ブラウンコーデ23選|色の合わせ方がポイント♡締め色にも使えるブラウンの着こなし

トレンドど真ん中♡ブラウンコーデを大特集

1枚は欲しい♥茶系 きゃみたん で秋っぽ配色コーデ

大人カジュアルにぴったりの今っぽいブラウンコーデを大特集。トップスはもちろん、ワンピースやスカート、パンツを使ったトレンドコーデも紹介します。締め色に使うほか、今シーズンは、全体をブラウン系やベージュ系のグラデーションでまとめたワントーンの配色もおすすめ。こなれ感&洒落感が一気にアップしますよ♡

こなれ感&シャレ感抜群のブラウンコーデ

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style2春イチ買いは今っぽ透けアイテムで決まり!この春の新着キーワードと言えば、断然〝透け〟! トップスやアウターなどバリエ豊富に登場中♡ そのナチュラルな色っぽさが、楓の気分にマッチ。』

暖かみがあり落ち着いた印象のブラウンは、優しげで好感度の高いコーデにぴったり。軽やかさを出したいときは、トレンドのシースルーアイテムをMIXするのがおすすめ! 肌馴染みがいい色なので、くすみのあるニュアンスカラー配色や今っぽいワントーンコーデもおしゃれに決まります。

  • ブラウンアイテムは品のある大人カジュアルにおすすめ
  • 合わせる色は、白、ベージュ、ピンク、トーン違いのブラウン系がおすすめ
  • ブラウンはおしゃれ度抜群なワントーンコーデも挑戦しやすい

【1】白ジャケット×ブラウンニット×ブラウンスカート

タイトなニットワンピは、シャツジャケットをラフにはおってかわいげと抜け感を♡ シャツジャケットは体が泳ぐサイズ感を選ぶとおしゃれっぽさがUP! ブラウンに明るいベージュを合わせて、春らしさをプラス。

CanCam2020年5月号より 撮影/有馬秀星(MOUSTACHE) ヘア&メーク/谷口里奈(R&eo) モデル/中村麻美 構成/時吉 茜

【2】ブラウンシアーシャツ×ブラウンキャミソール×白パンツ

夏っぽ素材で涼しげな(クロシェパンツ)で大人リラクシーに挑戦したい!『体のラインが出る服が苦手で、避けてきたニットパンツ。トレンドのクロシェ編みならラインもごまかせそう?と思って挑戦したけど、程よい〝透け〟で抜け感も出ていい…! ロングのはおりがあると腰回りもカバーできて、スタイルUP見えするのもうれしいところ♡』

ロング×ロングの旬なレイヤードスタイルでクロシェパンツを攻略。シアーカーディガンをさらっと羽織って、異素材の〝透け〟を合わせるのが上級テク! 足元は抜け感たっぷりのサンダルですっきりとバランスよく。モカやエクリュの今っぽいグラデカラーもかわいい!

CanCam2020年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/Midori モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

【3】白ジャケット×ブラウントップス×ブルードット柄スカート

レディなスカートを、今っぽゆるGジャンでカジュアルダウン!Gジャン×ナロースカート『今季、Gジャンは色や形がバリエ豊富! おしとやかなナロースカートと合わせれば、男女ともに好印象な程よいカジュアル感♪ 』

ベージュGジャン×水玉サテンスカートの淡色コーデ♡ いま狙い目なのが、色んなコーデとなじみやすいナチュラルカラーのGジャン。インナーにはブラウンを挟んでさりげなく引き締めて。色合わせがしやすいので、今どきカジュアルが簡単に完成します♪

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】ブラウンキャミワンピース×グリーンインナー×ブルーバッグ

シアーな透けトップスは、ワンピ合わせで〝エモ〟な仕上がりに♡透けトップス×キャミワンピ『肌が透けるシアートップスをはおりナシで楽しめるのは、今しかない! ロング丈のキャミワンピと合わせて可憐な印象に。』

なめらかな質感が色っぽい細身のサテンワンピには、水色のチュールタートルでフレッシュな要素をプラス。水色×ブラウンのチョコミント配色は、甘さ控えめなのに女らしくて好相性。ブルーのかごバッグで夏らしく仕上げて♡

CanCam2020年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【5】Gジャン×ブラウンワンピース×白サンダル

繊細なクロシェ編みワンピで程よく華やぎを♡ 目に留まるクロシェニットは、落ち着いたブラウンを選べば大人っぽく着こなせます♡ 上品な小物を足して、まろやかなフェミニンオーラもばっちりGET。

CanCam2020年6月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【6】ブラウンTシャツ×ブラウンスカート×白スニーカー

とことん今っぽさを狙うなら、くすみカラーのワントーンに挑戦! ベージュ系×ブラウンチェックのワントーンは、プリーツスカートやチェックジャケットで立体的に魅せるのがポイントです。くすみミントのバッグと白コンバースでおしゃれっぽい抜け感を。

CanCam2020年5月号より 撮影/Chopper スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ブルーシャツ×ブラウンタンクトップ×白スカート

モカのキャミとエクリュのクロシェスカートに、くすみブルーのゆるシャツをプラス。絶妙なニュアンス配色をキープするために、足元は素肌がのぞくメッシュ靴で今っぽく引き締めて。足をスポッと入れるだけでキマるスリッパ風ミュールは、女っぽナチュラルなトレンドコーデの相棒にぴったりです。

CanCam2020年5月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【8】ベージュシャツ×ブラウンニット×ブラウンパンツ

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

CPOジャケット×リブニットパンツのトレンドコーデ。全体を上品なマロンチョコ配色でまとめれば、メンズっぽさのあるCPOシャツは女らしく、リラクシーなブラウンのニットパンツはキレイめにシフトします♡

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ブラウンシースルートップス×ベージュスカート

質感や色でニュアンスたっぷり仕上げに♡ 色っぽエシカル・楓Style『楓style2春イチ買いは今っぽ透けアイテムで決まり!この春の新着キーワードと言えば、断然〝透け〟! トップスやアウターなどバリエ豊富に登場中♡ そのナチュラルな色っぽさが、楓の気分にマッチ。』

透け度高めのトップスを選ぶなら、肌とコントラストがつきすぎないブラウンがちょうどいい。薄ベージュのスカートにブラウン系小物を合わせて、大人っぽい同系グラデコーデを楽しんで。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

ブラウンボトムと相性の良いトップスは?

【1】ストライプ柄シャツ×ブラウンスカート

細かなストライプシャツは、シックなブラウンのレザー風スカートを合わせると知的で芯のある印象に。トートバッグとスニーカーは白でまとめて、春夏らしい爽やかさを演出しましょ。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【2】ブラウントップス×ブラウンチェック柄スカート×オレンジサンダル

Brown&Beige

柄やトーンで遊びやすいブラウンコーデは引き続き大人気! スリットが着映えするロングスカートに同系色のニットを合わせて、足元に春らしいオレンジカラーを差すのがポイント。

CanCam2020年5月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/時吉 茜

【3】シースルーブラウス×黒キャミソール×ブラウンスカート

リラックスムードの日はブラウン系パンツ

ガーリーなシースルーブラウスも、グリーン×ブラウンの配色なら程よく締まってかっこいい雰囲気に。レースキャミをインナーに仕込んで、透け感にもおしゃれっぽさを意識して。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/時吉 茜

【4】ベージュニット×ブラウンパンツ

レトロニットの懐かしかわいい感じ、最高に好き

フィット感のある女っぽい夏ニットは、デニムやペタンコサンダルでラフに振るのがおすすめ。ほかのアイテムはブラウンでまとめて、ヴィンテージ感のあるグラデ配色にまとめましょ。

CanCam2020年7月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ブルーブラウス×ブラウンパンツ

華やかで品のある大人フェミニンスタイル 通勤ノーブル恋style 洋服を選ぶ基準は、上品さとオフィスで浮かない華やぎ。そして自分がより素敵に映るスタイルアップ服はマスト♡今シーズンもそのポイントは変わらずに、キレイ色や新鮮ディテールで春仕様にアップデート!『恋style3ボウタイブラウスできれいなお姉さんに きちんとしつつも顔周りを明るく見せるボウタイブラウスが、今シーズン人気♡ さらっと垂らすタイプのタイで、脱・まじめに取り入れて♪』

透明感のあるブルーとブラウンを合わせた旬の配色。新鮮な色味でまとめることで、ボウタイブラウス×クロップドパンツの鉄板コーデもぐっと今っぽく仕上がります。

CanCam2020年3月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花、石黒千晶

【6】ベージュジャケット×赤ニット×ブラウンパンツ

アシメニットを会社で浮かずに着てみる5STYLE『今日はゆるオフィスDAY。休日はもちろん使えるアシメニットだけど、会社に行くとしたら、さぁどう着る?』

トレンドの変形ニットは、きちんと見えジャケットのハズシ役にぴったり。赤やブラウンでつなげた同系トーンにジャケットをゆるっとはおって、オフィスでも重宝する今っぽコーデの完成です。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

ワントーンがおしゃれなオールブラウンコーデ

【1】ブラウンニット×ブラウンパンツ

リラックスムードの日はブラウン系パンツ

細身のニットパンツならモヘアニットも着膨れせず、フェミニンなバランスに仕上がります。楽チンコーデに頼る日は、鎖骨がきれいに見えるV開きニットをチョイスしてちょっぴり女っぽさを大切に♡ ブラウンのグラデで今っぽいおしゃれ感が演出できます。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/時吉 茜

【2】ブラウンシャツ×ベージュニット×ブラウンチェック柄パンツ

No/04ブラウンタートル『定番のタートルニットを目新しく更新するなら、旬のブラウンがイチ推し。中でもやわらかくファジーな色合いが、レイヤードスタイルに打ってつけ!合わせを選ばないから簡単に取り入れられる♪』

濃度を変えたベージュ〜ブラウンのワントーンが、ひと目でおしゃれ見えを叶えてくれる♡ お尻まで隠れるロングシャツは、はおり代わりに使えるのでおすすめです。ニット×コーデュロイで質感に差をつけてメリハリ&奥行きのある着こなしに。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】ブラウンワンピース×ブラウンニット

女のコのかわいいを詰め込んだアイドル的存在 菜波主演エモかわいい

ブラウンのリブニットにカーキ系のワンピースをレイヤード。こっくりとした冬カラーが季節感のある女の子らしさを演出します! 仕上げは白のボアコートで抜け感&甘さをプラスして。

CanCam2020年2月号より 撮影/神戸健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/小嶋明恵、田中涼子

【4】ブラウンニット×ブラウンスカート

会社の人に「何かあるの?」って聞かれたくない平日クリスマスデートの日『まろやかワントーンでちょうどよく華やぐ今年のクリスマスは火・水曜! おしゃれしたいけど、仕事があるから気合い入れすぎは避けたい…。そんなときはベーシックカラーの淡色ワントーンで、落ち着いた印象と彼ウケを両立♡』

〝優しくて聡明な彼女〟を演出してくれる、モカベージュのワントーンコーデ。サテンスカートのリュクスなツヤ感も、フェミニンオーラ抜群です♡

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ブラウントップス×ブラウンスカート

人柄までやさしげに見せてくれるやわらかなブラウンコーデ。ブラウンを中途半端に取り入れず、タートルニット・スカート・バッグをワントーンでまとめる思い切りのよさが洗練見えのコツ♡

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/権藤彩子

【6】ブラウンワンピース×ブラウンスカート

チョコレートみたいな濃厚ブラウンのニットワンピには、プリーツスカートのレイヤードで抜け感を加えて。ロング×ロングのゆるっとしたシルエットも、シックに転じるのがブラウンの魅力。素材感や色味に変化をつけた小物使いで奥行きを。

CanCam2019年11月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】ブラウンサロペット×ブラウンボーダーカットソー

1枚は欲しい♥茶系 きゃみたん で秋っぽ配色コーデ

ともするとほっこり見えがちな茶系ボーダーも、肌見せできるタンクならヘルシーで色っぽい♡ 全体をブラウンでまとめると、ボーダー×サロペットの着こなしがぐんと大人っぽく見えるんです。仕上げの白パンプスでシャープさと抜け感をプラス!

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/木村 晶

【8】ブラウンキャミソール×ブラウンドット柄スカート

グラデーション配色なら大人っぽく着こなせる

肩ひもが細いニットキャミは今シーズンも夏のマストアイテム。ブラウンのドット柄スカートとのワントーンでレトロガーリーに着こなして♡ こっくり深いチョコブラウンが肌の白さを際立たせてくれるんです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/松村沙友理(本誌専属)  構成/木村 晶

ブラウンコーデで大人カジュアルに♡

こなれ感がおしゃれなブラウンアイテムのコーデを紹介しました。落ち着きがあり優しい印象のブラウンコーデは、Tシャツなどのラフなアイテムを取り入れても品のある大人カジュアルが楽しめます♡

 

>CanCam.jp TOPに戻る