別れ話の上手な切り出し方|LINEや電話で円満に別れられるタイミング・例文は?

別れ話の上手な切り出し方|円満に別れられるタイミング・例文は?

別れ話は「される」側よりも「する」側の方が体力を使うなんて言いますよね。そして、もう相手に直接会いたくないときは、メールやLINEで別れを切り出る人も多いと思います。今回は、円満に別れられるタイミングや例文など、別れ話の上手な切り出し方をまとめました!

 

別れ話をLINEや電話でするときのポイント

(c)shutterstock.com

連絡手段が発展した現代、別れ話は直接会ってするものという常識も崩れ始めています。表情がわからず気持ちが伝わりにくいこともあると思いますが、関係性によってはLINEや電話のほうがスムーズな場合も。LINEに絞って、別れ話を円滑に進めるポイントをまとめました。

 

LINEで別れ話をするポイント①徐々に距離を置いておく

仮に自分が別れ話をされる側に置き換えたとき、いきなり別れ話をされるのと、なんとなく冷めた雰囲気になっているときに別れ話をされるのでは、ショックの大きさが違いますよね。別れの方向にスム―ズに持っていくために、デートや連絡の回数を少しずつ減らすなどして、少しずつ別れムードを漂わせておくのがポイント。相手も「もしかしたら振られるかもしれない」心づもりを持てるので、別れ際に感情的になってトラブルに…なんてことも回避できるでしょう。

 

LINEで別れ話をするポイント②別れる理由を明確に

筋の通った説明をするためにも、理由付けは大切。別れたい理由をハッキリと明確化しておくことで、自分自身の意志がゆらぐこともなくなります。「どうして別れたいのか」自分の考えをまとめておくことで、別れのLINEを打つ際に感情的になってしまったり、相手を傷つけてしまったりすることも防げるでしょう。

 

LINEで別れ話をするポイント③即ブロック・拒否はしない

一方的に「別れたい」「もう別れる」とこちらの言い分だけを送り、そのまま受信拒否やブロックをするのはトラブルの元。相手に否があったとしても、よほどのことがない限りは避けましょうね! 相手からの返信が来るか来ないかは、向こう次第ですが即ブロックしてしまうとこちらの印象が最悪になってしまいます。