着やせがスゴい!【ブラックデニムの人気コーデ13選】|黒ジーンズの着こなし例【2022レディース】

「ブラックデニム」のトレンドコーデを特集

ブラックデニムレディースコーデ

「ブラックデニム」は、カジュアルなジーンズの中でも、きれいめにもモードにも着回せて活躍シーンの多いアイテム。シーズンレスで使えて着やせ効果も高いので、ワードローブにマストなんです♡ そんな人気のブラックデニムを今年っぽくトレンドアイテムに合わせるなら? クールな印象が強い黒デニムのおすすめコーデをご紹介します。

オンオフ着回しやすい「ブラックデニム」

ブラックデニムレディースコーデ

ブルーや白、ベージュなど様々な色が展開されているデニムの中でも、ブラックデニムはモードな印象が強く、黒の濃さによってクールな印象も演出できます。ウォッシュが強めのブラックデニムはカジュアルな着こなしに、ノンウォッシュのブラックデニムならオフィスコーデのボトムにも合わせやすいです。

今季はトレンドのボリュームトップスに細身のブラックデニムを合わせてメリハリをつけたり、色落ちしたブラックデニムにグレーやベージュのアイテムを合わせてニュアンシーに着こなすのもおすすめです!

おしゃれなブラックデニムコーデのポイント

ブラックデニムレディースコーデ

  1. カジュアル感を強めるならウォッシュの強いブラックデニムが推し
  2. ノンウォッシュのブラックデニムはオフィスコーデの黒ボトムにも◎
  3. デニムの素材感があるのでオールブラックでも奥行きが出しやすい

ブラックデニムを合わせるトレンドコーデ

【1】グレートップスをブラックデニムで引き締める

03 襟コンブラウスは上に重ねて華やか盛り!『スタンドネックブラウス×ゆるニットカーデ』

ボトムに黒デニムを合わせると、ツヤッとしたハリ感ブラウスとふわもこカーデの異素材コーデにメリハリが。素材感の違うアイテムを重ねて、同色グレーに奥行きを出すとコーデがリズムよく仕上がります。バッグとリングはグレーと相性のいいシルバーでそろえて、ほっこり回避のスパイスに。

CanCam2022年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】ホワイト系アイテムは×黒デニムで甘辛に

今っぽ白アウターならこの二択!『今っぽい柔らかさをくれるきれいめウールリバーコート』

切りっぱなし黒デニムに白ブラウスを合わせた甘辛スタイル。軽やかな白コートをふわっと羽織ってコーデを明るくまとめれば好印象もGETできます。ロング丈の白アウターはそれだけでピュアな印象なので、コンバースをチョイスしたカジュアルな足元が好バランス。

CanCam2021年12月号より 撮影/小嶋洋平 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/KIKKU モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/金崎吏穏 構成/権藤彩子

【3】きれい色トップスを黒デニムでクールに仕上げて

02 カジュアルで親近感たっぷり!きれいめに着るデニムがデートに効く

優しげなラベンダーニットはマニッシュなブラックデニムでバランスよく引き締めて。太めのブラックデニムとセーラー襟ニットの甘辛バンスも絶妙です。白パンプスやレオパードバッグで、抜け感&シャープさもばっちり!

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【4】ブラックデニムの素材感でオールブラックに奥行きを

4 ポンチョコート×女っぽワントーン

定番のデニム×ボーダースタイルは、黒ポンチョを合わせた旬なシルエットで存在感も抜群! チェーンバッグで華やかさをプラスしつつ、レースアップブーツをデニムに繋げて脚長見せも完璧です。全身を黒でまとめるときは、素材感のあるデニムなどを選んでのっぺり見えを回避して。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【5】ラフなコーデをブラックデニムで大人めに

ニュアンスカラーなら大人っぽさ◎ こなれ上手なショートフーデッドコート

スキニーデニム×ゆるニットの大人カジュアルに、ふわっと広がるAラインコートを羽織ることで品のあるラフさが手に入ります。足元は太ヒールの白パンプスでモード感を加えると女っぷりもUP!

CanCam2021年11月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】ブラックデニムを合わせるカジュアルモノトーン

6 ズバリ秋、何色が気分?『カジュアル派は…はっきりグリーン』

黒パンツ×白シャツの定番コーデに深Vのニットビスチェをレイヤード。モノトーンにパキッと効かせるグリーンのビーズバッグが、コントラスト&今っぽいムードを盛り上げてくれます。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【7】淡色コーデはブラックデニムを締め色に投入

大人っぽくこなれる控えめな甘さ♡GREEN『ブルベの人は…ミント』

キリッとしたモノトーンコーデに、ミント色コートの優しいカラーで抜け感を。淡いミントが黒スキニー×白Tのコントラストを穏やかにして、エフォートレスな雰囲気が漂います。はおるだけでムードをガラリと変えられるのも、カラーコートのいいところ。赤バッグの差し色で春らしいハッピー感もプラス♡

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【8】ボーダートップスでフレンチシックな休日コーデ

ボーダー×黒スキニーでカジュアルな中に女っぽさをキープ。トップスはデニムにインしてボトムはタイトな脚長シルエットを強調。足元もバレエシューズを合わせると、フレンチっぽい上品ムードにまとまります。

CanCam2021年4月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、シオン 構成/石黒千晶

【9】デニム×トレーナーのスタイルにツヤ小物を合わせて

テーマ別に徹底比較♡ 4キャラ別 「○○がテーマの日」私はこう着る!『Q.デニムはくなら?』

切りっぱなし黒デニムをラフに着たい日は、同色のロゴ入りトレーナーを合わせてクールカジュアルに。首元や裾から白インナーをちらっとのぞかせると、オールブラックコーデに軽やかさが演出できます。メンズっぽいかっこよさがあるので、足元はヒールブーツを合わせて女っぽく。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【10】旬なフリルブラウスを全身黒でモードにまとめる

流行のレースフリルにトライしたいけど勇気がでない…そういうときこそ黒の出番! レースフリルのブラウスに黒のフレアデニムを合わせることで、レトロな甘さに切れ味の良さが加わりおしゃれっぽくまとまります。ハットやブーツも黒でまとめる、愛嬌のあるクールさがポイント。

CanCam2021年1月号より 撮影/北岡稔章 スタイリスト/伊東牧子 ヘア&メイク/北原 果(KiKi inc.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/鶴見知香

大人カジュアルなブラックデニムの着回し

【1】モノトーン配色はチェック柄ジャケットでカジュアルに

デニム×チェックジャケットの鉄板コーデは、インナーを白タートルにしてすっきりまとめるのがおすすめ。あえてシンプルなアイテムで繋ぐのが洗練見えするジャケットコーデのポイントです。

CanCam2022年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】シンプルな黒デニムコーデにビスチェでアクセント

カットワークがおしゃれなビスチェはシンプルコーデとのコンビがおすすめ。グレーのリブタートルに黒デニムを合わせた定番スタイルも今っぽくアップデートできちゃいます。

CanCam2022年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【3】ビビッドカラーのトップスで旬のデニムスタイルに

黒デニムを合わせることでトレンドのグリーンが引き立つ最旬コーデ。ブラウンのサングラスやくすみグリーンのバッグを合わせて、春の注目カラーを潔く着こなして。

CanCam2022年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

コーデを引き締める「ブラックデニム」が活躍!

カジュアルなデニム素材でもシックな黒のおかげで大人っぽく着こなせるブラックジーンズは今季もマスト! きれいめな着こなしにはウォッシュが少ないタイプ、ラフさがほしいときはウォッシュが強めのブラックデニムを合わせて、クールなファッションを満喫して。ボトムに黒を選ぶことで、下半身がすっきり見えるスタイルアップ効果も期待できます!