別れたくないのに別れる理由・別れたい彼氏のサイン・別れを回避する方法14選

別れたくないのに、別れちゃった彼氏がいます…


指輪を持つ女性の手
(C) Shutterstock, Inc.

彼から一方的に別れを告げられて、別れたくないのに、別れなくてはならなくなった元カレはいませんか?

「最近、冷たいと思ったらいきなり振られた」「浮気しているんじゃないかと疑っていたら、突然、別れたいと言われた」など、彼の様子に違和感を抱きつつ「別れたくない」と思っていたのに、一方的に別れを告げる男子も少なくありませんよね。彼氏と別れたくないならば、別れないで修復できるよう、努力したいのも女心。無理に別れてしまえば、あとあと未練を引きずり続けることにもなりがちです。

 

別れたい彼氏が出しがちなサイン5選


悩む男性
(C) Shutterstock, Inc.

(1)連絡がこなくなる

彼からのLINEや電話などの連絡が、あからさまに減ってしまう場合、別れのサインであるパターンも多いです。あえて連絡しない男子もいれば、彼女への関心が薄れたので連絡をする気にならない男子も。今まではマメに連絡をくれていた彼からの連絡の頻度が明らかに減った場合には、要注意です。

(2)話しかけてもノリが悪い

話しかけてもノリが悪く、適当な返事しか返ってこない場合も、別れのサインの可能性が。すでに彼女への興味を失っていると、彼女がどんなに面白い話をしても気分が盛り上がらないので、適当な相槌になりがちに……。

(3)約束を避ける

「別れようかな」と考えている彼女とは、できるだけ先の約束をしたがらないのも男子の心理。特に、イベントや旅行などのスペシャル感のある約束は「その時期は、仕事が忙しいかも」「先のことは今はわからないなー」などとごまかしながらも、明確な約束を避けようとする男子が少なくありません。

(4)笑顔が減る

好きな人と一緒にいると自然と笑顔が増えるのと対照的に、興味がない相手や「離れたい」と考えている人といると、無意識に笑顔が減ってしまう男子も多いです。以前はニコニコしていた彼が、最近は笑ってくれない……という場合には、別れようか迷っているリスクが潜んでいるかも。

(5)話した内容を忘れる

これからもずっと仲良くしたい相手と話したことは、しっかりと記憶している男子も多い一方で、別れを考えている彼女との会話は、気もそぞろになるのも心理。そのため、話した内容を忘れてしまう男子も多く、すでに話したテーマなのに「そうだっけ?」などといい加減にしか覚えていない場面も増えがちです。

 

男性がいきなり別れを告げる理由3選


喧嘩をするカップル
(C) Shutterstock, Inc.

(1)本当はずいぶん前から考えていた

女子が「いきなり別れ話をされた」と思っても、彼はずいぶんと前から「別れようかな」と考えていたパターンも多いです。本心を悟られないように、迷っている様子を隠すのが得意な男子からの別れ話ほど、女子から見ると唐突に感じるのも事実。彼は「いきなり」の別れ話の意識がないけれど、面食らう彼女も多いですよね。

(2)他に好きな人ができた

彼女とは別に好きな人ができてしまうと、さっさと彼女と別れて、好きな人にアプローチを開始したいと考える男子も。このパターンでは「浮気や二股は避けたい」と考える男子ほど、別れ話を切り出すタイミングが早いです。

(3)熱しやすく冷めやすい性格なだけ

熱しやすく冷めやすいタイプの男子は、交際した最初の頃は気持ちがかなり盛り上がる反面、冷め始めると急激に冷たくなり、あっという間に別れ話を切り出す傾向も。彼女に悪いところがなくても、もともとの彼の性格のせいで、いきなり別れ話が出てくるケースも少なくありません。

 

彼と別れたくないときにやるべきこと3選


彼から別れ話をされそうだけれど、別れたくない。彼から別れ話をされたけれど、自分は別れたくない。そんなふうに考えているならば、ダメ元でやってみたいこともあります。

そこで、実際に女子たちが「彼と別れたくないときにやってみて成功したこと」を3選ご紹介します。

(1)「別れたくない」気持ちを素直に誠実に伝える

「今の彼氏からは、一度、彼から唐突に別れ話をされました。理由は“仕事が忙しくなるし、デートできない日も増えると思うから、別れたほうがいいと思って”でした。

でも、私は彼のことが大好きで、デートができなくても別れたくない!って思ったので、素直にその気持ちを彼に伝えたんです。最初は、“でも別れよう”と受け入れてもらえませんでしたが、何回も根気よく伝えているうちに、考えを改めてくれました」(26歳女性/美容関係)

(2)いったん保留にして距離を置く

「彼の態度が、明らかに冷めてきていて、デートをしていても楽しくない時期があったんです。でも、私は彼のことが好きなので、別れるのはイヤだな……って思っていました。

それで、少し距離を置いたほうがお互いに冷静になれるかなって期待して、あえて彼には何も言わずに、私からの連絡を控えたりデートの誘いもしないようにしたりしてみたんです。そうしたら、1ヶ月くらいで彼のテンションが戻って、昔みたいに楽しく過ごせるようになりました。

あのとき、ジタバタして騒いでいたら別れ話が出ていたと思うので、保留にして良かったです」(25歳女性/飲食店勤務)

(3)自分の悪いところを直す

「大好きな彼から、いつも色々と怒られていたんですけど、私はあまり深く考えていなかったんですよね。そうしたら、あるときに“俺、もう限界だ”って言われて、別れ話をされてしまったんです。

そのときになって初めて、彼から“直したら?”って言われていた、私の欠点を直さなかったのがいけないんだって気づいて……。もう手遅れかもしれないと思いつつ、彼に“悪いところは直すから、もう一度だけチャンスが欲しい”って話をしました。

彼が、“しばらくは本当に直すつもりがあるのか見させて”と言ってきたので、本当に最後のチャンスだなって思って、私も必死で悪いところを直してなんとか別れを回避しました」(23歳女性/専門学校生)

 

別れたくないのに別れてしまった理由3選


顔が描かれた箱をかぶる男女
(C) Shutterstock, Inc.

彼から別れ話をされたら、自分は別れたくないのに、彼の気持ちが変わらず、別れるハメになってしまうパターンもありますよね。そんな体験をした女子に、そのときの理由を聞きました。

(1)連絡がとれなくなった

「当時の彼から別れ話をされて、どうしても納得できなかったんですけど……。その後、私から彼に連絡をしても、LINEも電話も無視されてしまい、話し合いができなくなってしまいました。

“逃げるなんてずるい!”と思ったし、かなりしつこく電話もかけちゃったんですけど、その彼はまったく応答してくれなかったですね。それで、そのまま別れることになりました」(27歳女性/販売)

(2)遠距離に勝てなかった

「元カレが転勤になったときに別れ話が出て、でも私が別れたくなかったので、“遠距離でがんばってみよう”ってことで、一度は落ち着いたんです。

でも、新幹線で2時間ほどかかる距離にはやっぱり勝てなくて……。最初のうちは、月に何回か会いに行っていましたが、どんなに彼のことが好きでも、交通費もかかるし体力も使うしで、結局だんだんと面倒になって別れちゃいました。遠距離になっていなければ続いていたと思います」(26歳女性/メーカー)

(3)親に反対された

「結婚まで考えていた彼氏がいたんですが、なんと両方の親から結婚を猛反対されてしまったんです。駆け落ちも考えたけれど、私も彼もそこまでの勇気はなくて。

それで、最初のうちは“親を説得しよう”って張り切っていましたけど、両方の親が“結婚はダメ”って言い続けたことで、彼のことは好きだったけど、付き合い続けても先がないのかなって冷静になってしまって……。結局、彼ともギクシャクし始めて、それを機に別れました」(27歳女性/専門職)

 

「別れたくないのに別れた」は未練のもとにも…


考え事をする女性
(C) Shutterstock, Inc.

「別れたくないのに、別れてしまった」は、つらい経験。できることならしたくないけれど、自分が別れたくなくても、彼が「別れる」と決めてしまったときには、どんなに説得しても、うまくいかないこともありますよね。そして、予想外に唐突の別れを迎えたときほど、未練が残りがちなのも事実。

大好きな人への未練を断ち切るのは難しいけれど、いつまでもくよくよせずに、次の恋愛に目を向けることで、前向きな気持ちが芽生えてくるかもしれません。

 

★「こじらせ女子」の特徴・なってしまう原因・男子からの印象13選

★うざっ!!女子に聞いた「彼氏のムカついた言動」3パターン

CanCam.jp  TOPに戻る