おすすめデニムコーデ16選|カラートップス・ボアアウターとの着こなし

2020冬のおすすめデニムコーデを特集!

定番のデニムパンツを今年っぽく着こなすなら? カラーコートやレトロブラウスなど、トレンドアイテムを取り入れた最旬のデニムカジュアルを大特集! リラックスコーデからきれいめコーデまで、おすすめの着こなしを紹介します。

【目次】
ワイドデニムパンツを合わせる冬コーデ
スキニーデニムパンツを合わせる冬コーデ
ストレートデニムパンツを合わせる冬コーデ
ライトデニムパンツを合わせる冬コーデ

ワイドデニムパンツを合わせる冬コーデ


【1】ワイドデニムパンツ×ラベンダーコート×白ブラウス

テイストを意識すればカラーコートはこんなに着回せる!『かわいいけど、結局いつも同じ印象になっちゃいそう…と敬遠されがちなカラーコートは、テイストを意識するのがカギ。いつものコーデもパッと華やかに、おしゃれを刷新!』

目に留まるラベンダーのBIGコートも、×デニムなら甘さが程よいヴィンテージライクなかわいさに♡ 白ブラウスを合わせたら、強すぎないブラウン小物できれい色を引き締めて。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】ワイドデニムパンツ×白ブラウス

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

レースのスタンドカラー&ギャザーがガーリーなスモックブラウスを主役に。デニム×白ブラウスの鉄板シンプルコーデには、小物でヴィンテージ感をがっつり盛って! ビジュー付きパンプスやもこもこバッグ、ヘアバンド、大ぶりイヤリング、と欲張っちゃうのが今っぽい!

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子(P.30〜P.31・P.40〜P.44・P.46〜P.49)、丸林広奈(P.32〜P.39・P.45)、ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY)モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

スキニーデニムパンツを合わせる冬コーデ


【1】グレースキニーデニムパンツ×ネイビーコート×ボーダーニット

あの手この手で♡ 地味色コートはもっとかわいく着回せる!『頼れるベーシックカラーのコートだけど、毎日着るから飽きてきた!なんて人も多いはず。着こなしをアップデートしてくれる㊙テクニックをご紹介♪』

デニム×ニットのシンプルコーデは、コートの上に定番のボーダーニットなど長袖トップスを巻けばこなれ感UP! ひと手間加えるだけで、見た目のコーディネート感が盛り上がります。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】黒スキニーデニムパンツ×白ニット

〝効かせる黒〟ブーツならこの3足!『究極のベーシックカラー〝黒〟なら、流行デザインも合わせやすさ抜群。今季はしばらく続くショートブーツブームの中、ニーハイも復活の兆し。ほんのりモードな〝効かせる黒ブーツ〟で、着こなしを更新!』

編み柄ですっきり見える白ニットに、クールな黒スキニーをプラス♡ トレンドのウエスタンブーツは、潔くシンプルな辛口アイテムで気負いなく合わせるのが断然かっこいい!

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【3】ブルースキニーデニムパンツ×イエローシャツ

03 久しぶりにパンツをはきたい!なら トップスは重ね着で!『定番のデニム、カジュアルなワイドボトム、キレイめセンタープレス…また再びパンツな気分。 ならば、トップスで鮮度をプラスして! ありきたりなワンツーにしないのがコツです。』

両胸にポケットが付いた、ゆるめサイズが特徴的なワークシャツはくすみイエローをチョイス。美人度高めなネイビータートルをレイヤードすれば、デニムもぐっと大人顔。

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【4】ネイビースキニーデニムパンツ×赤コート×ボーダーニット

シンプル×鮮やかコートでみんなの視線をひとり占め♥

ドラマティックな赤コートにボーダーを仕込んで、目指すはパリの女の子! デニム×ボーダーニットの定番コーデを赤コートと小物でアップデート。アクセントのベレー帽はシャレ見えに必須です♡

CanCam2019年1月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

ストレートデニムパンツを合わせる冬コーデ


【1】ストレートデニムパンツ×チェックコート×黒ニット

かっちりして 真面目っぽい印象がある>>>チェックアウターはオーバーサイズで今っぽく『1枚はおるだけでスタイリングが決まるチェックアウターは、ゆるっとしたオーバーサイズで今年らしいシルエットをメイク!メインが引き立つように、中はシンプルにまとめるのが◎。』

ベーシックな黒ニット×ストレートデニムが一気に華やぐチェックコートの力。定番柄のチェックも、はおるだけで洒落見えするビッグコートであか抜けた印象に。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】ストレートデニムパンツ×ベージュボアジャケット×グリーンニット

SUKE KNIT : 2 かぎ編み透け『柄ニット感覚のかぎ編みは、ラフに着られるオーバーサイズが使い勝手抜群。鮮やかorトレンドカラーで、さらなる着映えを狙って♡』

コーデの要は、大胆なビッグケーブル編みが目を引くグリーンニット。デニムでカジュアルに落とし込みつつ、ピンクバッグとのカラーMIXやソックス使いで、ライトグリーンの透けニットをやんちゃかわいく着たい♪

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】ストレートデニムパンツ×ブラウンコート×赤ニット

程よく甘い、今どきガーリー ストロベリーチョコ配色『「ピンクは大好きだけど、子供っぽくなりたくない」ならこの配色!ブラウンと合わせて甘さを抑えれば、女のコらしいかわいさはそのまま、今どきのこなれ感もGETできちゃう♡』

テディベアコートの中からチラリと見えるピンクニットで、最小限で最大級のかわいさを発揮♡ 大流行中のボアコートは大人なブラウンをセレクト。ばさっとはおって定番デニムを今っぽかわいくアップデートしましょ!

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】ストレートデニムパンツ×グリーンファージャケット×グレーニット

ファーコートはショート丈を選んでカジュアルかわいく着るのがGood!『ファーコートは面積少なめのショート丈を選んでゴージャス感を回避!いつものカジュアルコーデにさらりとはおるだけで、リッチに格上げしてくれる♡』

珍しいグリーン系のファーは、×デニムでデイリーに着たい! シンプルなグレーニットもファーを大人っぽく落ち着いた着こなしに導くポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/室橋佑紀(ROI) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/手塚明菜

【5】ストレートデニムパンツ×水色ニット

〝白ショート〟〝効かせる黒〟ブーツ 着回しにTRY!『「ATELIER BRUGGE」の オフホワイトブーツを着回し!』

ストレートのウォッシュデニムをロールアップして、ブーツとの間から肌を覗かせると軽快なバランスに。シアー感があるざっくり編みニットを合わせて、肌のヌケ感をリンクさせると、透明感あるニュアンス配色が完成します。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

【6】ストレートデニムパンツ×ベージュブラウス

idea4今すぐから春まで味わい尽くすなら…【レディブラウス】を冬→春へ着回しまSHOW!『本気の古着でも新品でも、選びの決め手はクラシカルでレディライクなこと。繊細レース、フリル、シルキー素材、ガーリーなギャザーetc.大げさなくらいのディテールも今シーズンはアリ!今すぐ買って冬服とレイヤード、春になったら一枚で、とことん着回し尽くそう♪』

ベージュがかったとろみブラウスをパリッと濃い色のデニムで小気味よく。くすみカラーのパンプスや丸カゴバッグで、テーマは憧れのジェーン・バーキン♡

CanCam2019年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子(P.30〜P.31・P.40〜P.44・P.46〜P.49)、丸林広奈(P.32〜P.39・P.45)、ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/木村 晶

ライトデニムパンツを合わせる冬コーデ


【1】ライトデニムパンツ×グレーシャツ×白タートルネックニット

ワークマンをいつものコーデに取り入れてみたら…『タウン向けから、ガチ作業服まで!本当に使えるワークマンの注目アイテムを冬コーデに投入♡「これ本当にワークマン?しかもこの価格!?」と、サプライズなおしゃれをお届けします♪』

CPOシャツ感覚で着られる長袖シャツは、抜き襟気味にゆるっと。タートルニットをレイヤードすれば、さらに今っぽさが高まります♪ インナーに白ニットを仕込んで、男前なシャツをまろやかにまとめて。

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/深瀬介志(sui) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ライトデニムパンツ×ブラウンファーコート×グリーンニット

深めのVニットにオススメなのがこの合わせ方♡ 白Tシャツでカジュアルに着崩すことで、防寒できるだけでなく一気にこなれ感もアップします!

CanCam2020年2月号より 撮影/的場 亮 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】ライトデニムパンツ×ストライプシャツワンピース

No/01黒タートル 『ひとり1枚は持っている定番の黒タートル!リブ入りのぴたっとコンパクトなフォルムは、きれいめからカジュアルまで、様々なテイストに対応。どんなシャツとも好相性で着こなしの幅が広がります!』

真面目なストライプ柄ワンピは黒タートルとのレイヤードでカジュアルダウン! シャツワンピはゆるっとしたサイズ感なので、ウエストをベルトで締めてバランスよく。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【4】ライトデニムパンツ×黒ボアジャケット×白Tシャツ

〝白ショート〟ブーツならこの3足!『セレブの間でも浸透中の今季注目の〝白ショート〟ブーツ。ロング丈のコート&スカートやワイドパンツのヌケ感に、今っぽいハズシに、と大活躍! 初心者でも取り入れやすいベーシックめorプリプラを狙うのが正解!』

レースアップでスポーティさをKeepしつつ、マットな素材感でモード感を漂わせて。スニーカーよりカジュアルさを抑えた白ブーツで、ボーイッシュなスタイルをキレ味よく。

CanCam2019年12月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/菅博子、鶴見知香

 

どんなアイテムをも受け止めてくれるデニムパンツ。ボアジャケットやカラーコートなど、インパクトのあるアイテムを合わせるとにも重宝します。デニムにもトレンド感があるものをチョイスして、トレンド感を重視したカジュアルコーデを楽しんで。

 

CanCam.jp TOPへ戻る