着回しの実例もレクチャー♡赤スカートコーデ8選|今年っぽいアイテムは?色の合わせ方は?

女性らしさもインパクトも♡赤スカートの冬コーデ

トレンド第一主義でカジュアルな中に女のコらしさをかわいいカジュアル・菜波style

華やかな冬コーデにおすすめな赤スカートの着こなしをご紹介します。女性らしいシルエットがきれいなタイトスカートや、上品でフェミニンなフレアスカートなど、赤スカートの大人かわいい着こなしを厳選。一枚の赤スカートを使った着回し例も必見です!

赤スカートの合わせ方のポイント

01 ブラウンは×キレイ色でまだまだ着る!『文句なしで2019年のNo.1トレンド、ブラウンコーデ。ワントーンで着るのに飽きてきたら、キレイ色をプラスして リニューアルすべし! ブラウンと相性よく着られてかつ、秋を華やかに彩るカラーを厳選してご紹介!』

主役級の存在感がある赤スカートは、ダークトーンが増える冬の着こなしを華やかに演出してくれるアイテム。黒や白などベーシックカラーが合わせやすい赤スカートですが、この冬のおすすめはブラウンのトップスや小物合わせです。コントラストが強くなりすぎず、まろやかで大人っぽい雰囲気のコーデに仕上がります。大人っぽいデザインの赤スカートは、スエットやTシャツなどラフなトップスと合わせてカジュアルダウンするとこなれたコーデが完成します♡

  1. 黒や白などベーシックカラーと合わせるだけで女性らしいコーデに
  2. ブラウンのトップスや小物で柔らかで大人っぽい印象に
  3. 赤スカートをカジュアルに着こなすならスエットなどラフなトップスがおすすめ

★トレンドの冬コーデはこちらからチェック!


赤スカートのおすすめコーデ

【1】赤タイトスカート×黒シャツ×白インナー

トレンド第一主義でカジュアルな中に女のコらしさをかわいいカジュアル・菜波style

ビビッドな赤のカラースカートはタイトシルエットで大人っぽく! シンプルなニットではなく黒のシャツジャケットを合わせることで、脱コンサバな今っぽい着こなしが完成します。インナーに白を入れて顔周りを明るくするとコーデの抜け感も◎。季節感のあるツイード素材の赤スカートは、冬でもビタミンカラーを取り入れたい人にもおすすめです。

CanCam2021年1月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/芝宮ゆかり 構成/権藤彩子

【2】赤スカート×チェック柄トップス×黒ブーツ

01 ブラウンは×キレイ色でまだまだ着る!『文句なしで2019年のNo.1トレンド、ブラウンコーデ。ワントーンで着るのに飽きてきたら、キレイ色をプラスして リニューアルすべし! ブラウンと相性よく着られてかつ、秋を華やかに彩るカラーを厳選してご紹介!』

白ニットに合わせたら派手に、黒ニットに合わせても強くなりすぎちゃう…と悩ましい赤スカートの合わせ問題。程よい優しさがあるブラウンで引き締めると、理想どおりのクラシカルレディに仕上がります。ゆる×ゆるのシルエットは、ショートブーツ合わせで足首をちょっぴり見せて抜け感を♪

CanCam2019年12月号より 撮影/花村克彦 スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/秋山 瞳(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/佐藤彩花

【3】赤スカート×ブラウントップス×黒パンプス

クラシカル小物でとことん上品リッチに レディなトレンドが多い今季。小物も品があってかっちりしたものを買い足そうかなと計画中です。ビジュー付きのものやキャスケットなど、シンプルコーデに一点投入するだけで華やかに仕上げてくれるものがいいな♪

レディな赤のフレアスカートは、ブラウンのトップスを合わせて今っぽいカラーMIXを。足元はビジューが並んだ黒のフラットシューズでかわいく締めて♡

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/田臥曜子 ヘア&メーク/sachi モデル/まい(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】赤スカート×黒シャツジャケット×ブラウンニット

02[彼っぽCPOシャツ]『アメリカ海軍の制服がルーツなだけに、デザインはメンズライク。ここに肌感のあるインナーやメリハリシルエットを加えることで、彼のシャツを着たような女らしさ際立つ色っぽスタイルが叶うんです♡』

彩度を抑えた赤スカートなら、黒とのコントラストも強く見えずおしゃれっぽく馴染みます。シャツジャケットの下にベージュのカットソーを挟んだり白バッグで抜け感を作ったり、軽さをMIXするのもポイント!

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/出口奈津子 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumin) モデル/菜波(本誌専属) 撮影協力/玉木歩乃花 構成/石黒千晶、山木晴菜

【5】赤ニットタイトスカート×ベージュカーディガン×ブラウントップス

赤系のタイトスカートをブラウンやベージュで上手にまとめて、派手さよりも女らしさをアピール。コントラストをつけずに着ると、コーデがぐっと今っぽくデイリー仕様に仕上がります♡ 足元はブラウン系の低めヒールでやさしい雰囲気をまとって。

CanCam2019年11月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/楓(本誌専属) 構成/権藤彩子

★冬のアウターはもうゲットした?


一枚の赤スカートを着回すなら?

【1】赤スカート×黒ロングニット×黒ローファー

ロング×ロングの長めシルエットなら、定番の黒ニットワンピもこんなに新鮮! 服にボリュームがある分、ぽってりした厚底のローファーだとバランスが取りやすいのでおすすめです。くすみレッドのロング丈スカートは、黒と合わせてもきつい印象にならずお洒落っぽく着こなせます♡

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【2】赤スカート×白スエット×黒ローファー

赤スカートをデイリーに取り入れるなら、気負わずカジュアルに着こなすのがおすすめ。カットソーを合わせたカジュアルコーデは、子供っぽく見えないように品のある小物使いできれいめな印象に。ボリュームのある黒ローファーなら、コーデをキリリと引き締めつつ今どきの”足元重め”が叶います。

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【3】赤スカート×チェック柄ジャケット×白Tシャツ

女っぽさを意識したいデートの日は、キャメルブーツ×赤スカートで上品かわいく。メンズっぽいチェックジャケットを合わせても、「赤」の力でどこか女らしく着こなせます♡ インナーはチェックジャケットと相性のいい白Tシャツをチョイス。黒のロゴがコーデの締めにもひと役買います♪

CanCam2019年11月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/河嶋 希(io) モデル/山下美月(本誌専属) 構成/浜田麻衣、手塚明菜

★赤スカートとも好相性♡ブラウンニットトップスのコーデ特集


デイリーにもデートコーデにもおすすめな赤スカート

冬コーデにおすすめな赤スカートのコーデを特集しました。手持ちのベーシックカラーのトップスと合わせるだけで、女性らしくおしゃれなコーデが仕上がる赤スカート。ラフなジャケットを合わせてオフィスカジュアルに、ニットやカットソーを合わせてデート服にしたりと、実は着回しも楽しめるのが赤スカートの魅力です!