麦わら帽子のおすすめコーデ18選|夏のストローハット・カンカン帽スタイル

夏コーデの鍵♡麦わら帽子の最旬スタイル

夏気分を盛り上げる麦わら帽子のコーデ集♪ ラフな抜け感をプラスする今っぽい休日スタイルや、清楚なお嬢さんスタイルなど、トレンドコーデに欠かせない麦わら帽子の着こなしを紹介します!

麦わら帽子を合わせる夏のレディースコーデ


【1】麦わら帽子×ベージュタンクトップ×デニムスカート×ガウン

周りと差がつくステッチ入りのデニムスカートは、パリ発の人気ブランド〝ヴェロニク ルロワ〟のもの。タイトなヒップ周り、膝から広がるフレアなシルエットがスタイルアップも叶えてくれます♡ 透け感がキュートな花柄ガウンとレイヤードして、デニムstyleをエレガント&今っぽくアップデート。仕上げはラフィア素材のつば広ハットで、おしゃれっぽさをさらに盛り上げて。

CanCam2019年7月号より 撮影/東 京祐 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】麦わら帽子×アイボリーブラウス×ブラウンスカート

プリーツに小粒ドットがプリントされたフェミニンな一枚は、キャラメルブラウンで大人顔に。くるみボタンがちょこんと並んだレトロブラウスやストローハットを合わせて、気分はパリの女の子♡ キャラメルブラウンのドットスカートがひらりと舞うたびに、ノスタルジックで女らしいエモさを感じて。

CanCam2019年7月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【3】麦わら帽子×白ロングワンピース

美月はワンピ×スニーカーでモテ♡カジュアル

清潔感のあるピュアな白、肌が透けるクロシェレース、シンプルなAライン…着るだけで”彼女感”が漂う女の子ワンピ。ロング丈のワンピースには、パンプスでもなくサンダルでもなく、あえてコンバースを合わせることで「頑張りすぎない」抜け感が演出できます♡ ハットやカゴBAGでラフなムードを盛り上げれば、白ワンピの着こなしは簡単です!

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地泰久(Vale.) ヘア&メーク/河嶋 希 モデル/山下美月(本誌専属) 構成/手塚明菜

【4】麦わら帽子×黒マキシワンピース

ーAkane's Private Fashion Part①ー買ったばかりの新作服で私らしい〝大人シンプル〟普通のシンプルじゃつまらない。ちょっとひねって茜らしいスパイスをプラス。

ガーリーワンピこそ、シックな黒で脱甘めを目指すのが最旬ルール。デコルテのスクエアカッティングだったり、ウエストのギャザーだったり、細かいドットだったり、すごくシンプルだけど小技が効いた一枚です。足元はカジュアルなスニーカーを合わせて、デイリー仕様に着るのがオススメです。

CanCam2019年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈(スタイリング協力) ヘア&メーク/松田美穂 モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/稲垣あすか 構成/木村 晶

【5】麦わら帽子×黒ワンピース

カンカン帽×サングラスで花柄ワンピを女優風に

レトロなミニ丈の花柄ワンピにカンカン帽、サングラスをプラスすればまるで映画のワンシーンみたい♥ ミニ丈の花柄ワンピは、ペタンコサンダルやラタンバッグでラフに着こなすのがこなれ見えのポイントです。

CanCam2018年8月号より 撮影/今城 純(D-CORD) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) プロップススタイリスト/遠藤 歩 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/渡辺みらの

【6】麦わら帽子×赤ニット×チェックパンツ

スイートでキャッチーなトレンドの赤リンクコーデ

トレンドのクロシェニットに、ギンガムチェックのフリルショーパンを合わせた最強コーデ。トップス、ボトムスともに「赤」をチョイスすれば、ストロベリーみたいに甘酸っぱいガーリーなコーディネートが完成します。小物は、麦わら帽とサングラスで、とことんハジけちゃうのが正解!

CanCam2018年8月号より 撮影/今城 純(D-CORD) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) プロップススタイリスト/遠藤 歩 モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/渡辺みらの

【7】麦わら帽子×ピンクビスチェ×デニムパンツ× シャツ

白シャツ×ショーパンのヘルシーなアクティブスタイル

心も開放的になれる夏は、やっぱりショーパンがはきたくなる♪ キャミにシャツをレイヤードして、ちょっぴり大人仕様に。夏気分を盛り上げるには、つば広ハットもマストです。 スニーカーは肌になじむベージュを選んで、脚長効果もばっちりです!

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【8】麦わら帽子×白ブラウス×黒パンツ

ジェニックな主役ブラウスでデニムコーデを今っぽく!

トレンド感もSNS映えも期待できる、パフスリーブが印象的なドット柄ブラウス。可憐な小粒のドットは、ショート丈のブラウスと好バランスです♪ ボトムには、ハイウエストのスキニーを合わせてちょっぴり辛口モードに。モノトーンのシンプルな配色は、ハットでラフな抜け感をプラスするとこなれコーデに仕上がります。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/堀田茜(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【9】麦わら帽子×グリーンワンピース×シャツ

腕まくり&裾アレンジシャツでワンピにこなれ感を

シンプルなワンピースは、シャツを羽織ったり腰に結んでニュアンスをつけるだけで、グッと今っぽい印象に。そこで、一枚でも十分かわいいビビッドなグリーンワンピに、前縛りの白シャツをON! コンパクトにプラスした白シャツ効果でこなれ感もUPします。前縛りのシャツ合わせはスタイルもよく見えるので、ワンランク上のコーディネートに。さらに、カラー小物やカンカン帽を投入して、オシャレな大人の休日スタイルを完成させて。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【10】麦わら帽子×白ニット×白ワイドパンツ

オールホワイト×ストローハットの爽やか配色

ニット×ワイドパンツの大人っぽいパンツスタイル。白で統一した着こなしに、夏っぽさ全開のストローハットとペタンコサンダルで抜け感を出せば、決め込みすぎないホワイトコーデが完成します。差し色を極力減らすことで、爽やかでイノセントな白の印象もキープして。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【11】麦わら帽子×紫ワンピース

トレンドのプラム色なら定番のフィット&フレアも新鮮に

こっくりとしたプラム色が目を引く、上品かわいいお嬢さん風ワンピース。暑い日は、潔く一枚で着こなしたいクラシカルで女のコらしいデザインが気分です。 カンカン帽やドット柄のバッグなど、ちょっぴりレトロな小物を投入して、夏のお嬢さんスタイルを完成させて。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/楓(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【12】麦わら帽子×イエローワンピース

イエローのコットンレースでヒロイン級のかわいさを約束♡

HAPPY感が溢れる、レース×ビビッドイエローが鮮やかなワンピース。ふんわり揺れるドラマチックなイレヘム裾や、可憐なコットンレース素材に思わずキュン。つば広の帽子やラタンのバッグでヒロイン級のかわいさをアピールして♡

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【13】麦わら帽子×ピンクロングワンピース

ミルキーなコーラルピンクで女性らしく&やさしげに♡

優しげなコーラルピンクが女性らしさを演出してくれる一枚。スカートに入った細かいギャザーが立体的なシルエットをmakeしてくれる上に、座ったあともシワが気になりにくいデザインです。旬のPVCバッグは、中にカラフルな巾着を入れて透けさせて♡ バッグinバッグ代わりの派手ポーチが、夏らしさをさらに盛り上げてくれます。

CanCam2018年8月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)、遊佐こころ(PEACE MONKEY)、MAKI(P-cott)、菊池かずみ、室橋佑紀(ROI) モデル/久松郁実(本誌専属) 構成/正谷優貴、石黒千晶、佐藤彩花、田中絵理子

【14】麦わら帽子×ベージュロングワンピース

シンプル×大人×トレンドの三位一体で今っぽく!

夏の肌見せは、脚よりも腕!が大人の鉄則。落ち着いた印象がアピールできる、肌見せ×ロング丈のワンピなら幅広いシーンに着回せます。上品なスクエアネックに加えて、ボタンやベルト、そしてフリル使いなど、ヘルシーな肌見せを叶えるデザインにも注目♡ リネンならではのドライな素材感も、夏の気分にぴったりです。

CanCam2018年7月号より 撮影/YUJI TAKEUCHI(BALLPARK) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/斉藤 誠(Lila) モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/手塚明菜

【15】麦わら帽子×赤ワンピース

女の子らしいピンクの花柄で甘ヴィンテージ♡

ヴィンテージ風の花柄ワンピは、かわいい上におしゃれ感も出せるマストアイテム。帽子やPVCバッグで女の子らしく味付けしつつ、足元はビーサンで今っぽい抜け感を。甘すぎない要素をプラスするのが、赤ワンピを今年っぽく着こなすポイントです♡

CanCam2018年7月号より 撮影/坂田幸一 スタイリスト/伊藤舞子 撮影協力/田邉沙緒莉 構成/手塚明菜

【16】麦わら帽子×ベージュブラウス×ベージュロングスカート

シフォンワンピでフレンチシックな女優気分に♡

やわらかい素材と落ち感のあるセットアップは、着るだけでたちまちロマンティックな印象に。肌なじみのよいピンクベージュは、肌映りもいいので美人度もUPします。小物は、フラットサンダルとカンカン帽で、フレンチシックな女優気分に♪

CanCam2018年7月号より 撮影/柴田文子 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/渡辺みらの

【17】麦わら帽子×ボタニカル柄ワンピース

トレンドのボタニカル柄も、ブルーベースで爽やか&上品に♥

爽やかな白地に描かれた、華やかで鮮やかなボタニカル柄にキュン♡ 一枚でも充分サマになるワンピだけど、せっかくだもの♡上品な麦わら帽子を合わせて、とことん夏っぽく〝避暑地のお嬢さん〟気分を味わいたい♪

CanCam2018年6月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAK(I P-cott) モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/新城真紀

【18】麦わら帽子×白ビスチェ×オレンジフレアスカート

ヴィンテージ感のある配色で今っぽかわいい着こなしに

夏のお出かけシーンに映える、トロピカルなオレンジのスカートでテンションUP♪ ついついブラウスを合わせがちなフレアスカートも、トレンドのニットビスチェならヘルシーなかわいさとおしゃれ鮮度が急上昇! さらに、ストローハット+三つ編みアレンジで、ご機嫌な夏のお嬢さんStyleに。

CanCam2018年6月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 撮影協力/浦田聡美、田中かほ里 構成/手塚明菜