恋に恋する|なりがち女子の特徴とそんな男子と付き合うと起きること、対処法11選

恋に恋してない?

(c)Shutterstock.com

恋に恋している状況になると、誰かと付き合っても長続きしなくなりがち。本物の恋に出会えていない状態なので、恋人の欠点ばかりが目につき、すぐに気持ちが冷めてしまう女子も少なくないのです。今回は、そんな「恋に恋している状態」を解説します。みなさんは、本物の恋をしていますか…?

 

恋に恋している女子の特徴5つ

(c)Shutterstock.com

(1)自分のことしか興味がない

恋に恋する女子の多くは、自分のことしか興味がないタイプも多いです。好きな人のことを好きなつもりで、実は「恋愛している自分が好き」という状態。こうなると、ひとりの相手を愛することよりも、理想の恋愛を続けることや、彼氏に愛されている自分でいることに意識が向いてしまい、本物の恋愛からは遠ざかってしまいます。

(2)彼氏の欠点ばかり気になる

恋に恋しているときは、相手のありのままを愛せる状態ではありません。そのために、付き合った相手の欠点ばかりが気になりがち。いいところを見ようとせず、相手の足りないところばかりが気になり、ダメ出しを繰り返してしまう女子も珍しくないです。

(3)彼氏に共感できない

恋に恋している女子は、理想の恋愛像も明確な人が多いです。だからこそ、彼氏の人間性などはあまり重視せず、彼が何かに悩んでいたり悲しんでいたりしても、そこまで共感できないことが多いよう。「彼」という人間を見ているのではなく、恋愛している自分に酔ってしまっているときほど、こうなりがちです。

(4)理想の恋人像が明確すぎる

理想の恋人像が明確で、さらに付き合っている彼がそこから少しでも外れそうになると、必死で軌道修正したがるのも恋に恋している状態です。こちらも、ありのままの彼氏を受け入れることができず、自分が理想とする恋人でいてもらうことにしか興味がないので、彼との口論や喧嘩も絶えない関係になりがちかもしれません。

(5)恋愛体質

そもそも恋愛体質な女子も、恋に恋する状態に陥りがち。恋人がいないと落ち着かない性格だと、さほど好きな相手でなくても交際に至ってしまい、“常に恋愛をしている自分”に満足するパターンもありがちなのです。

 

恋に恋している男子と付き合うと起きること3選

(c)Shutterstock.com

恋に恋するのは、女子だけの話ではありません。恋に恋している男子と付き合ってしまえば、関係に悩む女子も多数……。そこで、恋に恋している男子と付き合うと起きることを3選ご紹介します。

(1)彼女が本気になると逃げる

恋に恋している男子は、追いかけられるよりも追いかけるほうが好きという性格の人も多いです。そうなると、付き合うまでは熱心に口説いていても、彼女が自分に本気になった途端に、逃げ腰になってしまう男子も多数。女子からみると「彼が何を考えているのか、わからない」ともなりがちです。

(2)彼女がいても飲み会や合コンに出かける

彼女がいても飲み会や合コンに出かけてしまうのも、恋に恋している男子に多い特徴。恋人がいても、その恋人に対してはただ「彼女」というだけで、本物の恋をしているわけではないので、次なる彼女候補が見つかれば、いとも簡単に乗り越える男子が多いのも傾向です。

(3)彼女に対して自分の理想ばかりを押し付ける

恋に恋している男子は、恋に恋する女子と同じく、“理想の彼女”や“理想の恋愛”ばかりを求める傾向も。そのため、付き合っている彼女に対しても口うるさく、自分の理想ばかりを押し付けたがる傾向も見られます。

 

「恋に恋しているかも」と思ったときの対処法3つ

(c)Shutterstock.com

自分が「恋に恋しているのかも……」と思ったら、早い段階で軌道修正を図りたいもの。そのままにしておけば、幸せな恋愛から遠ざかる一方かもしれません。そこで、恋に恋している女子がやるべき対処法を3選ご紹介しますね。

(1)「恋愛を続ける」ことを意識してみる

恋に恋していると、理想の相手ではない恋人に対して、つい辛口なジャッジメントをしがちです。けれど、生まれも育ちも異なる相手に対して、自分の理想を押し付けるのは、ある意味で残酷。相手の欠点が目についても、そこで「だから無理」とバッサリ切らずに、まずはひとりの相手と恋愛を続けていくことを心がけてみるといいでしょう。誰と付き合ったとしても、欠点は必ずあるもの。相手のダメなところばかりに注目し続けてしまえば、どんな人と交際しても長続きはしにくいのです。

(2)「いいかも」だけでは付き合わない

誰かと出会って「いいかも」と思った段階で交際に走ってしまうと、お付き合いした後に「こんなはずじゃなかった」「こんな人だとは思わなかった」ともなりがちです。恋人関係になるまでに、少し時間をかけて相手を観察するようにすると、付き合ってからの幻滅を避けやすくなるでしょう。

(3)恋人の気持ちや立場を理解するよう努力する

恋に恋してしまう癖があると、相手の気持ちや立場よりも自分の理想を優先してしまいがちです。この状況を脱するには、恋人の気持ちや立場を理解するよう努力することも大事。自分の意見ばかりを押し付けず、相手にも考えや立場があることをわかるように努めると、自然と恋人への接し方もいいほうに変わっていくはずです。

 

まとめ

(c)Shutterstock.com

恋に恋する状態が長くなってしまうと、どんなに恋愛に意欲的でも、幸せなお付き合いができない理由にもなってしまいます。熱しやすく冷めやすい恋愛に心当たりがあるならば、恋に恋している状態になっているサインかも。そんなときほど、現実をしっかり見つめて、ひとりの相手としっかり向き合っていくように意識してみてくださいね♡