実は着回しやすい!【ピンクニットコーデ18選】|色合わせ&着こなし実例♡2021秋冬

ピンクニットの大人かわいいスタイルを特集

着るだけで絶対かわいいピンクニットのコーデを大特集♡ 大人気の淡いピンクやビビッドなピンクのニットを取り入れた、最旬スタイルをピックアップ! 今季注目のピンクの色味や、ピンクニットに合うボトムの色も紹介します。

今シーズン注目の「ピンク」はコレ!

ピンクニット

今季っぽいトレンドのピンクなら、「ピンクラベンダー」がイチオシ♡ ピンク?ラベンダー?と、どっちつかずなあいまいな色味が程よく甘くて旬なんです♡ ×デニムパンツやベーシックカラーのアイテムに合わせても今っぽいおしゃれが完成します。

ピンクニットに合わせやすいアイテムの色は?

合わせるボトムに悩むカラートップスですが、ピンクに合うのはどんな色? コーデの参考にしたい、おすすめの色合わせをご紹介します。

ピンクニット×ベージュ

ピンクニット

ほんのり甘さのあるスタイルなら、ベージュのアイテムで馴染ませるのが正解。パンツコーデでも、ベージュなら女性らしさが出せるのでオフィスコーデにもぴったりです。

ピンクニット×ネイビー

ピンクニット

インディゴ系のデニムパンツやネイビーのスカートなど、ピンクを大人っぽく引き締める色合わせもおすすめ。品のあるネイビーを合わせるときれいめコーデに仕上がります。

ピンクニット×ブラウン

ピンクニット

大人っぽくて上品な着こなしなら、ピンクニットとブラウンボトムの組み合わせがお洒落。かわいらしさがありつつ、きれいめな配色になります。

ピンクニット×ピンク

ピンクニット

ピンクの濃淡でつくるワントーンコーデも今年っぽくてイチオシ! くすみピンクでまとめたり、パンツを活用したり…甘すぎないピンクコーデを意識してみて。トップスにクリアなピンクを選ぶときは、ボトムに濃いめのくすみピンクをチョイスするなど、グラデーションで上下を繋げればトレンドのワントーンコーデが完成します。

おしゃれにピンクニットを着こなすコツ

ピンクニット

  1. 今季のピンクはあいまいな「ラベンダーピンク」がイチオシ♡
  2. ピンクニットに合わせるなら、ベージュ、ネイビー、ブラウンのアイテムを
  3. ピンクのワントーンは濃淡の変化をつけるとおしゃれに着こなせる

ピンクニットを合わせるおすすめコーデ

【1】ピンクニット×白スカート×グレーブーツ

ピンクニットレディースコーデ

ラベンダーピンクのニットにアイボリーのスカートを合わせた淡色コーデ。ボリュームのあるプリーツが洒落見えの鍵に。同色のロングストールとニットをレイヤードするのも、注目の秋トレンドです。

CanCam2021年11月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【2】ピンクニット×白スカート×ラベンダーバッグ

ピンクニットレディースコーデ

いちごミルクみたいなピンク×白のミックスカラーにきゅん♡ ほわほわしたやわらかな質感の糸で編まれているニットは優しい表情を引き出します。短めの丈なので、ハリのあるスカートで大人かわいいシルエットをメイク。

CanCam2021年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ピンクニットアンサンブル×白パンツ×バイカラーバッグ

ピンクニットレディースコーデ

女っぽい肌見せアンサンブルに、エクリュのパンツを合わせて媚びない色っぽさを。キャミソールにカシュクールニットを重ねたアンサンブルは、ふとした瞬間にちらっとのぞく隙間がさりげなくてあざとかわいい♡ ほんのり透け感があるからセンシュアルな魅力もアピールできます。

CanCam2021年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【4】ピンクニット×ドット柄スカート×黒サンダル

ピンクニットレディースコーデ

華やかなドットスカートにスクエアネックのパワショルニットで、甘さが香るフレンチシックな着こなしに。ピンク×ドットのロマコンビだからこそ、トレンドを押さえてキレよく投入。黒のパデッドサンダルや、抜け感&季節感が出せる白のバッグも、コーデの完成度UPに貢献してます♪

CanCam2021年5月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ピンクニットアンサンブル×白ワイドパンツ×ベージュサンダル

ピンクニットレディースコーデ

ハンサムなパンツStyleこそ、ピンク×ベージュ配色でほんのり甘さを香らせるのがおすすめ。上品さや好感度に直結するので〝スタイルがよく見えるかどうか〟も重要です♪ 腰位置高めにマークしてくれるカシュクールデザインのニットでメリハリシルエットを叶えて。

CanCam2021年4月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/まい(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】ピンクニット×ブラウンジャケットセットアップ

ピンクニットレディースコーデ

ハンサムなセットアップの中はピンクニットで愛嬌をプラス♡ ジャケット×ハーフパンツのトレンドど真ん中なセットアップを、コンパクトなニットでシャープにまとめるのが好バランス。キレ味鋭いブラウンの着こなしも、ヘルシーなピンクの投入で程よくまろやかに仕上がります。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ピンクニット×チェック柄スカート×白パンプス×ピンクコート

ピンクニットレディースコーデ

ほんのり色づく微彩なピンクコートにペールピンクのニットを合わせて春らしく。こなれたワントーンでまとめると、ピンクの甘さが中和できて今っぽく仕上がります。間延びしないように、抜けを作るシアーニットや白パンプス、目を引くチェック柄スカートでポイントを効かせるのも重要。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ピンクニット×グレーパンツ

ピンクニットレディースコーデ

ニット×パンツのワンツーコーデも、変化球のあるデザインを選べばシャレ感も◎。白から淡いピンクに切り替わるニットは、優しげトーンの配色が品よく可憐な印象を叶えてくれます。甘さを抑えたキレイめパンツを合わせれば、より洗練された着こなしに。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ピンクニット×ブラウンスカート×ブラウンロングブーツ

ピンクニットレディースコーデ

クリアなピンク、ボリューム袖、すっぽり包み込むようなシルエット…とびきりキュートなローゲージニットをコーデの主役に。ベージュのミニスカートやダークブラウンのロングブーツと合わせれば、一気に今年らしく引き締まったコーデに仕上がります。

CanCam2021年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/時吉 茜

【10】ピンクニット×ベージュスカート

ピンクニットレディースコーデ

フリンジやケーブル編みがやんちゃかわいいニットは、淡ピンクでチャーミングさもトッピング♡ ボリューミーなシルエットをミニスカでスッキリまとめて、抜け感やバランスもしっかりと計算しましょ。小物はピンクとベージュの曖昧カラーを邪魔しない、シルバーカラーが便利です。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 構成/石黒千晶

【11】ピンクニット×デニムパンツ×黒パンプス

ピンクニットレディースコーデ

クラシカルなジゴ袖は、デニムとのワン・ツーコーデでも絵になるかわいさ♡ ノンウォッシュのデニムをロールアップするだけで、デニムパンツの鮮度もアップします! 個性的なアーガイルバッグや白ソックスと黒パンプスの合わせ技で、コーデに今っぽい外しを♡

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/石黒千晶

【12】ピンクニット×デニムパンツ×ボアバッグ

ピンクニットレディースコーデ

キャッチーで甘さが際立つピンクニットは、ボリュームのあるふんわり袖も相まって女のコらしさが急速UP♡ ×デニムでガーリーカジュアルに着こなせば、かわいらしさもおしゃれっぽさも手に入ります。ボアBAGでプラスする甘さもデニムコーデならtoo muchになりません♪

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company/人物) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY モデル/中条あやみ(本誌専属)構成/石黒千晶

ピンクニットカーディガンの着こなし方

【1】ピンクニットカーディガン×花柄ブラウス×デニムパンツ

ピンクニットレディースコーデ

繊細に描かれた花柄のフリルブラウスは、ピンクラベンダーならクラシカルな華やかさも◎。同系色のニットカーデをプラスしてあいまいカラーのかわいさを引き立てつつ、デニムでカジュアルに着くずすのが今どきです。

CanCam2021年11月号より 撮影/尾身沙紀 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属)  撮影協力/有田梨菜 構成/手塚明菜

【2】ピンクニットカーディガン×ブラウンインナー×花柄スカート

ピンクニットレディースコーデ

青空に映えるコーラルピンクのニットカーデで花柄スカートをよりかわいくアップデート! 短めの着丈だから、ロングスカートともバランスよく決まります。甘い柄やピンクニットを引き締める黒ブーツの存在も大切♡

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/浜田麻衣

1枚のピンクニットを着回す4アイデア

【1】ピンクニット×ブラウン柄ワンピース×白スニーカー

ピンクニットレディースコーデ

ワンピースの上にゆるニットを重ねて、ワンピをスカート風に着回す秋レイヤード。“ゆるっとずるっと”なバランスでスカートコーデを楽しめば、大人っぽいワンピの活躍範囲も広がります♡ 靴はローカットの白コンバースでラフな抜け感を出すのがおしゃれっぽい。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【2】ピンクニット×ボーダー柄トップス×白パンツ×ベージュコート

ピンクニットレディースコーデ

赤ボーダー×白デニムにトレンチコートを羽織るフレンチカジュアルは好感度高め。定番のトレンチにベリーピンクのニットを肩掛けしてコーデを新鮮にアップデート。寒かったらニットをコートの下に着込んじゃうのもアリなんです♡ 黒バッグで引き締めつつ、足元はブラウンで全体のトーンをキープして。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【3】ピンクニット×チェック柄スカート×ブラウンロングブーツ×白バッグ

ピンクニットレディースコーデ

ピンクニット×チェックミニのアイコニックな組み合わせにキュン♡ 今季トレンドのロングブーツをプラスして、ミニスカートの露出を調節したり定番の合わせを鮮度よく着こなして。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【4】ピンクニット×ボーダー柄カットソー×白パンツ

ピンクニットレディースコーデ

白デニムをリラクシーに着こなしたい日は、気分も上がるベリーカラーのニットを合わせていちごみるく配色に♡ 肌寒くなってきたこの時季には、ニットの中にカットソーを忍ばせて袖からボーダーをチラ見せすると防寒&かわいらしさも倍増です。ゆとりのあるタートルネックで小顔効果も狙って。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

ピンクニットは甘すぎないコーデが今っぽい!

今季注目なのは、ラベンダーのようなピンクのようなあいまいカラーの「ピンクラベンダー」。手持ちのベーシックアイテムに合わせやすいので、カラーコーデ初心者さんにもおすすめです。ピンクニットは、ベージュやネイビー、ブラウンなど、手持ちのベーシックカラーのアイテムと合わせると大人っぽいカラーコーデが楽しめるので試してみて下さいね! 今季は、甘すぎないピンクニットの着こなしが今っぽくてGOODです♡