スタイルアップ効果抜群!秋のスキニーパンツコーデ8選

楓

美スタイルを演出♡スキニーパンツの着こなし例

タイトなシルエットが女っぽくてかっこいい、秋のスキニーパンツコーデを大特集! 女の子らしい♡かわいいコーデや、大人っぽいカッコいいコーデを集めました♪

スキニーパンツ秋コーデ


【1】魅力たっぷりの小物が映える秋のカジュアルスタイル

魅力たっぷりの小物が映える秋のカジュアルスタイル

朝晩は肌寒い秋のコーデは、温度調節のできる透け素材のロングガウンがお役立ち♡ 程よい透け感が特徴のガウンなら、温度差が気になる今の時期からでも活躍します。さらに秋っぽいカラーを選べば、より季節感のあるスタイルに。スキニーデニムやロングガウンで縦ラインを強調して、スタイルアップを狙いましょ。小物はトレンドのレオパード柄やストラップサンダルで、大人めリッチなアクセントを。

★【今日のコーデ】季節の変わり目にぴったり♡秋小物が主役のコーデ

【2】正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

秋に向けて季節が変り始める時期は、朝晩の温度に対応できる羽織りものが活躍。ON⇔OFF使えるジャケットは、普段のコーデに羽織るだけでぐっとリッチ感のあるスタイルに仕上がります。大人っぽい紺ジャケットは、ボーダーや赤小物を合わせてパリっぽくアレンジ♪ 合わせるデニムをスキニーにすれば、女っぽさも急上昇。上品なカジュアルスタイルが楽しめます。カチッとしたジャケットには、あえてラフなトップスや小物を合わせるのがオススメ。主張しすぎないパールピアスで、さりげなく女度をあげるのがポイントです♡

★ユニクロのジャケットが優秀すぎ!イネスコラボは絶対買い【今日のコーデ】

【3】もこもこカーデ×スキニーデニムの甘辛MIXスタイル

もこもこカーデ×スキニーデニムの甘辛MIXスタイル

トレンド感と暖かさを同時に叶えてくれる、ループヤーンのカーディガン♡ 着心地抜群のもこもこ素材は、女性らしさをぐっと上げてくれる上に、カジュアルなスタイルとの相性も抜群です。薄めのブルーデニムに合わせて、ちょっぴりカジュアルに着こなすのが今の気分。足元は甲が広めに空いたバレエシューズをチョイスして。トップスにボリュームがあるので、足元で抜け感を意識するのがポイントです。ボルドーではなく、朱赤(テラコッタ)がまさに今年らしく、ヴィンテージ感のあるスタイルに仕上げてくれます♪ 女性らしさを忘れないように、インナーは花柄があしらわれたブラウスで上品に。パンプスのカラーとリンクさせた大振りのイヤリングで小顔効果も狙って♡

★【今日のコーデ】ぐっと気温が下がる日。トレンドカーデであったか可愛いコーデ♡

【4】ざっくりニット×スキニーの大人ワントーンコーデ

ざっくりニット×スキニーの大人ワントーンコーデ

ぐっと気温が下がる日は、ざっくりと着られて暖かいケーブルニットがベスト♪ 同系色のボトムを合わせてワントーンコーデでまとめるのがオススメです。ボリューミーなトップスには、スキニーデニムでバランス感を整えるとよりまとまりのあるスタイルに。足元は黒のショートブーツで引き締めると、全体がクールかつ今っぽくまとまります。

★【今日のコーデ】冬の気配到来!大人なざっくりニットがオススメ♡

【5】上品さと今っぽさを兼ね備えたフェミニンなデニムコーデ

上品さと今っぽさを兼ね備えたフェミニンなデニムコーデ

淡いピンクベージュのシフォンブラウスを、シンプルなスキニーデニムでシャープな印象にアップデート! 秋らしさを演出してくれる、深みのあるバーガンディのバッグで上品なアクセントを。

CanCam2018年9月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】きちんと顔のチェックジャケットをロゴTでカジュアルダウン

きちんと顔のチェックジャケットをロゴTでカジュアルダウン

スキニー&ロゴTで、クールなジャケットコーデにおしゃれな抜け感を! かっちりキメすぎないほうが、どこか親近感があって今っぽく仕上がります。メンズライクになりすぎないように、足元はヒールパンプスで女っぷりを上げて♡

CanCam2018年9月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【7】ゆるっとカーデ×スキニーのCUTEカジュアル♡

ゆるっとカーデ×スキニーのCUTEカジュアル♡

淡いパープルのざっくりニットカーデなら、カジュアルだけどガーリーに♡ スキニーデニムで女らしさもアピールできるので、ゆるシルエットも子供っぽくならずきまります。

CanCam2018年10月号より 撮影/菊地泰久(vale.) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/又吉樹菜

【8】レース×フリルのブラウスでデニムstyleも女の子らしく♡

レースとフリルがたっぷりのブラウスでデニムも女の子らしく♡

アクティブに動きたい日はスキニーデニムで♪ でもカジュアルすぎるのはイヤだから、甘めトップスを合わせて王道かわいく。パリの女の子が着てそうなヴィンテージブラウスなら今っぽさもキープできます。

CanCam2018年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子  ヘア&メーク/神戸春美  モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花