ハンサムなのに女っぽい♡ブルーコーデ35選|春夏秋冬の着こなし

上品でおしゃれっぽいブルーコーデを厳選!

クールでおしゃれっぽいイメージが強いブルーのコーデを大特集! トップス・スカート・ワンピース・カーディガン・バッグ・パンプスetc…ブルーが映える旬コーデを、春夏秋冬の季節別に紹介します。

CanCamモデルの おしゃれ番長 堀田 茜は レイヤード前提で “辛口きゃみたん”を 選ぶ!

【目次】
春のブルーコーデ
夏のブルーコーデ
秋のブルーコーデ
冬のブルーコーデ

春のブルーコーデ


【1】ブルーデニムワンピース×ブラウンタートルネック

Denim

Ameri VINTAGEのデニムワンピは風合いも絶妙! 存在感バツグンで上級者見えするデニムドレスに、シースルーのタートルをレイヤードして重くなりすぎないよう調節♡

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【2】ブルースカート×ブラウントップス

色っぽエシカル楓のエモフェミ7days

ブラウンカーデにINしたタートルニットとスカートの両方で、旬の〝透け〟を堪能♡ さりげない色っぽさがプラスされるので、デートにぴったり!

CanCam2020年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【3】ブルー花柄ブラウス×ベージュパンツ

News3次の花柄はこんな気分♪アジアン調花柄がキテる!『甘さ控えめでちょいモード! 近頃気になるアジアンテイストの大人め花柄が、ブラウスのおしゃれ鮮度をグーンと高めてくれます!』

光沢感のあるサテン生地に施された花柄が、今話題のチャイナっぽい雰囲気♪ シンプルなベージュパンツを合わせて、ブラウスのブルーを引き立てて。

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/バックグラウンズファクトリー 構成/浜田麻衣

【4】ブルーブラウス×ブルーパンツ

News1この春はとにかく〝透け〟がキーワード!春イチ買いならシースルー『まず見逃せないのが、軽やかな透け感がかわいいシースルータイプ! 繊細なレースやオーガンジー素材のフェミニンな〝透け〟に注目。』

センシュアルな透け感のレースブラウスは、インナーに同色のキャミをINして品のよさをキープ。ダスティブルーのワイドパンツを合わせてワントーンコーデを楽しんで。小物はブラウンで統一してまろやかに♡

CanCam2020年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ブルーニット×キャメルコート×白スカート

冬アウターと合わせるならどう着る?まだまだ寒い時期は冬アウターと。ヘルシーに脚見せができるミニスカは、ボリュームのあるアウターも重く見せず、バランスよく着こなせるメリットが♡

まだまだ肌寒い春先は、ロングコートから脚見せ、が大人のミニ丈バランス。冬の定番アウター、ウールコートもミニスカを合わせるだけで着こなしの鮮度が急上昇。カラーニットをINしてメリハリよく!

CanCam2020年3月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ブルースカート×チャコールTシャツ×白マウンテンパーカ

楽ちんでかわいい!テイストMIXの大本命 ぶかっとトップス×スリムフレアスカート×スニーカー

ゆるTシャツ×ロングスカートでちょっぴりルーズな女っぽカジュアルに。ラフでこなれたマウンテンパーカをはおれば、ボーイッシュなムードはそのままにきれいめなおしゃれがキマる!

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【7】ブルーワンピース×Gジャン

簡単にムードが出せるジェニックワンピを都会的にアレンジ Aラインワンピ×辛口はおり×カジュアル靴

着映えするブルーに、くるくる回りたくなるほど広がるたっぷりの生地感・・・。最高にジェニックなワンピは、スタンダードなインディゴGジャンで等身大に着こなしたい。足元でピンクを効かせて、春らしい色遊びも楽しんで。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【8】ブルー花柄ワンピース×デニムパンツ

あえての重めバランスが、今っぽおしゃれな空気感を作る ロング×ロング

今季多いラップデザインの花柄ワンピ。レトロで女らしいワンピースは一枚で着てもかわいいけれど、デニムとレイヤードして足元を重めにするのが今どきバランス。 デニムはワンピより淡いブルーをチョイスすれば、もったりせずに着こなせます。差し色にプラスしたミニBAGやアクセントのサングラスで、カジュアルコーデにキレ味を添えて。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/ひるいちか ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉茜、木村晶

【9】ブルーブラウス×デニムパンツ

フレンチシックなブラウスにデニムを合わせたこなれコーデ。シンプルなワンツーコーデには、カゴやクロシェ、クリアなどのひとクセBAGがよく似合う♪

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【10】ブルーノースリーブ×ストライプパンツ

アクアブルーのトップスで、ストライプ柄のワイドパンツを爽やかにコーディネート。ハイウエストとストライプ効果で、想像以上の脚長シルエットに。ゆるっと見えるリラクシーなコーデも、トップスがフレンチスリーブならさりげない女っぽさが漂います♡

CanCam2019年4月号より 撮影/MARCO スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遠藤郁子 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/西村真樹

夏のブルーコーデ


【1】ブルーワンピース×パンプス

ドレッシーなレトロ柄ワンピ『例えば、おめかしディナーやリッチなホテルで過ごすとき。リゾートだからってカジュアルすぎるのは場にそぐわないから、シルエットがキレイなヴィンテージ風ワンピでレディに。柄の存在感を引き立たせるため、小物はワントーンで統一するのが好バランス。』

旬の小花柄ワンピをBOHOテイストで着こなせば、都会的でおしゃれっぽいリゾート仕様に。絶妙なダスティブルーと大人めなロング丈で、ヴィンテージムードも満点です。ソフトな肌触りのインドコットンで着心地もばっちり。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ブルータンクトップ×白スカート

エレガントなコットンレースのスカートは、実は両サイドにがっつり深めのスリット入り♡ 今年っぽい水着レイヤードにぴったりの、肌見せ上手な一枚です。ブルーのタンクとビーサン合わせで、夏らしく着こなして。

CanCam2019年8月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、SEA DAYS 構成/佐藤彩花

【3】ブルー柄スカート×白Tシャツ

メンズサイズのTシャツはシルエットがゆるっとしているからこそ、生地は厚めをチョイスして部屋着っぽさを回避。あえてレディなスカートを合わせるテイストMIXが、今季のトレンドコーデにしっくりです♡ ゆるTと差のつく細身のスカートを合わせると、ルーズで女の子らしい今旬バランスがきまります。

CanCam2019年7月号より 撮影/山岸和人 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/kika モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/STRANGER 構成/佐藤彩花

【4】ブルー柄スカート×ベージュニット

女らしいラメ×ベージュのノースリニットは、存在感はありつつも柄モノにスッとなじむ万能アイテム。古着屋さんにあるようなヴィンテージライクなスカートを合わせると、どこか懐かしい趣のある着こなしが完成します。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/石黒千晶

【5】ブルーカーディガン×白ワンピース×デニムパンツ

史帆は女の子デニムでモテ♡カジュアル

ブルーと白でまとめた爽やかなコーデは、ロングスカートのスリットからちら見えするデニム合わせがポイント。脚は出してないのに、スリットからデニムがのぞくレイヤードにドキっとさせる作戦です。ルーズ感がかわいいオフショルカーデでゆるさを演出しつつ、淡いトーンでまとめればモテ度も高め♡

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/手塚明菜

秋のブルーコーデ


【1】ブルーニット×ブラウンパンツ

05[薄てろボトム]『とろんと、たおやかに揺れる素材に薄手の頼りなさも相まって、品のよい色気をもたらしてくれる薄てろボトム。どこかリュクスなツヤめきがあるから、カジュアルコーデのドレスアップにも有効。』

落ち感のあるワイドパンツを取り入れて、ざっくりニットに適度な緊張感をプラス。こっくりブラウンを選べば、より上品にまとまります。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【2】ブルーニットワンピース×ブルージャケット

04[たゆ~ん袖ワンピース]『手元の仕草をきれいに見せてくれて、たゆ〜んと揺れるたび色っぽい余韻を残すボリューム袖。今季はバリエ豊富に登場しているワンピで取り入れて、女らしさ増し増しで着よ♡』

ゆるっとシルエットが親しみやすくてやさしげなニットワンピ♡ たゆ〜ん袖のやわらかさが際立つ淡いブルーグレーに、同系色の小物を合わせるなじませ配色が今っぽい。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】ブルーニット×デニムパンツ

無骨なデニムには、アイスブルーの程よい甘さがちょうどいい♡ ウォッシュデニムでワントーンっぽくまとめつつ、カラフル小物で遊びをプラス。ピンクのバッグやビジューパンプスで、リラックスDAYにも女の子らしさを意識。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ブルーニット×白スカート

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『MUJI系男子とデートするなら、ほんのりかわいくスニーカーを履く!』

カジュアルなフーディは、スカート合わせで甘めコーデに♡ ゆるニット×ロングスカートの鉄板コーデも、この秋はトレンドのティアードスカートでアップデート。アイシーブルー×オフホワイトの優しげ配色に、ピュアな白スニーカーで爽やかなアクセントを!

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)、小野寺晃良 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【5】ブルーニット×チェック柄スカート

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

顔周りが優しく見えるサックスブルーはトップスに投入してこそ本領発揮。女っぽいタイトスカートと合わせても強すぎなくて◎!

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【6】ブルーニットワンピース×白ジャケット

04 彼好みだし、わたしもちゃんと満足する服!抱き寄せたくなる「デートワンピ」

一枚でサマになるニットワンピースは、控えめなフィット&フレアのシルエットが上品映え。リブ幅がランダムなデザインで、無地でものっぺりしない優れモノです。黒小物を合わせて、シックにまとめるのが大人見え♡ 

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【7】ブルートップス×黒スカート

ロングトップス×ベルト の新シルエットにTRYしてみたい! by 安未

ロングトップス×ロングスカートの重めバランスには、存在感のあるベルトをプラスしてメリハリのある着こなしに。カラートップスにベルトをONする場合は、同系色でそろえるのがオススメです。

CanCam2019年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】ブルーカットソー×ベージュジャケット×黒柄スカート

ラフなタンクの抜け感で程よくカジュアルダウン

コーデュロイジャケットには、軽やかなタンクで抜け感をIN。花柄よりもこなれ見えするボタニカル柄スカートに、きれい色のブルータンクで品のよさとおしゃれ感を両立して。小ぶりなショルダーバッグを合わせる日は、エコバッグとの2コ持ちがおすすめです♡

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/浜田麻衣

【9】ブルーストライプスカート×白ニット×カーキジャケット

ラフなタンクの抜け感で程よくカジュアルダウン

サーマル素材のタンク×ストライプ柄スカートを、ラフなサファリジャケットできれいめカジュアルにシフト。白、カーキ、ブルーの配色で爽やかなルックスも叶います。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【10】ブルースカート×オレンジタンクトップ

CanCamモデルの おしゃれ番長 堀田 茜は レイヤード前提で “辛口きゃみたん”を 選ぶ!

ストライプマキシとオレンジタンクで、鮮やか色同士のカラーミックス。オレンジはブラウンや黒とも相性がいいので秋もまだまだ着回せます♡

CanCam2019年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子(ヘアスタイリング協力) ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

冬のブルーコーデ


【1】ブルーパンツ×ピンクコート×黒ブラウス

デニム感覚ではけるブルー系パンツ

くすみトーンなら、ピンク×ブルーの色合わせも大人見え。インナーを濃い色で締めると、メリハリ&大人っぽい印象もアップするのでおすすめです。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】ブルースカート×ベージュジャケット×ブラウンタートルネック

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

奥行きが増す同色のレイヤードで、絵になる着こなしを手に入れて! 旬のBIGシャツは、重ね着やブラウジングで遊びを加えることでスタイリングに幅が出ます。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ブルーニットワンピース×デニムパンツ

ゆるっと長めが今っぽバランス!RANDAの サイドスリットニットワンピを着回し!『着心地◎のモヘア混素材。コートや小物で印象を変えやすいシンプルデザインだから、ワンピでも着回し度はかなり高め。ネイビー感覚で使えるダークブルーも使い勝手よし♡』

ニットワンピースにボーダーカットソーを重ねて、すっきり見えするレイヤードに。ベルトでのブラウジングもスタイルアップの秘密です!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ブルーニット×ブラウンコート×チェック柄スカート

SUKE KNIT : 2 かぎ編み透け『柄ニット感覚のかぎ編みは、ラフに着られるオーバーサイズが使い勝手抜群。鮮やかorトレンドカラーで、さらなる着映えを狙って♡』

インナーで遊びやすい透け度高めなカギ編みニットは、鮮やかブルーを選んでメリハリを。チェックスカートでグッドガールにまとめれば、デート仕様に着こなせます♡

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/坂口勝俊(sui) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ブルースカート×白ニット

凛とした大人の色気をまとう憧れの的 ほのか主演エモお姉さん

鎖骨がきれいに見えるオフショルニットに、女らしいプリーツスカートを合わせた鉄板モテコーデ♡ くすみ系の色合わせなど落ち着いた配色でまとめれば、甘さも程よくコントロールできちゃいます。

CanCam2020年2月号より 撮影/神戸健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/小嶋明恵、田中涼子

【6】ブルースカート×ネイビーコート×ベージュニット

あの手この手で♡ 地味色コートはもっとかわいく着回せる!『頼れるベーシックカラーのコートだけど、毎日着るから飽きてきた!なんて人も多いはず。着こなしをアップデートしてくれる㊙テクニックをご紹介♪』

ゆるずるっとしたニット×ロングスカートの着こなしには、合わせやすいネイビーのノーカラーコートがしっくり。細めのレザーベルトでフィット&フレアシルエットをメイクすれば、スタイルアップも叶います!

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【7】ブルースカート×ベージュコート×黒ニット

締め色やタイトボトムなら、ボリューミーなボアコートもスッキリ着られます!『なんといっても今年の冬アウター一番の目玉はボアコート♡ 色の効果やシルエットのテクニックを駆使して、ボアをかわいく攻略して!』

ボリューム感のあるボアコートには、タイトな黒ニットとロングスカートで縦ラインを意識! くすみ系のカラートーンも今っぽくておしゃれ感UP♡

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ブルースカート×白ダウンジャケット×黒ニット

ダウンコートはショート丈&カラーを選べば、むしろ今どきアウターです!『長めボトムともバランスのよいショート丈、かわいめカラーを選べば、ダウンコートはむしろトレンド! あったかい上に洒落感までアピールできちゃう♡』

カジュアルなダウンジャケットも上品な白を選べば、スカート合わせのキレイめコーデにもすんなりハマる! 黒×ブルーのクール配色に合わせて、抜け感のある防寒コーデを楽しんで。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ブルースカート×ブルーニット

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

トップスはケーブル編み、スカートはスムースニットなので、単色コーデでもおしゃれの手抜き感は皆無! セットアップのきちんと見えに頼って、小物はパイソン柄くらいとばしても問題ナシ! ブーツはブラウンでまろやかに引き締めて。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【10】ブルー柄スカート×テラコッタコート×白タートルネック

ブルーやテラコッタ色をMIXして感度の高い配色に♡

ターコイズブルーが効いたレトロプリントのスカートを、エクリュのリブニットで軽やかにコーディネート。ロングコートを重ねても抜け感が生まれるので、ボリューミーな旬コーデも洗練された印象にまとまります。黄みの強いテラコッタ色は、流行色の茶系とグラデーションが作りやすい&キレイ色との相性が抜群!

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶 

 

>CanCam.jp TOPに戻る