あざとかわいい♡【ピンクニットコーデ16選】|おすすめの色合わせ&着こなし実例を解説!

ピンクニットの大人かわいいスタイルを特集

着るだけで絶対かわいいピンクニットのコーデを大特集♡ 大人気の淡いピンクやビビッドなピンクのニットを取り入れた、最旬スタイルをピックアップ! 今季注目のピンクの色味や、ピンクニットに合うボトムの色も紹介します。

ピンクアイテムの上手な着こなし方

ピンクニットコーデ

発色がよく明度の高いピンクは、甘さがトゥーマッチにならないように、カジュアルな素材感やシルエットで抜けよく取り入れるのがおすすめ。そして「あいまいトーンで優しく」or「引き締め色でメリハリ感」いずれかの着こなしができる色合わせが、今っぽくて推し!

今シーズン注目の「ピンク」はコレ!

ピンクニット

今季のitカラーといえば、ずばりピンク! 中でも、鮮やかなビビッドピンクなら簡単に今年っぽいムードがプラスできます。差し色として投入するのではなく、ピンクにピンクをレイヤードして大胆に取り入れるのもおすすめです!

ピンクニット

一方で、粉のように儚い「パウダーピンク」もトレンド。上品な甘さがあるパウダーピンクはカジュアルなアイテムとラフに着こなすのが推し。馴染みやすいので、カラーアイテム初心者さんにもおすすめです。

ピンクニットに合わせやすいアイテムの色は?

合わせるボトムに悩むカラートップスですが、ピンクに合うのはどんな色? 明日からのコーデの参考にしたい、おすすめの色合わせをご紹介します。

ピンクニット×ベージュ

ピンクニット

ほんのり甘さのあるスタイルなら、ベージュのアイテムで馴染ませるのが正解。パンツコーデでも、ベージュなら女性らしさが出せるのでオフィスコーデにもぴったりです。

ピンクニット×ネイビー

ピンクニット

インディゴ系のデニムパンツやネイビーのスカートなど、ピンクを大人っぽく引き締める色合わせもおすすめ。品のあるネイビーを合わせるときれいめな印象に仕上がります。

ピンクニット×ブラウン

ピンクニット

大人っぽくて上品な着こなしなら、ピンクニットとブラウンボトムの組み合わせがお洒落。あか抜けたかわいらしさがありつつ、きれいめな配色になります。

ピンクニット×ピンク

ピンクニット

ピンクの濃淡でつくるワントーンコーデも今年っぽさ◎。くすみピンクでまとめたり、パンツを活用したり…甘すぎないピンクコーデを意識してみて。トップスにクリアなピンクを選ぶときは、ボトムに濃いめのくすみピンクをチョイスするなど、グラデーションで上下を繋げるとトレンドのワントーンコーデが完成します。

おしゃれにピンクニットを着こなすコツ

ピンクニット

  1. 今季のピンクは鮮やかなビビッドピンクがイチオシ♡
  2. ベージュ、ネイビー、ブラウンなど定番色に合わせるだけで洒落見え
  3. ピンクのワントーンは濃淡の変化をつけると上品に着こなせる

ピンクニットを合わせるレディースコーデ

【1】オールホワイトにピンクニットで血色感を

7位 ちょっぴりカジュアルムードが今年の正解!旬アウター×白っぽミルキー配色『寒い季節の「白」ってやっぱりかわいい♡思わずぎゅーっと抱きしめたくなる愛くるしさを、今季もしっかり堪能したい!旬デザインのアウターも、今シーズンは白が大豊作!あえて締め色なしのミルキーな配色で着こなして、一目置かれる存在に♪』

オーバーサイズ気味の白ボアジャケットは、多数のブランドから出ていた人気アイテム♡ 顔映りのいいピンクベージュのトップスと白ティアードで、とことん優しげに着こなして。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【2】モーブピンクのグラデーションで大人きれいに

2位 品よく色っぽい♡ 吸引力のある細見えⅠライン 肌見せニット×ほっそりスカート『ほっこりしないよう、ほんのり色っぽいムードが鍵となるニットスタイル。ほのかに肌が見えるニットとほっそりシルエットをアピールできるⅠラインスカートの最強タッグが、「秋一番に着たい大本命!」とおしゃれ読者の間で話題♡』

ニュアンシーなモーヴピンクグラデで王道コーデをアップデート♡やわらかなオフショルニットに腰位置を高く見せてくれるベルテッドスカートを合わせて、遠目からでも目を引くムードあるスタイルに。リッチな女らしさが漂うモーヴカラーのグラデは、今年らしさも満点です。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【3】透け感のあるピンクニットで今っぽい甘さを演出

2位 品よく色っぽい♡ 吸引力のある細見えⅠライン 肌見せニット×ほっそりスカート『ほっこりしないよう、ほんのり色っぽいムードが鍵となるニットスタイル。ほのかに肌が見えるニットとほっそりシルエットをアピールできるⅠラインスカートの最強タッグが、「秋一番に着たい大本命!」とおしゃれ読者の間で話題♡』

シアーなピンクニットとラフなデニムスカートでエフォートレスな女らしさを。今季は上品な肌見せが叶うシアーニットが大豊作。大胆なバックジャンデザインも、リラクシーなシルエットとカジュアルなデニムスカートのおかげで嫌みのない色っぽさが漂います。足元は黒ブーツで大人っぽく!

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【4】ピンクニット×カーキパンツの甘辛スタイル

甘めのピンクも、大人見えするビビッドカラーやざっくりした肌見せニット、ベイカーパンツ合わせで今っぽカジュアルな着こなしに。秋冬はカーキの力を借りて、濃いめピンクを上品&おしゃれっぽく取り入れて。黒のインナーやヒールパンプスでシャープな女っぽさも忘れずに。

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】小物もピンク♡トレンドのワントーンコーデ

ときめくかわいさ♡ PINK『ピンクはこんな人にオススメこの春は甘めテイストが気分きれいよりも大人かわいいイメージになりたいニュアンス配色にキュンとしがち』

ポジティブなサーモンピンクスカートに、見た目も気持ちも華やぐブライトピンクのニットを合わせるパワフルなグラデ配色。色に存在感がある分、デザインはシンプルなものを選んで“notハデ”に。バッグもピンクで揃えてワントーンにまとめると印象があか抜けます。

CanCam2022年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】グラデ配色でピンクカラーをきれいめにシフト

03 タートルレイヤードでさりげなく上半身映え♡

オーバーサイズの白コートが今っぽいきれいめパンツスタイル。タートル×タックパンツのピンク系グラデコーデに白タートルのちら見せテクを投入すれば、顔まわりが明るく見えて抜け対策もばっちり♡ 靴はピンクグラデを引き立てるヌーディベージュで主張しないのが正解です。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】ピンクニットを合わせる女っぽデニムコーデ

Scene3@ホームパーティ ちょい攻めニットで楽ちんbut女らしく

ピンクや薄色デニムのやわらかさをキープするなら、足元に白パンプスを指名して。デザイン性のある着映えニットは、甘くなりすぎないピンクの色味でおしゃれっぽい印象に。ボトムに淡色デニムを合わせて品よく仕上げるのが大人カジュアルの秘策です。

CanCam2022年1月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】ピンクのニットワンピを赤バッグで引き締める

@同棲中のリモートDayならきれいめニットワンピ

ピンク系の短丈カーデとノースリワンピのレイヤードならスタイルアップ効果も抜群。いやらしく見えないヘルシーな肩見せで、ひとさじの色気を加えてみて。色で遊びたいときは、靴を同色でまとめたり、黒やブラウンでなく赤のバッグで締めるのがおすすめです。

CanCam2021年12月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】透明感のあるピンクニット×白スカートの着こなし

DUSTY PINK×INK,ÉCRU like a ストロベリームース

アイボリーのスカートにラベンダーピンクのニットを合わせた淡色コーデ。コンサバに見えないボリュームのあるプリーツが洒落見えのカギ。同色のロングストールとニットをレイヤードするのも、注目のトレンドテクです。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【10】いちごミルクなピンクニット×白スカートコーデ

no.3 あいまいミックスカラー

白のギャザースカートにいちごミルク色のピンクニットを合わせた甘コーデ。やわらかな質感のニットが優しい表情を引き出してくれるので、ハリのある白スカートで大人かわいいシルエットをメイク。配色もバランスも好感度が狙えます。

CanCam2021年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

ピンクニットカーディガンの着こなしアイデア

【1】ビビッドピンクのカーデできれいめコーデを更新!

Pink カジュアルダウンで甘さ控えめに着るとこなれ見え!『久々にピンクブーム到来な今季。ふんわり甘めの淡い色味よりも、パンチの効いたビビッドなピンクでインパクトを残したい♡ カジュアルアイテムとのMIXで〝甘く着ないピンク〟に注目!』

甘めのカシミヤカーデは、発色のいいビビッドピンクなら大人っぽい雰囲気に。アイボリーカラーのパンツとブラウンのタンクで大人っぽくまとめれば、洗練された華やかカジュアルの出来上がり。

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】肩掛けカーデでピンクコーデにこなれ感を

ピンクカラーのハイウエストボトムは美脚パンツできれいめに投入♡ トップスにピンクのボーダーカットソーをリンクさせて、強めピンクのニットを肩掛けにすれば、同系色コーデがおしゃれっぽく引き締まります。バッグもピンクで統一したら、足元は白サンダルですっきりと抜け感を。

CanCam2022年5月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/福寿瑠美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜、田中かほ里、木谷成良、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【3】ボーダーで甘めのピンクコーデをカジュアルダウン

04 カラーボーダーでリンク♡『マリンがトレンドな春、ボーダー人気も上昇中! パキッと鮮やかなピンクやグリーンは、身にまとうだけで気分もアガる♡ ボーダー、デニム、小物まで色を合わせて、ハッピームード全開で着こなしたい!』

トレンドのピンクコーデは、色馴染みのいいベージュデニムがコーデの決め手! ボーダー、ニット、バッグにホットなピンクを重ねて旬の配色を楽しんで。ガーリーな色代表のピンクは、カジュアルボーダーを主役にすれば甘さが落ち着きおしゃれっぽく着地します。バッグは強めのピンクをリフレインして、コーデにメリハリを。

CanCam2022年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【4】ロングカーディガンのIラインですっきり見え

PATTERN05.ニットガウン×ふわもこストール

水色デニムとピンクニットの配色がかわいい甘めカジュアル。ふんわりピンクは文句ナシにかわいいから、ロングブーツやチェーンバッグで大人っぽさも意識して。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【5】ピンクニット×白デニムのきれいめパンツスタイル

PATTERN04.ふわふわミドル丈カーデ×センタープレスパンツ

トレンドのエクリュデニムで目を引くアイシーピンクのニットカーデをマイルドに取り入れて。今季らしい配色をキープするとワンツーコーデの今っぽさが爆上がり。毛足長めのふわふわカーデは、やわらかなムードづくりにも適任です。V開きからのぞく鎖骨の女っぽさもポイント。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【6】ピンクのカーディガンをプルオーバー風に投入

初対面には意外とデニムが好印象だった!

ラフなウォッシュデニムに優しげピンクのカーディガンでおしゃれっぽい甘さをプラス! ボタンを留めたカーデをデニムにINすると、Vネックが女らしいプルオーバー風に着こなせます。小物はベージュ系を選んで締め色を使わず、まろやかなトーンを意識して。

CanCam2021年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/菅原萌衣(COZ.inc) ヘア&メイク/加藤志穂(Peace Monkey) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【7】ピンク×ブラウンの甘め配色であざとかわいく!

6 ズバリ秋、何色が気分?『きれいめ派は…くすみピンク』

オトナになってもときめくピンクとブラウンのスイーツ配色。いちごミルク色のモヘアニットと裾フレアのロングスカートで、モテもトレンドも欲張りに♡ 品のある白小物で揃えたら、あざとかわいい秋コーデの完成です。

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

ピンクニットは甘すぎないコーデが今っぽい!

一見合わせづらそうなピンクニットですが、ベージュやネイビー、ブラウンなど、手持ちのベーシックカラーアイテムと合わせると大人っぽいコーデが楽しめます。甘いイメージのピンクニットに、メンズライクなボトムを合わせたり、カーキパンツやデニムでカジュアルダウンさせたりと、今季はラフに着るピンクニットコーデを試してみて下さいね♪