ニットスカートコーデ11選【2022秋冬】|着太りしない細見えコーデ術を紹介!

トレンドも女っぽさも♡ニットスカートのコーデ集

ニットスカートコーデ

秋冬のきれいめコーデに欠かせない「ニットスカート」の着こなしをピックアップ♡ トップスが合わせやすい白のニットスカートや、大人っぽいリブのニットスカートを取り入れたおすすめコーデを紹介します。

デートもオフィスもニットスカートがおすすめ

ニットスカートコーデ

見た目も着心地もあたたかいニットスカートは、秋冬コーデにぴったりな一枚♡ ダウンジャケットやライダースジャケットなどメンズライクなアイテムと合わせても女っぽさが出せるので、ワードローブに加えておくと便利です!

ニットスカートコーデ

きれいめなコーデには、テーラードジャケットやツイードアウターなどきちんと感のあるアイテムを合わせるのが得策。女らしさや大人っぽさなら、すっきり見えも叶うリブニットのスカートがおすすめです。

秋冬ならでは♡ニットスカートの着こなしポイント

ニットスカートコーデ

  1. メンズライクなアウターと合わせても女っぽくなる
  2. オフィスコーデにはきれいめなリブニットのスカートがおすすめ
  3. ツイードニットのスカートセットアップが今季は大豊作!

ニットスカートでつくるきれいめな秋冬コーデ

【1】シックなワントーンはニットスカートで奥行きを出して

真っ先に着たいブラウス&シャツは? 上品きれいめ派は ギャザーブラウス『くしゅっとしたギャザーのデザインは、甘さもありつつ華やかな印象に♡ どんなボトムと合わせても、フェミニンな雰囲気になるのがストロングポイント。』

カーキ+グレーの洒落たニュアンストーンで優しい色気が放てる秋スタイル。秋の大本命カーキ色のブラウスは、同系色のハイスリットニットスカートを合わせると一気に今っぽくシフトチェンジ。ギャザーたっぷりのブラウスが上半身をさりげなく盛ってくれます。

CanCam2022年10月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/権藤彩子、安 彩楓

【2】ケーブル編みのニットスカートで程よく甘い秋スタイル

鉄板アイテムはぬくもり素材でアプデを! 深スリット入り程ぴたニットアップ『コーデに悩むことなくおしゃれがキマるセットアップって、やっぱり頼れる! これからの季節に最適なニット素材、かつ女らしい程コンシャスシルエットが、高見え的にも狙い目!』

ネップ糸を使ったニット素材の上下は、ケーブル編みのタイトスカートで着映え度も抜群! さらに簡単コーデの仕上がりを左右する小物使いもポイント。ゴールドのチェーン風ネックレスや黒でまとめたビッグクラッチ&トングサンダルでリッチな味付けを。

CanCam2022年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/岩瀬博美 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【3】毛足の長いシャギーニットに今季注目♡

秋にすぐ着たい♡moremore秋トレンド『服はもちろん、バッグや靴まで! 今から狙っておくべき〝絶対流行る!〟秋トレンドはまだまだある! いち早く取り入れて、秋のおしゃれをスタートダッシュしましょ♡』

思わず触れたくなる、毛足の長いふわふわシャギーのタイトスカートにTシャツをIN♡ 素材でさりげなく華やかさをプラスするのが今っぽい着こなしテク。いつものロゴTと合わせるだけで着こなしの鮮度がUPします。

CanCam2022年9月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】すっきり見えが叶うリブニットのスカートコーデ

01 ふわふわファーブルゾンをガーリーに着たい♡『この冬、狙ってるアウターはコレ!』

タイトなニットスカートは、ロゴTシャツをすっきりインしてIラインを強調。ボリューム感のあるファーアウターを合わせてもバランスよく着こなせます。足元はゴツめのレースアップブーツでトレンドのファーアウターやベージュの淡色グラデを今っぽく引き締めて。

CanCam2022年2月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【5】スリット入りスカートで地味見えしないモノトーンに

04 ツウ見えセットアップでこなれた女らしさ

タートルニットとニットスカートのセットアップで旬の時短コーデが完成。ニットの下にきれいめシャツを足すことでコーデがキリっとまとまり新鮮さがUPします。ニットの裾は前だけをINして、360°おしゃれに見えるひと工夫を。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini)  モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】リブニットスカートで縦シルエットを強調7

PATTERN05.ニットガウン×ふわもこストール

すらっとしたリブタイトとストールをベージュでまとめて、ニットの重ね着コーデを大人っぽく。アウターは、袖まわりにゆとりをもたせたニットガウンを選択すると旬顔に。足元は黒のマニッシュブーツでキレよくシャープに、バッグは大きめの白ファーバッグで軽やかにアクセントを効かせましょう。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【7】モヘアニットのセットアップで旬顔コーデが即完成♡

no.6 ふわふわシャギーモヘア

柄編みニットのセットアップが秋冬コーデの救世主。グレイッシュなアイスブルーなら甘すぎず優しくて女らしい印象に。小物もベージュやエクリュでまとめるとフェミニンムードが高まります。

CanCam2021年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ボリュームカーデはタイトスカートでバランスよく

02 ふわモコニットジャケット

ボリューミーなニットに仕込んだ女っぽキャミが美人ムードを後押し! 去年まではざっくり開いたVネックカーデをラフに着くずすことが多かったけど、今季はクルーネックがトレンドに急上昇。ニットにボリュームがある分、インナーで肌の抜け感を意識するのがおすすめです。ピタッと感のあるキャミ&タイトスカートのセットアップで女らしいカーヴィラインを際立たせて。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/手塚明菜

【9】ニットタイト×ショート丈アウターでスタイルよく

02 ふわモコニットジャケットニットスカート秋冬コーデ

カジュアル気分の日は、リラックスできるTシャツ×ニットスカートにダウンジャケットをプラス。すっきりしたⅠラインと肌の抜け感が演出できるスリット入りスカートなら、カジュアルな中に女の子らしさもアピールOK♡ ボリュームのあるダウンコートともバランスよく仕上がります。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【10】ボリュームアウターはタイトなニットスカートが好相性

02 ふわモコニットジャケットニットスカート秋冬コーデ

冷え込む日はダウンコートでしっかり防寒♡ アウターにボリュームがある分、ボトムはシュッとして見える黒のニットスカートですっきり&キレよく仕上げて。靴はゴツめスニーカーでダウンとのテンションを合わせればコーデのこなれ感も高まります。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【11】ニットスカートでつくるオールホワイトコーデ

02 ふわモコニットジャケットニットスカート秋冬コーデ

ダウンコート×ニットスカートのアクティブでかわいいホワイトコーデ。白のダウンコートは女のコをかわいく見せてくれる最強アイテム。タイトなスカートとのメリハリですっきり今っぽく着こなして。白のダッドスニーカーを合わせると全身のボリューム感がちょうどよく決まります。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

秋冬らしいニットスカートで季節感を演出

秋冬のきれいめコーデに使えるニットスカートですが、カジュアルにも着回すならケーブル編みやローゲージのざっくりとした風合いがおすすめ。通勤などきれいめコーデに使うときは、キレイ色のハイゲージなどシンプルで大人見えするデザインが重宝します。ボリュームのあるアウターのときは、リブなど程よくフィット感のあるニットタイトスカートを合わせるとすっきりと着こなせますよ。