2019はカラーも豊富♡ニットカーディガンの秋コーデ39選

ニットカーディガンのおすすめコーデ集


秋の着こなしに欠かせない、ニットカーディガンの着こなしを大特集♡ ざっくりニットのカーディガンは、スリムなデニムやワンピースと相性抜群。女の子らしいゆる感は、おしゃれっぽさも男の子ウケもばっちりです♡ 体型カバーも簡単にできちゃう、ニットカーディガンはこの秋マスト!人気の白&グレーのほか、ブルーやピンクなど甘めカラーの秋コーデも必見です。

【目次】
ニットカーディガンを合わせる秋コーデ
白のニットカーディガン 秋コーデ
グレーのニットカーディガン 秋コーデ

ニットカーディガンを合わせる秋コーデ


【1】水色ニットカーディガン×ブラウンワイドパンツ

05[薄てろボトム]『とろんと、たおやかに揺れる素材に薄手の頼りなさも相まって、品のよい色気をもたらしてくれる薄てろボトム。どこかリュクスなツヤめきがあるから、カジュアルコーデのドレスアップにも有効。』

落ち感のあるワイドパンツを取り入れて、ざっくりニットに適度な緊張感をプラス。こっくりブラウンを選べば、より上品にまとまります。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【2】ブラウンニットカーディガン×花柄ロングワンピース

背中部分が浅めのVカットになったケーブルニットは、抜けが生まれると同時に女っぽさが感じられる一枚。パターンが異なるアラン編みニットと小花柄ワンピを合わせると、旬のヴィンテージムードが楽しめます。

CanCam2019年11月号より 撮影/吉田 崇(まきうらオフィス) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/森野友香子(Perle Management) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/岩附永子

【3】ブラウンニットカーディガン×黒の花柄ワンピース

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『MUJI系男子とデートするなら、ほんのりかわいくスニーカーを履く!』

甘いプリントワンピにニットカーデをプラスして、花柄の面積を抑えると即秋モードに。ボーイッシュな印象のダッドスニーカーは、淡いトーンの色をチョイス。なじみのいいまろやかカラーなら、ワンピの外しとしても浮かないので安心です♡ 秋らしいこっくりブラウンでまとめて大人っぽい表情に。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属)、小野寺晃良 撮影協力/ROTISSERIE BLUE、東京おでんラブストーリー、ユーゴデノワイエ恵比寿、AWABEES 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【4】ベージュニットカーディガン×白タンクトップ×ブラウンパンツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

ざっくりニットカーデは、ほんのり肌見せで脱・ほっこり。ずるっと着ても上品さをキープできるのは肌なじみのいいベージュだからこそ。白キャミをのぞかせて、すっきり抜け感も意識して。足元はあえての黒で、ベージュを引き締めるのがおしゃれです。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【5】ピンクニットカーディガン×白タンクトップ×デニムパンツ

夏から引き続き活躍中の白タンクは、ざっくりカーデの下に着て冬まで着回す! ニットの時期も白タンクを活用すれば、抜け感や温度調節が簡単に。厚手のニットカーデもすっきりと着られるのでオススメです。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【6】赤ニットカーディガン×白Tシャツ×黒パンツ

ビビッドな赤ニット×黒スキニーで感度の高い女子カジュアルに

ローゲージのざっくりニットは、この秋冬の着こなしに欠かせない旬の一枚。ボトムにスキニーデニムを指名して、メリハリのある上下バランスを意識。ゆるっと感とピタ感のギャップこそ、簡単にマネできる着やせテクなのでお試しを。やんちゃ感がプラスできるキャップとチェック柄バッグで、コーデの今っぽさをより加速させる作戦です!

CanCam2018年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/BRYANT COFFEE、ON THE CORNER、SMT TOKYO、VINTAGE QOO TOKYO 構成/田中絵理子、佐藤彩花

【7】水色ニットカーディガン×黒ロングワンピース

ゆるカーデでヴィンテージ風ワンピをレトロかわいく♡

ふわっと体を包むニットカーデとドット柄チュールのガーリーな組み合わせも、ダスティブルーと黒の合わせで大人っぽく着こなして♡ 透け感のあるワンピは黒でも軽やかに着られるので、淡色のゆるカーデともしっくりとなじみます。仕上げにブルーや黒と相性のいいグレー小物を上手に使って、まろやかで落ち着きのある配色にまとめましょ。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【8】ブラウンニットカーディガン×白ロングワンピース

レトロな開襟ワンピースにはざっくりカーデで「ゆる感」をプラス

膨張しがちな白地の花柄ワンピースは、ウエストまわりのレースアップでメリハリ感をアピールして。そんな一枚でサマになるワンピースに、ダボっとしたキャメル色のカーディガンをさらっと羽織れば、今っぽいゆるズルシルエットがメークできます。さらに上品でフェミニンな花柄ワンピには、小ぶりのバッグやヒールパンプスなどレディな黒小物を合わせるのがポイント。トレンドのレトロ感と女っぽさを欲張りにアピールを♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【9】ピンクニットカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

3位 ゆるっとかわいい♡オフの日コーデにみんなが指名!ざっくりカーデ×Tシャツ×デニム『カジュアルコーデの中で、みんなに最も支持されたのがコチラ!カーデのモコモコした素材感や、美シルエットのデニムなど、ラフだけどちゃんと女の子らしく見えるのが人気の秘密なんです♪』

胸キュン必至なベリーピンクのカーデで作る、理想の女の子カジュアル♡ ショート丈カーデ×華奢ロゴT×インディゴデニムでリラックス感を演出しつつ、クロップド丈のカーデでスタイルアップも♡ ロゴTシャツをINすれば、こなれてるけどちゃんとSWEET♡なデニムカジュアルが楽しめます。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【10】イエローニットカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

ラフなざっくりカーデは美形デニムで女らしさもMIXして

キャッチーなマスタード色で、カーデ×デニムの定番LOOKをブラッシュアップ。プレーンな白Tとデニムを合わせた〝夏のあるあるスタイル〟は、トレンドのワッフルカーデをはおって秋顔に即シフト♡ 刺しゅうした巾着バッグでレトロに味付けして、一歩先行くしゃれ感も忘れずに。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【11】ベージュニットカーディガン×黒Tシャツ×デニムパンツ

手編み風カーデで男前なデニムコーデを女らしく♡

黒Tシャツ&インディゴデニムのクールなコーデを、ふんわり感のあるボリュームカーデで女らしく。思わずハグしたくなるぬいぐるみのようなモコモコ感に、指先がちょこんとのぞく盛り袖。男女ともにウケる主役カーデを引き立てたいから、その他のアイテムはミニマルなデザインを選ぶのがベターです。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【12】カーキニットカーディガン×黒Tシャツ×デニムパンツ

ダスティグリーンのざっくりカーデを薄色デニムで軽やかに!

くすんだダスティグリーンのカーデに、切りっぱなしデニムを合わせたラフなスタイル。カジュアル度が高めのときは、ファーバッグやヒール靴で女っぽさ&抜け感を意識して。Tシャツやバッグを黒でまとめているのも大人見えのポイント。白Tでなく黒TシャツをINに着ると、ちょっぴりメンズライクな秋配色がきまります♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世 

【13】ラベンダーニットカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

BIGカーデ×デニムでゆるっとかわいい♡オフの日コーデに

ふわもこ♡のラベンダカーデとクールなロゴTが、絶妙な甘辛MIXを実現! 袖ボリュームのカーデ×グラフィックT×グレーデニムのカジュアルな合わせも、配色と抜け感でどことなく女らしい仕上がりに。カーデのモコモコした素材感や美シルエットのデニムなど、ラフだけどちゃんと女の子らしく見えるのがポイントです。カーデの肩を落としてちょっぴりルーズに着くずせば、こなれ感がよりUP♪

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【14】赤ニットカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

3位 ゆるっとかわいい♡オフの日コーデにみんなが指名!ざっくりカーデ×Tシャツ×デニム『カジュアルコーデの中で、みんなに最も支持されたのがコチラ!カーデのモコモコした素材感や、美シルエットのデニムなど、ラフだけどちゃんと女の子らしく見えるのが人気の秘密なんです♪』

定番の白T×デニムに真っ赤なカーデをはおってパリの女の子っぽく♡カーデがゆるっとしている分、Tシャツやデニムはスッキリシルエットのものを選んでバランスUPを図って!

CanCam2018年11月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/奥富思誉里 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【15】水色ニットカーディガン×白Tシャツ×黒デニムパンツ

Check!読者200人への徹底取材でわかった!みんなが好きなコーデランキングTop10がコレ!『3位 カジュアルコーデが上位に殴り込み!ざっくりカーデ×Tシャツ×デニム』

ロゴTシャツ×黒パンツの定番コーデは、トレンドのショート丈カーデをはおるだけですぐさまおしゃれに♡ シンプルで大人見えするカジュアルコーデは、色で遊ぶのもポイントです。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【16】ピンクニットカーディガン×白カットソー×黒パンツ

おしゃれコーデがパッときまるIライン×ゆるカーデ

袖のケーブル編みやゆるっと感がかわいいニットカーデには、すらっとした黒スキニーを合わせてバランスUP! 白Tシャツや足首見せで、抜け感をプラスするのも女らしさに必須です♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【17】ピンクニットカーディガン×ピンクキャミソール×デニムパンツ

ピンク×肌見せでとびっきりSWEETIEなデニムスタイルに♡

ふわふわとしたアンゴラ混のピンクニットに、色味違いのピンクキャミをIN。Vネック&細ストラップのキャミなら、抜け感のあるレイヤードスタイルが完成します。ピンクや肌見せ感など、男子からも好印象♡なモテコーデはマネしたい!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【18】白ニットカーディガン×デニムワイドパンツ

ロマンティックなヴィンテージ風コーデが今っぽかわいい

ゆるっと感がかわいいローゲージのカーディガンは、アンティーク調のボタンがアクセントに。ワイドなシルエットやステッチ使いなど、どこか〝ヴィンテージライク〟を意識したデニム合わせがポイントです。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【19】イエローニットカーディガン×白キャミソール×デニムパンツ

隠れ注目カラーのイエローはコーデの主役で間違いなし!

秋も人気のイエローは、NEXT買いの必須カラー。キュートに着るのもいいけれど、カジュアルなニットカーデを選んで、デニム合わせでヘルシーに着こなすのが気分です!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【20】グリーンニットカーディガン×黒ワンピース

黒のペンシルワンピを抹茶ラテカラーのカーデで優しく包み込んで♡

ゆったりシルエットのカーデは、フィット感のある締め色ワンピと合わせるのが好バランス。全体を淡くまとめるよりもコーデにメリハリが生まれて、スタイルUPも叶います! 足元は黒ブーツで、秋の着こなしを楽しんで。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【21】ネイビーニットカーディガン×ボーダーキャミソール×白スカート

彼氏に借りたっぽいオーバーサイズ感が逆に女らしい♡

秋のお出かけには、アウター代わりのロングカーデを取り入れて。羽織るだけで、今っぽさも防寒も叶うローゲージニットは、見た目の女の子らしさもパーフェクト! キャミ×タイトスカートの女っぽい着こなしに合わせるだけで、ギャップのある程ゆる感がアピールできます♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【22】ラベンダーニットカーディガン×パープルTシャツ×デニムパンツ

パープルグラデで作るおしゃれ感度高めのデニムスタイル

オフのお出かけに投入したい、ざっくりカーデ×Tシャツ×デニムの鉄板おしゃれカジュアル。全部がラフなアイテムでも、パンチの効いたパープルが加わればメリハリのあるこなれスタイルに早変わり!

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【23】パープルニットカーディガン×グレーTシャツ×デニムパンツ

強く優しく遊び心もある理想の女性像はパープルで作れる!

秋のパープルの中でも、スパイシーで大人っぽい印象のグレープパープル。強くてエレガントな色だからこそ、ロゴTやデニムのラフさがちょうどいい中和剤に。

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【24】オレンジニットカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

ざっくりカーデ×デニムでこなれ度MAXな休日スタイル

秋アウターは、ゆるカーデを買っておけば間違いない! 白T×デニムの鉄板コーデに合わせるだけで、こなれ感抜群のおしゃれカジュアルが完成します。足元は女っぽいベージュパンプスでヌーディに。秋は、ゆるカーデをワンピースにはおってアウター感覚で取り入れるのもオススメです。

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【25】パープルニットカーディガン×白Tシャツ×デニムパンツ

ゆるっとカーデ×スキニーのCUTEカジュアル♡

淡いパープルのざっくりニットカーデなら、カジュアルだけどガーリーな印象に♡ スキニーデニムで女らしさもアピールできるので、ゆるシルエットも子供っぽくならず着こなせます。

CanCam2018年10月号より 撮影/菊地泰久(vale.) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/又吉樹菜

白のニットカーディガン 秋コーデ


【1】白ニットカーディガン×白タンクトップ×デニムパンツ

優しげな白カーデを合わせた女のコらしいデニムStyleは、温かみのある秋色コンバースでカジュアルかわいくまとめるのが正解! ファー小物もプラスして、季節感を盛り上げて。

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】白ニットカーディガン×グリーンワンピース×デニムパンツ

花柄ワンピのボタンを開けて、ウォッシュデニムとレイヤード。足元に秋色コンバースを合わせれば、ヴィンテージ風カジュアルコーデのできあがり♪

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】白ニットカーディガン×グリーンロングワンピース

花柄ワンピが主役の女のココーデに、白カーデ&白ブーツを投入♡ ニット×ロング丈ワンピのボリューミーな組み合わせでも、白ブーツなら軽やかにまとめてくれる♪ 

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/Paris COFFEE 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】白ニットカーディガン×黒の花柄ロングワンピース

04 彼好みだし、わたしもちゃんと満足する服!抱き寄せたくなる「デートワンピ」

総柄のワンピは張り切ってるようで気後れしちゃう、というコにはニットカーデでカジュアルダウンするのがオススメ。その分手元のアクセやヒールでレディ度をUPさせて♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ROTISSERIE BLUE、東京おでんラブストーリー、ユーゴデノワイエ恵比寿、AWABEES 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【5】白ニットカーディガン×グレーTシャツ×黒デニムパンツ

ロゴTが映えるデニムコーデを×ゆるカーデでこなれ見せ

POPなカレッジロゴTを、白カーデと黒デニムで大人っぽくサンドイッチ♪ ケーブル編みの白カーデ×カレッジロゴT×ブラックスキニーのクールな合わせも、爽やかな白ニット効果でどこか女らしい仕上がりに。大学名が書かれたやんちゃ系のロゴTがあるだけで、ざっくりカーデ×黒デニムが今ドキコーデに。全体を落ち着いたトーンでそろえるのが、幼く見せないカギなんです♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【6】白ニットカーディガン×黒ワンピース

ゆるカーデ×レトロワンピの最強タッグで愛され系に

大人かわいく着られるトレンドといえば、レトロワンピ×白カーデの着こなし。甘めのレトロワンピを程カジュアルに引き立ててくれる、ゆるカーデの存在がカギ。ドット柄をより女っぽく着こなしたいなら、水玉の色を拾った白カーデ合わせが正解です♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【7】白ニットカーディガン×黒ロングワンピース

花柄ワンピ×ざっくりカーデでヴィンテージガーリーに♡

花柄のフレアワンピにふわもこカーディガンをはおって、楽ちんかわいいガーリーコーデに。ちょっぴりヴィンテージライクなアイテム同士を合わせることで、今っぽいレトロ感がアピールできます♡

CanCam2018年11月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】白ニットカーディガン×レオパードビスチェ×レオパードスカート

AYAMI SPECIAL2:地元・大阪編 女優でもモデルでもない、素の彼女に会いたい! AYAMI goes back to Osaka! 中条あやみ、故郷・大阪に帰る。『2011年ティーン誌でモデルデビューして以来、モデルとして女優として、スターダムを駆け上がる21歳。そのまるで人形のような抜群のスタイルと愛らしい顔立ちは、世の女の子の憧れの的♡でも、美人でかわいくてミステリアスな雰囲気も持つあやみって、本当はどんな女の子なんだろう?彼女の生まれ故郷、大阪の街を巡って、あやみの素顔に迫ります。』

インパクトのあるレオパード柄のセットアップに、上品ホワイトで女の子らしさをトッピング! 差し色にジューシーなピンクを足して、モノトーンに愛らしいスパイスを。

CanCam2018年11月号より 撮影/新田君彦 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/秋鹿裕子 モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/フレイザーレジデンス南海大阪 構成/西村真樹

【9】白ニットカーディガン×花柄ワンピース

花柄ワンピとふわふわニットで最強かわいいモテコーデに!

ノースリの花柄ワンピ×ふわふわニットのあざとかわいいモテコーデ。触れたくなるふわふわ素材とチラリと見せた肩の露出で、思わずドキッとさせる作戦です。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

【10】白ニットカーディガン×ピンクキャミソール×ピンクスカート

目を引くレーススカートを秋ニットで大人かわいく♡

よりロマンティックなヴィンテージコーデに挑戦するなら、くすみピンクをベースにしたワントーンがオススメ。キャミ×レーススカートにゆるっとしたニットカーデをはおって、女の子らしさとスキのある抜け感をアピールしましょ♡

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

グレーのニットカーディガン 秋コーデ


【1】グレーニットカーディガン×白カットソー×黒ロングスカート

07 おしゃれ男子別 デートに「スニーカー」の王道コーデ『エナジー系男子とデートするなら、思い切りスポーティにスニーカーを履く!』

ロング丈のティアードスカートをスニーカー合わせでカジュアルダウン。ほんのりかっこいいムードのハイカットスニーカーは、グレーならモードすぎずスカートにも好相性。スカートに甘さがある分、Tシャツやニットカーデはモノトーンでまとめてちょっぴり辛めに。スニーカーとニットカーデのグレーをリンクさせて、コーデに一体感を意識して。

CanCam2019年10月号より 倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(楓分)、神戸春美(松本大輝さん分) モデル/楓(本誌専属)、松本大輝 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【2】グレーニットカーディガン×ネイビーワンピース

人気続行のレトロワンピは×ゆるカーデで秋仕様に!

トレンドの花柄ワンピこそ、ベーシックカラーを選んで大人っぽく着こなしたい! ネイビーベースの小花柄ワンピは、重すぎず軽すぎずのグレーカーデをプラスして、トレンド感と上品な女らしさを程よくアピール♡ 落ち感のあるロングワンピとゆるカーデの全身バランスも、今っぽい着こなしにマスト! ネイビー×グレーの落ち着いた配色には、イヤリング&バッグでマスタードイエローを利かせるのがポイントです。

CanCam2018年11月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/奥富思誉里 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【3】グレーニットカーディガン×ネイビーTシャツ×デニムパンツ

まろやかグレーのざっくりカーデを×ウォッシュデニムで切れ味よく

ラフに羽織った手編み風のボリュームカーデが、定番のデニムコーデをあったかかわいい雰囲気に。淡いグレーのカーディガンを、黒ではなくネイビーのTシャツで締める着こなしも、すぐにマネしたい配色テク。ハイウエストデニムにTシャツをINすれば、すっきりスタイルアップも叶います。スキニーデニムのタイトさとBIGカーデのゆるっと感、このシルエットのギャップも体型カバーに効果的♡ 小物は鮮やかなイエローを効かせて、ハッピーでヘルシーな印象に。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/汐留シオサイト5区イタリア街、田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【4】グレーニットカーディガン×黒タンクトップ×ベージュパンツ

パンツスタイルもタンクの肌見せでヘルシー&セクシー♡

この秋ワードローブに追加したいのは、襟元のリブ切り替えとカラーボタンが着るだけでサマになっちゃうニットカーデ。上のボタンを外してルーズに着ると、インナーとのレイヤードが映えてさらにこなれ感がUPします。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの  

程よくダボっとしたニットカーデは、女の子の華奢さを演出してくれるオススメアイテム。ワンピースやパンツにはおるだけで、オシャレ感が漂うちょっぴりルーズな雰囲気がONできます。

★モテ最強説♡カーディガンのおすすめコーデ28選

>>CanCam.jp TOPへ戻る