大人気!スカートコーデ31選|ツイードやニットスカートの冬スタイル【2022トレンド】

冬もスカートでかわいく♡おすすめコーデ集

2022冬スカートコーデ

おしゃれでかわいい冬のスカートコーデを大特集! 女性らしいフレアスカートや寒い冬にぴったりなツイードやキルティング素材など、この冬のトレンドを抑えたスカートコーデが揃ってます♡

今季トレンドのおすすめスカートはコレ!

この冬チェックしておきたい、おすすめのスカートを厳選。シンプルトップスや手持ちのトップスに合わせれば、今っぽい着こなしが完成します♡

■ツイードスカート

2022冬スカートコーデ

1枚でパッと映える上に、品のよさもキープできるツイードスカート。華やかなツイードには、Tシャツやボアジャケットなどカジュアルアイテムを合わせて今っぽい抜け感を効かせてみて。力まずかわいいレディスタイルの完成です♪

■キルティングスカート

2022冬スカートコーデ

中綿を挟んで膨らみのあるキルティング生地は、防寒性や耐久性に優れ、秋冬ファッションの定番。特徴のある素材感だから、ワントーンコーデにも奥行きが出せますよ。

■エコレザースカート

2022冬スカートコーデ

ツヤ感のあるエコレザースカートはモードな印象がおしゃれ。黒よりもブラウンやくすみ系のカラーを選ぶと、ハードになりすぎずレザーアイテム初心者さんにもおすすめです。

■マーメイドスカート

2022冬スカートコーデ

女っぽいカーヴィーラインを演出してくれる、と人気のマーメイドスカート♡ 一枚着るだけで、パッとコーデが華やぐスカートは通勤もデートもOKです。

この冬のスカートコーデのポイント

2022冬スカートコーデ

  1. 今季はツイードやキルティングのスカートが旬!
  2. ダークトーンのスカートコーデは白やベージュ小物で抜け感を
  3. アイテムのトーンを揃えて上品で女性らしい印象に

冬デートやお出かけに履きたい♡トレンドスカート

【1】スカートセットアップで新鮮なシャツスタイル

07 セットアップ大好き!冬素材を狙ってます『春夏もたくさん着ました♪』

ミニスカートとジャケットのセットアップは、シャツ合わせで新鮮な着こなしに。端正な白シャツの裾をすっきりインにすることで、ミニスカートが大人っぽく着られます。ざっくりニットを肩掛けしたら、レースアップのブーツを合わせて個性もプラス。

CanCam2022年2月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【2】ふわっとフェミニンな冬のスカートコーデ

01 ふわふわファーブルゾンをガーリーに着たい♡『この冬、狙ってるアウターはコレ!』

タイトなニットスカートは、ロゴTシャツをすっきりインしてIラインを強調。ボリューム感のあるファーアウターを合わせてもバランスよく着こなせます。足元はゴツめのレースアップブーツでトレンドのファーアウターやベージュの淡色グラデを今っぽく引き締めて。

CanCam2022年2月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/林 由香里(ROI) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/手塚明菜

【3】美人見えには「マーメイドスカート」が推し

03 トレンド見えして、あざとかわいい♡一石二鳥なマーメイドスカートから目が離せない!

定番のエクリュニットもボルドーのサテンスカートが新鮮な印象に導いてくれます。アウターや小物にグレーや黒を上手に使って今っぽい配色を楽しんで。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【4】ゆるニット×ミニスカのあざとかわいい冬コーデ

PATTERN06.冬カゴバッグ×筒太ロングブーツ

ゆる白ニットからチラ見えするミニスカに、絶対領域の肌見せが叶うロングブーツで、あざとかわいい最強バランスが実現。カゴバッグやキャメルブーツでカジュアルダウンさせると、気負いなく着られます。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【5】縦長ラインで重たく見えない冬コーデ

PATTERN05.ニットガウン×ふわもこストール

すらっとしたリブタイトとストールをベージュでまとめて、ニットの重ね着コーデを大人っぽく。アウターは、袖まわりにゆとりをもたせたニットガウンを選択すると旬顔に。足元は黒のマニッシュブーツでキレよくシャープにまとめましょう。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【6】ニュアンスカラーが旬♡エコレザースカートコーデ

PATTERN02.あいまいカラーコート×淡色グラデ

やわらかベージュのエコレザースカートとニットに、ニュアンスのあるカラーコートをON。おしゃれ感度高めのセージグリーンのコートは、優しげなベージュ合わせでまろやかに着こなして。ボトムが見えるミドル丈コートは、ツヤのある旬顔スカートとの相性も◎。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【7】ビタミンカラーが引き立つあいまいカラースカート

PATTERN01.こっくりニット×ティアードスカート

温かみのあるイエローニットは、あっさりとしたベージュ&薄ブラウンと合わせてやわらかくコーディネート。存在感のある映えニットだから、控えめなティアードスカートでさらっと着るのが好バランス。小顔効果のあるキャスケットを合わせれば全体のコーデ感も高まります。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【8】深みのある色合わせで大人フェミニンに

PATTERN01.こっくりニット×ティアードスカート

深みのあるパープルスカートとチョコブラウンのニットの配色が洒落感たっぷり。BIGタートルのミドル丈ニットは、大人っぽいティアードスカートや細ベルトのウエストマークで大人っぽく着こなすのが新鮮です。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【9】ガーリーコーデはレースアップブーツで辛さを

PATTERN01.こっくりニット×ティアードスカート

ロマンティックフリルの白ティアードは、たぷんとしたフォルムが新鮮なニットを合わせてガーリーに。足元はゴツめのコンバットブーツで外すのが今どきの着こなしです。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【10】ボアアウターは×ミニスカートが好バランス♡

ウェーブタイプに似合うコートは…ふわもこコート

太ももだけチラ見せできるミニスカ×ロングブーツはデートに最高の組み合わせ。トレンドのプードルコートもミニボトム合わせでバランスをとると今っぽく着こなせます。首元をフリルで盛って上半身にボリュームをつくるのもスタイルアップの秘訣。フィット感のあるブーツは、膝が隠れるニーハイでおしゃれ&スタイルアップを。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【11】モカとベージュの上品グラデコーデ

5 あいまい花柄スカートをセンシュアルニットに合わせて着回し!

モカ×ベージュの彩度を抑えたグラデーションコーデ。黒線で描かれたラインフラワー柄で、美人にはけるマーメイドスカートはメリハリも◎。仕上げに黒ブーツを締め色に加えて、ファーバッグで温もりをプラスすれば完成です。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【12】この冬トレンドのツイードスカートの着こなし

3 ミックスツイードスカートをムードを変えて着回し!

ヘリンボーン柄のツイードタイトに袖コンシャスな黒ニットをIN。ロングタイトはケーブル編みスリーブのニットなど、どこかにボリューム感のあるトップスと合わせるのが今どきバランス。足首が隠れる黒ブーツを合わせて、ちょっぴり肌を見せると抜け感もばっちりです。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【13】白ニット×ツイードスカートで上品な女性らしさを

3 ミックスツイードスカートをムードを変えて着回し!

緩やかなフレアシルエットとイレヘムの変形スカートに、ラクーン混の白タートルやファーバッグでなめらかな質感をプラス。上質なムードが生まれてコーデ全体のクラスアップが叶います。パッと目を惹く上質素材の白タートルは、女性らしいやわらかさが演出できる優秀ニット。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【14】ミニスカートは×ロングブーツで今っぽい足元に

2 細かめチェックミニを今年顔ブーツに合わせて着回し!

ミニスカ×ロングブーツで王道かわいいスタイルに。パープル入りのブラウン系チェックが、デイリー使いにちょうどよく着映えします♡ 背中開きのバックシャン白ニットと赤茶のロングブーツで挟むと、女のコが確実にかわいく見える絶妙なバランスが完成。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【15】ツヤ小物で甘コーデにアクセントを

1 大きめ映えチェックスカートを4大シーン別に着回し!

インパクトのあるチェックスカートは品のある白ブラウスでお嬢さんコーデに♡ 程よい華やかさが欲しい会社帰りデートなど、ふんわりスリーブブラウスの甘さを添えれば好感度もアップします。チェーンバッグやアクセでツヤを足しつつ、ロングスカート×ロングブーツの重ためバランスで今年っぽく。

CanCam2021年12月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/有田梨華 構成/岩附永子

【16】冬に映えるきれい色ニット×柄スカート

04 「お、華やか♡」を叶えるカラーアイテム全力で楽しんだもん勝ち!

黒白のドット柄スカートに鮮やかなグリーンニットで変化球を。モノトーンでまとめずカラーニットを足すことで、冬コーデに軽さ&明るさを演出できます。白のブーツやグレーのブーツなど、小物にも重たく見えないひと工夫を。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

【17】キルティングスカートは今季のトレンド!

01 ユニセックスアイテムと着るモノトーン配色は〝狙ってないモテ〟代表♡

カジュアルなキルティングスカートを品よくスカートで投入♪ モノトーンでも、シルエットで華やかさを出せば甘いコーデがつくれます。コート以外を黒にすることで、体の中心に逆Yラインがつくれるので、細見え&脚長効果もばっちりです。

CanCam2021年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/井上知治、木谷成良、金 世娜、浜崎真衣 構成/鶴見知香

きれいめスカートのオフィスカジュアル

【1】白やエクリュのワントーンで上品コーデに

ストレートタイプに似合うコートは…軽やかリバーコート

ボリュームが出そうなショールカラーのコートも、直線的なシルエットを選べばすっきりと着こなせます。Ⅰラインを強調するタイトスカートが体型をきれいに見せてくれるので、インナーはエクリュのVニットでワントーンにまとめてみて。ブーツとストールはベージュを加えて、淡色がボヤけないように。

CanCam2021年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【2】きちんと&こなれ感を演出するニュアンスカラーコーデ

DAY13

ピンクのショート丈コートに、Ⅰラインのリブタイトスカートを合わせて女っぷりUP! 白ニットとカーキスカートの色味を上手に繋ぐ、足元のなじませグレーもポイントです。締め色を使わないニュアンス配色で、きちんと感とこなれ感のいいとこ取り♪

CanCam2022年2月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/岩瀬博美 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】冬らしいシックな色でまとめた上品コーデ

DAY9

やわらかく軽やかで、着心地いいリバーコートが寒い冬の外回りに活躍。こっくりしたキャメルブラウンは見た目にも温かみをプラスする洒落見えカラー。白タートル×花柄スカートの王道コーデにはおって、こなれムードを漂わせて。

CanCam2022年2月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/岩瀬博美 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/ 構成/浜田麻衣

【4】冬コーデの差し色になるイエロースカート

Q.11 スカートスタイルと相性抜群なフラットシューズってありますか?『A.ひとクセデザインが効いているモードめフラットが正解!』

イエロー×ベージュのお仕事コーデをバイカラーのトートバッグとパイソン柄パンプスで引き締めて。コンサバすぎない今っぽいスカートスタイルに仕上げるには、ちょい攻めた小物でメリハリを加えるのが有効です。アウターはトレンドのミドル丈で旬のバランスに。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【5】女性らしさが美しいマーメイドスカート

05 都会派シームレスダウンで脱カジュアル&脱きぶくれ!

カジュアルなダウンジャケットも、まろやかなエクリュカラーならきちんと華やかな印象に。アウターの下は白のハイネックや女らしいくびれを作れるマーメイドスカートでシルエットをすっきりと。優しげなベージュトーンでまろやかにまとめると、フェミニンな魅力が引き立ちます。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【6】冬コーデに軽さをプラスする白のスカート

03 タートルレイヤードでさりげなく上半身映え♡

膨らみのあるトレンドのキルティングスカートは、上半身をコンパクトにまとめるのが鉄則。トップスにカーディガンをINしてバランス良く着こなして。通勤服の定番カーデもインナーにタートルを重ねるひと手間で印象があか抜けます。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】辛口レザースカートはブラウンでまろやかに

02 ツイードジャケットならきちんと+αの華やかさ

レザースカートとシャープなV開きジャケットでほっこり見えを回避したら、足元はポインテッドトウのヒール靴でカッコよく。インナーの白トップスと肩に巻いたカーディガンでコーデに奥行きも生まれます。仕上げは明るめブラウンのトートバッグでダークトーンのコーデに軽さを足して。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【8】おしゃれ上級者風のモードなスカートコーデ

@OFFICE【打合せの続きの1日…偶然エントランスでばったり!】

ベージュスカートに定番の黒ニットを合わせた着こなしも、最後にジレをプラスするだけで今どきのおしゃれ感が漂います♡ ボトムのナロースカートで、シュッと見えるIラインを作るのが美人見えのコツ。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】スカートセットアップならコーデが即決まる♡

@OFFICE【打合せの続きの1日…偶然エントランスでばったり!】

一見難しそうなジレもスカートとのセットアップなら即洒落コーデに♡ ジャケットよりも軽快で、きちんと感もあるのに今っぽい、最強すぎるお仕事服がジレなんです。インナーはシンプルなエクリュニットを合わせて品のあるニュアンス配色を楽しんで。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【10】シンプルスカートは×旬顔トップスで今っぽく

@MARKET RESEARCH【会社帰りに話題のお店をリサーチ】

タイトスカートとビッグフリルブラウスの上品コーデはシーン映え確実! きちんと感と華やかさが漂うビッグフリルブラウスは通勤コーデにもぴったりです。黒は入れずグレーのタイツやブラウンのパンプスでレトロかわいく着こなして。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【11】まろやかトーンが女性らしいオフィスコーデ

@LUNCH TIME【社内コンペ成功!会議終わりでランチへ】

くすみグリーンのレーススカート&コートで控えめながら華やぎもばっちり♡ 女性らしい装いには、小ぶりのトートバッグが品よくおしゃれに馴染みます。コートと同系色のレースタイトやグレージュのバッグでまろやかにまとめて。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【12】ラベンダートップスが映えるスカートコーデ

Scene2@レストランディナー デコラブラウスで着席映えを狙う♡

キレのいいレザースカートにギャザーブラウスを加えて、上品なだけじゃない奥行きのある着こなしに♡ スカートは裾に向かってヒラッと広がるマーメイドラインで、歩くたびにコートからチラッと見えるのもエレガント。ブーツは白ですっきり仕上げて。

CanCam2022年1月号より 撮影/須藤敬一 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【13】白スカートを合わせるミルキーワントーン

PATTERN02.あいまいカラーコート×淡色グラデ

印象が明るい白のプリーツスカートに同色のタートルニットをプラス。ピンクラベンダーのビッグカラーコートを羽織ってミルキーなワントーンにまとめたらコーデの上品度もUPします! 小物はグレージュでなじませて淡色を程よく引き締めて。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

【14】定番白フレアスカートの今っぽい着こなし方

シフォンスカートとモヘアニット、それぞれ異なる質感のアイテムを重ねることで、重めのコートスタイルに奥行きが生まれます。ふわっとしたかわいさをプラスするなら、モヘア素材のニットがおすすめ。流行のリバーコートは裾が揺れるやわらかなニュアンスが大人ムード。

CanCam2022年1月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/シバタロウ(P-cott) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/岩附永子

旬顔スカートで今っぽいフェミニンコーデを♡

冬におすすめのトレンドスカートや着こなしをご紹介しました。ミニスカートにロングブーツを合わせるコーデや、レザー風スカートに定番トップスを合わせるコーデなど、小物や素材でトレンドを取り入れるとスカートコーデが新鮮に仕上がります♡ 今季はツイードやキルティングのスカートも豊作なので、いつものコーデに取り入れてみてくださいね。