワントーンコーデに。キャップやゴツめスニーカーなど、甘さが上手にオフできるスポーティ小物を投入するとヘルシーに仕上がります。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【2】ピンクパンツ×白ニット×ラベンダーコート×白パンプス

Q.5無地だけどおしゃれなマスク、ありますか? 『使えるのは、ニュアンスカラー、ツヤ、バックリボン!』

オフィスコードもOKなきれいめパンツコーデは、全身をニュアンスカラーでまとめてグンとこなれた印象に。肌馴染みのよいニュアンスカラーなら、表情まで柔和に見えそう♡ モーヴピンクやくすみラベンダーなど、フェミニンなカラーを上手に使うと上品なカラーMIXが楽しめます。ニュアンス配色には、どんな色にもなじんでくれるベージュ小物をチョイス。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】ピンクパンツ×白トップス×アイスブルーコート×パイソン柄パンプス

ノーブルなおしゃれ感が宿るWHITE『ブルベの人は…ヨーグルト』

シャープな白で甘いピンクパンツをキリッと大人顔にチェンジ。ディテールを削ぎ落としたミニマムなデザインも、おしゃれ見えにひと役。パイソン柄のパンプスでキレ味よく。一見甘い配色も、クリーンな白インナーを合わせれば洗練された印象にまとまります。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【4】ピンクスカート×ブラウンTシャツ×白シャツ×スニーカー

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

リュクスな光沢プリーツとベージュTで、スポーティなルックもエレガントに。ちょっとした動きもドラマティックに見せてくれる、ピンク系のツヤありプリーツがコーデのスパイスになっています。足元はダッドスニーカーでキレよく仕上げて。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ピンクパンツ×ベージュブラウス×ベージュパンプス

Pink×Beige『Pink×Beige Variation』

カジュアルの可能性を広げてくれるニュアンシーなピンクデニムなら、こなれたムードも手に入る♪ 透かしチェック&パフスリの袖コンシャスなニットと合わせて、カジュアルな装いにもどこか女性らしいワンポイントを忍ばせるのが鉄則です。ピンクとベージュのなじませ配色も旬!

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ピンクエコレザースカート×白ジャケット×白Tシャツ×白スニーカー

甘くないフレアが断然新しい♥ハリ感フレアスカート『Fresh Peach』

ロマンティックなピンクスカートはこなれ感漂う春レザーを選んで糖度オフ! 春にあえてのレザー風素材が鮮度アップに効果的。今季はブルゾンやスニーカーでラフに着くずすのが気分です♪ 

CanCam2021年4月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ピンクパンツ×白ニット×ブラウンインナー

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

カジュアルとキレイが調和したタックパンツで甘くないピンクにTRY! くすみがかったピンクなら白のニットともなじみがよく、パンツスタイルに程よい甘さが香ります♡ べっ甲モチーフがついた白パンプスを合わせてレトロ感もほんのりと。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ピンクスカート×ネイビーTシャツ

たまには「ゆるさ」も欲しいもの♪カジュアル気分の日に着たいのは?『美月は…キャッチーなロゴT』

Tシャツ×ミニスカートの甘カジュアル。無地Tシャツだと、なんだか素っ気ない!? そんなときはロゴを足すだけで、コーデの〝説得力〟が見違えるほど増すんです♡ 女性らしさが盛り上がるピンク系のサテンスカートとボーイッシュなロゴTのバランスが絶妙です。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【9】ピンクスカート×ブラウンTシャツ×ブラウンサンダル

今季は形も色も、豊富です!トレンドボトム、何選ぶ?『あやみは…キレイめカラーパンツ』

ガーリーなクロシェ編みスカートは、カーキのTシャツを合わせて甘さをおさえつつ、大人っぽい小物合わせで幼さを払拭! ブラウスでなくラフなTシャツを合わせるのがピンクベージュのクロシェスカートを今っぽく着こなすポイントです。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

ピンクワンピースのトレンドコーデ

【1】ピンクワンピース×白コート×ラベンダーパンプス

美しい陰影に色っぽさ漂うツヤてろワンピ

美しい光沢とまろやかなトーンで叶える大人きれいスタイル。シルエットが美しいきちんと感のあるワンピースは通勤やデートにぴったり。さらっと羽織れる春アウターも同系カラーで統一して、美人オーラを振りまいて。

CanCam2021年3月号より 撮影/寺田茉布(LOVABLE) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ピンクワンピース×ブラウンコート×ブラウンロングブーツ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

ふわふわ軽やかなピンクのシフォンワンピはブラウンとの合わせでウォーミーに。手首がきゅっと絞られたパフ袖や、ウエストの切り替えから広がるAラインで360度隙なしのかわいさが完成します♡ ピンクは淡いトーンでまとめるとガーリーになってしまうので、こげ茶を相棒に据えるのが大人見えの秘訣です。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ピンクワンピース×白コート×黒ブーツ

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

コートからちらりと揺れるプリーツワンピで春気分をMAXに。落ち着きのあるシックなムードを醸すファジーピンクのワンピならコート合わせでも春らしい印象に♡ 黒のブーツやミニバッグで淡いトーンにメリハリをつけると、甘さより品の良さがアピールできます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

ピンクアウターのおすすめ春コーデ

【1】ピンクコート×ブラウンニット×チェック柄スカート

シンプルorハンサムデザインで大人顔にPINK『イエベの人は…ピーチ』

イエロー系のツイードスカートをブラウンで優しく締めてほんのりレトロに。くすみピンクのコートのアンティークなかわいさをくずさない、穏やかなトーンがポイントです。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【2】ピンクカーディガン×花柄ワンピース×黒ブーツ

顔映りのいい発色でイキイキとした表情に コーラルピンク

青空に映えるコーラルピンクのニットカーデで花柄スカートをよりかわいくアップデート! 短めの着丈だから、ロングスカートともバランスよく決まります。甘い柄やピンクニットを引き締める黒ブーツの存在も大切♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ピンクコート×白トップス×チェック柄スカート

大人見えするくすみ感がニュアンスおしゃれ!ファジーピンク

ほんのり色づく微彩なピンクコートにペールピンクのニットを合わせて春らしく。こなれたワントーンでまとめると、ピンクの甘さが中和できて今っぽく仕上がります。間延びしないように、抜けを作るシアーニットや白パンプス、目を引くチェック柄スカートでポイントを効かせるのも重要。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ピンクコート×黒ニット×柄スカート×ベージュブーツ

大人フェミニン ほのか『カラートレンチで定番コートに差をつけて♡』

柄スカートに黒のモヘアニットをINした大人かわいいモノトーンコーデ。春先はブーツで寒さ対策をしたり、同系色のストールを合わせておくのが賢明。モノトーン系コーデに映えるピンクの春アウターは、顔映りもパッと明るく見えておすすめです。

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【5】ピンクカーディガン×白Tシャツ×ベージュスカート×ピンクパンプス

Item4 大人くすみピンク

フォトTシャツ×サテンスカートのゆるカジュアルに、ピンクカーデをプラスすればほんのりフェミニン♡ ざっくり感がかわいいくすみピンクのカーデなら今どきのラフさもGETできます。ラインのきれいなベージュのナロースカートは、TシャツをOUTで着てもずるっと見えずバランスよくまとまります。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/としまえん 構成/手塚明菜

【6】ピンクコート×白トップス×ピンクスカート

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style1キレイ色で気分の上がるノーカラーコートで春はじめ♡例えば出勤時。ほんのりシャープなノーカラーコートで颯爽と歩く女性って、なんだか憧れる♡ まろやかなパステルトーンのキレイ色に、春らしさとHAPPY感も自然と高まって。』

白リブニットにピンクのレーススカートを合わせたフェミニンコーデ。アウターはピンクがかった淡オレンジ×てろりん素材が女らしい、春らしさいっぱいのノーカラーコートを指名して。サイドにはタックが入っているから、ふんわり感もあってかわいらしい♡

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

ピンクのワントーンコーデがおしゃれ

【1】ピンクシャツ×ピンクプリーツスカート×白パンプス

シャツ×プリーツスカートの鉄板フェミニンコーデもピンクのワントーンなら新鮮に。ハリ感のある大きめシルエットのシャツを選べば、ピンクでも甘くなりすぎず大人っぽく着こなせます♡

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】ピンクブラウス×ピンクスカート×ピンクサンダル

やっぱり春は”色”で華やぎたい!春に着たいキレイ色は?『あやみは…大人かわいい春ピンク』

トーンの異なるピンクを合わせて、奥行きのあるエモフェミ配色に。カシュクールブラウスやカーヴィーラインのクロシェスカートで魅せる女らしさも計算ずくです♡

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

【3】ピンクスカート×ピンクベージュブラウス×ピンクパンプス

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style3ボウタイブラウスできれいなお姉さんに きちんとしつつも顔周りを明るく見せるボウタイブラウスが、今シーズン人気♡ さらっと垂らすタイプのタイで、脱・まじめに取り入れて♪』

なめらかでてろんとした素材のブラウスは、長めのスカート合わせで大人かわいくコーディネート。パンプスまでピンクで揃えたワントーンにフェミニンムードも高まります。薄ピンクやコーラルピンクなど、色味の異なるピンク合わせがおしゃれっぽい!

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

華やかな春コーデになるピンクのアイテム

フェミニンな春コーデに欠かせないピンクアイテムの着こなしを紹介しました。この春は、肌色がきれいに映える「コーラルピンク」 や大人っぽい「ファジーピンク」など、ニュアンスのあるピンクを選ぶとトレンド感が出ておすすめ。シンプルコーデもパッと明るくなるピンクアイテムで、お出かけもオフィスコーデも華やかムードに着こなして♡