ロング丈で大人フェミニンに♡ベージュスカートのおすすめ夏コーデ10選

ベージュスカートの大人めスタイルを特集

大人シンプルなベージュスカートの夏コーデを大特集。どんなトップスとも相性のいいベージュスカートだからこそ、今年っぽくて夏らしいおすすめの着こなしを紹介します!

ベージュスカートを合わせる夏コーデ


【1】ベージュロングスカート×白Tシャツ

今夏のシンプルカジュアルに欠かせないフォトTは、前後プリントでおしゃれ度アップ! ボーイッシュなTシャツを、女のコらしいサテンマキシスカートでハズすのが今夏のトレンドスタイルです♡

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【2】ベージュロングスカート×黒キャミソール×ブラウス

バックシャンブラウスに、ロング丈のクロシェ編みスカートをコーディネート。前から見ると超シンプルな白ブラウス、振り返るとドキッとする肌見せというギャップに胸キュンです♡ スカートは大人っぽいベージュのニットスカートで、女らしいボディラインをさりげなく強調して。白×ベージュのやさしい配色を差し色のグリーンBAGで引き締めれば、フェミニンで夏っぽい最旬コーデに仕上がります!

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】ベージュスカート×ベージュニット

リブニットの前面はプレーンなVネック、後ろは長いリボンが目に留まるレースアップに。甘すぎないデザインだから、たっぷり広がるフレアスカートと合わせてもすっきり女らしく着こなせます。カラーはあえてのベージュ系ワントーンで、甘さより大人っぽさを意識して。

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】ベージュロングスカート×黒キャミソール×シャツ

これからの季節に欠かせない肌見せコーデは、リブキャミにロングシャツをバサッとはおる大人ヘルシーな雰囲気がオススメ♡ つややかなサテンスカートやミュールで女らしさを盛り上げつつ、キャップで抜け感を加える…この絶妙なカジュアルテイストもツボ。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】ベージュスカート×黒キャミソール

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材… 女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

繊細なレースとニットキャミをドッキングさせた、一枚でサマになるこなれ顔トップス。デコルテに施されたレースが繊細な女らしさを演出します。ボトムはベージュの長めスカートを合わせて今っぽく。袖のレースは、肩周りを華奢に見せてくれるスカラップ仕様に。トレンドの大ぶりアクセやPVCバッグを白で統一すれば、黒が主役のスタイルも春らしくきまります。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【6】ベージュマキシスカート×カーキプルオーバー

バックシャン×ベージュスカートの今っぽフェミニンな組み合わせ♡ レースアップからのぞく背中と裾に透け感のあるクロシェニットスカートが、ワントーンコーデに奥行きをプラス。カーヴィラインが引き立つタイトシルエットに女っぽさもUPします。

CanCam2019年6月号より 撮影/菊地 史(impress) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 構成/石黒千晶

【7】ベージュマキシスカート×白カットソー×ビスチェ

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

一見難しそうなワンショルも、すでにカットソーがついたセットアップならコーデいらずで即シャレ見え♡ ニットのスリットからちらりとのぞくやわらかなシフォン使いで、ベージュのワントーンにメリハリ&女っぽさを。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【8】ベージュスカート×ベージュニット×Gジャン

沙友理は大人ベージュでモテ♡カジュアル

きちんと見えておしゃれっぽい、ニットのセットアップでおしゃれを満喫。直線的なタイトシルエットなら「カジュアルなのに大人っぽい」が叶います。 一見シンプルなベージュも、表情のあるミックスニットを使っているので地味さとは無縁。Gジャンをばさっとはおって、ゆる×ぴたシルエットにするのが好バランスです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/手塚明菜

【9】ベージュスカート×白Tシャツ

シンプルなロゴTでパリジェンヌ風コーデを満喫♪

白地×黒ロゴのモノトーンTシャツは、一枚持っておくと重宝する万能アイテム。今っぽさをアピールするなら、ベージュのチノスカートに合わせる大人シンプルがオススメです。キャスケットをプラスすれば、ハイセンスなパリジェンヌ風に♡ 大きめのピアスやべっこう風のチェーンバッグで、ニュートラルカラーの着こなしをあくまでも“大人っぽく”盛り上げて。

CanCam2018年7月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/野口由佳 モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/浜田麻衣

【10】ベージュロングスカート×ベージュブラウス

シフォンワンピでフレンチシックな女優気分に♡

やわらかい素材と落ち感のあるセットアップは、着るだけでたちまちロマンティックな印象に。肌なじみのよいピンクベージュは、肌映りもいいので美人度もUPします。小物は、フラットサンダルとカンカン帽で、フレンチシックな女優気分に♪

CanCam2018年7月号より 撮影/柴田文子 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/渡辺みらの

 

★気温18度の日はどんな服装が正解? おすすめの春コーデ20選

>>CanCam.jp TOPへ戻る