定番シャツがおしゃれに!【シャツの重ね着コーデ19選】|2022レディース秋冬

シャツにインナーを重ねる2022トレンドコーデ

シャツレイヤードレディースコーデ

カジュアルだけど、きちんと感も演出できるシャツの重ね着コーデをピックアップ。シャツやシャツジャケットの中にインナーを着て奥行きを出したり、ニットのインナーにシャツを重ね着するなど、おすすめのトレンドコーデを厳選しました♡ 簡単でおしゃれであたたかい、重ね着コーデは必見!

今季おすすめのシャツの重ね着アイデア

■ニットベスト×シャツの重ね着

シャツレイヤードレディースコーデ

爽やかなシャツ×ニットベストの組み合わせは、休日も通勤もおすすめ。ニットの素材感が活かされるワントーンコーデも簡単で洒落見えします。

■ロングシャツ×クロップド丈トップスの重ね着

すでに持っている!という人も多い白シャツですが、今季はデザインやシルエットが今っぽい一枚にアップデートするのも手。シンプルなアイテムだからこそ、ちょっとしたディテールや着丈などの変化を敏感に取り入れておくと、着こなしの鮮度がぐっと上がります。

シャツレイヤードレディースコーデ

シャツのボタンは上まで留めてショート丈ニットをレイヤード。襟元や袖から白シャツを見せて奥行きのある冬コーデを完成させて。トレンドのショート丈トップスを着るときも、白シャツが一枚あると便利! ボトムにはフレアシルエットのパンツを合わせると、コンサバになりすぎず程よい今っぽさが作れます。

■ビッグカラーシャツで顔まわりを華やかに

シャツレイヤードレディースコーデ

ビッグカラーブラウスは、アウターに重ね着すると華やかな着こなしに。パンツスタイルでも女性らしい印象に仕上がります。

シャツの重ね着コーデをおしゃれに仕上げるポイント

シャツレイヤードレディースコーデ

  1. 顔まわりを明るくするなら白やライトグレー、大人っぽい着こなしには黒インナーを
  2. きちんと感のある着こなしはシャツ×ニットの重ね着がおすすめ
  3. 今季はクロップド丈のトップスとのレイヤードがトレンド

定番のシャツを今っぽく重ね着する秋冬コーデ

【1】クロップド丈ニット×シャツのレイヤードコーデ

クロップド丈のベーシックなPコートが結局いちばん着回せる!『選んだのはLILY BROWNのコート「ネイビー×金ボタンのトラッドなPコート。ベーシックだからきれいめにもカジュアルにもOK! 旬のクロップド丈はどんなボトムとも好バランスで着こなせるメリットも♡」』

クロップドニット&シャツレイヤードの旬バランスで今どきに。着こなしの鮮度を上げてくれるクロップド丈アウターは、おしゃれ上級者風に見せつつスタイルアップできておすすめ。小物は黒で大人っぽく引き締めて。

CanCam2022年12月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/沼田真実(ilumini) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ブルーインナーにシャツを重ねて爽やかに

リラクシーで女っぽい♡ 白ゆるカーデを着回し!

シャツやデニムなど一見普通なベーシックアイテムは、重ねることで途端に今年らしい印象に。流行しているシャツ×タートルネックニットのレイヤードスタイル。冬はさらに、オーバーサイズカーデでふわっと包み込んであたたかさもキープして。

CanCam2022年12月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/岩附永子

【3】シャツの重ね着できちんとワントーンに

素材豊富な季節を存分に楽しもう!冬素材スカートも「白」で抜け感をプラス『ニットやウールなど、冬ならではの素材を取り入れると洒落感急上昇!ともすると重い印象になりがちだから、軽さと抜け感が出る白を選ぶと素材のよさを活かしつつ、季節感たっぷりな着こなしを楽しめる♪』

ボリュームのあるキルティングスカートは、軽さが出せる白がおすすめ。シャツ×クロップドニットをトップスに合わせて、ボトムとのバランスをとって。小物はすべてベージュ系でまとめることで、トレンドのワントーン配色が楽しめます。 

CanCam2022年12月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/菅長ふみ(Lila) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/橘 綾花、笠原未羽、斉藤千夏 構成/鶴見知香

【4】イエローニットにシャツを重ね着て奥行きを

7位 ちょっぴりカジュアルムードが今年の正解!旬アウター×白っぽミルキー配色『寒い季節の「白」ってやっぱりかわいい♡思わずぎゅーっと抱きしめたくなる愛くるしさを、今季もしっかり堪能したい!旬デザインのアウターも、今シーズンは白が大豊作!あえて締め色なしのミルキーな配色で着こなして、一目置かれる存在に♪』

フェルトのような圧縮ニットのふわふわカーデは、ジャケット感覚でバサッとはおれるオーバーサイズが旬。シャツの下にふんわりイエローのニットを重ねるとコーデに奥行きが生まれます。パンツはトレンドのフレアシルエットを、足元はシアーな靴下と黒サンダルで程モードに引き締めて。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【5】黒ワンピ×バックシャンシャツで美人見え

3位 シンプルだけど、ハッとする。コケティッシュさが魅力♡ センシュアルに着るモノトーン『ベーシック流行の今季、定番モノトーンがトレンドの最先端カラーとして大注目!都会的なシンプルムードでお出かけしたいコが街にあふれているんです。地味シンプルにならないよう、オトナきれい派には肌見せ、透け感、タイトシルエットで色っぽさを加えるのがおすすめ♡』

背中が大胆に開いている白シャツを主役に、インナーとボトムは黒でつないで女っぽいモノトーンに。シャツの〝品行方正〟感と、肌見せのギャップがたまらないコーデは、シンプルながら差がつきます。シャツがオーバーサイズ気味なので、細めマーメイドスカートを合わせてスタイルアップも。バッグは人気のハーフムーン型で今っぽく!

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【6】クロップドニット×シャツの重ね着コーデ

1位 今どきバランスが即叶うベストコンビに、熱~い支持が!クロップドアウター×脚長ボトム『秋服買い筆頭としてみんなが狙っている軽アウターは、「クロップド丈で」という声が多数!ハイウエストやゆるっと長めシルエットのボトムを合わせて、とことんスタイルアップさせたいというのも、共通のこだわりでした!』

モスグリーンは2022の人気カラー。クロップドニット×シャツのトラッド風レイヤードにタックパンツを合わせて、トレンドのお仕事コーデを完成させて。黒縁めがねやヒールローファーでトラッド感をさらに後押し。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【7】ストライプシャツにハーフジップニットを重ね着

Blue 真面目すぎないトラッドMIXで今っぽく!『知的で清涼感のあるブルー。今年は淡いトーンよりも、パキッとクリアな発色が狙い目! 上品なのに洒落ムードが漂うトレンドのトラッドMIXで、一目置かれる洗練スタイルを手に入れて。』

今季注目のハーフジップニットはブルーonブルーでツウなムードに。インナー次第で表情が変わるハーフジップニットにゆるっとしたニットとは対照的なストライプシャツをINすることで、メリハリコーデが完成します。ボトムは爽やかな白デニムですっきりまとめて。特徴的なビッグカラーで小顔効果もバツグン!

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【8】ブラウンインナーで優しく締める白シャツコーデ

Red ベージュorブラウンでまろやかにまとめて上品に『去年までのスモーキーなあいまいカラーから一変、この秋のトレンドカラーは鮮やかなきれい色が主流に!ひと目でパッと華やぐドラマティックな赤は、やわらかいベージュorブラウン合わせでコントラストをつけすぎない、優しげな着こなしが気分。』

ドット柄スカート×白シャツのきれいめコーデ。タートルネックにシャツを重ねた旬のレイヤードスタイルにカーデを巻いて、洒落見えニュアンスをプラス。真面目顔なシャツスタイルも赤ニットのアクセントで一気に映えます。

CanCam2022年11月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI、後藤若菜(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ブルー系トーンでまとめるシャツの重ね着コーデ

秋いちニットは何を狙う? 洒落感カジュアル派は ケーブル編みトラッドニット『旬のトラッドは、まずはニットでさりげなく取り入れて♪ 大人っぽく着られる、コンパクトデザインが狙い目!』

シャツ×タックパンツのきれいめコーデに、今年らしいクロップドカーデを重ねてスタイルアップも実現! 今シーズンは、ネクタイやシャツレイヤードでトラッドムードを盛り上げるのがおすすめです。

CanCam2022年10月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/KIKKU モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花 構成/山木晴菜

【10】ツイードジャケット×上品な白シャツレイヤード

絶対外せない秋はおりは? 上品きれいめ派は ツイードジャケット『クラシカルなツイードジャケットはどこの展示会でも見かける勢いのトレンドど真ん中アイテム!程ゆるシルエット、モノトーン風の色合いが狙い目。』

レイヤードもサマになる頼れるオーバーサイズのジャケットは、流行のツイードで鮮度UP! ボトムはデニムをシンプルに合わせて、ほんのりレトロなジャケットコーデを完成させて。

CanCam2022年10月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/室橋佑紀(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/権藤彩子、安 彩楓

【11】旬なニットベストを重ね着する白シャツコーデ

カラーミックスのニットベスト

黒のワイドパンツに青と赤の配色がかわいいニットベストをプラス。襟付きシャツを合わせてスクールコーデ風に着こなすと洒落感も◎。トップスはコンパクトにまとめて、ボトムにボリュームを出すのがスタイルアップの秘訣です。足元はベストとリンクする赤コンバースでアクセントを。

CanCam2022年3月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/福岡玲衣 モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/田中絵理子

きちんと見えるシャツレイヤードの通勤コーデ

【1】×クロップド丈ニットでおしゃれもスタイルアップも

notほっこり! 今っぽニットをもっとおしゃれに楽しむコツ『どれもトレンド感たっぷりなニットだけど、さらにあか抜けて見せるには⁉着回しテクから小物&メイクのコツまで、よりコーデの完成度を上げるアイディアをまとめてみました!』

お仕事DAYならシャツレイヤード×タイトスカートできちんと感をUP! 短丈ニットのアレンジにおすすめな重ね着は、今っぽさもきれいめな印象もアピールできるのでおすすめ。袖と裾からシャツをのぞかせて端正な表情に。

CanCam2022年12月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石黒千晶

【2】ブラウンタートル×白シャツの重ね着で今っぽく

見た目も気持ちも優しくなれるやわらかな一枚に包まれたい♡ ふわふわニット『ほんのり甘さが漂う、毛足長めのふんわり質感ニットもアプデしなきゃ! 今季はゆるシルエット&淡いトーンを選んで、そのたおやかな雰囲気を最大限に引き立てて…♡』

ふわ軽タッチのベージュカーデに、茶系でつないだタートルネックニットと抜け感を加える白シャツのレイヤードでトレンド感をひと盛り。旬のレイヤードでひと手間感のあるこなれたスタイリングが完成します。ボトムはくすみベージュのデニムとブラウンのブーツでニュアンシーに。

CanCam2022年12月号より 撮影/遠藤優貴 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 撮影協力/有田梨菜 構成/石黒千晶

【3】ハイネックの重ね着できれいめコーデにハズシを加えて

10位 秋冬に着たい定番アイテムを+1テクで刷新! ちょい見せタートルレイヤード『清楚で真面目な印象のタートルネック。〝きちんと見え〟がトレンドである今季は、積極的に取り入れたい!シャツやワンピースの下にアクセント的に仕込んだり、はたまたタートルネックにタートルネックをレイヤードさせたり、自由な発想で存分に楽しんで♡』

トレンチ+シャツ+デニムの鉄板コーデも、中にタートルネックを重ねるだけで既視感のない新鮮顔に。ライトピンクの程よい甘さが、コーデのいいハズしになっています。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【4】オーバーサイズシャツの重ね着スタイル

8位 さらっとシンプルに着ても、抜群のおしゃれ感! 変形モードシャツ×きれいめパンツ『カットオフやクロップド丈などひとクセ効いたデザインで、「着るだけで今っぽくなりそう!」とおしゃれリーダーが大注目する変形シャツ。鮮度の高いキャッチーなアイテムだけに、きれいめなセンタープレスパンツで大人っぽく仕上げるのが洒落見えのコツ。』

ハンサムトラッドな味付けで、レディなシャツにこなれた抜け感を。ボリューム袖やバックプリーツなど、ほんのり甘さのあるデザインシャツをバサッとはおっておしゃれっぽく仕上げましょう。グレンチェックパンツやローファー、カットソーでメンズライクなラフさも加えて。

CanCam2022年11月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini.) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、橘 綾花、有田梨菜 構成/石村真由子、山木晴菜、岩附永子、安 彩楓、鶴見知香

【5】きちんと感のあるシャツはオフィスコーデにも◎

Q.2 外回り多めの営業職だから疲れないお仕事靴がマスト。この冬買いな一足って?『A.ほんのりハンサムな甲深ローファーなら快適で今っぽくなる!』

ブルーのコートが映えるアイシー配色コーデはネイビーのパンツで知的に引き締め。ゆるっと大きめのシャツ×ニットの重ね着も、細身のパンツ合わせでバランスをすっきり見せるのがポイントです。トップスにボリュームがあるのでアウターは首元がすっきりしているノーカラーコートをチョイス。まろやかで女らしいきれいめコーデが完成します。

CanCam2022年2月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子

【6】グレーニット×バンドカラーシャツの重ね着コーデ

01 抜け感ありなバンドカラーシャツで大人の余裕を

定番の黒パンツは、レディ度の高いプリーツシャツなど主張のあるトレンドアイテムとも好相性。モードに着られるプリーツブラウスには、グレーのタートルニットを忍ばせてさらに今年っぽい味付けを。カラーストールで白黒のコントラストを和らげると大人のやわらかさが演出できます。

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/山木晴菜

【7】かっちりジャケットをニット×シャツでカジュアルに

@SUBWAY【クライアントにプレゼンへ】

かっちりジャケットは、ニット+シャツのレイヤードでおしゃれムードを底上げ。シャツのボタンを開けてニットをチラ見せすればきちんとコーデに奥行きがプラスできます。大人っぽくて洒落感のある大きめトートは、ジャケットスタイルの格上げにおすすめ!

CanCam2022年2月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属)構成/手塚明菜

【8】アイシートーンでおしゃれ度高めの重ね着コーデ

PATTERN02.あいまいカラーコート×淡色グラデ

旬カラー・ブルーグレーのコートをはおれば、定番デニムとドッキングニットのシンプルコーデもオトナきれいな仕上がりに。マニッシュなロングコートは、ダークカラーでまとめないのがコツ。ショッパーのようなバッグを合わせてコーデ全体にこなれ感を演出して。

CanCam2022年1月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/有田梨華、木谷成良 構成/浜田麻衣

オンオフおすすめなシャツの重ね着スタイル

シャツを重ねるおすすめの冬コーデをご紹介しました。春夏はさらっと羽織れるアウターとして、秋冬はインナーとして季節を通して着られるシャツは、重ね方次第でシーンレスに着回せます。タートルネックにオーバーサイズのシャツを合わせる着こなしや、シャツにニットを重ねる優等生風コーデなど、今っぽい冬の大人カジュアルを楽しんでくださいね♡