告白の返事待ちはツラいよ。保留にする男性心理と待っているときにすべきこと&NG行動

告白の返事待ちはツラいよ。保留にする男性心理と待っているときにすべきこと&NG行動

(c)Shutterstock.com

勇気を出して気持ちを伝えたのに「YES」でもなく「NO」でもなく「保留」って…。その後にOKがもらえるのか、それとも振られてしまうのか……と、ひとりで悶々と考え続けてしまうことでしょう。心理的にも不安定になりやすく場合によっては「どうして言っちゃったんだろう」と自己嫌悪になってしまうことも。今回は告白の返事はいつまで待つべき? や、保留にする男性心理、そして待っている間にすべきことををご紹介します。

待つのに疲れた…告白の返事はいつまで待つべき?

告白の返事を保留にされたときは、もやもやが止まらずそのことばかり考えてしまいますよね。「待つのに疲れた」「いつまで待てばいいの!?」と思うことは自然なことです。

もし相手に「少し考えさせて」と言われたときには、1か月程度は時間を与えたほうがいい場合も少なくありません。気が遠くなりそうですが、告白の返事を保留にする男性心理は何パターンかあるみたいです。それがわかれば少し気持ちが落ち着くかもしれません。次でご紹介します!


告白の返事を保留にする男性心理4選

(c)Shutterstock.com

1.「好き」ではないけれど気になっているので迷っている

告白の返事をすぐにできない男子の本音として「今は“好き”とは思えないけれど、タイプだしいい子だから付き合ってみてもいいかな……」などの迷いがあることも。「付き合う」とも「断る」とも決められず、自分なりに答えが出るまで流れに任せてみたい心理が強いのかも。

 

2.付き合っている人がいる

実は他に付き合っている人がいるときにも、男子は告白の返事を「保留」にしがち。「NO」ではなく「保留」にしている理由として、交際中の恋人との関係が冷めている、あるいは問題があって別れを考えていたなどの背景があるケースも多いです。この場合は「今の恋人との関係を清算できたら、告白してくれた子と付き合えるかな」といった心理もありそう。

 

3.性格が優柔不断

そもそも性格が優柔不断で、物事をその場で決められない男子も、告白されると「保留」の返事をしがちです。よく考えてからでないと答えが出ないタイプの男子は、仮に告白してくれた子のことが「好き」だったとしても、アレコレと考えすぎてしまい、結論を出すのに時間がかかることも……。

 

4.真剣に考えたい

例えば彼が、次にお付き合いする人とは結婚したいと考えている場合、あなたに好意があったとしても告白の返事を保留する場合があります。真剣に考えたいからこその行動なので、返事を保留された=100%脈なしとは言えません。普段の態度や保留を伝えられたときの表情などを読み取って!


告白の返事待ち期間にやるべきこと

(c)Shutterstock.com

告白の返事を保留する男性心理が少しわかったところで、次に返事待ち中にすべきことをご紹介します! 少しでもOKに近づく行動はコレ♡

 

1.普段どおりの生活をする

勇気を出して告白した後は、そのことばかり気になってしまいがち。どうしてもウツウツとしたテンションになりやすいですよね。そんなときこそ恋愛から離れて、仕事や友達との遊びを充実させてみるとGOOD。もちろん彼からの返事は気になるけれど、できるだけいつも通りに過ごすよう心がけたほうが精神的に安定しますよ!

 

2.彼への態度を変えない

学校や職場が同じで、告白返事待ち中も彼に会うパターンもありますよね。その場合生活面に加えて、彼への態度を変えないことも重要です。どんな顔をすればいいかわからない気持ちはわかりますが、あくまで自然体で今まで通りに過ごしましょう。

 

3.約束は守る

「必ずこちらから連絡するから、ちょっと待ってて」「僕に告白をしたことは、誰にも言わないで」など、彼とした約束があるとしたら、それもしっかり守って。不安感から一方的に約束を破ってしまうと彼の負担感が増すだけでなく、「信用できない女の子」や「自分勝手な子」のイメージが強くなってしまうでしょう。ただでさえ不安定な気持ちなのにしんどいと思いますが、友達と遊んだり好きなことをしたりして、なんとか気を紛らわせて!

 

4.自分磨き

自分磨きを怠らないことも、好きな人を振り向かせるポイント。返事待ち期間は、より一層自分磨きに力を入れてみて。スキンケアを丁寧に、教養をつける、美容室に行く…など自分の気持ちを上げるものなら何でもOK。自分が好き! と思える自分でいることはハッピーな雰囲気を自然に出すための一番のコツですよ♡

 


告白の返事待ち期間にすべきではないこと

(c)Shutterstock.com

反対に、返事待ち期間に避けるべきこともチェックしておきましょう。

1.告白の返事を催促する

なかなか返事をしてくれない彼に対し「どう?」「結論は出た?」などと返事を催促したくなるのも女子の心理。しかし「考えたい」と言っている相手に結論を催促すると、あまりいい結果が望めない場合のほうが多いでしょう。何度もLINEや電話をしてきて、告白の返事を催促すると、しつこいなと思われてしまうかもしれません。

 

2.他の出会いを探す

告白の返事を待っている間に、ダメだったときに備えて、他の出会いを探し始めるのもNG。仮に、告白した男子からの返事が「OK」だった場合に、新たに出会った男子との間でトラブルになる可能性もあるほか、もしも告白待ちの間に別の出会いを探していたことが彼に知られれば、「軽い女の子」や「信用できない子」のレッテルを貼られてしまいます。

 

3.「OK」をもらったかのように振る舞ってしまう

まだ返事待ちの段階なのに、すでに「OK」をもらったかのような態度で彼に接するのも避けましょう。勘違い系のイメージが強くなり、告白の返事が「NO」になってしまうリスクがあります。


【まとめ】

告白をして「保留」にされちゃった結果、きちんと「OK」の返事をもらっている女子も多いです。男子が「ちょっと時間が欲しい」「考えさせて」と言っている場合には、何かしらの迷いがあることも多く、その迷いが晴れたら「OK」の返事に進みやすいでしょう! 落ち着かない毎日に不安も大きくなりやすいけれど、好きな人から「ちょっと待って」と言われたら、できるだけ前向きな気持ちで、彼からの返事を待てればベストですよね♡