「年下の男」へのイメージ・恋愛あるあると飲み会でよく見るネタ13選

「年下の男」は恋愛対象になる?


海辺のカップル
(C) Shutterstock, Inc.

「年下の男」と聞くと「恋愛対象外」な女子もいますよね。「付き合うなら、同世代か年上!」と決めている女子にとっては、年下というだけで恋愛圏外になるパターンもあるある。しかし反対に「年下の彼氏がいい!」と同世代や年上の男子ではなく、恋愛対象は年下オンリーな女子も。

女子は年齢が上がるにつれて、年下男子も恋愛対象になる傾向もあります。

 

「年下の男」へのイメージ5選


バルコニーのカップル
(C) Shutterstock, Inc.

(1)頼りない

「年下の男」と聞くと「頼りないかも……」と思ってしまうのも、よくあるお話。実際には年齢よりも大人っぽい価値観の男子も多いけれど、自分より年下だというだけで「困ったときも、頼りにはできない感じ」と感じる女子も多いです。

(2)お金がなさそう

年下男子は、社会人経験が自分より浅い人が多いため「お金がなさそう」と感じている女子も。実際には年下でも高収入男子は存在するものの「ケチなデートはしたくない!」とゴージャス思考な女子ほど、年齢を理由に「年下の男はムリ」となる理由にもなりがち。

(3)恋愛の経験値が低そう

自分より年下の男子は、恋愛経験が自分より浅いんじゃないかと考える女子も多数。未熟な恋愛を苦手とする女子ほど、恋愛経験値の浅い男子を彼氏にしたがらないのも傾向です。

(4)浮気しそう

女性経験が浅そうなイメージも影響して、年下男子は「付き合っても、ふらふらと浮気しちゃうのでは?」と感じている女子も。若いころに遊びつくした男子ほど年齢を重ねるにつれて落ち着くのも実態だけに、「若い」というだけで浮気リスクが高いと思われやすいのかも……!?

(5)甘えてきそう

「年上の女性が好き」と公言する男子の多くは、甘えん坊なのも実情。そのため、年下男子と付き合ったら、自分が甘えられずに彼氏から甘えられそうだと感じる女子も少なくありません。甘えられるより甘えたいタイプの女子ほど「だから年下は苦手」と口にしがち。

 

「年下の男子」との恋愛あるある5選


仲が良いカップル
(C) Shutterstock, Inc.

実際に年下男子との交際経験がある女子たちに、“あるある”を聞きました!

(1)彼の友達と会うと「姉さん」扱いされる

「3歳年下の彼氏と付き合っていたときは、彼の友達とグループで遊ぶと、“姉さん”扱いされていました。私は姉的キャラではないので、そんなふうに扱われるのがちょっと嫌でした……」(27歳女性/美容関係)

“年上の女性”というだけで、尊敬を込めて「姉さん」と呼んでくる男子もいますよね。姉キャラではない女子ほど、違和感を抱いてしまうのも事実かも……。

(2)いちいちノリが若い

「2歳年下の彼がいたときは、いちいちノリが若いのが疲れました(笑)。喧嘩しても彼が幼いことばかり言うから、途中でウンザリしちゃったり(苦笑)。実際、年齢が下なので仕方ないんだろうけど、若いノリにイラっとするのも“あるある”かも」(26歳女性/秘書)

年齢が若い彼は、どうしてもノリが若くなりがち。世代が異なると、なおのことノリの違いが目立つかもしれません。

(3)結婚の話をしにくい

「4歳年下の同僚男子と社内恋愛していたんですけど結婚の話がしにくくて、私が婚活したくて別れちゃいました。同じ会社なので、彼のほうが私より収入が低いのもわかっていたから、なかなか結婚をイメージできなくて。彼も年齢的にまだまだ結婚を考えられない雰囲気だったし、早く結婚したいなら年下彼じゃないほうがいいのかなって感じました」(26歳女性/IT)

結婚適齢期は人それぞれだけれど、若い彼とは結婚をイメージしにくかったり、彼の様子から結婚の話を切り出しにくかったりするのも事実かも。

(4)親に言いにくい

「親世代って、なんとなく“彼氏は年上”みたいな価値観のある人も、結構いると思うんです。実際、うちの親はそのタイプ。なので、年下彼氏と付き合っていたときにも、親には彼の年齢を言えなくて、適当にごまかしていました」(25歳女性/専門学校勤務)

親の価値観によっては「年下彼」というだけで難色を示す人も。「なんで年下と付き合っているの?」などと質問されるのが面倒だと感じる女子もいますよね。

(5)デートがチープ

「年下、同世代、年上の彼だと、私の経験では年下彼氏のデートは、やっぱりチープ(笑)。彼なりにがんばってくれているのはわかるから文句は言わなかったけれど、プレゼント予算やデートで行くお店は、どうしても年上彼に比べるとお金をかけられないって感じです」(27歳女性/マスコミ)

年下彼だと、年上彼に比べれば、金銭的な理由や経験値が影響してデートが“格下”になりがちなのも、あるある。ゴージャス好きな女子ほど物足りなさを感じてしまうのも本音かも……。

 

「年下の男子」との合コン・飲み会で見かけるネタ3選


パーティー会場
(C) Shutterstock, Inc.

年下の男子との合コンでは、話題に困ると出がちな話題も。そんなベタなネタを3選ご紹介します。

(1)ドラマ「年下の男」の話題

合コンや飲み会、オンライン飲みの場に、年齢層が幅広い参加者がいると「年下の男」というワードに反応して、2003年に放映されていたTBS系列のドラマ『年下の男』にからんだネタが出てくるのも、よくあるパターン。主演は稲盛いずみさんで、8歳の年の差恋愛が描かれているほか、自分を振った男性が自分の母親と不倫関係に陥るなど、ドロドロした展開が話題になりました。

CanCam世代の女子だと「そのドラマ知らないし……」となりますが、とりあえず話を合わせて、その場をやり過ごしている女子も少なくないかも!?

(2)カラオケで「年下の男の子」を誰かが歌う

仕事関係の飲み会など、おじさま世代が参加している場だと、年下の男子がいるというだけで昭和の名曲『年下の男の子』(キャンディーズ)を歌い出す人が出てくるのも、よくある話。歌詞もいかにも昭和! です。

お酒が入ってご機嫌になった上司が「君たち付き合っちゃいなよ〜」とそそのかしながら、ご機嫌でマイクを握るシーンも、ありがちかも……。

(3)「“年下の男”ってかわいいよね」と達観する女性が語りだす

年下の男子が参加している合コンでは、姉さんキャラの女性がいると「年下の男って、かわいいよね〜」などと語りだすのも、よくある光景。特に、30代後半や40代の女性が参加している飲み会に20代男子が参加していると、過去に年下男子と交際した経験のある大人の女性が、延々と「年下の男」との恋愛を振り返るケースも見かけます。

 

「年下の男」と付き合う女子も多い♡


海辺の幸せそうなカップル
(C) Shutterstock, Inc.

「年下の男」と聞くと、ちょっと特別な存在のような気もしますよね。けれど実際には、年下彼と付き合う女子も多い!

特に、社会人になると学生時代とは異なり、少しの年齢差ならばあまり気にならなくなるケースも実際には多く、これまで「年下は無理」と言っていた女子でも、一度付き合ってみたら「意外と悪くない♡」となる話も多いです。

 

★甘えん坊彼氏の特徴・心理・付き合うデメリット・対処法14選と結婚後の変化

★あなたはどんな人を選ぶ?「最後に選ぶ男子」診断テスト

CanCam.jp  TOPに戻る