心配性すぎる!彼氏から来た「お父さんっぽいLINE」

心配性の彼氏を持つと、たまに溜息が出ちゃうことがあります。基本的には大好きな彼氏なんですが、時々「お父さん!?」と思ってしまうような心配性なLINEをしてくる彼と付き合ったことがある女子が多いようです。

まるでお父さんのような心配性な彼氏からのLINEをご紹介します。

【心配性すぎる!彼氏から来た「お父さんっぽいLINE」】

◆危ないから早く帰るように言われる

LINE

「仕事で夜遅くなるたびに危ないから寄り道をせず帰宅するように言われる。父そっくり(笑)」(27歳・サービス関連)
「危ないから気をつけて帰ってねと言われる」(30歳・出版関連)
「もう大人だからそんなこと言われなくても……」(24歳・美容関連)

夜道の帰宅を心配する彼は、確かにお父さんっぽい! 寄り道を注意されるなんて、大人になるとなかなか言われないですよね。遅くなると心配しちゃう彼には、帰宅後もきちんとLINEしてあげると安心してくれるかも!

◆病気のときに「何か買っていく?」

LINE

「体調が悪いと言うと何か買ってこようとする彼。寝てれば治るし、何をしてくれるわけでもないから来なくていい!」(29歳・飲食関連)
「病気になると何か買って行くよと言われる。何が良い?とかやり取りしてるのも正直めんどくさい」(25歳・アパレル関連)
「病気のときはほっといてほしいと思っちゃう」(31歳・マスコミ関連)

病気のときは弱気で心細くなる方もいますが、ひとりで静かに過ごしたい女子も多数。辛いときには断る勇気も大切! 彼を傷付けてしまわないように上手に安心させてあげましょうね。

◆病気のときにあれこれうるさい

LINE

「熱が出たときにポカリが良いから飲めだのうるさい彼。そんなに言うなら買ってきて!」(25歳・IT関連)
「風邪をひいたときに風邪に良い食べ物みたいな記事を送ってきて読むように強制される」(26歳・IT関連)
「熱出したら、あったかい恰好をして、とか、きちんとごはんを食べて、とかいろいろ言ってきた。してくれるわけじゃないのにめんどくさいなあと思った」(27歳・保険関連)

またまた病気のときのLINE。こちらは買ってきてくれるというわけではなく、口だけ出してくる彼ですね。しんどいときほどイライラして、優しさがうざく感じてしまったりするんですよね。そんなときは話を受け流しつつ、静かに寝落ちしちゃいましょう!

ちょっとウザいときもあるけれど優しさも孕んだお父さんLINEたち。そんなLINEをしてくれる彼はあなたのことが心配なだけ。そんな気持ちを理解して、優しい彼を大切にしたいものですね!(スザクカナト)

 

気をつけて!LINEで「言い方がきつい!」と思われるポイント