黒×ベージュのおすすめコーデ7選|定番配色こそトレンドアイテムで差をつける!【2020秋】

TRYしやすい今っぽ配色♡黒×ベージュの秋コーデ集

ワーク系ショーパンは肌感多めでヘルシー見え狙いっ

どんなシーンにも合わせやすくおしゃれな印象がアピールできる、黒×ベージュのコーディネート。今回は、黒トップス×ベージュボトムと、ベージュトップス×黒ボトムの秋コーデを紹介します♡

上品にまとまる黒×ベージュのおすすめコーデ

マニッシュ気分、盛り上がり中!スタンダードに着るスラックス

定番で使いやすい黒とベージュの組み合わせは、大人っぽく品があるのできれいめなコーデにおすすめ。カジュアルさを出したいときは、小物で遊びを効かせてみればラフな印象もGETできます! ともすると地味に見えたりマンネリしがちな色合わせだからこそ、トレンドアイテムをMIXするさじ加減がカギ。肌見せを意識したり、透け感アイテムを取り入れたり、パンツのシルエットをアップデートしてみたり…、CanCam的イチオシの着こなしを集めました♡

  1. ベージュトップス×黒ボトムのコーデは引き締まった印象に
  2. 黒トップス×ベージュボトムは大人っぽさも品のよさも◎
  3. カジュアルさを出したいときは、バッグやスカーフなど小物で遊ばせて

★黒×ベージュコーデの差し色におすすめな赤バッグ


黒トップス×ベージュボトムのトレンド秋コーデ

【1】黒トップス×ベージュワイドパンツ×チェック柄ジャケット

正統派のチェック柄ジャケットに、黒タートルをINしたハンサムコーデ。コンパクトに黒を取り入れて脚長に見せるテクニックはマネしたい♡ はおりはゆるっと着くずせるロング丈ジャケットで、まじめ一辺倒にならないムード漂う着こなしに。シンプルコーデでも、さりげない今っぽさが漂います♪

CanCam2019年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メーク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜

【2】黒キャミソール×ベージュジャケットセットアップ

シンプルな黒キャミを、ベージュジャケットのインナーに加えた色っぽヘルシーな着こなし。メンズっぽいBIGジャケットと肌見せの絶妙なバランスで、媚びない女っぽさを演出して♡ 小物はバニティバッグとローファーでクラシカルな香りもON!

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/神戸春美 モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/木村 晶

★黒×ベージュコーデに黒キャップを合わせてまとまりのあるコーデに


大人っぽいベージュトップス×黒ボトムのコーデ

【1】ベージュカットソー×黒花柄ジャケットセットアップ

パンチのある花柄が映えるジャカード織りのセットアップ。レトロな花柄には、ベージュのキャミを合わせて配色を大人っぽく仕上げるのがポイントです。足元のマーチンやミニボストンで重みを加え、今どきバランスを意識して。

CanCam2020年10月号より 撮影/峠 雄三 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/小松胡桃(ROI) モデル/小室安未(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【2】ベージュニットトップス×黒パンツ

マニッシュ気分、盛り上がり中!スタンダードに着るスラックス

シンプルコーデに特別感を与えるのは、シルエットと小物使い♡ ベージュカットソーを黒のスラックスでハンサムに合わせたら、あえてカチッとしたバッグを合わせてNOTカジュアルに。シルエットに余裕のあるスラックスなら適度に力の抜けたこなれ感がアピールできます。

CanCam2020年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/鶴見知香

【3】ベージュシャツ×白キャミソール×黒パンツ

ワーク系ショーパンは肌感多めでヘルシー見え狙いっ

サテンキャミのツヤやシアーシャツの透け感が醸す繊細さでモテオーラをGET♡ インナーに白キャミを挟むだけで、美肌効果もUP! ペタンコ靴やロゴ入りバッグの小物合わせで、肌見せ感のあるショーパンコーデもヘルシーにきまります。

CanCam2020年9月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/石黒千晶

【4】ベージュジャケット×黒インナー×黒パンツ

01 はおりを脱いだらドキッ! は令和も引き続き。夜飲みデートは、「ノースリ」がいい♥

ニット×黒デニムのワントーンを軸にトレンドアウターを投入! ブラックベースのシックな着こなしは、ジャケット下にのぞくノースリの肌感で軽やかな印象に。トレンドのCPOジャケットをさらっとはおれば、こなれ感抜群のいい女スタイルが完成します。

CanCam2019年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メーク/木部明美 モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/小嶋明恵、時吉 茜、権藤彩子

【5】ベージュジャケット×白インナー×黒ボーダー柄スカート

ロングスカート×ジャケットの着こなしに、すっきり見えする白タンクで抜け感を。きちんとしたお仕事服にも程よいラフさが出て、おしゃれ見えする合わせです♡ 靴は差し色のブルーパンプスで、落ち着いたニュートラルカラーに遊びをON! 軽さのあるクリアバッグもプラスして、ミーハー感も忘れずに。

CanCam2019年9月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/MAKI(LINX) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/WORKAHOLIC 構成/浜田麻衣

★寒くなったら黒タートル×ベージュボトムで上品コーデ


黒とベージュのアイテムは着回しやすい!

落ち着いた印象になる黒とベージュの組み合わせは、上品できれいめなコーデになるのでオフィスにもおすすめ♪ Tシャツやスニーカーでカジュアルダウンしても品の良さがキープできるので、ちょっぴり大人っぽく着崩したいときにもぴったりです。