ニットスカートのおすすめコーデ11選|白・ブラウン・ラベンダーの着こなし

トレンド感も女っぽさも♡ニットスカートコーデ集

冬の着こなしに欠かせない、ニットスカートの着こなしを特集♡ 合わせやすい白のニットスカートや、ラベンダー・茶色など旬カラーのニットスカートなど、おすすめの冬コーデを紹介します。

 

【目次】
白ニットスカートを合わせる冬コーデ
ニットスカートを合わせる冬コーデ

白ニットスカートを合わせる冬コーデ


【1】白ニットスカート×イエローニット

アシメニットを会社で浮かずに着てみる5STYLE『今日はゆるオフィスDAY。休日はもちろん使えるアシメニットだけど、会社に行くとしたら、さぁどう着る?』

ロングボトムに合わせるときは、ネック&裾がアシメになったデザインをチョイス♡ 白のニットスカートに合わせるだけで、冬らしいおしゃれコーデが完成します。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/AWABEES 構成/佐藤彩花

【2】白ニットスカート×ブラウンコート×白ニット

マッチングアプリで出会った彼とデート♥アプリ婚活の日 遠目からでもパッと華やぐ カラーコートさえあれば!『リアルでも「いいね♡」を狙うべく、待ち合わせ場所で目に留まりやすく、女のコらしいカラーコートをメインに!中は、ニットのワンピorセットアップで気張りすぎず、でもちゃっかりモテ♪』

旬色ブラウンのコートは、シックさもあって大人のデートスタイルに最適♡ 淡ベージュのニットアップとの優しげグラデで、癒やしコーデに仕上げましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】白ニットスカート×ベージュボアコート×黒ニット

この日のために生きている♡〝推し〟のライブの日 ツアーT着用前提のモノトーンコーデではしゃぐ!『ちゃんとおしゃれに見えて、ライブ中はツアーTやメンバーカラーのグッズを引き立ててくれる…モノトーンコーデ、最強説! 推し好みのテイストにアレンジして着こなしたい♡ 』

Tシャツ合わせでも女性らしさをキープしてくれる、スリット入りのニットタイト。スタイルアップ効果もあるケーブル模様で鮮度も高く♡ トレンドのボアコートをプラスして、今年っぽいボリューム感もONしましょ。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】白リブニットスカート×ブラウンロングシャツ

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

細身のリブニットスカートに、BIGシャツをプラス。シャツはあえてINせずスカートにかぶせるように着こなせば、シルエットのギャップが生まれて女っぽい印象に♡

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】白リブニットスカート×白タートルネックニット

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

シンプルな上下だからこそ、汎用性はかなり高め! セットアップで着ると、デートにもってこいな控えめな甘さが漂います。やわらかでストレッチ性がある圧縮ニットだから、着心地のよさも抜群♪ イノセンスな白コーデはイエロー小物で上品に盛り上げて。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【6】白ニットロングスカート×ブラウンジャケット×黒ニット

重めボトムに重宝するショート丈ムートンが今旬♡

アウターの印象が9割を占める冬コーデを、くすみ系の渋色コートで今年っぽくアップデート! 白のニットスカートの甘さを締めてくれる、スパイシーなダークブラウンもまさに気分。帽子やタイツ、そしてロゴニットに黒を選んでメリハリのある配色にまとめれば、ラフでこなれたヴィンテージコーデが完成します。

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

ニットスカートを合わせる冬コーデ


【1】ブラウンニットロングスカート×チェックジャケット×ベージュニット

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

チェック柄ジャケット×ニットスカートで好感度の高いお仕事Styleに。ブルーのラインがアクセントになったチェック柄や、フェミニンに着くずせるニットスカートを投入して、グッと今どきに仕上げて♡

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】オレンジニットロングスカート×ネイビーダウンジャケット×白シャツ

お仕事やテーマパークetc.本気で寒いけど、絶対に長時間外にいなきゃいけない日『おしゃれダウン+防寒テクであったかわいく♡寒さと戦いつつも、洒落感は忘れたくないから! 今季注目のショートダウンでぬくぬくしながら、今っぽさをON。さらに機能性アイテムやレイヤードなどのあったか技を駆使すれば…完璧♪』

タイトなニットスカートに、タートルや白シャツのレイヤードをプラスした今っぽコーデ。旬のタートルINは、重ねるトップスと色のコントラストをつけると効果的。ショート丈のダウンで上半身にボリュームを出しながら、メリハリのあるシルエットに。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ブラウンリブニットスカート×黒ジャケット

〝効かせる黒〟ブーツならこの3足!『究極のベーシックカラー〝黒〟なら、流行デザインも合わせやすさ抜群。今季はしばらく続くショートブーツブームの中、ニーハイも復活の兆し。ほんのりモードな〝効かせる黒ブーツ〟で、着こなしを更新!』

ニットスカート×黒ライダースで辛口フェミニンに。ロングニットスカートのスリットから黒のニーハイを〝効かせ〟てトレンド感もアピールしましょ。去年までの黒タイツ合わせから、×ニーハイのモードっぽさで着こなしのムードを更新!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【4】水色ニットスカート×水色ニット

05 一緒に着てもバラで着てもかわいい! セットアップで着回し放題♪『今季、いろんなブランドでバリエ豊かにそろうセットアップ。ワンピ見えしつつ、バラでも活躍する シンプルデザインを選ぶと様々な印象で着こなせて、1セット持っておくとワードローブが潤う〜♡』

トップスはケーブル編み、スカートはスムースニットなので、単色でもおしゃれの手抜き感は皆無! セットアップのきちんと見えに頼って、小物はパイソン柄くらいとばしても問題ナシ! 

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】ラベンダーリブニットスカート×ブラウンボアコート×ラベンダーニット

ミックスファーブルゾンでストリートムードを意識

フェミニンなラベンダー×ブラウンの配色は、着こなしをストリートに振って甘見えを回避。無造作にはおったヴィンテージライクなアウターで、全体のこなれ感も高めましょ。ほんのり体に沿うニットアップなら、淡いカラーも幼く見えず女っぽく仕上がります!

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/加藤かすみ(TRON) ヘア&メーク/笹本恭平(ilumini.) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/木村 晶  

トレンド感も女らしさも手に入るニットスカートは、はかなきゃ損! フィット感が気になる…という人は、体型が分かりにくいケーブル編みや縦リブ、サイドのボタンディテールなど、スタイルアップ効果のあるデザインがおすすめ。トップスをオーバーサイズのものにするのも、今っぽ見え&細見えが叶うテクニックです。

>CanCam.jp TOPに戻る