ブラックデニムのおすすめコーデ21選|パンツ・スカート・ジャケットの着こなし

ブラックデニムの秋コーデを大特集


この秋、ブラックデニムをおしゃれに着るなら? クールな印象が強いブラックデニムは、色落ち具合やシルエットで印象もさまざま。スキニーパンツやデニムジャケットを取り入れた最旬コーデを紹介します。パンプスやサンダルを合わせた、大人見えするカジュアルコーデもチェックして。

ブラックデニム

【目次】
ブラックデニムを合わせる秋のレディースコーデ
ブラックデニムに合わせる靴

ブラックデニムを合わせる秋のレディースコーデ


【1】ブラックデニムパンツ×白ブラウス

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

シンプルなデニムコーデに映えるジューシーな赤小物。白ブラウス×グレーデニムのモノトーンコーデに投入して、そのパワーを最大限に引き出して。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【2】ブラックデニムパンツ×モヘアカーディガン×白Tシャツ

06 カジュアルな赤 甘くないサックスブルー ヘルシーなベージュ 僕らが癒される、3つのカラー

素材自体が甘めのモヘアカーデも、サックスブルーなら程よくクールに。黒パンツなど、モノトーン合わせでシンプルにまとめるのがおすすめです♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美 モデル/楓(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【3】ブラックデニムパンツ×白カットソー×黒パンプス

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

ラフな白カットソー×漆黒デニムという超シンプルなワンツーコーデには、ポインテッドトウのパンプスや赤リップの女らしさがマスト! ジャケットを手持ちするのも、今っぽいシンプルコーデをさっぱり見せないコツなんです。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【4】ブラックデニムパンツ×白レースブラウス

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

フェミニンなブラウスに黒デニム。甘辛MIXで着こなす女っぽコーデは、男の子ウケも抜群! 甘ディテールのブラウスは、ブルーデニムよりブラックデニムで着るほうが、大人っぽさがキープできるのでおすすめです。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【5】ブラックデニムパンツ×白ロングシャツ

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

ロングシャツの下から見える脚線美に視線釘付け♡ きれいめに着こなすときは、ロングシャツに黒スキニーを合わせてすっきりと。スキニーで作るゆる×ぴたシルエットはモテコーデの鉄板です!

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【6】ブラックデニムパンツ×ブラウンジャケット×オレンジニット

ブラウン~オレンジのヴィンテージっぽいグラデが今っぽい♡ ハイゲージでミニマルなデザインのノースリニットは、Tシャツ感覚で気負わず着られてgoodです。ゴールドアクセの投入でリッチに仕上げて。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ROTISSERIE BLUE、東京おでんラブストーリー、ユーゴデノワイエ恵比寿 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【7】ブラックデニムパンツ×ベージュジャケット×ネイビータンク

01 はおりを脱いだらドキッ! は令和も引き続き。夜飲みデートは、「ノースリ」がいい♥

ブラックベースのシックな着こなしも、ジャケット下にのぞくノースリの肌感で軽やかな印象に。トレンドのCPOジャケットをさらっとはおって、こなれ感抜群のいい女スタイルに仕上げましょ。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ROTISSERIE BLUE、東京おでんラブストーリー、ユーゴデノワイエ恵比寿 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【8】ブラックデニムパンツ×白シャツ

Saint Laurent

白シャツ×デニムの鉄板コーデには、アクセントになる小物合わせがマスト! シンプルなスタイリングにこそ映えるクラシカルなモノグラムバッグで、今どきのヴィンテージ感をプラスして。

CanCam2019年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【9】ブラックデニムパンツ×キャメルジャケット×ネイビータンクトップ

ラフなタンクの抜け感で程よくカジュアルダウン

秋らしいコーデュロイ素材のジャケットは、ビッグシルエットやキャメルでトレンド盛り。品よくベーシックなネイビータンクを合わせて、スマートな雰囲気に。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/浜田麻衣

【10】ブラックデニムシャツ×スカート

キャミのヘルシーな色気で上品な女らしさが叶う!

チョコブラウンのキャミ×ツイード調スカートで秋モードに。軽やかなサマーツイードのスカートは、夏から秋への季節の変わり目にオススメ♡ 足首まで隠れるロング丈なので、ブーツ合わせも楽しめます。ゆるっとラフな質感のジャケットは、ウエストをベルトで締めてきちんとメリハリのあるスタイルに。ロングシャツ×ロングスカートの旬バランスも、今年っぽく着こなすコツなんです。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/浜田麻衣

【11】ブラックデニムジャケット×リブニットタンクトップ×小花柄スカート

1枚は欲しい♥茶系 きゃみたん で秋っぽ配色コーデ

ヴィンテージムード溢れるレンガ色のリブニットタンクは、小花柄スカート&ウエスタンブーツで古着っぽく着こなすといい感じ♡ 腕を出すなら首元を隠す、このバランスが晩夏の肌見せ鉄板ルール!

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 構成/木村 晶

【12】ブラックデニムパンツ×カーキタンクトップ

今すぐ着たい! 秋のきれい色きゃみたん„

カーキ×ブラックのドライ配色は、ミニマムシルエットでとことんかっこよく仕上げたい。タンクの肌見せ効果でほんのり女っぽく見えるから、ストイックになりすぎなくて等身大に着こなせるんです♡ 脚のラインがきれいに見えるフレアデニムも今っぽい!

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶 

【13】ブラックデニムスカート×マウンテンパーカ

マウンテンパーカ×デニムミニで最旬の今っぽカジュアルに

スポーティだけどガーリーでかわいい!これがニュールック♡ 新しく仲間入りしたマウンテンパーカは、メンズライクになりすぎないようにミニスカートを合わせて女の子らしさを忘れずに♡

CanCam2018年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/BRYANT COFFEE、ON THE CORNER、SMT TOKYO、VINTAGE QOO TOKYO 構成/田中絵理子、佐藤彩花

【14】ブラックデニムパンツ×白カーディガン×Tシャツ

ロゴTが映えるデニムコーデを×ゆるカーデでこなれ見せ

POPなカレッジロゴTを、白カーデと黒デニムで大人っぽくサンドイッチ♪ ケーブル編みの白カーデ×カレッジロゴT×ブラックスキニーのクールな合わせも、爽やかな白ニット効果でどこか女らしい仕上がりに。大学名が書かれたやんちゃ系のロゴTがあるだけで、ざっくりカーデ×黒デニムが今ドキコーデに。全体を落ち着いたトーンでそろえるのが、幼く見せないカギなんです♡

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【15】ブラックデニムパンツ×チェックジャケット×白Tシャツ

きちんと顔のチェックジャケットをロゴTでカジュアルダウン

スキニー&ロゴTで、クールなジャケットコーデにおしゃれな抜け感を。かっちりキメすぎないほうが、どこか親近感が生まれ今っぽく仕上がります。メンズライクになりすぎないよう、足元はヒールパンプスで女っぷりを上げて♡

CanCam2018年9月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【16】ブラックデニムパンツ×白レースブラウス

レース×デニムで女らしさとかっこよさを欲張りに

女の子が大好きな白ブラウスは、繊細なレースと華やかな存在感が魅力♡ さりげなく肌見せ感もプラスできるので、カジュアルなデニムを女っぽく着たいときにオススメです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

ブラックデニムに合わせる靴


【1】ブラックデニムパンツ×黒ニット×グレーパンプス

ざっくり編みニットはワントーンでクールに着こなしたい! 黒デニム×グレーパンプスで、シックな中に女っぽさをONするのがポイントです♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】ブラックデニムパンツ×白チュニック×レオパードパンプス

04[たゆ~ん袖ワンピース]『手元の仕草をきれいに見せてくれて、たゆ〜んと揺れるたび色っぽい余韻を残すボリューム袖。今季はバリエ豊富に登場しているワンピで取り入れて、女らしさ増し増しで着よ♡』

シアーなたゆ〜ん袖とランダムフリルで洒落た色気をまとって。可憐なフリルチュニックは、黒デニムやレオパード小物でキレよく投入。甘辛バランスがちょうどいい大人コーデに仕上がります。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【3】ブラックデニムパンツ×白ニット×白スニーカー

02 かっこよくって、ほんのり色っぽい。目で追われてます! モノトーンで着る「黒スリムパンツ」

白タートルをキリッと辛口に着こなすなら、脚をほっそり長く見せてくれるスティックパンツを合わせて切れ味よく。オーバーサイズのタートルニットは、デニムでハズさず品よく着るのもおすすめです。足元はスニーカーでこなれ感を。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【4】ブラックデニムパンツ×白Tシャツ×ブルーサンダル

Check!読者200人への徹底取材でわかった!みんなが好きなコーデランキングTop10がコレ!『3位 カジュアルコーデが上位に殴り込み!ざっくりカーデ×Tシャツ×デニム』

ロゴTシャツ×黒パンツの定番コーデは、トレンドのショート丈カーデをはおるだけですぐさまおしゃれに♡ シンプルで大人見えするカジュアルコーデは、色で遊ぶのもポイントです。

CanCam2018年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂、林 由香里(ROI)、MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/菊谷まゆ、時吉 茜、石黒千晶、浜田麻衣、八木橋佳世

【5】ブラックデニムパンツ×パープルニット×黒サンダル

鮮やかなパープルニットはブラックデニムでキレよく

女らしい濃いめのパープルに黒デニムを合わせた、クールで女らしいコーデが今の気分♡ PVC素材のサンダルやサングラスで、ハジけた遊びゴコロも忘れずに♡

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶 

黒デニムで作る秋コーデはいかがでしたか? クールな印象が強いアイテムも、合わせるトップスやインナー次第でアレンジができるので、秋冬コーデの参考にしてくださいね。

★ミニ丈からロング丈まで♡黒スカートのおすすめコーデ17選

>>CanCam.jp TOPへ戻る