一人暮らしで寂しいと感じる瞬間は?メリットや対処法をご紹介!

一人暮らしで寂しいと感じる瞬間あるある!寂しさを紛らわせて楽しく過ごすには?

部屋で食事をする女性

(c)shutterstock.com

一人暮らしって好きに時間や空間を使えるというメリットもありますが、寂しさを感じるというデメリットもありますよね。そこで今回は、一人暮らしをしている人が寂しいと感じる瞬間あるあるをご紹介。また寂しさを紛らわせる方法もお伝えします!

一人暮らしで寂しいと思うことはある?

(c)shutterstock.com

まずは、一人暮らしをしていて寂しいと思うことはあるかどうか、一人暮らしの男女530人に調査した結果を見てみましょう。

Q.一人暮らしで寂しいと思うことがありますか?

頻繁にある…14.9%
たまにある…57.9%
あまりない…23.0%
まったくない…4.2%

「頻繁に寂しいと感じる」「たまに感じる」を合わせると、約7割の人が寂しいと感じることがあるよう。自由で楽しいイメージの裏で、シンとした部屋に切なさ、寂しさを感じる方が多いようです。

一人暮らしで寂しいことは何?

(c)shutterstock.com

■疲れて帰ったとき

  • 「疲れて帰っても食事がないとき」(27歳・会社員)
  • 「疲れて帰ってきたとき、お風呂を沸かして料理を作らなければならないとき。今まで掃除は母親がやってくれていたので、掃除していると、実家が恋しくなる」(23歳・会社員)
  • 「疲れて帰ってきて、次の日のお弁当を自分で作っているとき。冬に寒い外から帰ってきても部屋の中が寒いとき」(26歳・会社員)

ヘトヘトに疲れて帰宅したとき、実家であれば、家族の誰かが自分のために食事を用意していてくれることもあるでしょう。疲れて帰宅した瞬間に食事の用意ができているなんて…一人暮らし中の方にとっては、まさに夢のような出来事です! 「おかえり」と言ってくれる相手がいるだけでも、ありがたいものです。

■体調不良のとき

  • 「インフルエンザなど体調を崩したとき」(26歳・会社員)
  • 「風邪をひいたりしたとき」(23歳・会社員)

一人暮らしだと、体調不良で寝込んでいても看病してくれる人はいません。食事も飲み物もそのほかの家事も…すべて自分で行う必要があります。体が辛いときには、心まで弱ってしまいますよね。

■精神的に辛いとき

  • 「何らかの理由で落ち込んだとき」(44歳・会社員)
  • 「仕事で悩み疲れたとき」(25歳・会社員)
  • 「疲れているときや悲しいことがあったとき、すぐ話せる人が家にいないこと」(29歳・会社員)

会社や学校で何か辛いことがあったとき、家族に話せなくても、「一緒にいて何気ない会話をしているだけで救われる」なんてことはありませんか? そんなときの温かく安心できる雰囲気を、懐かしく思い出してしまいます。

■家族の気配を感じたとき

  • 「家族と電話したときや、友達が家族の話をしているとき」(18歳・大学生)
  • 「実家で飼っている猫に会いたくなったとき。辛いことがあって家族と電話したとき」(21歳・大学生)

一人暮らしを始めたばかりのときには、「自由」や「楽しさ」にばかり目が向きがちで、実家の家族のことは、もしかしたら後回しになってしまうのかもしれません。しかし家族は家族で、自分にとって身近な存在。ふとした瞬間にその気配を感じ、どうしようもなく恋しくなってしまうケースもあるようです。

■理屈ではない「おふくろの味」

  • 「母の料理が食べたくなったとき」(23歳・会社員)
  • 「親の手料理が食べたくなる」(24歳・会社員)

幼い頃から慣れ親しんだ「おふくろの味」も、実家への恋しさを湧き上がらせる要素のひとつです。寂しくなったらぜひ帰郷して、おふくろの味を堪能してみてくださいね。離れて暮らす娘からのリクエストは、何よりもお母さんを喜ばせるでしょう。

寂しいだけじゃない!一人暮らしをしてよかったこと

コーヒーを飲む女性の足元

(c)shutterstock.com

1.帰りの時間を気にしなくていい

  • 「帰りの時間を気にしなくていい。いつ誰を家に呼んでも良い」(27歳・会社員)

2.自分の時間がある

  • 「自分のペースでなんでも生活できるから楽! 楽しい!」(31歳・無職)

3.好きなものを食べられる

  • 「自分の好きなものを食べられて、料理の腕が上がるところ。夜遅くまで遊べるところ」(26歳・会社員)

4.お金や親の大切さを実感

  • 「親のありがたみがわかる」(34歳・会社員)
  • 「お金の大切さがわかった。自分の時間やお金を作れるようになった」(18歳・女性)

一人暮らしのメリットとして、いつ何をしても誰にも文句をいわれない、とにかく自由という意見が多く挙がりました。実家だとお風呂に入るタイミングやテレビのチャンネル争いなど、あらゆるところで相手を気にしなくてはいけないことがありますよね。これが一人暮らしだとなくなります! これはかなり大きなメリットかも。
更に、自分自身でお金のやりくりや家事をするようになり生活力がアップしたという声も。自炊をする機会が増えれば女子力も上がりそうですね♡

一人暮らしが寂しくなったらどうすればいい?

ベッドで笑う女性

(c)shutterstock.com

一人暮らしが寂しいと感じたら、そんな不安を紛らわす方法を試してみて。実際に一人暮らしを経験している女性たちに教えてもらいました。

■みんな、めっちゃ歌ってる

  • 「歌ってる」(回答超多数)
  • 「ずっと熱唱。踊るときもある」(21歳・学生)
  • 「歌ったりダンスしたり」(24歳・アルバイト)
  • 「音楽をかけて歌う!」(22歳・アルバイト)
  • 「大きな声で歌う」(42歳・会社員)
  • 「突然歌ったり踊ったりする」(23歳・家事手伝い)

とにかく多かった「歌ってる」回答。とりあえず、ひとりしかいないと歌いますよね。部屋でもお風呂でも、アカペラでも好きな音楽をかけながらでも。誰に聞かせるわけでもない歌って、楽しい。

■ミュージカルしたり踊ったり

  • 「踊ってる」(回答多数)
  • 「ミュージカル調に踊ったり回りながら家事をしています」(55歳・専業主婦)
  • 「ひとりミュージカルをしている。なりきって歌うので、本当に誰にも見られたくないくらいキャラが違う…」(21歳・アルバイト)

「歌う」からさらに進化。踊ったり、ひとりミュージカルしてみたり…もし誰かに見られたら慌てるやつ。でも、楽しいからやめられない。

■おやつを好きに食べる

  • 「アイス2個食べ。夏場はもちろん1年中食べたい」(29歳・会社員)
  • 「ひとりじめしたいお菓子を食べる!(笑)」(31歳・会社員)
  • 「お菓子爆食い」(24歳・専業主婦)
  • 「すっぴんでお菓子食べてゴロゴロしている」(24歳・会社員)
  • 「ソファで寝転びながらおやつ」(28歳・専業主婦)
  • 「家にある食べ物をとにかくあさって、好きなものがあれば食べる」(20歳・会社員)

家に誰かいたら「食べ過ぎなんじゃないの?」と注意されることもあるかもしれないけど、誰もいなければ、どんなに食べたって自由! 甘いのとしょっぱいのを交互に食べたり、ソファでごろごろしながら食べたり…たまにはダイエットお休みするときがあったっていいですよね。

■だらだらごろごろ

  • 「ぐうたらする」(30歳・アルバイト)
  • 「ずーっとゴロゴロしてる」(36歳・会社員
  • 「ベッドの上で飲食をする」(25歳・会社員)

誰の目もなかったら、やっぱりぐうたらだらだら、ごろごろしたくなっちいます。毎日いろいろやることいっぱいに詰まっているから、たまにひとりでいるときくらい、なーんも考えずのんびりしたっていいじゃないですか。

【まとめ】

一人暮らしをしていると「寂しい」と感じてしまうのは当然のことなのかもしれません。寂しいと感じている気持ちを受け止めて、寂しさを紛らわせられる方法を見つけてみてくださいね。本当にどうしようもなく寂しくなったら、友達や家族を頼るのもアリですよ!