大人っぽいシャレ感を♡黒×ベージュのおすすめコーデ10選【2019・夏秋】

配色が大人っぽい♡黒×ベージュのコーディネート集

どんなシーンにも合わせやすく、おしゃれな印象がアピールできる、黒トップス×ベージュボトムのコーディネート。ワードローブの定番・黒トップスにベージュのスカートやパンツを合わせた、夏&秋コーデを紹介します♡

【目次】
黒×ベージュ 夏コーデ
黒×ベージュ 秋コーデ

黒×ベージュ 夏コーデ


【1】黒タンクトップ×ベージュワイドパンツ

きちんと感も程よく欲しいなら、ヘルシーな肌見せができるノースリ×パンツコーデがオススメ。ほんのりマリンなストライプ柄に黒トップスを効かせて、都会派のアラビーコーデを楽しんで。さらりとしたリネン混のパンツは、見た目以上に涼しいのもうれしいポイント♡ ハンサムな印象のストライプ柄だけど、細ピッチ×淡いベージュトーンなら女の子らしさもしっかりKeepしてくれます。

CanCam2019年8月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/NAYA モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】黒キャミソール×ベージュの花柄マキシスカート

旬柄スカートでこなれたムードに仕上げる

花柄よりもシャレた雰囲気に仕上がる、グリーン多めなボタニカル柄のマキシスカート。マキシ丈の柄スカートに合わせる華奢キャミは、潔く肌見せしてギャップを狙うと好バランス。スカートの柄から1色拾うのがルールです。

CanCam2019年8月号より 撮影/熊木 優(io) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

【3】黒キャミソール×ベージュロングスカート×ブラウス

バックシャンブラウスに、ロング丈のクロシェ編みスカートをコーディネート。前から見ると超シンプルな白ブラウス、振り返るとドキッとする肌見せというギャップに胸キュンです♡ スカートは大人っぽいベージュのニットスカートで、女らしいボディラインをさりげなく強調して。白×ベージュのやさしい配色を差し色のグリーンBAGで引き締めれば、フェミニンで夏っぽい最旬コーデに仕上がります!

CanCam2019年7月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/川嵜 瞳(PEACE MONKEY) モデル/菜波(本誌専属) 構成/木村 晶

【4】黒キャミソール×ベージュロングスカート×シャツ

これからの季節に欠かせない肌見せコーデは、リブキャミにロングシャツをバサッとはおる大人ヘルシーな雰囲気がオススメ♡ つややかなサテンスカートやミュールで女らしさを盛り上げつつ、キャップで抜け感を加える…この絶妙なカジュアルテイストもツボなんです。

CanCam2019年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/神戸春美 モデル/菜波(本誌専属) 構成/石黒千晶

【5】黒キャミソール×レース×ベージュスカート

SWEET BLACK  さりげない肌見せデザインに、クラシカルな柄、上品シルエットに、エレガントな透け素材… 女性らしさを感じさせる〝甘い黒〟で、大人っぽさとかわいさが同居した「レディな私」を表現したい♡

繊細なレースとニットキャミをドッキングさせた、一枚でサマになるこなれ顔トップス。デコルテに施されたレースは、上品な光沢やしなやかな素材感で繊細な女らしさを演出します。遠目でも近くで見ても美しいニットは、スペシャルな日にもぴったり♡ ベージュの長めスカートを合わせて、今っぽく着こなして。袖のレースは、肩周りを華奢に見せてくれるスカラップ仕様に。トレンドの大ぶりアクセやPVCバッグを白で統一すれば、黒が主役のスタイルも春らしくきまります。

CanCam2019年6月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【6】黒ニット×ベージュパンツ

パリジェンヌをイメージした、カジュアルだけど色気のあるスタイル。女っぽい黒の肌見せニットを、ベージュのワークパンツでカジュアルダウンさせるのがポイントです。ママから譲り受けたようなヴィンテージっぽいバッグとサングラスで、今っぽいカジュアルコーデを完成させて。

CanCam2019年6月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/岡田知子(TRON) モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/時吉 茜

黒×ベージュ 秋コーデ


【1】ドット柄シフォンブラウス×ベージュパンツ

可憐なドットブラウスはワイドパンツでちょいハンサムに

透け感のあるシアー素材なら、黒の長袖ブラウスも涼しげな印象に。シンプルなタックパンツでなくハイウエストのワイドパンツを選ぶことで、コンサバなブラウスもグッと今っぽく着こなせます。

CanCam2018年9月号より 撮影/須江隆治(See) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/松村沙友理(本誌専属) 構成/石黒千晶

【2】黒ロゴTシャツ×ハイウエストワイドパンツ

カジュアルに着崩すパンツStyleも足元はヒールで女らしく!

クラシカルなチェック柄で、レディ見えするワイドパンツ。華奢な足首が見える絶妙な丈感を選ぶと、メンズライクなワイドパンツが女らしく着られます!

CanCam2018年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】異素材黒トップス×ベージュロングスカート

技ありトップス×コーデュロイスカートの秋旬コーデ

コーデュロイやファー素材を取り入れたコーデで、暖かさとシャレ見えの両方を叶えて♪ トップスに合わせたプルオーバーは、ボディ部分がスウェット、袖部分はファーと異素材が組み合わさっている斬新なデザインなので一枚でコーデがきまります。コーデュロイ×くるぶし丈のタイトスカートと合わせて、レディなスタイルに仕上げるのが気分♡

★【今日のコーデ】洒落見えな袖コンシャスニット、なんと2000円以下!

【4】黒カーディガン×ベージュチノパンツ

ニットカーデ×チノパンの秋旬カジュアルで今っぽく

カーディガンは、太めのリブで着心地が抜群なだけでなく、レイヤードスタイルも楽しめるVネックデザインが魅力。ボトムをカジュアルなチノパン合わせにすることで、全く違った雰囲気が楽しめます。

★【今日のコーデ】厚手ニットカーデをさらりとチノパンで着こなす、こなれカジュアル

 

★花火大会・海デートにおすすめ♡夏のおすすめコーデ9選|ロングワンピの着こなし

>>CanCam.jp TOPへ戻る