「追う恋愛」と「追われる恋愛」どちらが幸せになれる?女子に聞いたら意外な結果に…

追う恋愛と追われる恋愛、どちらが幸せになれる?


恋愛において、「女性は追うより追われる方が幸せになれる」と聞くことが多いですよね。確かに好意を抱いてくれる男性なら、自分のわがままも多少聞いてくれるかもしれません。ですが自分から好きになった相手ではないので、果たして幸せだと思えるのでしょうか?

追われる恋
(c)Shutterstock.com

恋愛をするなら、男性を追いたい? それとも、追いかけられたい? 今回は「追う恋愛と追われる恋愛、どっちが良いか問題」を解決していきます♡

Q.追う恋愛と追われる恋愛、どっちがいい?


追う恋愛と追われる恋愛

追う恋愛 35%
追われる恋愛 65%

やっぱり「追われる恋愛」が好まれる傾向にあるようです。追う恋は振り向いてくれるのなら良いのですが、想いが一方通行のままだと心身ともに疲れたり、自分を見失ったりしてしまうからですかね?

それでは、それぞれの理由を見ていきましょう。

〈追いたい派の意見〉


【1】追われるのが好きではない

「追われると気持ちが冷める」「追われても気持ちがついていかない」(回答多数)
「適度な距離感が必要」(27歳・会社員)
「自分の興味のない人から追われると困るだけだから」(37歳・パート)
「追われるのは重過ぎる。気持ちがついていかず、気持ち悪くなる」(25歳・会社員)
「追われるのは恋のうちに入ってない」(39歳・無色)
「追われてもひびかない」(19歳・大学生)
「自分を好きになる人は信用ならない」(39歳・会社員)
「興味のない人に思われると、ストーカーに思えてくる。恐怖」(25歳・専業主婦)

1番多かった回答がこちら。どこか好意のある相手なら良いのですが、恋愛感情のない相手がいきなり迫ってきたら怖いですよね。相手との温度差があればあるほど、より気持ちが冷めてしまうのかもしれません。アプローチをするなら、まずは適度な距離感を保つことが大切◎。

【2】恋愛を楽しみたい

「楽しくてドキドキするから」(回答多数)
「反応がいちいち楽しい」(27歳・パート)
「自分の行動によって相手がどう動くか楽しいから」(27歳・会社員)
「片思いが楽しい」(17歳・高校生)
「自分磨きを頑張ったり、アプローチするのが楽しい」(24歳・パート)
「その方が盛り上がる」(23歳・専業主婦)

好きな人を攻略するという、恋愛自体を楽しんでいる傾向が。相手の一つひとつの所作にドキッとするのは、片思いの特権かもしれません。またLINEをしたり、デートの予定を立てたり。初めから好意があるわけではないので、両想いになるプロセスも楽しむことができますよね♡

【3】自分を高められる

「自分磨きを頑張れる」(回答多数)
「追ってる間は自分を高めようと必死で美意識が上がる」(27歳・パート)
「可愛くなるために頑張れるから」(22歳・自営業)
「自分をずっと高めていけるし、そう思える相手が自分の中にいるのは幸せなこと」(27歳・大学院生)

「恋をすると可愛くなる」と言いますよね。相手に素敵な女性として意識させるためには、努力が大事。服装もメイクもダイエットも。意中の男性のハートをゲットするためには何でも頑張れるのが乙女心♡ 彼に会うときには、いつだって最高の状態でいられるように自分磨きを出来ます。

【4】好きな相手と付き合いたい

「自分が好きな相手じゃないと、好きになってほしいと思わないから」(25歳・会社員)
「自分の好きな人を落としたいと思う」(37歳・パート)
「振り向かせたいから」(26歳・会社員)
「好きだから追いかけたい」(31歳・パート)

受け身になるのではなく、自分が好きになった人と付き合いたいという想いが強いようです。妥協をしてしまっては、後に公開することがあるかもしれません。自分で納得するためにも、好きな相手を追いかけたいんですね!

【5】これまでも追ってきた

「ずっと振り回されてるから」(22歳・大学生)
「今がそうだから」(21歳・会社員)

今まで追いかけてきた、という経験を持つ方も。追いかけてきた結果に満足をしているからこそ、また追うのかもしれませんね。振り回されていても、好きな人に一途になれることが素敵です♡

その他】

「せっかちだから」(18歳・高校生)
「自分の気持ちに正直になって行動できているので、むしろスッキリする」(25歳・専業主婦)

偽りの気持ちを持つより「好き」という自分の気持ちに正直になれるのは、良いことですよね。相手と付き合っている際に、一度「本当に好きなのかな」と疑問を抱えてしまっては幸せを感じられなくなってしまいますよ。

〈追われたい派の意見〉


【1】追う恋愛が嫌

「追い続けるのは疲れる」(回答多数)
「追う恋愛はうまくいったことがない」(20歳・公務員)
「追う体力・気力がない」(36歳・会社員)
「自分からアタックするのは怖い」(24歳・会社員)
「追う恋は辛い時が多いから」(40歳・その他)
「追うばかりだと不安になってしまう」(25歳・会社員)

必ずしも恋が実るわけではありません。駆け引きであったり、上手くいかないことは恋愛にはつきもの。努力をしても相手の想いが見えないと、つい辛くなってしまうこともあります。根負けしてしまうのなら、追いかけるよりも追いかけたいと思うのかもしれませんね。

【2】幸せ

「追われる方が幸せ」(回答多数)
「自分が幸せになれる。病みたくない」(22歳・大学生)
「追うのは疲れるし心配で不安になる。ずっと好きって言われている方が幸せに感じる」(25歳・会社員)
「愛される方が幸せ」(36歳・無色)
「追われる方が重視してくれて幸せ」(28歳・会社員)

必ず愛してくれているという保証があるので安心感を持てますよね。相手はあなたに好かれようと思っているので、恋の主導権を自分が握ることが出来ます。「好き」と思いをきちんと伝えてくれる相手なら、お付き合いしても長く良い関係を築けそう♡

【3】愛情を感じる

「愛されたい」「好かれる方が良い」(回答多数)
「男性から好きになってほしい」(31歳・会社員)
「愛されている感じがする」(39歳・パート)
「優しくされたい」(25歳・会社員)
「大切にされそう」(28歳・会社員)

ありのままの自分を受け入れ、好きになってくれたのです。愛情をたっぷりと注がれ、自分のことを大事にしてくれる彼。そんな彼から「愛されている」という実感があると、彼を信じることが出来そう!

【4】今まで追う側だった

「本当は、追う方だからこそ、追われる女になるように、日々努力」(29歳・パート)
「追う方が多かったから」(30歳・パート)
「自分からいくことが多いので追われてみたい」(40歳・会社員)
「追われたことがないので」(35歳・会社員)

今まで追っていたからこその意見。辛かったり、悩むことが多い「追う恋愛」よりは、追われる方が幸せになれると感じるようですね。愛されていると簡単に分かれば、気持ちも満たされ、心に余裕も生まれます◎。

【5】自信が生まれる

「積極的に来てくれる方が嬉しい」(17歳・高校生)
「自分を好きになってくれる人がいるんだなと嬉しくなる」(22歳・大学生)
「女性として自信を持てる」(32歳・専門職)
「愛されるから美しくなれる」(47歳・会社員)

愛してくれる人に出会えることは、そう多くはありません。だからこそ、自分を好きで尽くしてくれる相手に応えようと感じるのかも。「好き」と言ってくれる相手と過ごしていたら、女性としての自信も生まれますよね♡

【6】楽

「楽」(回答多数)
「気持ちが楽」(17歳・高校生)
「自分に気持ちがあるとわかっていたら安心する」(29歳・会社員)

相手の気持ちが分かっている状態から始まるので、楽ですよね。また「相手の理想の女性像になろう」「好かれようとしよう」と変に気を遣う必要もないので、自然体で過ごせるはず。長く一緒にいるのなら、今の自分を愛されたい♡

【7】助言

「経験上、追われる方が圧倒的に上手く行く。祖母にも女は愛すより愛されなさいと常に言われいる」(23歳・会社員)
「親からずっと言われてきたから」(20歳・大学生)

人生の先輩からの意見。これはもう、間違っているとは言えませんね……! 男性を立てる女性と女性を愛す男性。上手くバランスを保てるからこそ、「愛される方が幸せになれる」というのは、あながち間違っていないかもしれません。

【その他】

「追われる、追うの両方がいい」(48歳・パート)
「自分からあまり人を好きになる事はない」(35歳・会社員)
「独占欲のある男性が好きだから」(21歳・大学生)

他にはこんな意見も。たしかに自分のことを好きになってくれた男性って、どうにか自分のものにしようと独占欲が強そうですよね。それがまた愛されているという実感に繋がるのかもしれません。

 

恋愛に「理想の相手と付き合うまでのドキドキ感」「愛されている安心感」のどちらを重視するかで変わってきそう。

全体としては「追われたい女性」が多かったわけですが、実は男性も同じ。どちらとも追われる恋愛を求めていては、恋愛は進みません。幸せだと思える恋愛をしたいのならば、少しは積極性を見せることが大事。自分の気持ちも大切にしつつ、何を恋愛において大切にしたいのかを考えてみてくださいね♡ (齋藤有紗)

 

★ちなみに男性編は…コチラ 「追う恋愛」VS「追われる恋愛」どっちがいい?男性200人の本音は…まさかの結果に

 

★意外!男が本当に追いかけたくなる女性の特徴11選♡

>CanCam.jp TOPにもどる