ゆるかわいい♡最旬ケーブルニットのおすすめ冬コーデ18選

大人気ケーブルニットの着こなし例

ざっくりと着られて暖かいケーブルニットは、この冬の大本命アイテム! 着るだけでこなれ見えや程モードが叶う、ケーブルニットカーディガン&白のケーブルニットを合わせる旬の着こなしを紹介します♡ ワンピース・スカート・パンツとのオススメコーデも要チェック!

【目次】
ケーブルニットカーディガン 冬コーデ
白のケーブルニット 冬コーデ
ケーブルニット×ワンピース 冬コーデ
ケーブルニット×スカート 冬コーデ
ケーブルニット×パンツ 冬コーデ

ケーブルニットカーディガン 冬コーデ


【1】BIGサイズのもこもこカーデで憧れのセレブカジュアルに

BIGサイズのもこもこカーデで憧れのセレブカジュアルに

ざっくり&ボリューミーな白ニットに包まれて、究極にかわいい♡女子コーデが完成! ざっくり編まれたハンドメイドのボリューム感がかわいい♡と、世界中で大人気のオーストラリア発ブランド、I Love Mr Mittensのカーディガンはアウターなみの暖かさ。Tシャツ×デニムのシンプルコーデに、ざっくりはおるだけでサマになります。

CanCam2018年12月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 プロップスタイリスト/尾崎 愛 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/TOKYO CLASSIC CAMP 構成/手塚明菜

【2】ほっこり懐かしい縄編みニットを肌見せで女らしく!

ほっこり懐かしい縄編みニットを肌見せで女らしく!

デコルテ周りの肌見せでドキッとさせる、そんなわかりやすい女らしさもデニムスタイルならおしゃれでこなれた印象に。厚手ニットの下に華奢なキャミをのぞかせる、そのギャップがかわいくて女っぽい♡一挙両得な着こなしテクです。肌見せ感がある分、配色はキャメル×ブラウンというヘルシーなトレンド色をチョイスして、媚びすぎずかっこよく仕上げるのがオススメです。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】トレンドのツイードスカートで魅せるレディスタイル

トレンドのツイードスカートで魅せるレディスタイル

アウター代わりのローゲージカーデは、ボリューム感のある袖や丸みのあるフォルムがトレンド感もばっちり! すっきりIラインシルエットでまとめたコーデにさらっと羽織って、メリハリのある着こなしに。冷え込む朝晩に備えてコーデするなら、手持ちしていてもサマになるライダースやジャケットなど、ハーフ丈のアウターがぴったりです。

★【今日のコーデ】堀田茜の私服がお手本♡春注目「ツイードスカート」の着こなし

白のケーブルニット 冬コーデ


【1】Notほっこりバランスは短丈のケーブルニットがカギ♡

Notほっこりバランスはコンパクトなケーブルニットがカギ♡

子供っぽく見えがちなケーブル編みのクルーニットは、コンパクトなサイズ選びがオススメ♡ エクリュっぽい色味と凹凸感の少ないケーブル編みなど、大人っぽく着られる要素も重要です。太すぎないパンツやパンプスを合わせて、きれいめなカジュアルコーデを意識して。カーキやベージュなどドライな配色でまとめれば、ほっこり感のない大人カジュアルに仕上がります。

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】スキニーデニムとゆったりニットで脚線美をアピール!

スキニーデニムとゆったりニットで脚線美をアピール!

ボリュームのあるケーブルニットには、すっきり細いスキニーパンツで女らしいパーツを強調。これがブルーデニムのスキニーだとちょっと古い印象に…韓国っぽいイメージの、辛口ブラックスキニーがいいんです!

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】縄編みニット×ミニボトムでトラッドなのに女っぽい!

デイリーニット4[ケーブルニット]トラッドな雰囲気が今気になる!ケーブルニットは女っぽく!のための7TIPSほっこり懐かしい縄編みのニットがブレイク中。幼く見えず、ちゃんと女らしく着こなすためのヒントを教えちゃいます♡

癒やしオーラを放つケーブルニットに、キレのいい女らしさを足すには肌見せがベター。ミニスカートでヘルシーに脚見せすると、ケーブルニットの上品さが一気に女らしくシフトします。ミニボトム復活!な今季は、思い切り脚を出して女っぽトラッドを楽しんで♪

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/まい(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】短丈ニット×コーデュロイのワイドパンツで最旬バランスに

短丈ニット×コーデュロイのワイドパンツで最旬バランスに

ボリューム感のあるボトムと好相性の短丈ニットは、合わせるだけで今っぽい全身バランスがつくれる推しアイテム。今季はコーデュロイ素材のパンツを指名して、全体を辛口にまとめるのが気分です。コンパクトなニットが一枚あれば、ワイドボトムでもスタイルアップが叶います♡

CanCam2018年12月号より 撮影/酒井貴生(aosora) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜・石川 恋(以上本誌専属) 撮影協力/田中かほり 構成/西村真樹

【5】視線に留まる鮮やかカラーコートで存在感を

CHECK COAT ITEM No.003 「鮮やかカラーコート」×シンプルスタイルでみんなの視線をひとり占め♥『遠くからでも目を引くきれい色コートは、パステルよりもパキッとしたカラーが断然今っぽい。一枚で存在感たっぷりなので、インナーはベーシックにしておしゃれの引き算を。』

柿色オレンジのコートとブラウンパンツで、季節感&温もりを感じるグラデ配色に。ひとつひとつのアイテムはシンプルでも、色合いをそろえるだけでこんなに今っぽく、レトロなムードが高まります。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ゆるニット×デニムスカートの甘めカジュアルが気分♪

ゆるニット×デニムスカートの甘めカジュアルが気分♪

トレンド感をアップしてくれるミモレ丈と、絶妙なAラインがスタイルアップを叶えてくれるデニムスカートに、ざっくりとしたニットをプラス。足元に合わせたスニーカーは、ヴィンテージミリタリーウエアのレプリカで世界中から支持を集める「BUZZ RICKSON’S(バズリクソンズ)」に別注したスペシャルな一足。なんと、一点一点職人の手書きでペイントが描かれているので、全てが世界に一足というスペシャルなスニーカーなんです。

★【今日のコーデ】リリーブラウン×ポパイのコラボスカートがかわいい♡

【7】お洒落を満喫したい日はオールホワイトできまり!

お洒落を満喫したい日はオールホワイトできまり!

トップスとボトムを白で合わせたおしゃれ上級者コーデでに挑戦! のっぺりしがちな白のワントーンコーデは、異素材で組み合わせるのがシャレ見えのコツ。短め丈のボトムから足首をちらっと見せれば、抜け感も加わります。オールホワイトのコーデを引き締めるのは、大きめの黒バッグ。足元にも、バッグとリンクさせた黒×白のコンバースをチョイスすれば、さりげない星柄が全体のアクセントになり大人っぽいカジュアルコーデが仕上がります★

★【今日のコーデ】冬のマンネリに効く!簡単ワントーンテクニック

ケーブルニット×ワンピース 冬コーデ


【1】ケーブルニット×ワンピースのゆるかわレイヤードスタイル

ケーブルニット×ワンピースのゆるかわレイヤードスタイル

ラフでかわいいカジュアルスタイルは、ちょっぴりレトロなタートルニットがポイント♡ 縄編みのニットはボトムアウトでもちょうどいい丈感なので、ワンピースとのレイヤードコーデにもぴったりです。今季マストのざっくりニットが一枚あれば着回しも便利。INに重ねたドット柄ワンピでトレンド感を取り入れつつも、くるぶしまであるロング丈なら防寒も叶います♪ ブラウン×黒でまとめた日は、足元に白のコンバースを選んで抜け感を忘れずに。

★【今日のコーデ】大人気♡GUで話題のゆるニットは着回し力抜群!

ケーブルニット×スカート 冬コーデ


【1】おしゃれ感を醸し出すロングコートはワントーンで感度高く

おしゃれな空気を醸し出すロングコートはワントーンで感度高く

上品レディなチョコレート配色の着こなしに、スーパーロング丈のコートで大人っぽさをプラス! コンサバになりがちなAラインコートも、長め丈に更新するだけで媚びない女らしさが漂います。INには、のっぺりしないよう、ケーブルニットやチェック柄スカートで立体感を加えるのがコツ。

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ブラウン×チェックで上品キレイなオフィススタイルに

ブラウン×チェックで上品キレイなオフィススタイルに

ざっくり編みがかわいいケーブルニットと、クラシカルなチェックスカートがグッドガールな装いに。小物までやさしげなブラウンでまとめて、オフィスでの好感度UPも狙いましょ♪

CanCam2019年1月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini.) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/ビオセボン中目黒店、レモネードbyレモニカ渋谷ストリーム店、ミーガン バー&パティスリー 構成/浜田麻衣、時吉 茜

【3】チェスター×チェック柄でロンドンガール風コーデ

チェスター×チェック柄でロンドンガール風コーデ

今シーズンおさえておきたいトレンドカラーといえば「ブラウン」。定番アウターのチェスターコートも、今年っぽいこっくりブラウンを取り入れるだけで、上品かつ洗練されたイメージに。チェックのタイトスカートなど、どんな色や柄も受け止めてくれる存在です。中に合わせたニットは、ざっくり&ゆったりとしたローゲージ感がなんとも今っぽい一枚。大きめのタートルネックで暖かさはもちろん、小顔効果も期待できます。

★【今日のコーデ】この冬一番おしゃれな色!ブラウンの着こなし

ケーブルニット×パンツ 冬コーデ


【1】キャッチーなモヘアニットで大人かわいいデニムコーデに

キャッチーなモヘアニットで大人かわいいデニムコーデに

淡いブルーのモヘアニットは、インディゴデニムとのブルーグラデで大人びた表情に。ほわほわのニット靴下と、レディなパテントパンプスとの組み合わせに胸キュンです♡

CanCam2018年12月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】縄編みニット×デニムの定番コーデにファー小物でアクセントを

Trend01 ファーはフレンチカジュアルに楽しもう!『コーデに季節感と立体感をプラスしてくれるファー小物は、引き続き注目!この冬買うべきは、大人っぽく取り入れられるボリュームたっぷりのリッチなファー!』

赤ニット×デニムのカジュアルコーデには、ファー付きローファーできちんと感と意外性を♡ トラッドなローファーも、ボリューミィなファー付きならキマりすぎず、程よく力の抜けた雰囲気にしてくれます。

CanCam2019年1月号より 撮影/来家祐介(aosora) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/鈴木海希子 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/田中絵理子

【3】ピンクニット×ダメージデニムの甘辛MIXスタイル

ピンクニット×ダメージデニムの甘辛MIXスタイル

寒い日は、パキっと映えるビビッドピンクのニットでテンションをあげて♡ 野暮ったく見えない短丈&ボリューム袖のニットは、着たときのバランスもトレンド感も絶妙です。ボトムに選んだのは、リーバイスのジーンズ。履くだけでスタイルアップと美脚効果が期待できるハイウエストジーンズは、1着持っておいて損はなし。ボーイッシュなジーンス×女子っぽニットを合わせた、冬の甘辛MIXスタイルを楽しんで。

★【今日のコーデ】天気が崩れる日にはピンクのニットでテンションアップ♡

【4】ゆとりのあるケーブルニットでこなれ見えも抜群!

ゆとりのあるケーブルニットでこなれ見えも抜群!

ベージュのワイドパンツに合わせた大きめのケーブルニットは、ベーシックにまとまりすぎないようにファー付きコートで鮮度をアップ! 襟ぐりがすっきりしているノーカラーのデザインなので、オーバーサイズのタートルニットと相性も抜群です。アウターは合わせやすいネイビーをチョイスすれば着回し力も期待度大♡

★【今日のコーデ】GUの「ゆるニット」が驚異の着回し力を発揮!