【ブラウンコーデ23選】おしゃれに見える色合わせって?|2021締め色ブラウンの正解コーデ

2021レディース♡旬のブラウンコーデを大特集

ブラウンコーデ

大人カジュアルにぴったりの今っぽいブラウンコーデを大特集。トップスはもちろん、ワンピースやスカート、パンツを使ったトレンドコーデも紹介します。締め色に使うほか、今シーズンは、全体をブラウン系やベージュ系のグラデーションでまとめたワントーンの配色もおすすめ。こなれ感&洒落感が一気にアップします♡

今季プラスしたいおすすめブラウンアイテム

コーデにプラスすれば即トレンドコーデが完成するおすすめのブラウントップスやスカートを紹介します。

■ブラウンのビッグカラーブラウス

ブラウンコーデ

人気続行のビッグカラーブラウスを新調するなら、今っぽいブラウン系のニュアンスカラーが狙い目♡幼く見えがちなビッグカラーですが、トレンドのブラウンなら大人仕様に着こなせます。

■ブラウンのジャケット

ブラウンコーデ

かっちりしすぎないけど上品さを出してくれるこっくりブラウンのジャケット。スカートでフェミニンに着こなしたり、×デニムパンツのカジュアルな着こなしもおすすめ。

■ブラウンのセンタープレスパンツ

ブラウンコーデ

仕事も休日もヘビロテしたいセンタープレスパンツは、上品ブラウンが今っぽくて使いやすい♡ 脚や下着のラインを拾わないタックパンツチョイスすれば、美脚効果も着心地のよさも◎。

■ブラウンのレザースカート

ブラウンコーデ

高級感のあるレザースカートは、柔らかなブラウンとふんわり広がるフレアラインでロングでも重くなりすぎず◎。クラシカルなミニバッグを投入すれば、旬のヴィンテージコーデの完成です。

ブラウンのアイテムに合う色

人気のブラウンですが、合わせるアイテムはどんな色が合うの? そこでおすすめの配色をレクチャーします! コーデの色に迷ったら参考にしてみて♡

■ブラウン×ミント

ブラウンコーデ

ブラウン×ミントのアイテムを合わせれば、今っぽい新鮮さのおしゃれなチョコミント配色が完成します♡ マーメイドスカートなど女性らしいラインのアイテムや、抜け感のある白小物を合わせて洗練度を高めて。

■ブラウン×ピンク

ブラウンコーデ

ブラウン×ピンクは大人かわいいコーデにおすすめな配色。落ち着いた配色なので、小物で白を合わせると抜け感&こなれ感が出ます。ファーバッグなど小物で季節感をプラスするのもおすすめです。

■ブラウン×ベージュ

ブラウンコーデ

ベージュ~ブラウンの濃淡をつくると手軽に今っぽいコーデが完成! エクリュやベージュのワントーンを、締め色にもなるブラウンが上品にまとめてくれます。

■ブラウン×ブラウン

ブラウンコーデ

シャレ感強めのワントーンコーデは、素材感や色味に変化をつけた小物使いで奥行きをだすのがポイント♡ ブラウンのトーンを少し変えてみるのも軽さを出すのにおすすめです。

ブラウンコーデの着こなしポイント

ブラウンコーデ

  1. 「ブラウン」は、品のある大人カジュアルコーデにおすすめ
  2. 白、ベージュ、ピンク、ミントは、締め色にもなるブラウンが好相性
  3. ×ベージュなど上級者感のあるワントーンコーデもおしゃれ

ブラウンのアイテムがメインのコーデ

【1】ブラウントップス×ベージュデニムパンツ×ベージュバッグ

ブラウンコーデ

デコルテ見せ×デニムのヘルシーコーデで男女モテ♡ 背中の開いたニットTシャツには、女っぽくなりすぎないようにニュアンスのあるベージュデニムでおしゃれっぽいムードをプラス! あえてのデニムで大人カジュアルに仕上げるのがポイントです。サングラスやデカクラッチでこなれ感も。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ブラウンニット×ブラウンデニムパンツ×エクリュジャケット

ブラウンコーデ

マニッシュな印象のジャケット×パンツも、ブラウンのタンクやデニムを投入するだけで親しみやすい雰囲気に仕上がります。肌なじみのいいライトベージュやクリアバッグの小物で、初夏らしい軽やかさをプラスして。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ブラウントップス×黒インナー×デニムパンツ×ブラウンバケットハット

ブラウンコーデ

ざっくりラフに結んだようなビッグリボンのバックシャンブラウス♡ こっくりとしたブリックブラウン×ヴィンテージライクなデニムなら、大人の余裕を感じさせるこなれムードが漂います。小物で夏素材のバケットハットを足しておしゃれっぽいアクセントを。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【4】ブラウンニット×ピンクスカート×ベージュバッグ

ブラウンコーデ

ブラウンニット×ピンクスカートで優しく気品のある印象に。親しみやすいコーラルピンクは、リッチなサテンスカートでグッとキレイ見え。ブラウンニットを合わせた温かみのある配色で、女らしさと今っぽいカラーリングがアピールできます。

CanCam2021年3月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ブラウンスウェット×ベージュジャケットセットアップ×白インナー

ブラウンコーデ

季節の変わり目に短めボトムを先取りするなら、こっくり配色で見た目を暖かく魅せるのがおすすめです♡ ベージュブラウンのセットアップは、インナーに濃いめブラウンのスエットと白Tシャツの抜け感を仕込んで落ち着きのある大人グラデに。ショルダーバッグやエコBAGなど小物のブラックとリンクする肩掛けニットは、洒落感+防寒用のストール代わりにも。

CanCam2021年3月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【6】ブラウンシャツ×デニムパンツ×テラコッタバッグ

ブラウンコーデ

こっくり色のシアーブラウスは、淡色デニムと合わせてヘルシーな女らしさを極めて。胸元がVカットに開いたキャミソールをインナーに選んで、デコルテに視線を集める透け加減も計算済みです。コーデ全体がトーンアップするオレンジのクラッチもブラウンやデニムとの相性ばっちり♪

CanCam2021年3月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、楫 真梨子 構成/鶴見知香

【7】ブラウンニット×白シャツ×ブラウンスカート×ブラウンバッグ

ブラウンコーデ

ブラウンのロングスカートにベージュのニットと白シャツをレイヤード。シンプルなコーデには、360°おしゃれになれちゃうバックシャンニットを合わせて華やかさを。ベージュやブラウンの小物でまとめて旬のワントーン配色に。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【8】ブラウンニット×オレンジカーディガン×ブラウンワイドパンツ

ブラウンコーデ

オレンジカーデのインナーにはトレンドのシアーニットを合わせて鮮度高く! インナーもワイドパンツも落ち着きのあるブラウントーンでまとめれば、きちんと感もバッチリです。

CanCam2021年2月号より 撮影/曽根将樹 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 構成/手塚明菜、浜田麻衣

【9】ブラウンパンツ×ブラウンカーディガン×ストライプ柄シャツ

ブラウンコーデ

ストライプシャツ×カーディガンのおじっぽコーデに、パンツのツヤで女らしさをプラス。サテンパンツ&ピンヒールパンプスでキレよくまとめると、シルエットのゆるさもフェミニンにシフトします。トレンドのサテンパンツは深みのあるブラウンなら大人っぽさも◎。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【10】ブラウンニット×ブラウンスカート×ブラウンブーツ

ブラウンコーデ

大人な茶系サテンのナロースカートには、キャッチーなこっくりブラウンのニットでトーンを合わせて。みずみずしいツヤ感のあるサテン素材なら、ざっくりニットも女の子らしく着こなせます。ショート丈のニットなら、ロングスカートとのバランスも◎。茶系コーデもフレッシュ&華やかにアップデートできちゃいます。

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/佐藤彩花

ブラウンワンピースの着こなし

【1】ブラウンワンピース×ブラウンロングブーツ×白カーディガン

ブラウンコーデ

フリルがかわいいミニ丈ワンピにロングブーツを合わせた最旬コンビ。袖&裾のフリルがボリューミィなワンピには、存在感のあるスエード素材のロングブーツがよく映えます♡ 肩掛けカーデで上半身に重さを足して全身バランスも調整して。

CanCam2021年10月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/浜田麻衣

【2】ブラウンワンピース×ラベンダーバッグ×ベージュパンプス

ブラウンコーデ

すとんと落ちたタイトなシルエットに、脚がのぞくサイドスリット…ともすればロマンティックになりすぎるボリュームパフスリーブを、引き算でグッと大人な印象に仕上げたニットワンピ。秋イチ着たいブラウンに、ライラックのミニバッグを効かせて洒落感のあるコントラストに♡

CanCam2021年10月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/金 世娜 構成/鶴見知香

【3】ブラウンワンピース×イエローバッグ

ブラウンコーデ

華やかなフリルをほどこした、大人ムードたっぷりのカシュクールワンピース。甘さのあるディテールもブラウンのリネン素材で大人の甘さにブラッシュアップ。黒サンダルとイエローのバッグで、落ち着いた華やかさをアピールして。

CanCam2021年9月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/山木晴菜

【4】ブラウンワンピース×デニムパンツ×ゼブラ柄トートバッグ

ブラウンコーデ

スリットがトレンディなワンピースは、ボトムにデニムを合わせてバランスよく! デニムが両サイドからのぞいて、どの角度から見ても洒落たコーデに仕上がります。黒小物を効果的に散りばめて、都会的なカジュアルコーデを完成させて。

CanCam2021年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 構成/鶴見知香

【5】ブラウンワンピース×白ジャケット×赤バッグ

ブラウンコーデ

ストンとした落ち感がおしゃれなニットワンピに、白ジャケットをはおって立体感をプラス。上半身に視線が向くコーデは、スタイルアップ効果があるのでおすすめです。好感度の高いラテ配色に赤BAGを差し込むと、シンプルながら今っぽさの香るスタイリングが完成。ブーツはスカートとの間に肌が見える丈感を選ぶと絶妙な抜け感が生まれます。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【6】ブラウンワンピース×ブラウンジャケット×スニーカー

ブラウンコーデ

ブラウンのニットワンピに同色のテーラードジャケットを羽織って大人めに。簡単だけど感度高めなブラウンのワントーンスタイルは、ニットワンピで縦ラインを強調しコーデに奥行きを意識するのがポイントです。時計やスニーカーなど白のスポーティ小物をちりばめて、ダークカラーに抜けのよさも意識。

CanCam2020年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ブラウンワンピース×白カーディガン×ベージュブーツ

ブラウンコーデ

ニットワンピのきれいめコーデは、コンサバに転ばないよう×ざっくりカーディガンでこなれさせて。チェックの巾着バッグでレトロムードを盛りつつ、ベージュのショートブーツでまろやかに仕上げるのも今っぽく見せるコツなんです。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI(LINX) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【8】ブラウンワンピース×ブラウンベレー帽×ベージュバッグ

ブラウンコーデ

ワッシャー素材でシワも気にならない楽ちんワンピは、デイリーコーデにもおすすめ。キャスケットとふわもこのショルダーバッグで地味見えしない秋コーデを完成させて。ベージュやブラウン系のアウターを羽織ってワントーンコーデにまとめるのも◎。

CanCam2020年11月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/加藤史帆(本誌専属) 構成/田中絵理子、石黒千晶

【9】ブラウンワンピース×ブラウンブーツ×ファーバッグ

ブラウンコーデ

ロングニットの大人ワンピは遊びゴコロのあるファー小物でアクセントを。体が泳ぐゆるワンピースはベルトでウエストマークしてみると、スタイルアップ&表情の違いが楽しめます♡ 仕上げはブラウンのヒールブーツでさらにバランスよく!

CanCam2020年11月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/後藤若菜(ROI) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/佐藤彩花

ブラウン系アウターを合わせるコーデ

【1】ブラウンジャケット×キャメルブラウンワンピース

ブラウンコーデ

キャメルカラーの大人ワンピにブラウンのジャケットをON。きちんとアイテムを落ち着いた配色でまとめた春コーデは、出会いの多い季節にぴったり。ベーシックカラーのジャケットを羽織ると、ワンピースのきちんと感もアップします♡ バックストラップの白パンプスやバイカラーのバッグなど、小物は軽やかなカラーで統一するのもポイント。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ブラウンジャケット×ブラウンニット×デニムパンツ

ブラウンコーデ

美脚デニムと上品なキャメルニットで作るこなれコーデ。ニットと同色のテーラードジャケットを合わせるだけで、きれいめで今っぽい大人カジュアルの出来上がり♪ バッグはブラウンでコーデとなじませつつ、足元は黒パンプスでぱきっと締めて。

CanCam2021年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/山木晴菜

【3】ブラウンコート×ブラウンニット×レーススカート

ブラウンコーデ

トレンドのブラウンニット合わせで王道のレーススカートも新鮮に。キレイめシルエットが挑戦しやすいココアブラウンのコートも、ブラウンのニットやスカートのなじませカラーにぴったりです。ラベンダー色のスカートとも相性抜群!

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【4】ブラウンジャケット×黒ニット×チェック柄スカート×白バッグ

ブラウンコーデ

あったかかわいいコーデュロイのショートダウンで、レディなチェック柄タイトをカジュアルダウン。立体感のあるオーバーサイズも相まって、着るだけでセンスあるムードに。全体を同系色でリンクさせると、柄やコーデュロイも大人っぽく着こなせます。

CanCam2021年1月号より 撮影/菊地 史(impress+) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ブラウンコート×ブラウンニット×ブラウンスカート×ブルーマフラー

ブラウンコーデ

ブラウンニット×レザースカートでまとめた冬コーデは、ブルーのストールや白ブーツで明るさ&抜け感を演出して。人気のノーカラーコートは、親しみやすさときっちり感のバランスが魅力。大判のストールをざっくり巻くと、きれいめなスタイルにこなれ感が生まれます♡

CanCam2020年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/渡嘉敷愛子 モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【6】チェック柄コート×ブラウンパンツ×黒パンプス

ブラウンコーデ

ブラウンチェックのステンカラーコートに、ブラウンのレザーパンツをコーディネート。クラシカルなコートとトレンドのレザーボトムが、今っぽいレトロムードを醸すおしゃれコンビに♡ 締め色のバレエシューズとヴィンテージっぽいショルダーバッグで品よくまとめるのが正解です。

CanCam2020年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/塩澤延之(mod's hair) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【7】ブラウンコート×ブラウンスウェット×白インナー×デニムパンツ

ブラウンコーデ

スエット×デニムのカジュアルコーデに人気のボアコートをレイヤード。大きめのロゴトートやレオパード柄シューズで、おしゃれっぽくてこなれてるシンプルコーデが成立します♪

CanCam2020年12月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/塩澤延之(mod's hair) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

ブラウンコーデで今っぽい大人カジュアルに♡

こなれ感がおしゃれなブラウンコーデを紹介しました。落ち着きがあり優しい印象のブラウンコーデは、Tシャツなどのラフなアイテムを取り入れると品のある大人カジュアルが楽しめます♡ 軽やかさを出したいときは、トレンドのシースルーアイテムをMIXするのがおすすめ! 肌馴染みがいい色なので、くすみのあるニュアンスカラー配色や今っぽいワントーンコーデもおしゃれに決まります。