アウターコーデ21選|ジャケット・Gジャン・コートの最旬スタイル

秋のおすすめアウターコーデを大特集!

朝晩の寒暖差が激しい日に欠かせない、ジャケット・Gジャン(デニムジャケット)・コートでつくる秋コーデを紹介します!

【目次】
ジャケット秋コーデ
Gジャン(デニムジャケット)秋コーデ
コート秋コーデ

ジャケット秋コーデ


【1】男前ジャケット×こっくりイエローでマニッシュな着こなしに♡

男前ジャケット×こっくりイエローでマニッシュな着こなしに♡

マスタード×チェックで、とことん秋っぽい着こなしに♡ ミニ丈にブーツを合わせて、かわいらしさも忘れずに!

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈  ヘア&メーク/遊佐こころ(SPACE MONKEY) モデル/堀田 茜(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【2】パープルをスカートで♡ドラマティックな印象で私らしく

パープルをスカートで♡ドラマティックな印象で私らしく

動くたびツヤっと揺れるプリーツが、最高にドラマティックな一枚。トップスはパープルに映える白ですっきりまとめつつ、メンズっぽいジャケットでハズすのがシャレ見えのコツ。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

【3】スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

スポーティなライン入りはきれいめパンツで取り入れて♡

去年、大人気だったワイドパンツの進化版! ラインを1本加えたシンプルなデザインなので、カジュアルになりすぎず大人っぽく着こなせます。シンプルなきれいめパンツとして使えるので、着回し力も抜群。モノトーンで合わせてクールに、Tシャツなどを合わせてカジュアルダウンさせるのもオススメです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/YUMBOU(ilumini.) 構成/八木橋佳世

【4】きちんと顔のチェックジャケットをロゴTでカジュアルダウン

きちんと顔のチェックジャケットをロゴTでカジュアルダウン

スキニー&ロゴTで、クールなジャケットコーデにおしゃれな抜け感を! かっちりキメすぎないほうが、どこか親近感があって今っぽく仕上がります。メンズライクになりすぎないように、足元はヒールパンプスで女っぷりを上げて♡

CanCam2018年9月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI) モデル/宮本茉由(本誌専属) 構成/新城真紀

【5】旬のチェックワンピで新しいシーズンの幕開け♡

旬のチェックワンピで新しいシーズンの幕開け♡

裾に向かってふわっと広がるシルエットや、美スタイルを叶えるウエストのシャーリングがドラマティック! さらっと軽やかなレーヨンコットン素材なので、まだまだ暑い9月でも快適に着られます♪

CanCam2018年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【6】チェックジャケットをはおったら、グッと大人になれた秋はじめ♡

チェックジャケットをはおったら、グッと大人になれた秋はじめ♡

メンズライクな印象のジャケットも、上品なブラウンチェックなら女の子らしく着られます。シンプルなロゴT×デニムにはおるだけで、一気に秋モードにシフト!

CanCam2018年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【7】コンパクトなライダースはワンピや長め丈ボトムと好相性☆

コンパクトなライダースはワンピや長め丈ボトムと好相性☆

リッチ見えするスエード調のライダースを、ヴィンテージ感満載のロングワンピにON。ラベンダーは印象がハードにならない上に、黒やグレーなど相性のいいカラーも多いのでオススメです!

CanCam2018年10月号より 撮影/三瓶康友  スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/トラウデン直美(本誌専属) 構成/山木晴菜

【8】トレンドのジャケットは、どれだけ気くずせるかが鍵!

トレンドのジャケットは、どれだけ気くずせるかが鍵!

きちんと感のあるジャケットは、中をヘルシーなキャミソールにして肌の抜け感をプラス。ボトムはワイドをチョイスすると360度こなれて見える!

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【9】正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

正統派のネイビージャケットで大人カジュアルに

秋に向けて季節が変り始める時期は、朝晩の温度に対応できる羽織りものが活躍。ON⇔OFF使えるジャケットは、普段のコーデに羽織るだけでぐっとリッチ感のあるスタイルに仕上がります。大人っぽい紺ジャケットは、ボーダーや赤小物を合わせてパリっぽくアレンジ♪ 合わせるデニムをスキニーにすれば、女っぽさも急上昇。上品なカジュアルスタイルが楽しめます。カチッとしたジャケットには、あえてラフなトップスや小物を合わせるのがオススメ。主張しすぎないパールピアスで、さりげなく女度をあげるのがポイントです♡

★ユニクロのジャケットが優秀すぎ!イネスコラボは絶対買い【今日のコーデ】

Gジャン(デニムジャケット)秋コーデ


【1】ロゴT×スリットタイトでモードなカジュアルスタイルに

ロゴT×スリットタイトでモードなカジュアルスタイルに

スリット入りの女っぽタイトにカジュアルなロゴTを合わせるだけで、頑張ってる感のないおしゃれオーラが♡ ビビッドなオレンジのバッグで差し色を加えると、ほんのり女らしさがアップします!

CanCam2018年10月号より 撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メーク/林 由香里(ROI)モデル/楓(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【2】カジュアルに着崩すパンツStyleも足元はヒールで女らしく!

カジュアルに着崩すパンツStyleも足元はヒールで女らしく!

クラシカルなチェック柄で、レディ見えするワイドパンツ。華奢な足首が出る絶妙な丈感を選ぶと、メンズライクなワイドパンツが女らしく着られます!

CanCam2018年10月号より 撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【3】感度抜群!マスタードカラーのスカートで秋っぽくおめかし♡

感度抜群!マスタードカラーのスカートで秋っぽくおめかし♡

起毛感のある「見た目あったか♡」なコーデュロイスカートで、季節感を先取り。小粋なビーズ刺しゅうが施された巾着バッグも、コーデを秋めかせるアクセントになっています。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メ ーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【4】華やかな第一印象を手に入れるなら、レディな花柄を味方に♡

華やかな第一印象を手に入れるなら、レディな花柄を味方に♡

秋のスカートコーデには、さっとはおれるGジャンがあると便利! 肌寒い日の羽織りとしてはもちろん、程よいクールさが甘い花柄スカートをカジュアルダウンしてくれます。

CanCam2018年10月号より 撮影/水野美隆(zecca) スタイリスト/伊藤舞子 ヘア&メ ーク/河嶋 希(io) モデル/楓(本誌専属) 構成/新城真紀

【5】スエットをボトムにinして女性らしいシルエットを

スエットをボトムにinして女性らしいシルエットを

色使いやデザインがフェミニンなスエットは、Gジャンやスニーカーでラフに着こなすのがCanCam流! 白でまとめた配色も、清潔感ばっちりです♡

CanCam2018年10月号より 撮影/柴田フミコ  スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/遊佐こころ(PEACE MONKEY) モデル/宮本茉由(本誌専属) 撮影協力/田中かほ里、篠原里緒 構成/渡辺みらの

【6】たまに着たくなる甘めワンピは、レトロに振るのが気分♡

たまに着たくなる甘めワンピは、レトロに振るのが気分♡

ヴィンテージショップで選んできたような、レトロなデザインのワンピにGジャンをON! クール系が得意な人は、甘いアイテムにカジュアル要素をプラスするのが花柄の攻略法です♡

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/楓(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【7】愛され度高めのニットワンピはあえてのグリーンで大人っぽく

愛され度高めのニットワンピはあえてのグリーンで大人っぽく

長時間座ってもシワになりにくいニットワンピは、オフィスや映画デートの強~い味方♡ 黒やグレーもいいけれど、この秋は深めのグリーンをチョイスしてシックに振るのが正解です。はおりに投入したGジャンで程よくカジュアルに♪

CanCam2018年10月号より 撮影/倉本GORI(Pygmy Company) スタイリスト/青山絵美  ヘア&メーク/MAKI(P-cott/) モデル/堀田 茜(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【8】休日は動きやすさも◎なコーデュロイのワイドパンツで!

休日は動きやすさも◎なコーデュロイのワイドパンツで!

休日をおしゃれかつアクティブに過ごすなら、カジュアルなワイドパンツでリラックスコーデを楽しんで。シンプルなコーデだからこそ、サングラスやバッグでおしゃれの小技を効かせて。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ  モデル/石川 恋(本誌専属) 撮影協力/AWABEES、EW.Pharmacy、café 1886 at Bosch、GOFFA juice、JEFFERSON’S BALLOON、Le Shiner、田中かほ里 構成/石黒千晶、佐藤彩花

【9】白×ブルーの小花柄でみんなから好かれる爽やかなワンピスタイルに♡

白×ブルーの小花柄でみんなから好かれる爽やかなワンピスタイルに♡

大人っぽいブルーの小花柄とGジャンで程よく甘さをOFF。女子度MAXな花柄ワンピは、時にはカジュアルさをプラスしたほうが親しみやすさがアピールできます。

CanCam2018年10月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/菊池かずみ モデル/まい(本誌専属) 構成/田中絵理子

コート秋コーデ


【1】インパクトのある流行グリーンをアウターで取り入れる

インパクトのある流行グリーンをアウターで取り入れる

深みのあるグリーンが目を引く、落ち感が大人ぽい変形トレンチを主役に。Tシャツやショートパンツをエクリュ系でまとめることで、旬のグリーンを引き立てて。バッグは、キャッチーなサイズ感とフォルムでポップなかわいさをプラス♡

CanCam2018年9月号より 撮影/土山大輔(TRON) スタイリスト/青山絵美 ヘア&メーク/森 ユキオ(ROI) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/浜田麻衣

【2】やわらかなラベンダーでブルーデニムに女っぽさをプラス

やわらかなラベンダーでブルーデニムに女っぽさをプラス

シンプルなニットをデニムにINした大人っぽいカジュアルコーデ。パール付きのデニムを合わせて、ほんのり女らしさもチラつかせて。メンズっぽい、長めのトレンチをはおってかっこよく着こなすのがオススメです。

CanCam2018年9月号より 撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/丸林広奈 ヘア&メーク/遊佐こころ(SPACE MONKEY) モデル/まい(本誌専属) 構成/八木橋佳世

【3】心のウキウキはジューシーなピンク&オレンジに忍ばせて

心のウキウキはジューシーなピンク&オレンジに忍ばせて

クラシカルな佇まいのチェック柄コートは、ロングカーデ感覚でさらりとはおれる薄軽素材が女っぽい♡ スポーティなアディダスTやキャップでカジュアルダウンしつつ、カラースカートをひらりとのぞかせてコートの中におてんばマインドを仕込みましょ。

CanCam2018年10月号より 撮影/今城 純(D-CORD) スタイリスト/奥野友佳 ヘア&メーク/桑野泰成(ilumini) モデル/中条あやみ(本誌専属) 構成/手塚明菜