失敗しない!ロングスカート×スニーカーのおすすめコーデ15選【2021レディースの着こなし】

カジュアルかわいい♡ロングスカート×スニーカーのコーデ集

ノンストレスなのにシャレ見えする、ロングスカート×スニーカーの最旬コーデを厳選! 着ていて楽チンなのに、かわいい&今っぽい印象が狙えるコーデをマネしない手はありません! 今季も人気継続のスニーカーコーデはこちら♡

ロングスカート×スニーカーコーデが映えるシーン

ロングスカートにスニーカーを合わせると、きれいめな印象を残しつつ、アクティブで疲れにくいコーデが実現! おしゃれ感もばっちりのきれいめカジュアルコーデは、こんな場面におすすめです♪

■「ちょっとそこまで」なワンマイルコーデ

ロングスカート×スニーカー

近所での買い物や散歩など、ちょっとそこまで…といった外出コーデは意外と悩みますよね。そんなときは、頑張りすぎていないけどおしゃれ度高めのロングスカートと、ラフなスニーカーの組み合わせがワンマイルコーデにぴったりです。

■歩く時間が長そうなぶらぶらデート♡

ロングスカート×スニーカー

ロングスカートで女性らしさはキープしつつ、歩きやすいスニーカーで疲れにくい工夫を。女っぽいアイテムを主役にすることで、足元をスニーカーにしてもフェミニンなムードがキープできます。

ロングスカート×スニーカー

デートスタイルに関する男性アンケートでも8割を超える肯定意見が!

「スニーカー、かわいいと思います」(20代・男性) 「おしゃれならOK」(20代・男性) 「ヒールで足を痛そうにしているより良い」(30代・男性)

デートにスニーカーはOK! といった支持派が多数。これは、女子にとって嬉しい結果ですね! 足が痛くなってしまうヒールより、履きやすいスニーカーで楽しくかわいくデートを楽しむのはあり♡

■濡れている道でも滑りにくい雨の日コーデ

ロングスカート×スニーカー

雨の日は、道や床が濡れて滑りやすくなりますよね。スニーカーは足元が安定して滑りにくいので雨の日コーデにもおすすめです。防水スプレーでスニーカーを濡れにくくする対策もいいかもしれません。

■こなれ度高めのオフィスカジュアルコーデ

ロングスカート×スニーカー

歩きやすいスニーカーは通勤コーデにも活躍。ジャケットを羽織るきちんとコーデも、ラフなスニーカーを合わせると程よいカジュアルダウンができます。白や黒などベーシックな色のスニーカーなら、パンプスを履く感覚で合わせやすい!

スニーカーのデザインによって印象はどう変わる?

ハイカットやローカットといった長さの違いや、ボリューミーで機能性の高いハイテクスニーカーなど、合わせるスニーカーのデザインでコーデの印象も変わります。そこで、デザイン別におすすめのコーデや印象をご紹介します。

■ハイカットスニーカー

ロングスカート×スニーカー

ボーイズっぽいハイカットのスニーカーは、ロングスカートに合わせて大人っぽくカジュアルダウンしたり、ミニボトムに合わせてショートブーツ感覚で履くコーデもおすすめです。

■ローカットスニーカー

ロングスカート×スニーカー

ロングやミディ丈のスカートコーデに合わせるなら、ほんのり足首が見えるローカットスニーカーがバランスのいい着こなしになります。スニーカーの色とトップスやバッグの色をリンクさせると、まとまりのあるコーデに仕上がります。

■ハイテクスニーカー

ロングスカート×スニーカー

ボリュームのあるボディで機能性に優れたハイテクスニーカー。ベーシックカラー以外にも、コーデのアクセントになるカラフルなデザインのものが豊富です。シンプルなトップス×ロングスカートコーデに合わせると、スニーカーがハズシ役になりおしゃれっぽくまとまります。厚みのあるヒールでさりげなくスタイルアップができるのもポイント!

ロングスカート×スニーカーの今っぽい着こなしポイント

ロングスカート×スニーカー

  1. スニーカーがきれいめコーデのハズしアイテムにぴったり
  2. ローカットは足首が見えるくらいのロングスカートが好バランス
  3. ハイカットスニーカーはショートブーツ感覚で合わせられる
  4. ハイテクスニーカーで足元をボリューミーに仕上げるのもかわいい

ワンマイルにもおすすめ!ロングスカート×スニーカーコーデ

【1】チェック柄ロングスカート×黒スニーカー×黒スエット

カラーのチェックスカートをカジュアルに振って、やんちゃかわいく♡ トレーナーとスニーカーをダークカラーで統一すれば大人っぽさがキープできます。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【2】ピンクロングスカート×スニーカー×ラベンダーニット×黒キャップ

カジュアルコーデなのに、ピンクベージュの透け感スカートでちゃっかり女っぽい…って最強! トップスは同系色のラベンダーカラーでワントーンコーデに。キャップやゴツめスニーカーなど、甘さが上手にオフできるスポーティ小物を投入するとヘルシーに仕上がります。

CanCam2020年5月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/石黒千晶

【3】白ロングスカート×ブルースニーカー×黒トレーナー

黒のロンTに旬のサテンスカートを合わせた“ゆるずる”スタイルで、肩の力が抜けたシャレ感をアピール。インパクトのあるロゴ入りのロンTは、大きめのシルエットを選んだりサテンスカートを合わせるだけでほんのりフェミニンに着こなせます。足元はカラースニーカーをチョイスして落ち着いたモノトーンコーデに春らしさをトッピング♪

CanCam2020年5月号より 撮影/MELON(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子

【4】黒デニムロングスカート×スニーカー×白ロングTシャツ

Denim

黒のデニムスカートの色気とロンTのラフさのギャップが、コーデにプラスαのかわいげを生む春コーデ♡ 深いバックスリットが入ったタイトスカートなら、派手かわのハイテクスニーカーも大人っぽく仕上がります。白×黒でまとめたコーデには、グリッターの巾着バッグで遊び心もプラスして。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【5】ブルーロングスカート×グレースニーカー×白トップス

ほぼベージュパンプスなグレージュスニーカーで女っぽくまろやかに!『スニーカー擬態チャレンジは、シックな色からはじめてみて。全体の印象はベージュパンプスとほぼ変わらないどころか、スニーカーならではのラフさが加味されてよりおしゃれになれる!』

白トップスとライトグレーのニットスカートでやわらかな配色に。全体をアイシーなカラーでまとめると透明感もUPします。くるぶしがチラ見えするボトム丈には、パンプスよりもスニーカーのボリューム感がちょうどいい! グレーのタイツで繋いで、おしゃれっぽいワントーンコーデを完成させて。

CanCam2020年3月号より 撮影/大辻隆広(go relax E more) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/菜波(本誌専属) 構成/時吉 茜

【6】レザーロングスカート×黒スニーカー×カーキトップス×ベージュシャツジャケット

好感度シンプル・トラちゃんはこの3アイテムで仕事運UP

カジュアルなカーキのフーディは、×レザー風スカートで大人顔に。さらにBIGシルエットのシャツジャケットやハイカットの黒コンバースで、ちょっぴりメンズっぽい旬のムードを楽しんで。パンツでなくあえてトレンドのエコレザースカートを合わせると、今っぽい女らしさもキープできます。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI  モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【7】ブルーロングスカート×白スニーカー×グレーシャツ×白カットソー

女っぽさと洒落感が高まる楓レザー

スポーティに着くずしたいレザー調のCPOジャケットは、優しげなカラーでまとめて女っぽく♡ ハードになりすぎないように、白タンクやロングスカート、スニーカーでラフに振るのがポイントです。パステルカラーのアイテムでかわいさもチャージするとバランスよし。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】黒レザーロングスカート×白スニーカー×白パーカ

まいのハンサム気分な冬のスタメン服

トレンドのレザー調スカートは、対極にあるカジュアルパーカと合わせて今っぽかわいく♡ ラフなパーカとリンクする白系のスニーカーでコーデを軽やか&ラフにまとめましょ。足元に重さを足すとトレンド感がより強まっておしゃれ見えが加速します。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 構成/西村真樹、田中涼子、佐藤彩花、田中絵理子、時吉 茜

【9】花柄ロングスカート×白スニーカー×ブラウンジャケット

ほのか色っぽHAPPYになれるブランド4

秋色のペイズリー柄スカートでラフなワンマイルコーデを実現。秋アウターに最適なシャツジャケットをばさっと羽織れば、フェミニンなスカートも今っぽくカジュアルダウンできちゃいます。赤バッグでアクセントを加えつつ、抜け感のある白スニーカーですっきりまとめて。

CanCam2020年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/ほのか(本誌専属) 構成/鶴見知香

【10】ドット柄ロングスカート×ピンクスニーカー×ラベンダートップス

薄いラベンダートップスをボルドーカラーのスカートにIN! キャッチ―なカラーリングだって、品のあるアイテムを合わせると品よくコーデがまとまります。ルーズなシルエットが今年らしいスエットはゆるっと感が絶妙。仕上げはピンクのコンバースで遊びゴコロをプラスして。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【11】白ロングスカート×白スニーカー×白Tシャツ

かとし的IF…♥なデート服『オールホワイトコーデでお化け屋敷に行きたい♥』

白のフォトTシャツとナロースカートを合わせた、最高にフェミニンなきれいめカジュアル♡ ツヤ感のあるスカートやクリアビーズバッグなど、ワントーンコーデは異素材MIXで遊ぶと奥行きが出てGOODです。靴は白のスニーカーで潔いALLホワイトに。

CanCam2020年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【12】チェック柄ロングスカート×白スニーカー×黒トップス

品よくまとまるハイカットスニーカー

ランダムなギンガムチェック柄スカートを黒ニットですっきりと着こなして。クセのない白スニーカーは、クラシカルなモノトーンコーデとも相性よし! 抜け感が生まれる「白」は、黒やロング丈スカートを軽やかに仕上げてくれる存在です。スポーティなPVCバッグで足元とのバランスも調整して。

CanCam2020年9月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/山木晴菜

【13】白ロングスカート×スニーカー×白Tシャツ×Gジャン

腹チラトップス

ショート丈トップスに光沢のあるナロースカートを合わせて、媚びないストリートフェミニンに。ウオッシュブルーのGジャンをプラスしたヘルシーな肌見せも、白インナーやスカートのワントーン効果でおしゃれっぽくきまります。襟を抜いてルーズにはおるGジャンはショート丈でスタイルアップも◎。仕上げは派手なゴツめスニーカーをコーデの締め色に取り入れて。

CanCam2020年6月号より 撮影/tAiki スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/後藤若菜(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子

【14】ブラウンロングスカート×白スニーカー×ブラウンTシャツ

とことん今っぽさを狙うなら、くすみカラーのワントーンに挑戦! ベージュ系のワントーンは、プリーツスカートやチェックジャケットで立体的に魅せるのが得策です。くすみミントのバッグと白コンバースでおしゃれっぽい抜け感を。

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【15】花柄ロングスカート×白スニーカー×ネイビージャケット×グリーンニット

まだまだ風が冷たい日もあるもので…ちょっと肌寒いときに何はおる?『美月は…キレイめダブルジャケット』

スニーカーやTシャツなどのリラックスアイテムは、王道のテーラードジャケットでキレを加えてよそ行きコーデに♡ インナーにグリーンのカーデを挟むことで、コーデの奥行きも出ておしゃれ度UP! 顔映りのいい白タンクの抜け感も女らしさがアピールできます。

CanCam2020年5月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花、権藤彩子、鶴見知香

いろんなシーンに着回せるロングスカート×スニーカー

歩きやすくて女性らしい、ロングスカート×スニーカーコーデを特集しました。スニーカーは、Tシャツやデニムパンツなどカジュアルなアイテムだけでなく、フェミニンなロングスカートやジャケットなどきれいめアイテムと合わせるのも今旬! ハズしのきいたおしゃれなコーデが楽しめるのでぜひ挑戦してみてくださいね。買い物やランチといった近場のワンマイルから通勤まで、さまざまなシーンにおすすめの組み合わせです。