振られた理由|ラブラブだったのに急に冷める瞬間や、恋愛が進展しにくいタイミングって?

振られた理由|ラブラブだったのに急に冷める瞬間や、恋愛が進展しにくいタイミングって?

⒞shutterstock

みなさんは振られたことってありますか? 理由は様々かと思いますが、自分自身に原因があったとして、直せる部分なら直したいですよね。今回は、どんなにラブラブだったとしても一気に冷める女性の行動や、振られる理由をまとめました。男心を勉強して、思わぬ別れを予防しましょう!

 

振られたこと、ある?

⒞shutterstock

実際、世の女性たちは振られた経験があるのか、あるなら何回あるのか聞いてきました。

 

Q:人生で何回振られたことがありますか?

1回…32%
2回…32%
3回…23%
4回…4%
5回以上…9%

 

今までに振られた回数としては1回と2回が同票でした。中には5回以上失恋を経験された方もいて、最多回数はなんと「10回」という方も! 人によって大きな差があることがわかりますね。

 


ラブラブだったのに急に振られた…振られた理由って?

⒞shutterstock

ついこの前までラブラブだったのに、急に振られてしまったときって、この世の終わりかと思うくらい落ち込みますよね…。せめて少しずつ冷めたサインを出して振られる心の準備をさせて! とも思いますが、そもそも振られたくないしもし、振られる理由あるあるを知っておけば予防ができるかもしれません。そこでこちらでは、今までに振られた理由を具体的に集めてきました。

 

振られた理由①女性として魅力を感じなくなった

  • 「女性としての魅力が薄れたから」(39歳・男性)
  • 「いびき」(35歳・男性)
  • 「下品な行動が見えたとき」(30歳・男性)

 

自然体でいられることは大切ですが、女を捨てることとイコールではありません。いくらお付き合い期間が長くなったとしても女磨きを怠らず、できるだけ新鮮な気持ちでいたいですよね♡

 

振られた理由②ダメ出ししてくる

  • 「ダメ出ししてくるとき」「疲れてるときにダメ出し」(回答多数)
  • 「悪口を言われたり、否定されたとき」(32歳・男性)

 

彼のことを思ってしたアドバイスだったとしても、言い方やタイミングによってはただの小言に聞こえてしまいます。どうしても許せない部分なら理由と共に伝えるのがベストですが、ないのならば妥協することが長続きの秘訣ですよ!

 

振られた理由③会えない

  • 「デートや電話の予定を頻繁に変更するとき」(28歳・男性)
  • 「何度誘っても断られるとき」(33歳・男性)

 

仕事に一生懸命なのは素敵です。とはいえ、そもそも会う予定を作ろうとしなければ「付き合っている意味あるのかな?」と疑問が生まれてきますよね。遠距離で物理的に会うことができず、破局してしまったケースも多く寄せられました。

 

振られた理由④会話が減った

・「話を聴いてくれないとき」(37歳・男性)
・「会話が減ったとき、嘘をつかれたとき、約束を守らないとき」(33歳・男性)

パートナーには日常の些細なことも共有したいですよね。なのにスマホやゲームなどに夢中で話を聞いてくれないと、寂しい気持ちになります。短い時間でもコミュニケーションを取ることを忘れないようにしたいです!

 


直さないと振られる?男子が冷める瞬間3つ

⒞shutterstock

続いては男子目線から、好きだったけど冷めた瞬間も聞いてきました。先ほどの振られた理由と似ている部分もあると思います。男子のリアルな意見を参考に、直せるところは意識していくとずっとラブラブでいられるかも♡

 

男子が冷める瞬間①愚痴が多いとき

  • 「意味なく怒りをぶつけられる」(34歳・男性)
  • 「他人の悪口を聞いたとき」(31歳・男性)

 

イライラしたりストレスが溜まったりするのは自然なこと。ただ、それがあまりにも頻繁で怒ってばかりだと、男性も困ってしまうよう。愚痴をぶつける前にいったん冷静になることも大切かも!

 

男子が冷める瞬間②面倒と感じたとき

  • 「わがまま」「めんどくさいことを言ってきたとき」(回答多数)
  • 「LINEの返事が遅い、電話に出ない、と言われるとめんどくさい」(23歳・男性)

 

盲目になりすぎて、彼の行動や時間を束縛していませんか? 好きな気持ちが大きすぎて、それが彼の負担になっていることも。恋はお互いの気持ちのバランスが重要。わがままはたまに言うから叶えてあげたくなるものですよ!

 

男子が冷める瞬間③態度がそっけないとき

  • 「愛想が悪い」(回答多数)
  • 「機嫌がずっと悪いとき」(29歳・男性)
  • 「自分への態度が冷たい」(39歳・男性)

 

束縛しすぎても面倒ですが、反対にそっけない態度も冷める原因のひとつ。あまりにも冷たい態度をとられてしまうと、自分だけが好きなようで徐々に冷めてしまいますよね。いくら好きだと思っていても、その気持ちは言葉にしないと伝わりません。恥ずかしくても、好きな気持ちは言葉で伝えましょうね!

 


振られた理由がわからない方必見!恋愛が進展しにくいタイミングって?

⒞shutterstock

連絡も頻繁にとっているし、デートも数回した。告白は成功しそうな条件は揃っているのに、いざ告白したら振られてしまう…そんなあなたはタイミングが悪い可能性があります! 恋愛が進展しにくいときに積極的にいっても、空回りするだけですよ。早速、そのタイミングはどんなときなのかチェックしていきましょう。

 

振られる可能性大なタイミング①水曜日に告白などの大切な話はNG

土日休みの人に限りますが、水曜日は週の真ん中で疲れがたまっていつつ、休日まで遠いことなどから気持ちの余裕がなくなりがち。アイオワ大学のスティーブ・ダック教授が行った調査によると、1週間のうち最も口喧嘩をした回数が多い曜日は水曜日というデータもあります。こうした要因が複合的に絡み合うことから、水曜日に告白するのは避けた方がいいようです!

 

振られる可能性大なタイミング②相手が葛藤状況にあるとき

心理学においてコンフリクト(葛藤)とは、2つ以上の欲求が同時に存在し、どちらの欲求を充足させるか迷う現象のことを指すそう。例えるならば、仕事や趣味に没頭しているときに告白を受ける状況。そんなときは、気持ちの整理がつかず相手のことが嫌いなわけではなくても、失敗する可能性が高いんだとか!

 

振られる可能性大なタイミング③あなたの発言後、相手が顔をこすっている

好きな相手と話す際、相手がせわしなく自分の喉に触ったり、額をこすったりしていたら要注意! これらはストレスを抱いたときに自然と出る反応なので、どんなに良い感じだった相手でも告白は一旦見送った方がいいかも。

 


振られる理由は何?恋の恐れを心理テストでチェック!

⒞shutterstock

最後に、あなたの恋愛が上手くいかない理由がわかる心理テストをご用意しました。自分では努力しているつもりなのに、なかなか成就しない…そんなあなた必見ですよ♡

 


【まとめ】

⒞shutterstock

振られる理由や告白が成功しにくいタイミングまでご紹介してきましたが、いかがでしたか? 男子が冷める瞬間を知っておけば、その行動を取らないように意識できますよね。今の恋や次の恋が振られることなく、長続きしますように♡