脚長ボトムの大本命!「ハイウエストパンツ」の最旬コーデ28選|UNIQLOの新作も紹介♡【2021】

オンオフOK!ハイウエストパンツのコーデを特集

ハイウエストパンツ

トレンド感抜群のハイウエストパンツを今っぽく着こなしたい! おしゃれ見えするトップスとのバランスやハイウエストパンツの選び方を紹介します。大人っぽく着られるハイウエストのワイドパンツや、カジュアルなデニムのハイウエストパンツのコーデも厳選しました。

ユニクロの新作ハイウエストパンツをチェック!

クオリティの高いプチプラデニムを手に入れたい…そんなとき、真っ先に思い浮かぶのはトレンド感×コスパの良さに定評のある「ユニクロジーンズ」♡ 着心地がよくトップスを選ばないベーシックなデザインは毎シーズン大人気! ワンマイルからデートまで、シーンレスで着られるアイテムとしても好評です。

ハイウエストパンツ

■フレアハイライズジーンズ

ハイウエストパンツ

「フレアジーンズ」という商品名ではあるものの、実際は裾の広がりがさりげなくて程よいフレア加減が◎。広がりすぎるとトップスが限られたりオフィスに向かなかったり…と、いろいろな制限がかかってしまうフレアデニムも、このシルエットなら心配なさそう。

ハイウエストパンツ

ユニクロといえば、腰位置が高く、脚が長く見えるハイライズが人気ですが、足首がしっかり隠れるフルレングスだとさらに美脚見え! デニム生地なのにストレッチが効いていて、ストレスのない着心地も魅力的。

■ペグトップハイライズジーンズ

ハイウエストパンツ

リラックス感がありつつも体のラインを拾いすぎず、ユニクロならではの美設計が魅力のペグトップジーンズ。ハイライズでスタイルよくキマるシルエットは、デニムで今年っぽさをアピールしたい人におすすめ!

ハイウエストパンツ

しっかり素材に見えるデニムですが、実は柔らかくてはき心地が抜群。お出かけはもちろん、リモートワークやワンマイルウェアにも最適で、楽ちん&ノンストレスです。ゆったりめのテーパードなのに、ヒップ周りがもたついて見えないシルエットもきれいめ♡

■スリムストレートハイライズジーンズ

ハイウエストパンツ

腰から裾までまっすぐ伸びる、きれいなストレートシルエットが特徴のハイライズジーンズ。丈長めのフルレングスも脚長効果の理由のひとつ。なんといっても、程よく伸びるストレッチ素材で、はきやすさがピカイチなんです!

ハイウエストパンツ

見た目はスッキリと細見えするのに、窮屈さがまったくない♡ 絶妙なサイジングと素材に虜になる人も多いはず。腰位置が高くウエストもくびれて見えるデニムには、丈感が短めのクロップドTシャツを合わせてさらにスタイルUP! 程よく体にフィットし、縦に入った華奢リブがスッキリと見せてくれるので、着痩せ効果も抜群です。

レギンス感覚で履けるユニクロのハイウエストスキニー

ハイウエストパンツ

シーズンレスで着回せる定番のスキニーも、旬のエクリュカラーなら定番コーデをグッと今っぽくアップデート♡ 腰位置が高めなハイライズ×アンクル丈の美設計で脚長効果もばっちり。縦横に自在に伸びるストレッチ素材がスキニー特有の「締め付け感」を軽減♡ レギンス感覚で着られます。立ったり座ったり、何かと動くことの多いおうち時間もリラクシーに過ごせそう!

ハイウエストパンツの今っぽい着こなしポイント

ハイウエストパンツ

  1. オフィスコーデはカラーのハイウエストパンツで新鮮に
  2. 下半身カバーには、ワイドのハイウエストパンツがおすすめ
  3. サスペンダー付きのハイウエストパンツが今季は豊作!

ハイウエストパンツのおすすめ休日コーデ

【1】白ハイウエストショートパンツ×黒ブラウス×黒キャスケット

ハイウエストパンツ

ブラウス×ショーパンのワンツーコーデを、キャスケットとローファーで今っぽく味付け♡ コンパクトなハイウエストショーパンとボリューム袖がメリハリになってバランスがよく見えます。上半身に目がいくショルダーバッグの斜め掛けもスタイルアップにひと役。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】グレーハイウエストデニムパンツ×黒ブラウス×黒サンダル

2

大きく開いた胸元とパフスリが目を引く肌見せニットは、古着風デニムでカジュアルダウン。ウォッシュがかったグレーデニムを主軸に全身をモノトーンでまとめると、ほんのり緊張感が漂う大人カジュアルが完成します。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【3】白ハイウエストデニムパンツ×ボーダーカットソー×黒キャスケット

ハイウエストパンツ

ともするとほっこり見えるボーダーTシャツ×デニムは、大胆なバックシャンから背中をのぞかせてヘルシーな女っぽさを。真っ白すぎないエクリュのハイウエストデニムを選ぶのもあか抜けのコツ♡ キャスケットやバレエシューズを締め色に取り入れて、ほっこり見えないボーダーコーデを楽しんで。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【4】ハイウエストデニムパンツ×イエローブラウス×かごバッグ

ハイウエストパンツ

大ぶりフリルからちらりと見える素肌にドキッ♡ クロスするボリュームたっぷりのフリルブラウスは、華やかさを引き立ててくれるシンプルデニムを相棒に。ビビッドなイエロー×デニムの配色には、夏らしいかごバッグや顔まわりがすっきり見えるカチューシャで、爽やかさも取り入れて。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【5】チェック柄ハイウエストパンツ×グリーンニットアンサンブル×白サンダル

ハイウエストパンツ

ハイウエストのセミフレアパンツはちょっぴり懐かしい着こなしが今旬! リバイバル中の短丈カーディガンのアンサンブルニットを合わせて、品よくエモいコーディネートに仕上げましょ。爽やかなお腹チラ見せもトレンドです♡

CanCam2021年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/佐々木莉佳子(本誌専属) 構成/鶴見知香

【6】ハイウエストデニムパンツ×チェック柄ブラウス×グリーンバッグ

ハイウエストパンツ

キャッチーなパワショル×ギンガムチェックの甘盛りブラウスは、ヘルシーなハイウエストデニムをさらりと合わせるのが王道かわいい♡ 差し色に季節感のあるグリーンバッグを取り入れたら、抜けのあるパデッドサンダルでコーデを締めつつトレンド要素をプラスして。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【7】ベージュハイウエストパンツ×白ブラウス×ブラウンバッグ

ハイウエストパンツ

白ブラウス×ハイウエストパンツで、お仕事もOKなきれいめコーデが完成♡ 通勤コーデを今っぽく更新できるハイウエストパンツは、スタイルがよく見えるワイドシルエットが気分です! 白・アイボリー・ベージュの淡いトーンでフェミニンにまとめれば好感度もアップします。

CanCam2021年6月号より 撮影/三瓶康友 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【8】ハイウエストデニムパンツ×白ブラウス×エクリュアウター

ハイウエストパンツ

甘さのあるフリルブラウスにクロップドデニムを合わせて軽快にカジュアルダウン。女っぽさが香るマイルドな白コートをさらっと羽織れば、品のある春カジュアルが完成します。足元はフラットの白パンプスで、抜け感&春らしいトーンをキープして。

CanCam2021年4月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/菜波(本誌専属) 構成/山木晴菜

【9】カーキハイウエストパンツ×白ブラウス×ブラウンバッグ

ハイウエストパンツ

カットワークの甘ブラウスをカーキの辛口パンツで大人めにシフト。ミリタリーパンツのドライな雰囲気が、ガーリーブラウスのコケティッシュさを引き立たせるポイントです。靴は抜け感のあるブラウンのサンダルでおしゃれっぽく着こなして。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、田中かほ里 構成/鶴見知香

【10】チェック柄ハイウエストパンツ×ブラウンキャミソール×シアーインナー

ハイウエストパンツ

シアー素材のハイネックトップスにビスチェを重ねて今年顔に。ハイウエストのチェックパンツも同系ブラウンで合わせれば、トレンドアイテムを大人っぽく取り入れられます。グリーンの靴やエクリュのバッグで小物は明るい差し色を加えて。

CanCam2021年4月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/鶴見知香

通勤にも!ハイウエストパンツのきれいめコーデ

【1】ミントハイウエストパンツ×黒ブラウス×チェック柄サンダル

ハイウエストパンツ

ニュアンスグリーンのハイウエストパンツは、黒ブラウスを締め色に加えて大人っぽく。デコルテがきれいに見えるブラウスと脚長効果のあるパンツでスタイル美人に♡ 一見きれいめなコーデは、ギンガムチェックのサンダルやカチューシャなど旬の小物を合わせると感度高めに仕上がります。

CanCam2021年5月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/松田美穂 モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

【2】黒ハイウエストパンツ×白ジャケット×白ブラウス

ハイウエストパンツ

オフィス感を意識するなら、センタープレスパンツ×女らしいVネックのノーカラージャケットを指名して。インナーは白のハイネックトップスを合わせるシンプルさが都会的でおすすめです。小物はローファーとレザーバッグでちょっぴりマニッシュに。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【3】グレーハイウエストパンツ×グレーインナー×ベージュジャケット

ハイウエストパンツ

堅めのオフィススタイルが求められる日は、着心地ときちんと感を重視したセットアップがおすすめ。みんな大好きUNIQLOの超優秀3点セットは、やわらかさのあるグレーベージュで女らしさもキープ。ハイウエストパンツにトップスをINすればスタイルアップも完了します♪ 小物も強いカラーは入れずグレーのトートバッグとラベンダーのパンプスで品よくまとめて。

CanCam2021年4月号より 撮影/谷口 巧(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【4】ベージュハイウエストパンツ×ブラウンニットアンサンブル

ハイウエストパンツ

ベージュのきれいめパンツにトレンド再燃のアンサンブルニットをプラス! テラコッタのニットならシャレ感もあって、きれいめコーデの鮮度がUP♡ 上品なアイテム同士を合わせた通勤コーデも程よくこなれて華やぎます。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【5】白ハイウエストパンツ×ブルーブラウス×白バッグ

ハイウエストパンツ

きちんと感と華やかさを両立する映えブラウスは、オンライン会議にも映えるビッグリボンでお仕事コーデに◎。そんなスイートなブラウスには、ホワイトのパンツや小物を合わせて、爽やかに着こなすのが気分です♪

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/田中絵理子

【6】グレーハイウエストパンツ×グレーニットアンサンブル×ベージュバッグ

ハイウエストパンツ

人気復活のアンサンブルニットは、シアー素材ならより今っぽくて、なおかつセンシュアル♡ ハイウエストのセンタープレスパンツなど、全体をブルーのグラデで爽やかにまとめれば知的さも◎。仕上げに白小物を効かせると、清涼感たっぷりの夏スタイルが完成します。

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【7】ベージュハイウエストパンツ×ベージュニットアンサンブル×白サンダル

ハイウエストパンツ

ハリのあるチノ素材と、ドライな色味とミニマルなストレートラインが小粋なベージュパンツ。イエローニットでグラデ配色にまとめると、ラフさもきちんと感もある今っぽコーデが楽しめます。やわらかなカラーやアンサンブルニットを投入すればカジュアルだけど大人っぽい印象に。

CanCam2021年7月号より 撮影/前田 晃(MAETTICO) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/石黒千晶

【8】グレーハイウエストデニムパンツ×白ジャケット×ブラウンニット

ハイウエストパンツ

マニッシュな印象のジャケット×パンツも、ブラウンのタンクやデニムを投入するだけで親しみやすい雰囲気に仕上がります。肌なじみのいいライトベージュやクリアバッグの小物で、初夏らしい軽やかさをプラスして。

CanCam2021年7月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/小室安未(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【9】ミントハイウエストパンツ×白ジャケット×白インナー

ハイウエストパンツ

しっかりしたリブ素材のキャミとエレガントなサテンパンツなら、ジャケットをはおるだけで仕事モードに。キャミは華奢なストラップで、カジュアルすぎない女っぽムードが漂います。クリームホワイト×ミントのニュアンシーな色合わせで大人キレイな印象に。

CanCam2021年6月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/加藤史帆(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/浜田麻衣、手塚明菜

【10】ブラウンハイウエストパンツ×白ジャケット×ブラウンインナー

ハイウエストパンツ

背筋がピンと伸びるようなジャケット×パンツスタイル。センタープレスのきれいめパンツは、ハイウエスト&程フレアなデザインがおしゃれっぽい! ブラウンのインナーとサンダルでさりげなく引き締めるとバランスよくまとまります。

CanCam2021年5月号より 撮影/須江隆治(see) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/MAKI モデル/山下美月(本誌専属) 撮影協力/木谷成良 構成/岩附永子、山木晴菜

下半身カバーができるハイウエストのワイドパンツコーデ

【1】白ハイウエストワイドパンツ×ベージュカットソー×白バッグ

ハイウエストパンツ

ハンサムなワイドパンツとノースリトップスでマニッシュなパンツスタイルが完成。トレンドのあいまい配色でふんわり優しい印象も叶います。ライムグリーンのカットソーで上半身を明るく見せると、好感度もばっちりです。

CanCam2021年9月号より 撮影/倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【2】ブラウンハイウエストワイドパンツ×白カットソー

ハイウエストパンツ

ONにもOFFにも使えるサスペンダーパンツに白トップスをレイヤード。清潔感のあるトップスを合わせることで、カジュアルなボトムもきれいめに着こなせます。抜けよくきちんと感が演出できる組み合わせは活躍シーンも多め!

CanCam2021年9月号より 倉本ゴリ(Pygmy Company) スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/神戸春美 モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/木谷成良、金 世娜 構成/田中絵理子、石黒千晶

【3】デニムハイウエストワイドパンツ×白ブラウス×ブラウンローファー

ハイウエストパンツ

白ブラウス×デニムのきれいめリラクシーコーデ。適度な抜け感があることで、上品ローファーが今っぽくあか抜けます♡ ミュールローファーのきちんと感をキープしながら、楽ちんなつっかけで今時のリラクシームードをON。洗練された大人カジュアルに仕上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【4】ドット柄ハイウエストワイドパンツ×オレンジニット×黒ローファー

ハイウエストパンツ

小粒なドットにハイウエストデザインが大人顔のワイドパンツは、鮮やかなオレンジニットでテンションUP。メガネ&ローファーのトラッド小物でこなれ感もプラスして。

CanCam2021年9月号より 撮影/三宮幹史(TRIVAL) スタイリスト/川瀬英里奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【5】ピンクハイウエストワイドパンツ×ベージュカットソー×ボーダー柄トップス

ハイウエストパンツ

ベージュトップス×大人っぽいくすみピンクのパンツでニュアンスたっぷり。肩掛けのボーダートップスや小物でブラウンを効かせて、コーデをさりげなく引き締めると洗練度も上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/渡辺謙太郎 スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メイク/MAKI モデル/まい(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里 構成/山木晴菜

【6】ハイウエストワイドハーフパンツ×黒ブラウス

ハイウエストパンツ

気分を盛り上げてくれるロマンティックなフリルブラウスをハイウエストのバミューダパンツでカジュアルダウン! 360°あしらわれたフリル襟で顔まわりの印象も華やぎます。

CanCam2021年9月号より 撮影/田形千紘 スタイリスト/たなべさおり ヘア&メイク/桑野泰成(ilumini) モデル/ほのか(本誌専属) 撮影協力/木谷成良  構成/田中絵理子

【7】黒柄ハイウエストワイドパンツ×黒ニット×ピンクシャツ

ハイウエストパンツ

淡色シャツでかわいさをちょい足しした黒コーデ。上下が黒ベースだと、イエロー&ブルーの刺しゅうが一層映えて華やかさもひとしお。差し色を加えたり小物で抜け感を出したり、ちょっとしたテクニックでオールブラックが垢抜けます。

CanCam2021年9月号より 撮影/古水 良 スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メイク/MAKI モデル/楓(本誌専属) 構成/岩附永子

【8】白ハイウエストワイドパンツ×黒ニット×イエローバッグ

ハイウエストパンツ

シンプルなポロニットは、メンズっぽさが逆に女性らしさを際立たせる優秀アイテム♡ さらっと胸元が開いているのに上品さがキープできるところも、オトナきれい派の強い味方。ほんのりタイトなリブ素材が上半身をほっそりと見せてくれて、白のワイドパンツもスマートに仕上がります。

CanCam2021年9月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/生見愛瑠(本誌専属) 構成/鶴見知香

スタイルアップなら「ハイウエストパンツ」がおすすめ

大人っぽくてオンオフどちらのコーデにも合わせやすいハイウエストパンツの着こなしをご紹介しました。カジュアルだけど女性らしいデニムのハイウエストパンツや、上品な印象で体型カバーも叶えるワイドのハイウエストパンツなど、シンプルトップスに合わせるだけで今っぽいコーデがつくれるボトムは要チェック! 休日コーデにはトレンドのサスペンダー付き、オフィスコーデにはきれい色のハイウエストパンツも新鮮でおすすめです。