理想の脚長バランスに♡ハイウエストスカートのおすすめコーデ20選【2019夏秋】

美スタイルをお約束♡ハイウエストスカートの着こなし

今シーズンも、スタイルよし!トレンド感よし!のハイウエストスカートコーデが続々! 腰位置が高く、脚が長く見えるハイウエストのスカートは、いつだって女の子の味方です♡ タイトスカート・デニムスカート・フレアスカートの最旬コーディネートを紹介します♪

【目次】
ハイウエストスカート 夏コーデ
ハイウエストスカート 秋コーデ

ハイウエストスカート 夏コーデ


【1】ラベンダーハイウエストスカート×ストライプシャツ

背抜きシャツで大人っぽい肌見せコーデにTRY!

ともすれば、コンサバど真ん中のシャツ×タイトスカートという組み合わせも、鎖骨見えが大人っぽい背抜きシャツなら今っぽいコンサバコーデにシフト。脚長効果も叶うハイウエストスカートで、上品さもスタイルのよさもアピールできます♡ 淡いトーンでつなげた配色も、フェミニンで好感度抜群です。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【2】白ハイウエストスカート×水色Tシャツ

存在感大のロゴTで爽やかスポーティStyleに

アイスブルーのロゴTは、スカートやサンダルを白でつないでmore爽やかに。『アディダス』のロゴが効いたカジュアルなコーデも、ボトムにタイトスカートを選べば女性らしく決まります。ハイウエストかつキレイなストレートシルエットで、すっきりIラインを強調して。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/野口由佳(ROI) モデル/阿部桜子  撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ピンクハイウエストスカート×黒ブラウス

おしゃれに差がつくドット×カラーミニでキャッチーに☆

ガーリーなドット柄ブラウスは、カラーミニを合わせてプレイフルに。ブラウスのふわっと甘いフォルムを活かしつつ、太ベルトのウエストマークでメリハリを効かせるのがポイントです。ハイウエストのミニスカートは、夏っぽい厚底サンダルでさらにスタイルアップさせる作戦です!

CanCam2018年6月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY/P.98~P.107)、須藤敬一(P.108~P.109) スタイリスト/伊藤舞子(P.98~P.107)、田中美穂子(P.108~P.109) ヘア&メーク/神戸春美  モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/浜田麻衣

【4】グリーンハイウエストスカート×白キャミソール×白ブラウス

すっきりIラインでまとめた、大人めカラーMIX

フィット感のあるブラウスとハイウエストのタイトスカートで、すっきり縦シルエットを強調すればトレンド感もスタイルアップも申し分なし♡ 全体をちょっぴりピタッとするアイテムでまとめるのも、実はスタイルアップの近道です。ブラウスやタイトスカートを取り入れた、きちんと感高めの上品コーデはキャンパスでもオフィスでも好感度大。バッグ&靴はベージュ系でまとめて、グリーンが映える今っぽい着こなしを完成させて♡

★【今日のコーデ】ドット柄の透け感がツボ♡真夏のカラーMIXコーデ

【5】グリーンハイウエストスカート×グレーTシャツ

鮮やかなグリーンのスカートはロゴT合わせでカジュアルダウン★

トレンドの緑スカートは、ハイウエスト&タイトなシルエットのものを選べば一瞬で美スタイルに! 鮮やかなグリーンに合うグレーのロゴTを合わせれば、ラフな雰囲気が加わって今どきの大人カジュアルが完成します。足元はウェッジソールのパンプスで、スタイルアップもさりげなく。ビジューとパールが付いたデザイン性の高いバッグが、キラッと艶めく女っぽさをプラスしてくれます♪ ゆるっとしたオーバーサイズのTシャツは、タイトシルエットのボトムにインして着こなして。

★【今日のコーデ】着るだけで美シルエット!魔法のスカート発見♡

ハイウエストスカート 秋コーデ


【1】マスタードニット×チェックフレアスカート

マスタードにブラウンや黒を効かせて秋色MIXを楽しんで

マスタード色の深Vニットに、チェック柄スカートを合わせた秋コーデ。ブラウンとも黒とも相性のいいマスタードは、秋冬一枚持っておくと便利です♡

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【2】レース切り替えワンピース

シックでフェミニン♡淡いトーンをまとってレトロにドレスアップ

シックで落ち着いたカラーのワンピースは、素材やデザインで遊ぶのがポイント。スカートは、オーガンジーのチュールが重なったリメイク風のデザインなので、写真映えする華やかさが叶います!

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美・堀田 茜(以上本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】黒ニット×白ドットスカート

上品なモノトーンコーデは小粒のドットを効かせてクラシカルに♪

ハイネックニットとマーメイドラインのスカートを合わせた、フェミニンでやさしげなコーディネート。レトロなアイテム同士のコケティッシュなフォルムが、フレンチシネマに出てくるヒロインのよう♡

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】白オフショルニット×ブラウンロングスカート

ゆるシルエットなのにオフショルでV空き…モテニットに認定♡

定番のワンツーコデーデも、モテが詰まったニットと洗練見えするロング丈のスカートで一歩先行くおしゃれコーデに! 抜け感のある足元とトレンドのレオパード柄バッグで、大人っぽいけど女らしい理想の着こなしが完成します♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【5】黒ブラウウス×パープルスカート×黒ブーツ

ヴィンテージ風トップスでNOTコンサバなスカートコーデに

女性らしく柔らかなラベンダーを黒で締めて、大人っぽい着こなしに。フェミニンなシルエットと配色には、ツヤのあるレザーブーツできりっと辛さを足すのがポイントです。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【6】グレータートルニット×パープルフレアスカート×黒フラット靴

春色パープルはベーシックコーデのアクセントに最適!

イレギュラーヘムのミモレ丈スカートで、こなれ感のあるスカートコーデに。こっくりとしたパープルも大人見えポイントです。トップスはグレーのタートルニットですっきりと。要素を増やさずに、スカートのデザイン&ボリューム感で勝負して。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【7】黒リブニット×ピンクフレアスカート

やわならかなピンクスカートを黒ニットで大人めにシフト

女の子らしさの代表フレアスカートも、大人っぽい〝長め〞が定番化。上品なシルエットとキュートなピンクが最高にキュートな一枚です。トップスは、着やせ効果もある黒のリブニットをINにして、すっきり大人っぽく着こなして。

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/トラウデン宮本茉由(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【8】ブラウンニット×チェック柄スカート

ブラウンのグラデで魅せる大人めレディな着こなし♡

グレンチェックは、ブラウンを選ぶとクラシカル感がUP! 女らしさと品のよさが手に入るので、きちんとしたシーンにも活躍の予感。スタイルよく見えるハイウエストや軽快なヘム裾など、今秋のチェックスカートはデザインも進化しているのでチェックして♡

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)モデル/楓(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【9】ロゴニット×イエローチェックスカート

キャンパスでのミニスカはほんのりトラッドが正解♪

スクール感のあるチェック柄ミニは、シンプルなロゴニットをINしてグッドガール風にまとめるのが正解! ハイウエストだから、脚長効果も期待できます☆ 明るめカラーが効いた大柄のチェックが、秋のコーデを盛り上げてくれる!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【10】スエット×イエロータイトスカート×黒ローファー

ニット帽やローファーをタイトスカート合わせできれいめに♡

シンプルでゆったりとしたロング丈の黒スエットは、×ハイウエストスカートでスタイルアップもぬかりなく! ニット帽やファー付きのフラット靴で、こなれた小物使いを意識すれば自然とメリハリもUPします♡

CanCam2018年10月号より 撮影/柴田フミコ スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【11】黒リブニット×ピンクミニスカート

スイーツみたいに甘いピンクもミニスカならこんなにヘルシー♪

くるみボタンがお行儀よく並んだピンクミニ♡ 黒のリブニットとミニBAGでキレのよさをプラスすれば、大人かわいい〝ビター&スイート〟コーデの完成です。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メ ーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【12】ボーダーTシャツ×カーキタイトスカート×黒ブーツ

細身トップスのウエストINですらっとしたⅠラインを意識

ボーダートップスにカーキのスカートを合わせた辛口コーデ。スカートをちょっぴりハンサムに着こなしたいときにオススメです♡ スカートはウエストリボンを取り外して、シンプルに使ってもOK。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【13】黒トップス×イエローロングタイトスカート

感度抜群!マスタードカラーのスカートで秋っぽくおめかし♡

起毛感のある「見た目あったか♡」なコーデュロイスカートで、季節感を先取り。小粋なビーズ刺しゅうが施された巾着バッグも、コーデを秋めかせるアクセントになっています。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【14】黒スエット×タータンチェックスカート

タータンチェック×イエローのラインが絵になる華やかさ!

ベルトバックルやボタンディテールがレトロなスカートは、ゆるっとした黒スエットで〝大人カジュアル〟に着こなして。チェック柄が上品だから、スポーツテイストのBAGで遊び心をINするのが今年テク♪

CanCam2018年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【15】ボルドーニット×デニムタイトスカート

ボルドー×インディゴで気分秋めく「こっくり配色」を堪能♡

親近感のあるデニムタイトは、男女ともに好感度高め。さりげなくウエストマークできる共布ベルトで、腰回りをすっきり華奢に見せて。ウエストの後ろ部分がゴム仕様になっているから、はき心地もgoodです。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

 

 

★スタイルアップにもおすすめ♡ハイウエストパンツの秋コーデ17選【2019レディース】

>CanCam.jp TOPに戻る