マキシスカートのおすすめコーデ16選|フレア・花柄スカート【2020春夏秋冬】

マキシスカートの最旬コーデを大特集

トレンドが続くマキシ丈スカートは、ドラマティックなフレアスカートや、レトロな花柄スカートなど、この春も気になるアイテムが盛りだくさん♪ お気に入りの着こなしを見つけてマネしてみて

この春は「ブラウン上手」が「おしゃれ上手」ブラウン〜ベージュグラデ

【目次】
マキシスカート秋冬コーデ
マキシスカート春夏コーデ

マキシスカート秋冬コーデ


【1】花柄マキシスカート×白ニット×ベージュシャツ

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

目を引く花柄スカートも、白やベージュのマイルドなカラーでまとまりよく。ニットとスカートのワン・ツーだとやや気張って見えるコーデも、ラフなシャツをゆるっと重ねることで肩の力が抜けた着こなしに。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/松村沙友理(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【2】白マキシスカート×白ニット×白シャツ

No/02白タートル『上品かつフェミニンな印象の白タートルは、上質なカシミア素材でクラス感もアップ。レイヤードで中に仕込むことで、顔周りがパッと華やぎ、女性らしいやわらかさを与えてくれます。』

甘いオール白コーデは、ミント色のジャケットでカジュアルにシフト! はおるだけでサマになるオーバーサイズのシャケットが、絵になる着こなしを叶えます♡

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【3】赤マキシスカート×キャメルニット×ベージュコート

かっちりして 真面目っぽい印象がある>>>チェックアウターはオーバーサイズで今っぽく『1枚はおるだけでスタイリングが決まるチェックアウターは、ゆるっとしたオーバーサイズで今年らしいシルエットをメイク!メインが引き立つように、中はシンプルにまとめるのが◎。』

やわらかな淡いチェックと落ち感のあるシルエットが、しなやかなルックスを叶える冬コーデ。品よく取り入れやすい柔和なチェックコートは、ブラウンやキャメル、冬らしいカラーでまとめてウォーミーなかわいさをまとって。

CanCam2020年2月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ラベンダーマキシスカート×カーキニット

SUKE KNIT : 2 かぎ編み透け『柄ニット感覚のかぎ編みは、ラフに着られるオーバーサイズが使い勝手抜群。鮮やかorトレンドカラーで、さらなる着映えを狙って♡』

旬のブラウンニットは、透け感のある編み地でより今っぽく! ラベンダーのロングスカートを合わせる柔らかな配色も気分です♪

CanCam2020年2月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】赤ニットマキシスカート×ベージュニット

優しげで大人なワントーン マロンチョコ配色『シンプルなのに地味に見えず、むしろおしゃれ感がUPする魔法の配色♡コントラストがつきすぎる白ではなく、やわらかなベージュを基本になじませるのがポイント♪』

派手色を使わないからこそ、ケーブル編みやヴィンテージ風レースなど、冬らしい素材感を盛り込んで表情豊かに。マーメイドシルエットのスカートで、女っぽさたっぷりの大人モテスタイルに。

CanCam2020年2月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【6】赤チュールマキシスカート×黒ニット×キャメルシャツ

No/01黒タートル 『ひとり1枚は持っている定番の黒タートル!リブ入りのぴたっとコンパクトなフォルムは、きれいめからカジュアルまで、様々なテイストに対応。どんなシャツとも好相性で着こなしの幅が広がります!』

シックな黒に映えるブラウンで、コントラストの効いたおしゃれを完成♪ ボリュームのあるチュールのロングスカートは、ウエストのベルトマークでシルエットにメリハリを意識するのがポイントです。

CanCam2020年1月号より 撮影/小川健太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【7】ベージュプリーツマキシスカート×ベージュコート

会社の人に「何かあるの?」って聞かれたくない平日クリスマスデートの日『まろやかワントーンでちょうどよく華やぐ今年のクリスマスは火・水曜! おしゃれしたいけど、仕事があるから気合い入れすぎは避けたい…。そんなときはベーシックカラーの淡色ワントーンで、落ち着いた印象と彼ウケを両立♡』

会社帰りのデートなら、夜のシーンにも映えるよう全体を明るめトーンでまとめて。チェックストールでかわいく防寒対策をしつつ、ピンクのバッグでほんのり女らしさも。

CanCam2020年1月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【8】黒小花柄マキシスカート×白ブラウス

ロマンティックなブラウス×小花柄スカートのレディなスタイリングは、シュッとしたショートブーツを効かせて大人顔に転ばせて。鮮やかなブルーのバッグで、コーデの彩度を高めて。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/浜田麻衣、手塚明菜

マキシスカート春夏コーデ


【1】ブラウンマキシスカート×白キャミソール

かぶりで着る服 × いかにも水着『華やかな柄や三角ビキニのような〝いかにも水着〟でレイヤードをするなら…上からかぶって着る服を合わせて、さりげなく水着を忍ばせているくらいが◎。とはいえ海外らしいキャッチー感は欲しいから、バックシャンなどしゃれ感のある服を相棒に♡』

プレーンなキャミに、ブラウンのティアードスカートを合わせたアラビーコーデ。キャミからカラフル水着をのぞかせるのが、おしゃれっぽさを効かせるワンポイントです。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/楓(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】ベージュニットマキシスカート×ベージュカーディガン

海外リゾートでは、 水着×はだけ服で現地っぽレイヤード『リラクシーな空気が流れる海外リゾートでは、 キメすぎないことがおしゃれ感UPのヒケツ。水着の上に肌感多めのアイテムを重ねたラフなレイヤードスタイルで、 思う存分チルしよう♡』

フェミニンで今っぽいベージュトーンのBOHOスタイル。ヌーディなベージュを濃淡で合わせた着こなしは、下着代わりの水着が透けるドキッと感も絶妙です。

CanCam2019年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】水色マキシスカート×グレーTシャツ×白マウンテンパーカ

楽ちんでかわいい!テイストMIXの大本命 ぶかっとトップス×スリムフレアスカート×スニーカー

ゆるTシャツ×ロングスカートでちょっぴりルーズな女っぽカジュアルに。ラフでこなれたマウンテンパーカをはおれば、ボーイッシュなムードはそのままにきれいめなおしゃれがキマる!

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【4】グリーン小花柄マキシスカート×グレーパーカ

楽ちんでかわいい!テイストMIXの大本命 ぶかっとトップス×スリムフレアスカート×スニーカー

ボーイズサイズのフーディは、ヒップラインが隠れるくらいのものをチョイス。ちょうど気になる腰回りを隠して、華奢なラインを強調してくれるので簡単にスタイルアップが叶います♪

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【5】アップルグリーンマキシスカート×白Tシャツ

普通のシンプルスカートじゃ、ムードが足りない!モードフレアスカート×クルーネック

爽やかなアップルグリーンが目を引くスカートは、サイドプリーツやレザーベルトがアクセントになって、上品さの中にも今っぽいムードが漂って。清潔感たっぷりの配色に、カラフルなビーズバッグで遊び心もプラス♪

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX)  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【6】ブラウンマキシスカート×ベージュジャケット

この春は「ブラウン上手」が「おしゃれ上手」ブラウン〜ベージュグラデ

主張の強いブラウンベースの柄スカートには、なじませベージュのアウターをはおってコーデに一体感を。インナーは白を選んで、顔映りのよさや抜け感を意識して。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/撮影協力/L’IGNIS、北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【7】ブラウンマキシスカート×グレーTシャツ

この春は「ブラウン上手」が「おしゃれ上手」ブラウン〜ベージュグラデ

ストライプスカートのダークブラウンを拾って、トップスもチャコール系をセレクト。靴&バッグで春らしい抜け感をプラスすれば、軽快なロングスカートコーデが完成します。

CanCam2019年5月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/松田美穂 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/北村緋菜 構成/稲垣あすか、石黒千晶、佐藤彩花、時吉 茜、木村 晶

【8】ベージュマキシスカート×ミントグリーンブラウス

強すぎず、弱すぎず、絶妙なペール感を含んだミントグリーンをブラウスで投入。サテン素材のつややかなスカートを合わせて、女性らしい柔和な雰囲気をまとって。

CanCam2019年5月号より 撮影/東 京祐 スタイリスト/伊東牧子 ヘア&メーク/美舟(SIGNO) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/佐藤彩花

 

フェミニンにもカジュアルにも着回せるマキシ丈スカートは、トップスのシルエットや配色次第で印象もさまざま♡ ブラウスやタンクトップをINにしてすっきり女っぽく着こなしたり、ゆるTシャツやフーディでカジュアルかわいく着こなしたり、とコーデのアレンジも楽しめます!

 

★超定番アイテムは今季もマスト!白Tシャツのおすすめコーデ16選

>>CanCam.jop TOPへ戻る